テーマ:千葉

マザー牧場の花の谷、一面の桃色吐息に魅せられて

広大なピンクの絨毯のような丘の上に、一本の大きな木が。こんな風景が見たかったのです。 いきなりですが、広角レンズでの撮影です。 ピンクの花の名前は、「桃色吐息(ももいろといき)」。ペチュニアの一種とのことですが、その名の響きが実に素敵です。 その数、約2万5千株。確…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

広大な「あじさいの森」と金魚草畑がある東京ドイツ村へドライブ

赤紫のアジサイの向こうには、広々とした緑の丘があってその上に洋風建築が並んでいます。「ここはどこでしょう」 横浜から、東京湾アクアラインを渡って房総半島へドライブしたので、ここは日本に違いなのですが、どうもドイツらしい。更に、房総半島だから千葉県のはずなのに、東京という名前だそうで{%!…
トラックバック:2
コメント:54

続きを読むread more

あじさい寺で晴天のアジサイを見る(本土寺)

全国各地に「あじさい寺」と呼ばれるお寺があると思いますが、今回私が訪れたのは千葉県松戸市の本土寺(ほんどじ)。 石段の上に建つ五重塔とアジサイの景色がとっても印象的です。 立派な朱塗りの仁王門(におうもん)。ここを通って境内の中に入って行きます。 江戸時代初期の慶安年間の建築だそうです。 「長谷山」という山号が扁…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

サムライの街、佐倉の武家屋敷と堀田邸の今

前回に引き続き、千葉県の佐倉(さくら)の街を散策します。 JR佐倉駅前では、こんな看板が出迎えてくれます。 11万石の城下町。お城の天守閣がのった看板です 佐倉は、サムライの街と呼ばれているんですね。それは、数多くの武家屋敷が残るから。全国でも有数の数とか。 前回は、佐倉城と堀田正睦公…
トラックバック:1
コメント:42

続きを読むread more

佐倉の堀田さんを訪ねて(佐倉城址公園)

ここは千葉県佐倉(さくら)市にある広大な公園。今回、私はこのお殿様に会いに来たのです。 まだまだ新しいこの銅像は、平成18年(2006年)の完成。 この方は、幕末の混乱期の老中、堀田 正睦(まさよし)公。 ペリー来航後、江戸幕府を揺るがす開国問題のまさに渦中にいたお方でした。 そして、この堀田正睦公の銅像のすぐ隣…
トラックバック:1
コメント:40

続きを読むread more

空港から見る富士!

一枚一枚、緻密に加工された綺麗な硝子が合わさって、美しい壁を造っています。 透明感ある硝子が光を浴びて放つ輝かしい魅力があります。 この硝子の壁の全体像はこんな感じ。 色鮮やかながら透き通った感覚のある高い塔。まるでスポットライトがあたっているような存在感。思わず惹きつけられます{%キラリwe…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more

鴨川シーワールドで見た風景

この怪獣のような生物、分かりますか 迫力満点。 水中からいきなりこの顔が現れたら怖いですよね~。事実、現れたんです。 こうやって水上から眺めると、少し分かってきます。 北極圏に棲む海の動物、セイウチです。英語名、ウォーラス(Walrus)。 …
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

南パラで南国リゾート気分

皆さんいかがお過ごしでしょうか。夏休みの旅行に行かれている方も多いのでは。 こちらはご覧の通り、シンガポールのマーライオン でも、大きさといいロケーションといい、結構違います。 ここはシンガポールではなく、、、日本です。(本物のマーライオンはこちらです。) で…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

房総半島最南端のベンチ!?

とうとうやってきました。房総半島の最南端の地 ここは、白浜野島崎(しらはまのじまざき)。 岩場に囲まれた岬の中央には灯台が建っていて、その岬全体が緑地になっています。 ちゃんと、「房総半島最南端の地」の碑が建っています。 こういう看板を見る方が分かりやすいですかね。 岩場から海…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

館山の涅槃仏

南房総の館山に来て、どこを訪れたらいいか。前回ご紹介した館山城は、必ず行こうと思っていましたが、実はあまり考えずにやって来ました。 とりあえず、JRの館山駅に立ち寄ると、そこがなかなか絵になっていました。 この駅舎、関東の駅百選の一つだそうです。え~、そんなのあるんだ感じですが、この駅名の看板がまた魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館山城を登って

山の上にお城の天守閣が。 こういう風景、歴史好きならたまらなく魅力的なはず。 あそこに城主がいて、上から見下ろしているのではないか。そんな空想に浸り自分も登ってみたくなります。 現代は庶民でも少しお金を出せば登れます。イイ時代ですね。 今回は、千葉県の南房総、館山市の城山…
トラックバック:1
コメント:46

続きを読むread more

城跡に咲くバラ(里見公園)

千葉県市川市にある里見公園(さとみこうえん)は、市民の憩いの場。桜の花見の名所としても知られています。 江戸川沿いの高台に広がるこの公園は、国府台(こうのだい)という所にあります。ここは、まさに東京都と千葉県の境の千葉寄り。 こんな静かで緑豊かな公園に、深い歴史があるんです。 国府台という地名が、そもそも歴史を物語…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

松戸徳川家!?(戸定邸)

松戸徳川家って知ってますか?千葉県の松戸(まつど)にあった徳川家です。普通は「そんなのあったけ?」と思いますよね。でも、れっきとした徳川家康の血筋を引く家系です。 松戸徳川家は、水戸徳川家藩主の徳川斉昭(なりあき)の18男、そして徳川慶喜の弟である徳川昭武(あきたけ)の次男である武定(たけさだ)が、明治25年(1892年)に創設。…
トラックバック:1
コメント:34

続きを読むread more