相模原北公園のアジサイ風景いろいろ

コロナウィルスの存在を前提に自衛して生活する「新常態」の時代になりましたね。私は、緊急事態宣言下から平日は県境を越えて東京へ通勤しています。ただ、休日は県境を越えた移動を自粛してました。実際、横浜市の外へも出ませんでした。あくまで、休日ということですが、、。そんな中、今回は久しぶりに休日に市外へ外出してみました。6月20日に訪れたのは、…
コメント:68

続きを読むread more

大熊川のあじさい緑道、高くて長いアジサイの壁

県境をまたぐ移動の全面解禁となった6月19日。その翌日、20日は、天気の良い土曜日でした。 ここ最近、近場での外出で発見を試みている私は、もう一つ行ってみたい場所があったのです。 自宅から車で15分ほどなので、手軽に行けました。それでも今まで一度も行ったことが無かったのです。 そこは、細い川沿いにアジサイの花が壁のように連なる場所…
コメント:64

続きを読むread more

横浜のアジサイ寺、正覚寺を雨に日に訪れて

コロナ禍での梅雨入り、週末も雨降りとなりました。6月13日(土)。 気分が重くなりがちですが、少しでも気晴らししたいと雨の中、出かけました。 この時期、できるだけ近場の外出ですませたいですからね。 そこは、「横浜のアジサイ寺」と言われる正覚寺(しょうがくじ)。横浜市都筑区の港北ニュータウンの住宅地の合間にあるお…
コメント:60

続きを読むread more

6月の山下公園の風景

4月・5月と行楽地へ行くことは無く、緊急事態宣言が解除され6月になっても、何となく外出をためらってしまう感じがありました。このままでは、休日は引き籠ってしまいそう。そんな塞ぎこむ気持ちを押しのけて、どこかに行こうと思って出かけました。それは、横浜市中区の山下公園。 どこも行くあての無い時、これまでも山下公園を訪れて癒されてきました。 …
コメント:66

続きを読むread more

5月の「花のある風景」を振り返って

首都圏の一都三県と北海道は、いまだにコロナウィルスによる緊急事態宣言下にありますね。いまや神奈川県は、全国で最も危険な県となったような数字が報道されています。いずれにしろ、宣言自体が解除されるのは時間の問題でしょうが、その後に感染予防をしながらいかに生活していくかが大事ですよね。ということで、今週末も「Stay Home」。過去の写真を…
コメント:64

続きを読むread more

ゴージャスな秘密の「桜美景」へ散歩で訪れて

もう5月も中旬を過ぎてしまいましたが、もう一回だけ、桜の風景を紹介させて下さい。今更という気もするのですが、実はブログ記事にしようかどうかためらっていました。とはいえ、もうブログもネタ切れという状況なので、今回記事にしてみました。首都圏は、まだもう少し外出自粛が続きますね。時は、令和2年(2020年)4月4日(土)。…
コメント:76

続きを読むread more

ゴールデンウィークの「花の絶景」総集編(関東周辺)

2020年のゴールデンウィークが終わってしまいましたね。観光地への旅行も外出もしないGWは何年ぶりでしょうか。ブログを始めたこの10年では、初めてだと思います。やはり貴重なお休みですから、いつもは気合を入れて出かけるのですが、、。そこで今回のブログは、家に籠っていてネタが無いので、過去のGWに出会った印象的な景色をまとめてご披露したいと…
コメント:66

続きを読むread more

外出自粛要請前の幸手「権現堂公園」の桜と菜の花の絶景と歴史

いよいよ令和2年のゴールデンウィークになりました。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の解除が見通せない中、何とも気の重い連休となってしまいました。一年前の令和元年が始まるウキウキした10連休と比べて、こんなにも異なるGWになるとは、、。本当に世の中、先が分からないものですね。もちろん、私も基本的に家に籠りますが、仕事を休めて少しほっと…
コメント:68

続きを読むread more

外出自粛要請前の「井の頭公園」の危険な桜風景

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が全国へ拡大。もう旅行など考えられないですね。私も4月末に予定していた旅行を、早々にキャンセルしました。残念ですが今は仕方が無いですよね。そこで、ブログの内容は緊急事態宣言前の3月末の外出について。それもブログの記事にするのを躊躇いましたが、今となっては、反省文のつもりで書かせて頂きます。 都知事に…
コメント:62

続きを読むread more

3月お彼岸の頃の西方寺(横浜の花の寺)

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の2週目。いまだ東京の会社へ通っています。ほとんどの人がテレワークか自宅休業で、がらんとしたオフィス。それでも、一部の社員は出勤が必要なのです。普段なら許されない車通勤をするようになりました。電車に乗らないという意味で、感染リスクは低くなっているとは思います。それでも絶えず外出をしているので複雑な思い…
コメント:56

続きを読むread more

水道橋の散策と東京ドームシティホールでリンゴ・スターのライブ

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令や外出の自粛。こんな中、仕事はなかなか全社員がテレワークとは行かず、東京への通勤は続いています。 週末の外出や遠出はままならず、気分が萎えることが多いこの頃。「外出」のブログを書いている身としては、どうしたものかと思ってしまします。そこで今回は、ちょうど一年前の今頃、平成31年(2019年)4…
コメント:64

続きを読むread more

いつもと違う上野公園での桜の花見(外出自粛前の風景)

コロナウィルスの感染拡大で重たい気持ちになりがちのこの頃、今年も例年通りどこか「桜の名所」を訪れたいと行ってきたのがこちらでした。 東京都台東区にある上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)。言わずと知れた東京を代表する桜の名所ですが、大勢の花見客や宴会客でごった返す場所でもあります。 私としては、そういう場所で桜を…
コメント:60

続きを読むread more

弘法大師誕生の地、総本山 善通寺への参拝

今回で私の「香川県の旅」のレポートの最終回となります。 こんぴらさん(金刀比羅宮)参りをした後は、車を5-6キロほど走らせて由緒あるお寺へ向かいました。 香川県の歴史的な名所として是非ここへも訪れてみたかったのです。大きな駐車場からこの橋を渡って境内に入りました。後で分かりましたが、こちらは広大な境内に幾つかある入り口のひとつにすぎ…
コメント:58

続きを読むread more

こんぴらさん(金刀比羅宮)参りの後の散策

前回の記事に引き続き香川県琴平町の「こんぴらさん」(金刀比羅宮(ことひらぐう))のレポートです。 785段の石段を登り切り、無事、御本宮(ごほんぐう)でのお参りを済ませたところから。 御本宮の社殿は総檜造り(そうひのきづくり)、それ程大きくはないですが重厚感があって立派です。歴史上、何度も再建されていますが、現在のものは明治11年(…
コメント:62

続きを読むread more

信仰と商売っ気たっぷりの「こんぴらさん」へのお参り

私の「香川県の旅」のレポートも大詰めになってきました。 一応、歴史がテーマの旅ですから、琴平町にある金刀比羅宮(ことひらぐう)も外せません。ご存じ「こんぴらさん」です。 江戸時代から全国的に人気のあった「こんぴら参り」。私もお参りに行ってきましたよ。 まずは、麓の表参道から。いろんな店や施設が並ぶ門前町。楽しみは後にして進みました…
コメント:56

続きを読むread more

夕暮れ時の「父母ヶ浜」、面白い風景と不思議な風景

晩秋の夕暮れ時、とある海岸の砂浜。一見、ひなびた田舎の海水浴場といった雰囲気。ここになぜか続々と人が集まってきます。 夏でもないのに、ちょっと不思議な感じでした。 駐車場にも結構車がいっぱいで、おまけに観光バスも数台到着します。ちょっと失礼ながら、ここは交通の便が良いとは言えず、正直かなり行きづらいところです。 と言いながら、私も…
コメント:63

続きを読むread more

神恵院、観音寺への参拝と琴弾公園の銭形砂絵

私の「香川県の旅」、丸亀市の丸亀城を見た後、更に西へと車を走らせました。向かったのは、香川県西部、観音寺市の琴弾山(ことひきざん)という山でした。 その琴弾山の麓に非常に珍しい寺院があるのです。その仁王門がこちらです。左側の柱には、『七宝山(しっぽうざん)  観音寺(かんのんじ)神恵院(じんねいん)』と書かれています。 一方、右の柱…
コメント:64

続きを読むread more

見上げても、見下しても気持ちのいい丸亀城

山の上にそびえるお城の天守。やっぱり、見上げて気持ちよくなりますよね。晩秋の木々の中には、色づいているものもありました。11月末のことでしたので。 アップしてよく見ると、天守の土台部分には見事が石垣があることも分かります。日光が差し込んでなんとも精悍な佇まい。 こちらは、香川県丸亀市にある丸亀城(まるがめじょう)です。高松からレンタ…
コメント:66

続きを読むread more

風光明媚な屋島で歴史と絶景を巡る散策

11月末の香川県での旅のレポートは、まだ続きます。今回、高松市街からレンタカーに乗って訪れたのは、まずこの山でした。 この独特の形状の山は、高松市の東に位置する屋島(やしま)です。源平合戦の古戦場として有名な場所。以前より興味がありました。 江戸時代は遠浅の海に浮かぶ島だったそうですが、今は陸続きで普通に道路で行けます。 車で山道…
コメント:52

続きを読むread more

小豆島の「迷路のまち」から「エンジェルロード」へ歩いて

ここは香川県の小豆島(しょうどしま)西部の街角。どこにでもありそうな普通の川がありましたが、この付近だけ上部に円形のアーチが何本も設けられていました。ここが世界的にも特別な場所とは、ちょっと思えませんよね。 そのアーチが並ぶところに足を踏み入れてみると、川の両側から歩道がせり出して、上から川を覗き込めるようになっています。 上品な遊…
コメント:70

続きを読むread more

小豆島オリーブ公園でオリーブ畑とギリシャの風景を楽しんで

寒霞渓(かんかけい)、醤の郷(ひしおのさと)へと訪れましたが、香川県の小豆島(しょうどしま)といえば、やっぱりオリーブですよね。 そんなオリーブの木を見に行ったのがこちらでした。ここは道の駅「小豆島オリーブ公園」と「小豆島オリーブ園」。小豆島を代表する人気スポットです。 丘の斜面に数々のオリーブの木が植えられ、観光用の公園と農園とし…
コメント:54

続きを読むread more

小豆島の醤の郷でヤマロク醤油の蔵見学

小豆島の寒霞渓(かんかけい)で紅葉の絶景を味わった後に立ち寄ったのは、こんな趣ある路地がある住宅街でした。地元の石でできた練り塀が特徴的です。 この辺りは、小豆島の東部、寒霞渓の南麓に位置します。 当初予定してなかったのですが、急に妻が行きたいと言い出したので訪れることにしました。 その路地の先にあったのは、ヤマロク醤油という醤油…
コメント:56

続きを読むread more

小豆島の寒霞渓へ、ロープウェイで紅葉の絶景を眺めて

再び、昨年秋(11月末)の「香川の旅」のレポートに戻りたい思います。よろしくお願いいたします。 我々は、JR高松駅前に宿泊していましたが、そこは高松港へも歩いてすぐの場所。小豆島(しょうどしま)へ渡る計画でした。 朝7:40、小豆島行き高速艇の始発に乗り込みました。通勤する方も大勢いるので混みます。座席を確保するために20分前には列…
コメント:56

続きを読むread more

謹賀新年:雲の上に顔を出す上空からの富士山、新幹線からの富士山

新年明けましておめでとうございます。 今年も年初のブログは富士山で始めたいと思います。日本中がどんよりとした曇りと予想されていた日。羽田を発った飛行機から、半分諦めながら窓から下をのぞくと、突如現れたのです。 雲の隙間から顔を出していました。見えただけで嬉しくなってしまいます。 登山道のジグザグが、雪の上か…
コメント:74

続きを読むread more

ゴージャスな秋の栗林公園のライトアップ、燃えるような紅葉に萌えて

香川県高松での夜。何をしようかと考えていましたが、結局またこちらに来てしまいました。昼間も訪れた特別名勝、栗林公園(りつりんこうえん)です。 令和元年11月22日から12月1日まで、「秋のライトアップ」が開催。期間限定ですからね。 しかも、昼間の入園券に再入園のスタンプを押してもらうと夜も入園できます。これは…
コメント:56

続きを読むread more

晩秋の夕暮れ時に高松城跡、玉藻公園を散策して高松駅前へ

夕暮れ時に、石垣の上から顔をのぞかせる美しいお城の風景。松の木が似合う、なかなか見事な姿でした。 こちらは香川県高松市にある高松城(たかまつじょう)の月見櫓(つきみやぐら)です。 破風(はふ)が綺麗で天守閣のように見えますが、あくまでお城の北の丸を守る櫓(やぐら)の一つ。重要文化財に指定されています。 石垣越しに眺めると、左奥の少し…
コメント:54

続きを読むread more

栗林公園で紅葉に彩られた庭園美に魅せられて

大きな池を取り囲む端正で調和のとれた見事な回遊式庭園。こんな奥行きのある美しい風景を、私も是非見下ろしてみたかったのです。天気はどんよりした曇りでしたが、惚れ惚れする景観でした。 ここは、香川県高松市の栗林公園(りつりんこうえん)。日本でも有数の和風庭園として知られています。 11月末、高松に到着してまず最初に訪れたのがこちらでした…
コメント:62

続きを読むread more

ジャカルタ旧市街の歴史的なコタ地区を散策して、空港でお土産

この建物はどこの国のものだと思われますか?ここが西洋なのか東洋なのか、写真を見ただけでは、ちょっと分かりにくいですよね。 正解は、西洋人によって建てられた東洋にある建物。 出張先のインドネシアのジャカルタで仕事を終え、空港へ向かう途中の夕方。ちょっと立ち寄って歴史を感じてみたかったのです。 ジャカルタ歴史博物館です。1710年、オ…
コメント:59

続きを読むread more

巨大な地下空間で歴史を感じられる大谷資料館

今年の夏(8月)、栃木県の日光を旅した帰りの途中に寄ったのがこちらでした。 それは、宇都宮の郊外の山間にありました。 垂直方向に真っ平に削り取られたような断崖絶壁。なんとも不思議な地形だと思いませんか。時間が経っていると思われますが、いかにも人工的。 よく見ると、水平方向に窓のように切り取られた部分があります。これまた不思議です。…
コメント:62

続きを読むread more

和の趣たっぷりの金谷侍屋敷が金谷ホテル歴史館になって

8月の日光を巡る旅、ようやく最後のレポートなります。(既に11月になってしまいましたが。) 日光田母沢御用邸(にっこうたもざわごようてい)記念公園から国道120号線を渡ったはす向かいには、こんな歴史的な場所があります。冠木門(かぶきもん)の向こうには、いかにも趣ある和風建築が見えました。 雨がしとしとと降る中、こちらに訪れました。 …
コメント:60

続きを読むread more

上皇陛下が疎開された日光田母沢御用邸の見学、和風建築と洋館

こんな丸窓の部屋から日本庭園を眺めると心が落ち着いたことでしょう。ここは御学問所といいますから、こんな部屋でお勉強をされたのでしょうね。 結構、集中できたのかもしれません。 別の部屋の窓側を見ると、比較的小さな枠の障子の上に、金色のエレガントな電灯がありました。まさに和洋折衷の極み。なんとも上品で高貴な雰囲気を感じました。 部屋中…
コメント:52

続きを読むread more

奈良時代からの日光山の聖地、日光二荒山神社と輪王寺で歴史を感じて

右手に連なる石灯篭、左手には石垣が設けられた杉並木の参道は、とても厳かな雰囲気でした。石灯篭のそのまた右側の高い壁は日光東照宮の塀でもあります。こんな荘厳な参道は、日光山内の「上神道」(かみしんみち)と言います。 ここを東照宮から西の奥へ進んでいくと格式ある楼門(ろうもん)が現れます。これは世界遺産「日光の社寺」、日光2社1寺のひとつ…
コメント:54

続きを読むread more

東照宮の次は日光廟大猷院の素晴らしさ、こちらも行かないともったいない

「日光廟大猷院(にっこうびょう たいゆういん)」と刻まれた石柱。 石柱は新しいですが、その周囲はいかにも歴史ある荘厳な雰囲気が漂う霊廟(れいびょう)の入り口です。場所は日光山内の西の一番奥に位置する大黒山のふもと。こちらも日光山輪王寺(りんのうじ)の一部です。 正式には、日光山輪王寺 大猷院(たいゆういん)。世界遺産「日光の社寺」の…
コメント:56

続きを読むread more

日光東照宮の豪華絢爛な建築群・装飾の数々を巡って(昔より新しくなっている?!)

広い表参道を歩いていくと大きな字で「東照宮」と刻まれた石柱が現れます。日光東照宮というのはあくまで通称、正式名はシンプルに「東照宮」なのです。 やはり、栃木県の日光に来たらここを訪ねないわけにはいけない。久しぶりですが、新たな姿が見られるのを楽しみにしていました。 いうまでもなく誰もが知る、日光随一の名所であり、世界遺産「日光の社寺…
コメント:57

続きを読むread more

日光山内の玄関口、「神橋」周辺を散策して日光金谷ホテルへ

山間の渓谷に弧を描くようにかかる朱色と黒で塗られた橋。山の緑を背景にして神聖な雰囲気を感じました。こちらは、栃木県の日光山内の玄関口にある神橋(しんきょう)。奈良時代の伝説が起源の橋です。 やはり神の橋だったのかと感じさせる佇まい。見惚れてしまいます。現在のようは優美な姿になったのは、江戸時代の寛永13年(1636年)。日光山内がきら…
コメント:61

続きを読むread more

奥日光の戦場ヶ原、湯ノ湖から湯滝へ湯川になって、芸術的な木漏れ日の風景

日光国立公園、「戦場ヶ原(せんじょうがはら)」と書かれた立て札。子供の頃から耳に残っている地名です。やはりこの展望台に立ち寄ると、久しぶりに戦場ヶ原へ来たんだと実感しました。 向こうには山に四方を囲まれた緑の草原のような平地が広がっています。実際は湿原なのですが、この展望台からはここが湿原のようには見えませんね。ただ、この平地へ足を踏…
コメント:60

続きを読むread more

中禅寺湖畔ボートハウス、日光二荒山神社中宮祠、中禅寺立木観音からの眺望とランチ

真夏の日光の旅、もう少しだけ中禅寺湖畔を巡った時に訪れた歴史スポットについてご紹介させて下さい。 湖岸にせり出した広いデッキには、木製のテーブルやチェアが置かれていて、のんびりとできるスペースがありました。そのゆったりとした空間は、ちょっと日本ではないような雰囲気。 そこから眺める朝の湖の風景は、爽やかで気持ちのいいものでした。既に…
コメント:71

続きを読むread more

日光の中禅寺湖畔で朝の散歩 (大谷川から華厳ノ滝へ)

お盆休みに行った日光旅行の2日目、朝7時頃に中禅寺湖畔を散歩しました。爽やかに晴れわたったとても気持ちのいい朝でした。ここは中禅寺湖の東岸の角。大きな朱色の鳥居が朝日を浴びて輝いているようでした。 これは日光の広大な土地を境内とする日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の鳥居です その二荒山神社がご神体山として仰ぐのが男体山(なんたい…
コメント:60

続きを読むread more

これぞお洒落な避暑地のひと時、日光の英国・イタリア大使館別荘記念公園

日光が差し込む広いテラスのソファーにゆったりと座り、前庭越しに湖畔の景色を眺めていました。そこに窓は無く、間口の広い前面から心地よい空気が入り込んできて、真夏の日差しなのに冷房いらず。本当に贅沢で快適な時が流れている、そんな感覚を味わえます。 「ああ、これが避暑なんだ!」と思ってしまいました。 この建物を外から眺めると、こんなにもシ…
コメント:67

続きを読むread more

日光の絶景を望む展望台(明智平、半月山、華厳の滝)を巡って

まず、この景観を眺めてみたかったのです。山に囲まれた湖と流れ落ちる大きな滝。こちらは栃木県の国立公園、日光の明智平(あけちだいら)展望台から眺めた風景です。 この夏のお盆休み、私は久しぶりに日光へ訪れました。 ここは、日光の豊かな自然を一望する代表的な眺望を味わえる場所。そこでまず目が行くのが、やはり華厳ノ滝(けごんのたき)。高さ9…
コメント:64

続きを読むread more

宇野港から瀬戸内の直島へ(現代アートの散策でパワーを感じて)

海辺に置かれたグラデーションと立体感のある色使いを施した「魚のオブジェ」、確かに芸術的だなと思いました。これは、「宇野のチヌ」と呼ばれる像です。 宇野(うの)は岡山県南部の港町です。「チヌ」とはクロダイのことだとか。 この作品は、2010年に第1回「瀬戸内国際芸術祭」が開催された時に、ここ宇野港に設置されたのだそうです。 よく見る…
コメント:80

続きを読むread more

倉敷美観地区で大原家の足跡に触れて

前回の記事に引き続き岡山県の倉敷についてのレポートです。今回は、倉敷の名家が設立した美術館から。 1930年といいますから昭和5年のことですね。このギリシャ神殿風の美術館がオープンしたのは。当時、江戸時代からの街並みが残っていた倉敷で、どんなにか先進的で斬新であったことでしょう。 更に、昭和の金融恐慌の嵐が吹き荒れていた頃。よく開館…
トラックバック:0
コメント:61

続きを読むread more

倉敷美観地区の街並みを回って(GWの新緑の中を)

川の真ん中をゆっくりと進む一艘の小舟。川の両岸には柳の緑が垂れ下がっていました。前方の古風な石橋の方向に向かっています。 しばらくすると、もう一艘の舟が手前へ向かってきました。皆さん、編み笠をかぶって川から岸の風景を楽しんでいるよう。 こんな味のある風景が見られるのが、岡山県の倉敷美観地区。この川は、倉敷川です。 人気の「川舟流し…
コメント:73

続きを読むread more

岡山城と後楽園、夜のライトアップの見事な共演(GWの烏城桃源郷と幻想庭園)

これまで岡山を代表する観光スポット、岡山後楽園と岡山城について書きましたが、今回もこの2つのスポットについてです。 ただ、今回は昼間の姿でなく夜の風景をお届けします。 昼間訪れた別の日の夜、再びこちらへ足を運びました。というのも、ゴールデンウィークには特別なライトアップのイベントが行われていたから。 まずは…
コメント:66

続きを読むread more

GWの新緑の中の岡山城(黒漆と金のしゃちほこ)

(リニューアル後の初めて記事の投稿。戸惑いだらけですが何とかやってみました。) まだ、岡山の旅のレポートの途中でした。 美しい新緑の囲まれた堂々たるお城の天守。こちらは、岡山県岡山市の岡山城です。岡山後楽園を散策した後に訪れました。かつての天下の名城の一つ。現代の日本百名城の一つ。やはりじっくりと堪能したかったのです。 きれいな黒…
コメント:67

続きを読むread more

岡山後楽園、GWの彩りの風景

大きな池越しにのぞむ緑に囲まれたお城の天守と端正な日本庭園の風景、とっても雄大で本当に惚れ惚れしました。なかなかこんな風景を眺められるところは無いかなと思いました。 それもそのはず、ここは日本三名園の一つ、岡山後楽園(こうらくえん)です。まだゴールデンウィーク前半のつつじの季節でした。 入園してすぐに大きく視界が開けて広大な…
トラックバック:0
コメント:55

続きを読むread more

岡山県高梁の街を散策して(備中松山城のお膝下)

前回の記事で訪れた備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)を後にし、臥牛山(がぎゅうざん)を降りたところに広がるのが、かつての城下町、高梁(たかはし)です。 岡山県高梁市にあります。折角、はるばるここまでやって来たので、お城だけでなくこの城下町を少し散策することにしました。 まず訪れたのが、この見事な庭園でした。遠方の山を借景…
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

GWの備中松山城、霧に包まれても人気ありますね

ゴールデンウィーク前半、あまり天気が良くなくて少し心配でしたが、予定通りある山城へ向かいました。 城の麓付近に飾られたこいのぼりが、緑を背景にして心地よい雰囲気を醸し出していました。このすぐ近くに、城見橋公園駐車場があって、ここでレンタカーを駐車。基本的に一般車はここまででした。 どんどん車が到着して、次々に駐車場が埋まって…
トラックバック:1
コメント:51

続きを読むread more

かつて湿地帯だった歴史的な水攻めの古戦場、備中高松城跡

戦国時代のターニングポイントとなった出来事は幾つかあると思いますが、私はこの地で行われた壮大な戦いもその一つであったと思っています。 現在、その戦いがあったお城の跡にはこんな蔵が建っていました。 そこには大きな幟が立っていて、「備中高松城(びっちゅうたかまつじょう)址」と書かれています。 ここは、かつての吉備国(きびのくに…
トラックバック:1
コメント:56

続きを読むread more

古代の伝説が残る吉備国の歴史巡り(鬼ノ城、造山古墳、備中国分寺)

「ここが桃太郎の鬼ヶ島のモデルだったのかも」、そんなふうに思いながら山の頂上近くにある城壁と城門を眺めていました。 ここは島ではありません。岡山県総社市にある標高約400mの鬼城山(きのじょうざん)という山です。 吉備国(きびのくに)の伝説によれば、この山に、第11代垂仁(すいにん)天皇の時代、温羅(うら)という鬼が住みついて城…
トラックバック:1
コメント:56

続きを読むread more