テーマ:水戸・茨城の旅

もう少しお花を(ひたち海浜公園)

カリフォルニアポピーが、可愛く風になびいてました。 ここは、またまた茨城県の国営ひたち海浜公園。 見所は、ネモフィラが咲き積もる「みはらしの丘」だけじゃないんです。 この地図のように「みはらしの丘」は、公園の左奥の一角。 ひたち海浜公園は本当に広大な敷地です。なんと東京ディズニーランドの5倍ほどの面積…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

天国の「みはらしの丘」に登って!!(ひたち海浜公園の歴史)

「みはらしの丘」。ゴールデンウィーク後半、私も行ってきました。 茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園の中にあります。 やはり、うわさ通り素晴らしいところでした。 丘全体が、ブルーのネモフィラで覆われて圧巻の風景です なんと、450万本。 花のじゅうたん、というよりは、丘一面に積もった雪の…
トラックバック:2
コメント:46

続きを読むread more

水戸の旅(弘道館、茨城県立歴史館)

偕楽園周辺をかなり散策してから、茨城県立歴史館へ向かいました。ここには「一橋徳川家記念室」があり、水戸のもう一人の有名人、慶喜にちなむ展示が見れます。ここの展示物は定期的に変わり、徳川一橋家の優雅で格式ある生活を垣間見ることができます。また、その他にも館内には水戸藩や平将門関連をはじめ多くの展示があります。外には旧水海道小本館や旧水戸農…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水戸の旅(偕楽園、常盤神社)

水戸は、母の故郷なのにずっと行く機会がなく、いつかは行かなくてはという思いがありました。また、この前に近江の彦根へ訪れて井伊直弼のイメージに触れてきましたが、彼が徹底的に責めた水戸藩の残像にも浸りたくなったのです。 水戸といえば、まずは偕楽園。日本3名園の一つですよね。梅が非常に有名ですが、9月は「はぎ祭り」の季節です。萩が可憐で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more