テーマ:富士山

散歩で訪れた巨大建築とその周囲の柱のオブジェやモニュメント

天気の良い2月の週末、横浜市港北区の自宅から少し足を伸ばしてみようと、カメラを持って散歩しました。 今回は、その時の様子をご紹介します。 緊急事態宣言下ですが気持ちのいい晴天で、日光を浴びながらこちらへ歩いてきたのです。少し高台にあるこの辺り、石造りの柱が何本も立っていました。 しかも、石柱の上部には、半円形の金属板が備え付けられ…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

旅の終わりに森の中の北口本宮冨士浅間神社へお参り

令和2年(2020年)11月末、河口湖周辺を巡る旅の最後に、私が立ち寄ったのがこちらの神社でした。 河口湖町を離れ、お隣の富士吉田市の国道139号線沿いにある森の中に位置する歴史ある神社。 前を通り過ぎることはよくあるのですが、実際に訪れるのは本当に久しぶりでした。 この「冨士山」という扁額(へんがく)が飾られた鳥居から入ります。…
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

晩秋の忍野八海を全部巡ってみた感想

今年は年初から、職場で感染者が発生したり、緊急事態宣言への対応をしたり、本当に怒涛のような大変な日々でした。まさに尋常でない忙しさ。しばらくは落ち着かないでしょうし、在宅勤務をせずに通勤も続けなくてはなりません。不安も感じますが、何とか無事に乗り越えたいです。そんな時期ですが、昨年の旅行を思い出してレポートを始めさせて頂きます。時は、2…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

2021年 迎春:鎌倉の鶴岡八幡宮でのお参り風景

新年明けましておめでとうございます。 昨年、私のブログにご訪問いただいた方々には、あらためてお礼申し上げます。 そもそも、「旅と外出のブログ」など書いていていいのか。そんな疑問と後ろめたさを感じながら、ブログを続けていました。 今年の年初も状況は変わらず、いや益々悪化しているような中ですが、勝手ながら「旅と外出のブログ」を開始させ…
トラックバック:0
コメント:66

続きを読むread more

晩秋の昇仙峡へのドライブと散策で出会った巨石の風景

11月の下旬、山梨県富士五湖のひとつ河口湖を巡っていましたが、思い立って同じく山梨の渓谷の名所、昇仙峡(しょうせんきょう)に足を伸ばすことにしました。 これまで、なかなか行く機会が無くて、、。河口湖からなら近いかと思いながら、約1時間半ほどのドライブでした。 甲府へ向かって北上し、更に甲府盆地を通り過ぎて山道を登ってくと、ここに到着…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

河口湖畔からパノラマロープウェイに乗って、天上山の新名所で富士山を眺める

11月下旬の山梨県河口湖への旅。実はまだまだ続きがありまして、、。よかったらご覧下さい。 それは、前回ご紹介した河口湖北岸の産屋ヶ埼(うぶやがさき)で早朝の富士山を撮影した後に、出かけたところでした。 ここは河口湖の南岸にある大池公園。先程までいた産屋ヶ埼は、河口湖大橋の右手に見えています。 朝日を浴びた湖の風景が心地よく、ここも…
トラックバック:0
コメント:58

続きを読むread more

河口湖の産屋ヶ埼で赤モミジを入れた富士山の撮影

11月下旬、山梨県の河口湖畔で宿泊。 朝6:30頃に起床し、ホテルの部屋のカーテンを開いて窓からのぞくと、こんな富士山が顔を出していました。「見えた!」。 まだ、外は薄暗かったですが、モノトーンの富士山のシルエットを前にして、朝の目覚めから一気に気分が高揚しました。 ただ、右手(西側)に大きな雲があって、それがどう動くか少し心配でも…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

富士河口湖 紅葉まつり:「もみじ回廊」の昼と夜

このところ忙しくて、ブログを少しお休みしていました。予定していた休暇や旅行もキャンセルしたりして、、。そのうちにコロナの感染拡大で、ブログへの意欲も沈み気味。ただ、11月後半、我慢の3連休なんて言われながらも、既に予約済みだった近場のドライブ旅行へ。公私ともに慌ただしかったので、注意しながらリフレッシュしてきました。11月下旬の3連休に…
トラックバック:0
コメント:62

続きを読むread more

謹賀新年:雲の上に顔を出す上空からの富士山、新幹線からの富士山

新年明けましておめでとうございます。 今年も年初のブログは富士山で始めたいと思います。日本中がどんよりとした曇りと予想されていた日。羽田を発った飛行機から、半分諦めながら窓から下をのぞくと、突如現れたのです。 雲の隙間から顔を出していました。見えただけで嬉しくなってしまいます。 登山道のジグザグが、雪の上か…
トラックバック:0
コメント:74

続きを読むread more

2019年謹賀新年、飛行機の上から見た風景色々(日本・中東からイタリアへ)

2019年、明けましておめでとうございます。 昨年は何とかブログを続けてきましたが、途中からペースをぐっと落としながらの投稿でした。 大きな旅行に行けたのは良かったのですが、年の後半は両親の介護や仕事の負担増など、公私ともかなり忙しくなかなか大変な日々でした。今年もそれは続くでしょうから、ブログがこれまで通り続けられるかどう…
トラックバック:1
コメント:68

続きを読むread more

Top of YOKOHAMA 新横浜プリンスホテルからの眺め

真下から見上げるとこんなふうに見えます。いい形をしています。ちょっとだけ、富士山のように見えたりして。 少し離れてみると、このビルの形がよく分かります。まさに、きれいな円柱型。 これは、横浜市港北区にある新横浜プリンスホテルです。 日本各地にある西武グループのプリンスホテルの一つで、JR新浜駅…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

葉山しおさい公園から海岸を歩いて富士山を眺める

ニシキゴイが泳ぐ大きな池がある日本庭園。明るい朝日が差し込んでとっても心地よく感じました。 別の角度から見ると、後ろの山を借景とした庭園の景観が美しかったです。 水面に写る様もなかなか味があります。 更に、湧き水が噴き上がるような噴井(ふけい)の滝があったり。 こんな素敵な日本庭園があるのが、神奈川県三浦郡葉山(…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

羽田空港と上空から富士山を眺めて

新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 新年最初の写真は、やはり富士山がいいかなと思ってアップしました。 雲が少し多い日で、雲の上から顔を出す富士山でした。 どこで撮ったかといいますと、こちらです。 羽田空港です
トラックバック:1
コメント:84

続きを読むread more

富士芝桜まつり、夢のような富士山の風景

5月の快晴の休日を狙っていました。まるで「夢」のような富士山の風景を見るために。 そして、とうとう見ることができました。 「富士芝桜まつり」、このところ、この風景が東京の電車内や駅でかなり宣伝されています。 通勤時間中、こんな写真を見せられたら誰だって行ってみたくなりますよね。 ただ、休日に…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more

これぞ箱根の絶景、元箱根港と成川美術館

箱根旅行で撮影したかった風景。それは、赤モミジと富士山のコラボでした。 なかなかそういう場面が見つけられなかったのですが、芦ノ湖畔の元箱根(もとはこね)の元箱根港近くにキレイに紅葉したモミジが数本ありました。 ようやく撮れました。 一旦雲に包まれた富士山は、また美しい姿を現わし…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

芦ノ湖スカイラインの風景(富士山と雲)

雨が降った翌日の朝、箱根の宿泊先の部屋の窓から見た風景。 それは気持のいい富士山でした。 11月末の好天。これを待っていたのです。 箱根に雨が降っていた前日、実は富士山上空では雪が降っていたのこと ワクワクしてすぐ出掛けたくなりますが、家族旅行ですから、ちゃんと朝…
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

東名の富士山!!

ゴールデンウィークの前半、横浜ICから東名高速道路を西へ向かって走っていました。 ようやく渋滞が流れ出し、神奈川県西部の大井松田ICを過ぎた頃、クリアな富士山が目に飛び込んできます。 これは、助手席に乗っている妻が撮った写真。 私は、しっかりと運転しています{%トホ…
トラックバック:1
コメント:52

続きを読むread more

葉山御用邸を一回り

葉山には色々と見どころがありますが、やはりここを覗いてみたくなります。 でも、常時警官の方が警備されていて、覗くのはちょっと許される感じではありません。 この写真は、正面を警備する警官の方に許可を得て撮影した、葉山御用邸の正門です。 特に、表札はありません。当たり前ですね。 葉山御用邸は、…
トラックバック:2
コメント:40

続きを読むread more

森戸大明神と岩場の絶景!!

葉山港から少し下った森戸海岸の岬に森戸大明神はあります。通称、森戸神社。 その歴史は鎌倉時代に遡ります。 私が立っているのは、その森戸大明神のみそぎ橋。 鎌倉時代、重要な祭事の前には、この橋を渡って海岸へ出て身を洗い清めたとのこと。 「吾妻鏡」にも度々紹介されているということですから、本…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

富士山へ向かうヨット(葉山)

真っ青な空に青い海。そこに真っ赤な三角の塔が建っています。 そこに書かれている文字は、「HAYAMA Harbar」。 そう、ここは神奈川県の相模湾に面した葉山港。赤い塔は、葉山港の防波堤の灯台です。 青い空と海に、この真っ赤な防波堤灯台が映えます。 こんな粋なプレートが付いていて。小学生の書いた文字です。 …
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

曽我梅林の満開の景色

雨が続いた日の後の3月2日土曜日。ようやく晴れたので、小田原市の曽我梅林へ行ってきました。 こちらは曽我梅林の中でも最大規模の別所梅林。もともと3月3日までの予定だった「梅まつり」が、今年は3月6日まで延長されて開催中でした。 お天気も良くて、気温もポカポカ陽気。広大な敷地に、梅の花がまさに満開でし…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

空港から見る富士!

一枚一枚、緻密に加工された綺麗な硝子が合わさって、美しい壁を造っています。 透明感ある硝子が光を浴びて放つ輝かしい魅力があります。 この硝子の壁の全体像はこんな感じ。 色鮮やかながら透き通った感覚のある高い塔。まるでスポットライトがあたっているような存在感。思わず惹きつけられます{%キラリwe…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more

横浜マリンタワーの影!

横浜マリンタワーと言えば、もちろん横浜のシンボルの一つ。 平成21年(2009年)、横浜開港150周年の際にリニューアルオープン タワーの外観色は、かつての紅白からシルバーを基調に。シックに生まれ変わりました。 冬の天気のいいこの日に訪れました。 横浜市民はあまり行かないような気もします。…
トラックバック:3
コメント:44

続きを読むread more

夢の階段の上にある芝生!?

横浜市港北区にあるこのいかつい建物。ご存じですか ここは日本だけではなく世界に注目される、いや注目されたことのある場所 2002年、サッカーのFIFA日韓ワールドカップの決勝はここで行われたのです。 サッカー好きの人ならお馴染みの、日産ス…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

甲府のいい所(サイクリング)

先日訪れた山梨県の甲府。 既に、甲府城と武田神社はご紹介しましたが、それ以外で甲府の街で目についたり、訪ねたスポットをご覧ください。題して、『甲府のいいとこ』。 まずは、甲府駅南口の駅前広場にある堂々としたこの方の銅像。 言うまでもなく、武田信玄公 やはり、この方の姿を見ないと甲府に来…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

進化する城跡(甲府城)

富士山が背景のお城の風景。日本人にとって、何とも言い難い魅力だと思います。 なぜか心の癒しや懐かしさを感じたりします。 そんな風景を見られるのが、山梨県甲府市にある舞鶴城(まいづるじょう)公園。 すなわち、ここは甲府城跡の公園なんです。 甲府城は、甲斐の国で有名な武田信玄のお城ではありません。 武田…
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

早すぎた、山のホテルのツツジ

このゴールデンウィーク、両親を連れて箱根に行ってきました。 昨年の秋に訪れてから、やはりここにもう一度来て、壮観なツツジを味わいたい。そう思っていました。 芦ノ湖畔の山のホテルです。 既に、関東首都圏ではかなりツツジが咲いていますから。 箱根のゴールデンウィークは、まだツツジには早いと分かっていましたが、少し…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

鴨池大橋の夕暮れ

妻と映画を見た帰り道で、ふと遭遇した風景。 夕暮れ時のマジックアワー。思わず目を奪われました。 向こうの橋のアーチ型の真ん中に、富士山のシルエットが写っているのが分かりますか この橋は、横浜市緑区にある鴨池大橋(かもいけおおはし)。流れる川は、鶴見川です。 そ…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

あっぱれな景色(二宮吾妻山公園)!

JR東海道線の二宮駅のすぐ近くにある小山。吾妻山(あずまやま)です。 この山が凄いんです 最近も、ローカルの新聞やテレビでよく取り上げられます。 それが吾妻山公園。 多くの方が記事にされているので、私も是非行ってみたかったんです。 登り口ははこちら。普通です。 なかなか…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

横浜山手のマジックアワー

横浜山手にある外国人墓地。この周辺は、かながわの景勝50選に選ばれているんです。 墓地が景勝、 というのも少し意外な気がしませんか 確かにこの辺りはとっても魅力的な景勝地、ということを写真でご紹介したくて、、、。 でも、普通じゃ面白くない。 そこで、日没直後の数十分と言われる薄暮の…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more