森を抜けると現れたアイスランドポピーの絶景(武蔵丘陵 森林公園)

令和3年(2021年)のゴールデンウィーク、昨年同様に家でずっと自粛すべきかどうか直前まで迷っていました。それでも、待ちに待った仕事のお休み。今年は場所を選んで注意しながらと思い、出かけてきました。「無責任」と言われればその通り。ご気分を害される方々には申し訳ないです。もう2週間が経ちました。まだ全く感染状況は好転していませんが、そんな…
コメント:19

続きを読むread more

根岸森林公園の桜山の風景と大勢の花見客

令和3年(2021年)も5月となり、東京都の緊急事態宣言の下、ゴールデンウィークも後半となりました。そんな中、私のブログはいつもながら、時期遅れの投稿です。3月末、もう一つ地元の桜の名所へ訪れていたので、その様子を今更ながらご紹介したいと思いつつ、よろしければご覧ください。3月27日(土)、関東地方はポカポカ陽気の週末でした{%桜web…
コメント:56

続きを読むread more

東京の花見の王道、千鳥ヶ淵の桜の絶景とその他の花々

4月25日から東京・大阪・兵庫・京都の4都府県が、緊急事態宣言の発令となりました。仕方がないとはいえ、今年も重苦しいゴールデンウィークになりますね。私は神奈川県民ですが、一段と気を引き締めて、注意して行動していきたいと思っています。4月も下旬となりましたが、私のブログはいまだに3月末。凝りもせず、もう少し桜風景の思い出をレポートさせて下…
コメント:49

続きを読むread more

靖国神社の桜、参拝して穏やかな桜風景を眺めて

令和3年(2021年)3月26日、新宿御苑(しんじゅくぎょえん)を千駄ヶ谷門から出た後、電車に乗って少し足を伸ばし訪れたのがこの神社でした。幅広の参道が、鳥居の先までずっと続いています。ここは、東京都千代田区の靖国神社(やすくにじんじゃ)。 本来の社号は、靖國神社と旧字体で書くのが正しいのでしょう。 何かと話題になる靖国神社ですが、…
コメント:62

続きを読むread more

予約制の新宿御苑の桜風景(番外編)

コロナ禍で、事前予約制による入園となった新宿御苑(しんじゅくぎょえん)。令和3年(2021年)3月26日に行きました。 前回の記事で、その満開の桜の風景をご紹介しましたが、実はその時撮影した写真がまだまだありまして、、。 今はもうほぼ散ってしまいましたが、今回は、新宿御苑の桜風景「番外編」として、前回ご紹介しなかった写真をご覧いただ…
コメント:54

続きを読むread more

見事な桜風景が大集結、予約制の新宿御苑でお花見を

さあ、今年も本格的な桜の季節が到来しましたね。 一都三県で緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだコロナ禍が続きます。そんな中、どこかで桜の花見をしたいとなと。 そこで、令和3年(2021年)3月26日、東京都新宿区にある新宿御苑(しんじゅくぎょえん)へ出かけました。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、この春…
コメント:64

続きを読むread more

12月の鎌倉、建長寺と半僧坊の紅葉

一都三県で、3月21日に緊急事態宣言が解除されることになりました。とは言え、感染対策を続けることには変わりないですね。これから再び感染拡大が極端に広がらないことを祈るばかりです。私のブログは、いまだに緊急事態宣言前の昨年の12月。鎌倉散策のレポートとなります。 今回は、鎌倉を代表する大寺院である建長寺(けんちょうじ)。鎌倉五山の第一位…
コメント:50

続きを読むread more

12月の鎌倉、銭洗弁財天でのひと時(紅葉とヒメツルソバ)

相変わらず季節外れの投稿で恐縮です。再び12月の鎌倉。 今回は、中心部から西側の山間にある銭洗弁財天(ぜにあらいべんざいてん)。 昔からここへは何度となく訪れています。それは、何となくここへ来ると楽しくなるから。 山道を登っている途中の岩肌に、いきなりその入り口があるのです。鳥居の脇の立派な石碑には、宇賀福神社(うがふくじんじゃ)…
コメント:50

続きを読むread more

12月の鎌倉の紅葉ヶ谷の瑞泉寺の風景

首都圏の1都3県の緊急時代宣言は、2週間継続となりました。 神奈川県民としては、もうしばらく自粛の生活を送らないといけません。 そこで遅ればせながら、昨年(2020年)12月中旬に訪れた鎌倉について、幾つかレポートさせて頂きます。 まずは、鎌倉の中心部から離れ、北東の奥まった山あいの谷(やつ)の先にある瑞泉寺(ずいせんじ) 。山に…
コメント:54

続きを読むread more

散歩で訪れた巨大建築とその周囲の柱のオブジェやモニュメント

天気の良い2月の週末、横浜市港北区の自宅から少し足を伸ばしてみようと、カメラを持って散歩しました。 今回は、その時の様子をご紹介します。 緊急事態宣言下ですが気持ちのいい晴天で、日光を浴びながらこちらへ歩いてきたのです。少し高台にあるこの辺り、石造りの柱が何本も立っていました。 しかも、石柱の上部には、半円形の金属板が備え付けられ…
コメント:52

続きを読むread more

旅の終わりに森の中の北口本宮冨士浅間神社へお参り

令和2年(2020年)11月末、河口湖周辺を巡る旅の最後に、私が立ち寄ったのがこちらの神社でした。 河口湖町を離れ、お隣の富士吉田市の国道139号線沿いにある森の中に位置する歴史ある神社。 前を通り過ぎることはよくあるのですが、実際に訪れるのは本当に久しぶりでした。 この「冨士山」という扁額(へんがく)が飾られた鳥居から入ります。…
コメント:54

続きを読むread more

人が少ない河口湖「音楽と森の美術館」の撮影

令和2年(2020年)11月下旬に訪れた山梨県の河口湖。旅のレポートはもう少しだけ続きますので、よろしければどうぞ。 訪れたのは、おそらく河口湖北岸で最も人気のある美術館、河口湖「音楽と森の美術館」です。 入口のゲートには、KAWAGUCHI-KO MUSIC FORESTと掲げられています。正直、最初ちょっと戸惑いがありました。確…
コメント:54

続きを読むread more

晩秋に訪れた久保田一竹美術館のエキゾチックなたたずまい

令和2年(2020年)11月下旬に訪れた富士五湖・河口湖の旅、できればもう少しお付き合い下さい。 河口湖北岸にある幾つかの美術館のうち、異彩を放ち独特の魅力を持つ久保田一竹美術館を訪ねました。 ちょうど、河口湖紅葉まつりの会場である「もみじ回廊」の奥に位置します。 なだらかな傾斜を上ったところの赤松の木々の間に…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

晩秋の河口湖畔の北西部、大石公園・ハナテラス・もみじトンネルの風景

私の令和2年(2020年)11月下旬の富士五湖・河口湖の旅、よろしかったらもう少しお付き合い下さい。 今回あらためて思いましたが、以前より河口湖周辺の見所・観光スポットはかなり充実してきています。 特に、河口湖の北岸。この日、日が傾き始めた頃、私は大石公園を訪れました。ここは、河口湖畔で富士山を望める花いっぱいの公園{%富士山web…
コメント:44

続きを読むread more

晩秋の忍野八海を全部巡ってみた感想

今年は年初から、職場で感染者が発生したり、緊急事態宣言への対応をしたり、本当に怒涛のような大変な日々でした。まさに尋常でない忙しさ。しばらくは落ち着かないでしょうし、在宅勤務をせずに通勤も続けなくてはなりません。不安も感じますが、何とか無事に乗り越えたいです。そんな時期ですが、昨年の旅行を思い出してレポートを始めさせて頂きます。時は、2…
コメント:64

続きを読むread more

2021年 迎春:鎌倉の鶴岡八幡宮でのお参り風景

新年明けましておめでとうございます。 昨年、私のブログにご訪問いただいた方々には、あらためてお礼申し上げます。 そもそも、「旅と外出のブログ」など書いていていいのか。そんな疑問と後ろめたさを感じながら、ブログを続けていました。 今年の年初も状況は変わらず、いや益々悪化しているような中ですが、勝手ながら「旅と外出のブログ」を開始させ…
コメント:66

続きを読むread more

晩秋の昇仙峡へのドライブと散策で出会った巨石の風景

11月の下旬、山梨県富士五湖のひとつ河口湖を巡っていましたが、思い立って同じく山梨の渓谷の名所、昇仙峡(しょうせんきょう)に足を伸ばすことにしました。 これまで、なかなか行く機会が無くて、、。河口湖からなら近いかと思いながら、約1時間半ほどのドライブでした。 甲府へ向かって北上し、更に甲府盆地を通り過ぎて山道を登ってくと、ここに到着…
コメント:32

続きを読むread more

河口湖畔からパノラマロープウェイに乗って、天上山の新名所で富士山を眺める

11月下旬の山梨県河口湖への旅。実はまだまだ続きがありまして、、。よかったらご覧下さい。 それは、前回ご紹介した河口湖北岸の産屋ヶ埼(うぶやがさき)で早朝の富士山を撮影した後に、出かけたところでした。 ここは河口湖の南岸にある大池公園。先程までいた産屋ヶ埼は、河口湖大橋の右手に見えています。 朝日を浴びた湖の風景が心地よく、ここも…
コメント:58

続きを読むread more

河口湖の産屋ヶ埼で赤モミジを入れた富士山の撮影

11月下旬、山梨県の河口湖畔で宿泊。 朝6:30頃に起床し、ホテルの部屋のカーテンを開いて窓からのぞくと、こんな富士山が顔を出していました。「見えた!」。 まだ、外は薄暗かったですが、モノトーンの富士山のシルエットを前にして、朝の目覚めから一気に気分が高揚しました。 ただ、右手(西側)に大きな雲があって、それがどう動くか少し心配でも…
コメント:60

続きを読むread more

富士河口湖 紅葉まつり:「もみじ回廊」の昼と夜

このところ忙しくて、ブログを少しお休みしていました。予定していた休暇や旅行もキャンセルしたりして、、。そのうちにコロナの感染拡大で、ブログへの意欲も沈み気味。ただ、11月後半、我慢の3連休なんて言われながらも、既に予約済みだった近場のドライブ旅行へ。公私ともに慌ただしかったので、注意しながらリフレッシュしてきました。11月下旬の3連休に…
コメント:62

続きを読むread more

横浜市鶴見区の馬場花木園で秋をたっぷり味わう

いつまでも真夏の旅のレポートを書いていたら、もう11月。季節はどっぷりと秋になっていましたね。 いろいろとバタバタとして心落ち着かない日々を過ごしていますが、文化の日の午後、少しだけ時間がとれたので、自宅から車を走らせてある公園に訪れました。 心休まる「秋」を感じたくて、、。 そこは、横浜市鶴見区にある馬場花木園(ばばかぼくえん)…
コメント:62

続きを読むread more

軽井沢からの帰りに碓氷峠の「めがね橋」と碓氷湖へ立ち寄って

令和2年(2020年)の夏、私の「軽井沢の旅」のレポートも今回が最後になります。長々と続けてきましたが、これまで読んで頂いた方には本当に感謝いたします。 非常に後ろめたい旅ではありましたが、こうやって無事に旅ができて、その後も普通にいられたことに感謝です。軽井沢からの帰りは、高速道路へすぐに乗るのではなく、碓氷峠(うすいとうげ)を国道…
コメント:70

続きを読むread more

真夏の小諸城址・懐古園を巡って石垣の美に触れて

もう季節はどっぷりと秋になりましたが、私のブログは、もう少し令和2年(2020年)の夏、「軽井沢の旅」の続きをレポートさせていただきます。今回は、軽井沢を拠点として車で少し遠出をして小諸(こもろ)の地へ。 小諸城址(こもろじょうし)にある懐古園(かいこえん)を目指しました。いつも通り過ぎてしまい訪れる機会がなかったので、行きたかったの…
コメント:50

続きを読むread more

北軽井沢の白糸の滝から南軽井沢のタリアセンへ

秋が深まりだいぶ気温が下がってきましたが、令和2年(2020年)の夏、私の「軽井沢の旅」の思い出をもう少しレポートさせて下さい。 それは真夏の軽井沢から北へ車を走らせ、有料道路になっている森の中の山道をしばらく運転したところに突如現れました。 道の片側にずらっと並ぶ車の列。これが結構続くのですか、なんとか空いたスペースに車を駐車して…
コメント:52

続きを読むread more

西方寺のカラフルな彼岸花の共演

事情があって、急に休日も忙しくなってしまいました。 旅の続きのブログを書いている時間も無くなってしまい、、。 先週末(9月27日)、車でスーパーでの買い物に行く途中、寄り道したお寺でのひと時を簡単にご紹介します。 場所は、横浜市港北区にある西方寺(さいほうじ)というお寺。ここへ来るのは、3月のお彼岸の時以来。その時は、ほとんど誰も…
コメント:62

続きを読むread more

中軽井沢の星野エリアで今どきのリゾートを気取って(ハルニレテラス、ホテルブレストンコート、教会)

令和2年(2020年)夏、もう少し「軽井沢の旅」レポートを続けさせて下さい。今回は、新・旧軽井沢を離れ、中軽井沢(なかかるいざわ)で過ごした体験をご紹介します。 中軽井沢駅前から車で国道146号を北上すると、右手に見えてくるのがこの看板。今まで何度かここを通り過ぎることはあったのですが、右折して立ち寄ることはありませんでした。 「星…
コメント:48

続きを読むread more

軽井沢の雲場池を回って水面の雲を見る

令和2年(2020年)の夏、「軽井沢の旅」のレポートを続けさせて頂きます。 旧軽井沢銀座通り(旧軽銀座)の喧騒を離れ、今度はかつての旧中山道を西へと走りました。 今の離山(はなれやま)通り。この通り沿いの駐車場に車を停め、緑の木々に囲まれた脇道を歩きました。野沢原通りといいます。この辺りも木立の奥には立派な別荘が並ぶエリアです。 …
コメント:56

続きを読むread more

旧軽から碓氷峠を登って見晴台と熊野皇大神社へ

令和2年(2020年)夏、「軽井沢の旅」のレポート。こんな時期ではありますが、よろしければご覧下さい。 今回も、前回に引き続き旧軽井沢銀座通り(旧軽銀座)からです。 旧軽銀座を東へ向かって歩くと、正面に碓氷峠(うすいとうげ)が緑の壁のように立ちふさがります。実際、江戸時代の旧中山道の旅人も、軽井沢宿でこういう光景を見たはずです。 …
コメント:48

続きを読むread more

旧軽銀座からテニスコートを通って万平ホテルへ(カフェテラスでのひと時)

令和2年(2020年)夏、前回の記事に引き続き「旧軽井沢銀座通り」、すなわち旧軽銀座(きゅうかるぎんざ)からスタートさせて下さい。 例年より少ないとはいえ、マスク姿の観光客でそれなりの賑わいでした。 ここが江戸時代には中山道の宿場町だったことを前回書きましたが、ちょうどこの辺りが宿場町の中心だったはず。それは、西向きの正面右手に大名…
コメント:48

続きを読むread more

2020年夏、旧軽井沢銀座の歴史に浸る散策(A.C.ショーと つるや旅館)

ここが歩行者天国の始まりでした。ここから通りの賑やかさがしばらく続きます。令和2年(2020年)のお盆休み、行き交う人は皆さんマスクをしていました。当然ですね。 ここは、軽井沢一の繁華街でメインストリートでもある、旧軽井沢銀座通りです。 一般的には、旧軽銀座(きゅうかるぎんざ)と略して呼ぶ方が多いでしょう。 いつもの夏に比べれば人…
コメント:56

続きを読むread more

2020年夏、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」での朝のひと時

令和2年(2020年)の夏休み、ギリギリまでどうしようか悩みました。コロナの感染拡大が続く中、旅行は自粛すべきという声もありながら、GO TOキャンペーンもあって。でも、最終的には行くことに決めました。昨年から検討し、5月には予約していました。やはり、折角の仕事の休みに自分らしい大切な時間を味わいたかったからです。もちろん、緊張感と後ろ…
コメント:56

続きを読むread more

今は無き「白馬岩岳ゆり園」の華やかな景観

コロナの感染拡大に雨ばかりの7月。このところブログを書くきっかけも気力も無くなっていました。8月となりようやく梅雨明け。お盆休みに突入ですね。特に新たなネタは無いので、過去の旅行の1シーンをブログに記してみました。時は、3年前の夏、平成29年(2017年)の8月のこと。 長野県の白馬(はくば)村に来ていました。ちょうどその頃、ブログは…
コメント:70

続きを読むread more

コロナ禍のこんな時期の「八景島シーパラダイス」でのひと時

前回の記事から、コロナの感染拡大が止まらず、豪雨被害もあったりして、本当に気持ちが沈みっぱなしです。自分の物見遊山で外出する気が起らず、ブログも書けなくなってきて、、。そんな中ですが、どうしても行っておきたい場所があって、今回はその時の様子をご紹介します。時は、2020年7月11日(土)。場所は、横浜市金沢区の人工島にある横浜・八景島シ…
コメント:72

続きを読むread more

相模原北公園のアジサイ風景いろいろ

コロナウィルスの存在を前提に自衛して生活する「新常態」の時代になりましたね。私は、緊急事態宣言下から平日は県境を越えて東京へ通勤しています。ただ、休日は県境を越えた移動を自粛してました。実際、横浜市の外へも出ませんでした。あくまで、休日ということですが、、。そんな中、今回は久しぶりに休日に市外へ外出してみました。6月20日に訪れたのは、…
コメント:72

続きを読むread more

大熊川のあじさい緑道、高くて長いアジサイの壁

県境をまたぐ移動の全面解禁となった6月19日。その翌日、20日は、天気の良い土曜日でした。 ここ最近、近場での外出で発見を試みている私は、もう一つ行ってみたい場所があったのです。 自宅から車で15分ほどなので、手軽に行けました。それでも今まで一度も行ったことが無かったのです。 そこは、細い川沿いにアジサイの花が壁のように連なる場所…
コメント:64

続きを読むread more

横浜のアジサイ寺、正覚寺を雨に日に訪れて

コロナ禍での梅雨入り、週末も雨降りとなりました。6月13日(土)。 気分が重くなりがちですが、少しでも気晴らししたいと雨の中、出かけました。 この時期、できるだけ近場の外出ですませたいですからね。 そこは、「横浜のアジサイ寺」と言われる正覚寺(しょうがくじ)。横浜市都筑区の港北ニュータウンの住宅地の合間にあるお…
コメント:60

続きを読むread more

6月の山下公園の風景

4月・5月と行楽地へ行くことは無く、緊急事態宣言が解除され6月になっても、何となく外出をためらってしまう感じがありました。このままでは、休日は引き籠ってしまいそう。そんな塞ぎこむ気持ちを押しのけて、どこかに行こうと思って出かけました。それは、横浜市中区の山下公園。 どこも行くあての無い時、これまでも山下公園を訪れて癒されてきました。 …
コメント:66

続きを読むread more

5月の「花のある風景」を振り返って

首都圏の一都三県と北海道は、いまだにコロナウィルスによる緊急事態宣言下にありますね。いまや神奈川県は、全国で最も危険な県となったような数字が報道されています。いずれにしろ、宣言自体が解除されるのは時間の問題でしょうが、その後に感染予防をしながらいかに生活していくかが大事ですよね。ということで、今週末も「Stay Home」。過去の写真を…
コメント:64

続きを読むread more

ゴージャスな秘密の「桜美景」へ散歩で訪れて

もう5月も中旬を過ぎてしまいましたが、もう一回だけ、桜の風景を紹介させて下さい。今更という気もするのですが、実はブログ記事にしようかどうかためらっていました。とはいえ、もうブログもネタ切れという状況なので、今回記事にしてみました。首都圏は、まだもう少し外出自粛が続きますね。時は、令和2年(2020年)4月4日(土)。…
コメント:76

続きを読むread more

ゴールデンウィークの「花の絶景」総集編(関東周辺)

2020年のゴールデンウィークが終わってしまいましたね。観光地への旅行も外出もしないGWは何年ぶりでしょうか。ブログを始めたこの10年では、初めてだと思います。やはり貴重なお休みですから、いつもは気合を入れて出かけるのですが、、。そこで今回のブログは、家に籠っていてネタが無いので、過去のGWに出会った印象的な景色をまとめてご披露したいと…
コメント:66

続きを読むread more

外出自粛要請前の幸手「権現堂公園」の桜と菜の花の絶景と歴史

いよいよ令和2年のゴールデンウィークになりました。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の解除が見通せない中、何とも気の重い連休となってしまいました。一年前の令和元年が始まるウキウキした10連休と比べて、こんなにも異なるGWになるとは、、。本当に世の中、先が分からないものですね。もちろん、私も基本的に家に籠りますが、仕事を休めて少しほっと…
コメント:68

続きを読むread more

外出自粛要請前の「井の頭公園」の危険な桜風景

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が全国へ拡大。もう旅行など考えられないですね。私も4月末に予定していた旅行を、早々にキャンセルしました。残念ですが今は仕方が無いですよね。そこで、ブログの内容は緊急事態宣言前の3月末の外出について。それもブログの記事にするのを躊躇いましたが、今となっては、反省文のつもりで書かせて頂きます。 都知事に…
コメント:62

続きを読むread more

3月お彼岸の頃の西方寺(横浜の花の寺)

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の2週目。いまだ東京の会社へ通っています。ほとんどの人がテレワークか自宅休業で、がらんとしたオフィス。それでも、一部の社員は出勤が必要なのです。普段なら許されない車通勤をするようになりました。電車に乗らないという意味で、感染リスクは低くなっているとは思います。それでも絶えず外出をしているので複雑な思い…
コメント:56

続きを読むread more

水道橋の散策と東京ドームシティホールでリンゴ・スターのライブ

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令や外出の自粛。こんな中、仕事はなかなか全社員がテレワークとは行かず、東京への通勤は続いています。 週末の外出や遠出はままならず、気分が萎えることが多いこの頃。「外出」のブログを書いている身としては、どうしたものかと思ってしまします。そこで今回は、ちょうど一年前の今頃、平成31年(2019年)4…
コメント:64

続きを読むread more

いつもと違う上野公園での桜の花見(外出自粛前の風景)

コロナウィルスの感染拡大で重たい気持ちになりがちのこの頃、今年も例年通りどこか「桜の名所」を訪れたいと行ってきたのがこちらでした。 東京都台東区にある上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)。言わずと知れた東京を代表する桜の名所ですが、大勢の花見客や宴会客でごった返す場所でもあります。 私としては、そういう場所で桜を…
コメント:60

続きを読むread more

弘法大師誕生の地、総本山 善通寺への参拝

今回で私の「香川県の旅」のレポートの最終回となります。 こんぴらさん(金刀比羅宮)参りをした後は、車を5-6キロほど走らせて由緒あるお寺へ向かいました。 香川県の歴史的な名所として是非ここへも訪れてみたかったのです。大きな駐車場からこの橋を渡って境内に入りました。後で分かりましたが、こちらは広大な境内に幾つかある入り口のひとつにすぎ…
コメント:58

続きを読むread more

こんぴらさん(金刀比羅宮)参りの後の散策

前回の記事に引き続き香川県琴平町の「こんぴらさん」(金刀比羅宮(ことひらぐう))のレポートです。 785段の石段を登り切り、無事、御本宮(ごほんぐう)でのお参りを済ませたところから。 御本宮の社殿は総檜造り(そうひのきづくり)、それ程大きくはないですが重厚感があって立派です。歴史上、何度も再建されていますが、現在のものは明治11年(…
コメント:62

続きを読むread more

信仰と商売っ気たっぷりの「こんぴらさん」へのお参り

私の「香川県の旅」のレポートも大詰めになってきました。 一応、歴史がテーマの旅ですから、琴平町にある金刀比羅宮(ことひらぐう)も外せません。ご存じ「こんぴらさん」です。 江戸時代から全国的に人気のあった「こんぴら参り」。私もお参りに行ってきましたよ。 まずは、麓の表参道から。いろんな店や施設が並ぶ門前町。楽しみは後にして進みました…
コメント:56

続きを読むread more

夕暮れ時の「父母ヶ浜」、面白い風景と不思議な風景

晩秋の夕暮れ時、とある海岸の砂浜。一見、ひなびた田舎の海水浴場といった雰囲気。ここになぜか続々と人が集まってきます。 夏でもないのに、ちょっと不思議な感じでした。 駐車場にも結構車がいっぱいで、おまけに観光バスも数台到着します。ちょっと失礼ながら、ここは交通の便が良いとは言えず、正直かなり行きづらいところです。 と言いながら、私も…
コメント:63

続きを読むread more

神恵院、観音寺への参拝と琴弾公園の銭形砂絵

私の「香川県の旅」、丸亀市の丸亀城を見た後、更に西へと車を走らせました。向かったのは、香川県西部、観音寺市の琴弾山(ことひきざん)という山でした。 その琴弾山の麓に非常に珍しい寺院があるのです。その仁王門がこちらです。左側の柱には、『七宝山(しっぽうざん)  観音寺(かんのんじ)神恵院(じんねいん)』と書かれています。 一方、右の柱…
コメント:64

続きを読むread more