テーマ:信州・甲斐の旅

今は無き「白馬岩岳ゆり園」の華やかな景観

コロナの感染拡大に雨ばかりの7月。このところブログを書くきっかけも気力も無くなっていました。8月となりようやく梅雨明け。お盆休みに突入ですね。特に新たなネタは無いので、過去の旅行の1シーンをブログに記してみました。時は、3年前の夏、平成29年(2017年)の8月のこと。 長野県の白馬(はくば)村に来ていました。ちょうどその頃、ブログは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花吹雪舞う高遠城址公園で、歴史散策と署名も!?

東京の桜が終わって、まだ桜への思いから離れられず出かけたのは、信州の伊那市(いなし)の高遠(たかとお)でした。 高遠湖(たかとおこ)の湖畔に花開く桜の彩は、まだとっても美しかったです。 三峰川(みぶがわ)に造られた人工のダムなのですが、懐かしさを感じるような景観です。 私が訪れたのは、先週末の4月16日(土)。 …
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

富士芝桜まつり、夢のような富士山の風景

5月の快晴の休日を狙っていました。まるで「夢」のような富士山の風景を見るために。 そして、とうとう見ることができました。 「富士芝桜まつり」、このところ、この風景が東京の電車内や駅でかなり宣伝されています。 通勤時間中、こんな写真を見せられたら誰だって行ってみたくなりますよね。 ただ、休日に…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more

身延山久遠寺の枝垂れ桜に魅せられて

平成27年(2015年)4月4日(土)、実相寺で山高神代桜を見た後は、同じく山梨県の身延山(みのぶさん)へ向かいました。 有名な久遠寺(くおんじ)の枝垂れ桜(しだれざくら)に逢うために。 天気は、相変わらずの花曇り。 それでも、広大な境内を彩る枝垂れ桜の世界に、一気に惹き込まれます。 お堂と…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

花曇りの日の山高神代桜、桜の名木に囲まれて

平成27年(2015年)4月4日(土)、首都圏はどんより曇ったり雨が降ったりという天気でした。 そんな中、山梨県北杜市(ほくとし)にある実相寺(じっそうじ)に向かいました。 まず迎えてくれるのは、桜に囲まれた駐車場。 当然ながら目的はお花見ですが、普通の桜ではありません
トラックバック:1
コメント:52

続きを読むread more

勝沼でぶどう狩りと国宝!?

みずみずしくて新鮮なブドウの盛り合わせ。 これが何とタダなんです 9月末の週末、山梨県甲州市の勝沼にブドウ狩りにやってきました。 上の写真のブドウは、ブドウ園で出された無料の試食用ブドウです。 当然ながら、採りたてのブドウは美味しくて、更に色々な種類が味わえるの…
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

甲府のいい所(サイクリング)

先日訪れた山梨県の甲府。 既に、甲府城と武田神社はご紹介しましたが、それ以外で甲府の街で目についたり、訪ねたスポットをご覧ください。題して、『甲府のいいとこ』。 まずは、甲府駅南口の駅前広場にある堂々としたこの方の銅像。 言うまでもなく、武田信玄公 やはり、この方の姿を見ないと甲府に来…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

猛暑の武田神社で食べたもの

甲府と言うと、やはりここ武田神社を訪れなくてはいけません。 JR甲府駅から北へ2kmほど行ったところ。まさに「武田通り」をまっすぐ進むと武田神社へ到着。 ゆったりした上り坂。炎天下で歩くのはちょっと辛い。 そんな中、私が使ったのはレンタサイクル。 甲府駅北口の交差点…
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

進化する城跡(甲府城)

富士山が背景のお城の風景。日本人にとって、何とも言い難い魅力だと思います。 なぜか心の癒しや懐かしさを感じたりします。 そんな風景を見られるのが、山梨県甲府市にある舞鶴城(まいづるじょう)公園。 すなわち、ここは甲府城跡の公園なんです。 甲府城は、甲斐の国で有名な武田信玄のお城ではありません。 武田…
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

美味しい町並み(上田の旅の終わりに)

長らく続けてまいりました信州上田の旅の記事も今回で最後です。 今回のテーマは、「美味しい街並み」 上田城下にはかつて北国街道が通っていました。 江戸時代には、庶民の善光寺参りの参道として、佐渡金山の金の通路として、更には大名の参勤交代の道として賑わったそうです。あの加賀百万石の前田家もこの北国街道…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

歴史ある温泉とお寺(と花畑)

浦里小学校から南へ小山を越えたところにあるのが別所温泉。非常に古くからの温泉地。 平安時代には既に「七九里(ななくり)の湯」と呼ばれたそう。信州最古の温泉です。 やっぱり温泉はいいですね~。このマーク 、たまらない ここは温泉街にある…
トラックバック:1
コメント:42

続きを読むread more

映画によく出る小学校!?

この小学校をご存知でしょうか 普通は知らないですよね。 いかにも古~い校舎。 この小学校の名前は、長野県の上田市立浦里(うらさと)小学校といいます。 上田市街の西側に広がる塩田平(しおだだいら)にあります。 現在の校舎は大正時代の建築 もちろん二宮尊徳の像…
トラックバック:1
コメント:47

続きを読むread more

「真田の郷」めぐり!

小高い山の中腹からの眺め。山々に囲まれた盆地の風景を遠くに望む。 盆地には街が広がり、それが朝日を浴びて輝いているように見えます。実に見事な風景です。 こんな風景を、戦国の真田家の人達も眺めたのでしょうか。ここは、またまた上田市、市街の北東にある砥石(といし)城跡。こんな風な山城です。 …
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

「稲倉の棚田」のお祭り

魅力的な美人 う~ん、なんと表現していいのか この美人が腰を下ろしている背景には、黄金色に染まった刈り入れ前の稲が、段々に続いています。本当に綺麗。 こちらの美人も負けてはいません。首には、「佳作」と書かれた札を下げていま…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

落ちない城!? 上田城

上田観光で、まず真っ先に行くのが、この上田城跡公園でしょう。 東側の二の丸橋を渡って、城の中に進みます。そして見てくるのが、東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)。 ここが上田城本丸の東の入り口です。 かつて、ここへ向かって2回も徳川軍が攻めてきたのです 1回目は、天正13年(158…
トラックバック:1
コメント:39

続きを読むread more

「真田幸村公 出陣ねぷた」の目指すもの

道路の真ん中で人が刺されて倒れている。いや~物騒な光景です。誰がこんなことをしたんでしょう そして、それを取り囲む沢山の人達はひたすら冷静に眺めているんです。一体、誰を それがこの人。 赤い衣装の女性です。大暴れで周りの男達をなぎ倒していきます。このキッ…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

「上田真田まつり」に行ってきた!

激しい爆発音の後に、立ち込める白い煙。 かなり大量の煙です。そこにいる人達の姿をも隠してしまうほど。 何の写真だか分かりますでしょうか 煙はすぐに吹き飛び、そこにいる人達の姿が明らかに。 彼らは、真田鉄砲隊の皆さん。 信州上田に城を構える真田家の鉄砲…
トラックバック:1
コメント:42

続きを読むread more

現代アートと伝統美の松本歩き

松本城と旧開智学校を訪問した後、しっかり信州そばを食し、松本の町をブラブラと散策。その中で、結構目を惹くものがあったんです。「現代アート」と「伝統美」。何か全く異なる芸術が存在している感じ。 これは、松本美術館前にあるオブジェ。松本出身の芸術家、草間彌生(くさまやよい)の作品。 すごい迫力 まさに…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

古いけど素敵な小学校(開智学校)

松本城を離れ少し北に歩いていくとお洒落な洋館が現れます。これが旧開智学校(きゅうかいちがっこう)。なんか独特な存在感。 明治6年(1873年)に開校。日本で最も古い小学校の一つだ。明治5年の学制の発布の直後ですね。 すごく古いのにこんなにお洒落。当時はいかにもハイカラだったんだろ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

やっぱり見事、国宝 松本城

ブログを始めて1年。久しぶりに本格的な城が見たくなって、、。お盆休みに急遽、松本へ。本物の城、松本城を訪問しました。 やっぱり、松本城の姿は素晴らしい どの角度から見ても。 そして、白鳥が城に花を添える。なんか、観光客にサービスをして…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

富士五湖へ小旅行

河口湖をベースに富士五湖周辺を2泊3日(09年8月9-11日)で家族旅行しました。 この辺りは、ものすごく久しぶり。湖畔の温泉旅館に泊まりました。 天気はあまり良くなかったけど、その合間の晴れ間に富士山五合目まで 登りました。マイカー規制のためバスに乗り換えて行きました。(一人1700円は高い。) ほんの数分、頂上の雲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more