テーマ:近畿・阪神の旅

雨の伊勢おはらい町通り、赤福本店でお花見を!?

伊勢神宮の内宮で参拝した後は、五十鈴川(いすずがわ)沿いの「おはらい町通り」へと繰り出しました。多くの方がそうしますよね。 この日は雨が降ったりやんだりで、この有名な門前町の通りも人が少な目で傘の花が咲いていました。 とはいえ、レトロでタイムスリップしたような雰囲気にひたりながら歩くのはいいものです。 …
トラックバック:1
コメント:48

続きを読むread more

伊勢神宮(外宮・内宮)で参拝とお花見を

小さくて非常にシンプルな造りでありながら、気品と格式を感じる社殿。それが深い緑に囲まれているさまに、実に清らかで神聖な雰囲気を感じました。 これは大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をまつる土宮(つちのみや)。 そんな土宮があるのは、伊勢神宮の外宮(げくう)、すなわち豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の神域にあります。 …
トラックバック:2
コメント:50

続きを読むread more

吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その2) 金峯山寺と吉水神社

前回の記事から引き続き、再び奈良県吉野山(よしのやま)の金峯山寺(きんぷせんじ)の風景です。 平成29年(2017年)4月8日(土)、国宝の蔵王堂(ざおうどう)の西側に建つ南朝妙法院(なんちょうみょうほういん)が、桜に包まれ見事な景観でした。 この場所こそ、かつて後醍醐天皇が南朝の拠点となる仮の皇居、つ…
トラックバック:1
コメント:44

続きを読むread more

吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その1)

平成29年(2017年)4月8日(土)、奈良県吉野山(よしのやま)へ行ってきました。全国的に桜の開花の進みが遅い今年の春、比較的高度のある吉野山では全く咲いていないのではないかと気をもんでいました。 吉野山の観光駐車場に到着。おっと、意外に桜は咲いていました。 それにしても、凄い数の観光バス。一般車は交…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more

紀三井寺からの眺め

和歌山市南部の和歌浦周辺でもう一つ訪れてみたかったところが、紀三井寺(きみいでら)です。 ちょっと面白い響きの名前。やはり、古い歴史を持つ由緒あるお寺です。 有名な滋賀県にある三井寺(みいでら)と関係があるお寺かと思っていたら、どうも全く関係ないようです。 正確な寺号は、紀三井山金剛宝寺護国…
トラックバック:1
コメント:48

続きを読むread more

紀州徳川家の足跡(東照宮と養翠園)

和歌山城を見た後は、和歌山市街の郊外にある紀州徳川家ゆかりのスポットへレンタカーで向かいました。 和歌山市南部の海、和歌浦(わかのうら)を目指して。やはり和歌山市郊外を観光するなら車があった方がいいですね。 まずは、紀州東照宮。 歴史好きとしてはパスできません。全国に数ある東照宮の中でも、紀州徳川家…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

和歌山城へ登る人!?

和歌山に来たら、和歌山城へ。これは当然のことですね。 徳川御三家、紀伊徳川家の居城ですから。その天守閣は立派でなくてはなりません。 天守閣を見上げるのは気分のいいものですね。 今の天守は昭和33年(1958年)の再建の鉄筋コンクリート製。 とは言っても、既に築55年経っていますからそれなりに…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

根来寺の国宝大塔を見上げて

高野山を下り和歌山県の橋本からレンタカーに乗って旅を続けました。紀ノ川に沿って、西へ西へと向かって。 その途中で是非とも足を伸ばしたいお寺がありました。 それが、根来寺(ねごろでら)。やはり歴史の一頁に登場する壮大なお寺です。 まずは、大門。 堂々たる根来寺の総門 左右の仁王像も立派で…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

高野山を下って、慈尊院と真田庵

数々の見所と神聖な場所を訪れて下山した高野山。降りてもなお、訪れてみたかった所がありました。それは、麓の九度山(くどやま)町にあります。 まずは、慈尊院(じそんいん)。 昨年(平成24年)修復を終えた多宝塔が門から顔を覗かせます。 江戸時代に初期の寛永年間に再建されたもの。 この慈尊院は、弘法大使(空海)が高野山…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

高野山 徳川家霊台の静けさ

高野山シリーズ、まだ続いております。本当に歴史が盛りだくさんで。 さて、高野山の「奥の院」では、弘法大使の御廟(ごびょう)への参道沿いに、多くの戦国武将や江戸時代の大名達の霊が眠っています。 ところが、有名な戦国武将でありながら、ある家のある方の墓所が「奥の院」には無いのです その方達の墓所は、奥…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

高野山「奥の院」に圧倒され

高野山の東側に広がる最大の聖地、「奥の院(おくのいん)」。実は、どういうふうにブログに書き記そうか悩んでいました。 あまりに厳かで神聖な一大空間。長い歴史と信仰がここに結集し、過去から現在の幾千万の人々の霊が眠る場所。 手を合わせて「一の橋(いちのはし)」を渡ったここから、約2キロに及ぶ「奥の院」の参道が始まります。 …
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

高野山金剛峯寺とその周辺

真言密教の修業の中心地、壇上伽藍を見た後はここ金剛峯寺(こんごうぶじ)へ訪れました。 空海が真言宗を開いた高野山の金剛峯寺、学校の歴史の時間に習いますからね。 高野山真言宗の総本山。 ややこしい話ですが、金剛峯寺の山号が高野山ですから、このお寺の名前が高野山全体を意味する場合があります。 …
トラックバック:1
コメント:34

続きを読むread more

高野山の壇上伽藍を歩く

高野山へ行ったなら、やはりここ壇上伽藍(だんじょうがらん)を見なくては。 壇上伽藍は高野山の中心地ともいうべきエリア。もちろん、非常に神聖な場所であると同時に、参拝者や観光客が必ず訪れるところ。 弘法大師(空海)が、弘仁7年(816年)、高野山に真言密教の道場を作るために真っ先に開かれたのがこの場所なんですね。 どこか…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

高野山の宿坊に泊って

大阪の難波駅から南海電鉄高野線に乗って向かったのがここ、極楽橋駅です。名前が実にいいですよね。 ここは旅列車「天空」の終着駅でもあります。和歌山県の橋本駅から極楽橋駅までの19.8Km、「こうや花鉄道」と呼ばれています 我々は普通の急行で来ましたが、ホームで「天空」のりりしい姿をパチリ。 …
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

「真田幸村公 出陣ねぷた」の目指すもの

道路の真ん中で人が刺されて倒れている。いや~物騒な光景です。誰がこんなことをしたんでしょう そして、それを取り囲む沢山の人達はひたすら冷静に眺めているんです。一体、誰を それがこの人。 赤い衣装の女性です。大暴れで周りの男達をなぎ倒していきます。このキッ…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

湊川神社は神戸駅前に!?

これまでご紹介した神戸の記事は、いずれも明治時代以降の歴史の産物。 神戸中央区にある湊川神社(みなとがわじんじゃ)も、創建は明治5年(1872年)。でも、その歴史的な背景はずっとずっと時代を遡るのです。 今回、そんな歴史の場所を是非訪れてみたかったんです。 時代は、鎌倉時代と室町時代の間。つまり、「建武の新政」の頃…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

虹の駅・星の駅での失敗!?

ここは、「虹の駅」。実に響きのいい名前です。 なかなかこんな名前の駅はないですよね。 駅の外観はこんな感じ。 やや派手なデコレーション。なぜか星形のライトが。まるで宇宙へ旅するみたい。 幻想的()というべきか、、。 この「虹の駅」は、…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

神戸の旧居留地を散策!

神戸に来たからには、是非ここに訪れてみたかったんです。個人的には、はずせません。 神戸海軍操練所跡 今ここは、海沿いのNTTドコモ神戸ビルの敷地の一角。 碇型の碑が印象的です。 神戸海軍操練所は、幕末、当時軍艦奉行並であった勝海舟の提言によって幕府が1864年(元治元年)に設立。日本に強力な海軍…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

北野異人館を訪ねて(2)

神戸の北野異人館の中で、最も堂々たる存在感を放つのはこの「うろこの家」。外壁のスレートがうろこ状。隣にはうろこ美術館も併設。神戸で最初に公開された異人館で、まさにシンボル的存在。 入館料も最も高いです(1000円) もともと、外国人向けの高級借家として明治34年(1901…
トラックバック:2
コメント:44

続きを読むread more

北野異人館を訪ねて (1)

可愛い少女の写真が飾ってあります。エルゼちゃん、10~12歳。 ドイツ人の女の子。裕福な貿易商ゴッドフリート・トーマス氏(G.Thomas)の娘さんです。 でもこれ、100年ぐらい前の写真です エルゼちゃんはもうこの世にはいませんよね。ただ、100年前、彼女は確かに神戸のこの家に住んでいたので…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

神戸ポートタワー七変化!

この夏は家族で神戸へ行きました。甲子園で高校野球も見ましたが、基本的には神戸に滞在し神戸でゆっくりと。 私にとって、神戸のシンボルといえば「神戸ポートタワー」。この形状とデザイン、なんとも言えず好きなんです。 ずっと見ていても飽きません。 できたのは結構古い。昭和38年(1963年)。東京タワーの5年後、横浜マリンタワ…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

甲子園に行ってみて!

突然ですが、甲子園で高校野球を見てきました。 初めてです 子供頃から行ってみたかった。 とうとうウン十年経って、その思いが実現しました。 8月18日、夏の甲子園(第93回全国高校野球選手権)の準々決勝。 智辯学園(奈良県)対作新学院(栃木県)…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

四天王寺を歩き回って

先日の大阪の旅でもう一つ、是非取り上げたいところがあります。それが、四天王寺。以前より訪れてみたかったのです。 なんと言っても、聖徳太子由来の日本仏法最初のお寺(官寺)。 建立は593年、あの法隆寺より古いわけです。その時のエピソード、いや伝説も有名。 皇位継承を巡って、崇仏派の蘇我馬子等と排仏派の物部守屋等が…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

通天閣&道頓堀

大阪の「おのぼりさん」ツアーをもう少し。 私のイメージでは、大阪の代表的な建物といえば、やっぱり大阪城と通天閣。子供の頃から変わりません。 通天閣は、大阪城の天守からも見えました。そこで、実際に訪れてみました。当然ながら初めて、、。 新世界界隈から見上げる通天閣は、やはり迫力があります。少し…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

大阪城内をまわってみて

大阪城公園の桜の蕾。もう少しで花が開きそう、という感じでした。 数日前の写真なので、今現在はちょうど花開いているはず。それにしても、膨らみ始めた蕾もなかなか味があるものですね。 一方で、紅梅や早咲きの桜は既に満開。 大阪城公園を彩っていました。 前回記事にしました天守閣を出て、…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

お城を見ると元気になる!?

お城を見ると元気になる なぜかそんな気がします。 特に私の場合、雄大なお城の壮麗な天守閣を眺めているとワクワクしてきます。 仕事関連で大阪に行くことになり、その合間にまず最初に大阪城を訪れました。 やっぱりいいです。 木々の向こうにそびえる天守閣、絵になってます{%笑い…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more