靖国神社の桜、参拝して穏やかな桜風景を眺めて

令和3年(2021年)3月26日、新宿御苑(しんじゅくぎょえん)を千駄ヶ谷門から出た後、電車に乗って少し足を伸ばし訪れたのがこの神社でした。

幅広の参道が、鳥居の先までずっと続いています。
靖国神社の桜1-1.jpg
ここは、東京都千代田区の靖国神社(やすくにじんじゃ)

本来の社号は、靖國神社と旧字体で書くのが正しいのでしょう。

何かと話題になる靖国神社ですが、今回は純粋に桜を味わおうと訪ねたのです

この第一鳥居は、かつて日本一の大鳥居として、大正10年(1921年)に建てられたもの。
靖国神社の桜1.jpg
現在のものは、昭和49年(1974年)の再建ですが、高さは25mある巨大な鳥居です。

正直、以前は威圧感を覚えたものです。今回は、ちらちらと左右に見え隠れする桜のお陰でしょうか、やや穏やかに感じました。

この大鳥居を抜けても、真っすぐに広い参道は伸びています。
靖国神社の桜2-1.jpg
東京都心でこれだけの広い空間はなんとも贅沢。

江戸時代、この辺りは火除地(ひよけち)だったようです。何となく納得します。

そのずっと先に背の高い銅像が待っています。
靖国神社の桜3.jpg
午後は逆光気味で、銅像もシルエットになっていました。

ご存じ大村益次郎(おおむら ますじろう)の銅像です。

長州藩出身で近代日本陸軍の創設者として知られていますが、靖国神社の創建にも尽力したそうです。
靖国神社の桜4.jpg
明治26年(1893年)、日本最初の西洋式銅像だったのだとか。

ちょっと古いですが、大河ドラマ「花神」の主人公でもありましたね。

そんな靖国神社の参道の右手は、多くの桜の木が植えられた庭になっています。
靖国神社の桜6.jpg
大きな石碑を覆うような満開の桜。

なかなか趣があるなと思いますが、この石碑は第一次世界大戦時のシベリア出兵で戦死された部隊への忠魂碑(ちゅうこんひ)。

ここは「慰霊の庭」。やはり、それを知ると神妙な気持ちになってきます。

とは言え、例年ならこの辺りでビニールシートを敷きお花見をする人達もいると思います。
靖国神社の桜7.jpg
ソメイヨシノだけでなくヤマサクラ系の桜も綺麗に咲いていますから

今年は、「花見の宴はご遠慮願います」と書かれた立て札が目立ちます。
靖国神社の桜5.jpg
当然ですが、ここで宴会をする人はいませんでした。

一方で、ここには桜の花弁をかたどったお洒落なプレートが幾つも置かれています。
靖国神社の桜8.jpg
これは、日本全国47都道府県の陶工が制作し靖国神社へ奉納された「さくら陶板」です。

それぞれ、デザインが違っていて面白いです。47個もあるのです

令和元年(2019年)の創立150年の記念事業とのこと。まだ最近のことなのですね。

石灯篭が並ぶ参道を進むと、右手には大きな平屋根の建物が。
靖国神社の桜9.jpg
こちらは外苑休憩所ですが、中にはモダンなカフェ&ダイニングや、直営ショップ「SAKURA」などが入っています。

ここも令和元年オープンで真新しい

この休憩所の近くは「憩いの庭」として整備され、カフェのテーブルも並んでいました。
靖国神社の桜9-1.jpg
以前、やや重苦しい雰囲気がある靖国神社も、最近になってかなり洗練されてきたなと感じました。

その庭の片側にはシャガの花の群生が広がり、とっても素敵な雰囲気を感じました。
靖国神社の桜10.jpg
ここまでは、従来の靖国神社のイメージとはちょっと違う感じを覚えました。

ただ、更に参道を進むと、どでかい灯篭がそびえていました。なんと桜の木より大きい
靖国神社の桜12.jpg
灯篭の足もとには、日清戦争の戦いの様子を描いたレリーフが埋め込まれていました。

やはり戦争の犠牲者を悼む場所だということを感じさせます。

そのすぐ先にそびえるのが、これまた大きい第二鳥居
靖国神社の桜13.jpg
 明治20年(1887年)の建立で、青銅製の鳥居としては日本一の大きさとか。威厳を感じます。
そもそも、靖国神社は、明治2年(1869年)、戊辰戦争の戦没者の霊を祀るために建立された東京招魂(とうきょうしょうこんしゃ)が始まり。

その後、明治7年(1874年)に靖國神社と改称されました。「平和な国家を建設する」という明治天皇の願いが込められてのこと。

だからこそ、この神門(しんもん)には、大きな菊の御紋が据えられています。
靖国神社の桜14.jpg
扉の向こうには、満開の桜の木々が迎えてくれて、神々しく感じました。

そして、門をくぐった右手が「靖国神社の桜」のメインエリア。
靖国神社の桜15.jpg
ここでも、桜は満開でした。

この中で非常に有名なのが、この「東京の桜の標準木」です。
靖国神社の桜16.jpg
3月になるとよくニュースに登場し、最近では日本で最も早く咲くソメイヨシノの一つとも言えますよね。

昭和41年(1966年)に、この桜の木が東京の標準木に。

やはり、柵で守られてはいますが、それほど大きな木でもありません。

満開から散り始めといった感じだったでしょうか。
靖国神社の桜17.jpg
ところで、どうして靖国神社に東京の桜の標準木があるのか 不思議ですよね。

どうも、気象庁も過去からの継続でよく理由が分からないというのが実情のようです。それまた、不思議です。

この標準木、上の方で結構、横に広がっています。

奥にある能楽堂(のうがくどう)の方へも枝は伸びていました。
靖国神社の桜18.jpg
明治36年(1903年)に、芝公園から移築され奉納されたそうです。

この日は、パンフルートという楽器の演奏が行われていました。

それにしても、靖国神社というとやはり桜のイメージがありますね。
靖国神社の桜21.jpg
実は、そのほとんどが、戦後に戦争を生き抜かれた戦友会の方々による奉納によるものだとか。

そうだったのですね、、。正直、知りませんでした。しみじみ感じます。

そこで、またお参りに向かいます。
靖国神社の桜20-1.jpg
中門鳥居(ちゅうもんとりい)の向こうに、拝殿が見えています。

菊の御紋がしるされた拝殿幕。明治34年(1901年)に建てられたこの拝殿も有名ですね。

結構参拝者は多かったです。

ただ、拝殿前の足もとには、こんな印が描かれていましたよ。
靖国神社の桜20-2.jpg
私も、順番に距離をとりながら参拝しました。

拝殿脇には、唐門があり、奥に本殿の屋根が見えています。
靖国神社の桜22.jpg
ここに、黒船来航の嘉永6年(1853年)以降、日本が経験した数々の戦争で亡くなられた246万6千余柱の方々の神霊が平等に祀られているとのこと。

靖国神社は、「国家のために命を捧げた人々の霊を慰め、その事績を後世に伝える」ために創建された神社。

だからこそ、国家的な神社であり、政治的な神社という側面もあったと思います。

今も、警備の警察官がいます。

ただ、以前は物々しい雰囲気を感じたものですが、この日は、桜が満開で非常に穏やかな境内でした。
靖国神社の桜19.jpg
まだ、3月だったのですが、既に桜は散り始めていました。

更に、靖国神社の境内の右奥にあるのが、遊就館(ゆうしゅうかん)
靖国神社の桜26.jpg
ここに入ると辛くて重い戦争の歴史を思いっきり感じるので、、。今回は入館を遠慮しました。

代わりに、昭和7年(1932年)の完成のこの帝冠様式の建築と、桜とのコラボを味わいました。

靖国神社の桜24.jpg

最後に、私が今回、靖国神社で見つけたとっても平和的に感じたものを少しご紹介いたします。

それは、境内の真ん中あたりに、木々に囲まれひっそりと建つ小さな2階建ての小屋でした。

その2階部分に、何羽かの白いハトが、姿を現わしたり消えたり。
靖国神社の桜28.jpg
「えっ、どうして」なんて思って見ていましたが、実はこれが、白鳩鳩舎(しろはときゅうしゃ)。

ここで約200羽の伝書鳩が飼育されているのだとか。びっくりしましたよ。

桜に白いハトの風景なんて、なんとも日本の平和の象徴のようです。

それから、靖国神社の売店で授かったのがこちらです。
靖国神社の桜29.jpg
透明な樹脂に中に、靖国神社の桜が入った小絵馬、「靖國の桜」というのだとか。

とっても気に入ってしまいました。これなら、一年中、桜が見られます。

桜を見に外へ行くことができない両親へのお土産とすることにしました。


Cherry blossoms in Yasukuni-shrine, Tokyo, Japan

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 188

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2021年04月17日 16:22
靖国神社・・昔に行ったことあがあります。
その時はとても混んでいて周囲を見る余裕が
ありませんでした。
よくテレビの話題に出る場所なので気持ちもなんとなく
ちょっと緊張気味になったのを思い出します。
白い鳩がいるのですね。ずっと平和であって欲しいです。
もう二度と・・という気持ちになりますね。
桜のお土産・・いいですね。
優しい気持ちになると思います。
2021年04月17日 17:05
こんばんは!
靖国神社のお花見は以前友人と千鳥ヶ淵から巡って行ったことがありましたが、こんなに詳細に見たこともなく、さすがミクミティさん!と、思いながら拝見しています~♪
新宿御苑から靖国神社へと小さな花旅ですね~☆
靖国神社の桜が入った小絵馬、きっとご両親も喜ばれたことでしょう~☆
2021年04月17日 20:02
こんばんは。
今年も靖国神社の桜、美しかったのですね。
以前母を連れて行きましたが、母は亡くなるまで
「靖国神社の桜がきれいだった」と言っていました。
あの時も今も美しい🌸桜、感動しました。
時々、その時の写真を見ながら桜の季節は過ごしています。
見せて頂いてとても嬉しかったです。
2021年04月17日 20:27
靖国神社はずいぶん昔になりますが、学生時代に何度か行っています。
でもここで記事を読ませていただくと、何となく変化したような気がしました。
靖国神社のお参りを総理大臣がすると、他の国の方が反対されますが、それは間違っていると思っています。戦争は二度とおこしたくないからお参りをすると私は感じています。
靖国神社の小絵馬が欲しいですね。素敵なものがあるのですね。ご両親様、お喜びになった事でしょう。(^^♪
2021年04月17日 21:12
靖国神社の桜とても素敵です。
だいぶ前に仕事の出張で早く終わったので1人で地図を見ながら訪れたことを思い出しました。大きな鳥居が印象的でした。
桜の時期でなかったですので、残念でした。
テレビでよく東京の桜の開花中継がされるのを見ていますが、標準木がここにあることは、知りませんでした。
今度は、桜の時期に行ってみたいです。
2021年04月17日 21:38
靖国神社の桜、標本木以外にもたくさんの桜がありますね。そのプレートを以前読んで、やはりここは戦争に関連した場所なんだと思ったことがありました。
47都道府県の桜の陶板プレート、私も今年ちょっと立ち寄った時に見ました。各都道府県で変わっているのでやはり群馬県を探してしまいました^^
2021年04月17日 22:52
東京の桜の標準木が靖国神社にあったのですね。ニュースには出ますが、所在場所を記憶していませんでした。見どころなある神社ですね。
2021年04月17日 22:59
こんばんは!
靖国神社というと戦争で犠牲になった英霊を祀っているということと桜の標準木がある神社という認識です。
広くて立派な神社ですね。サクラもちょうど見頃でとても良い時期に行かれましたね。今年は歩いて眺めるだけの花見でしたね。
日本全国47都道府県の陶工が制作し奉納された「さくら陶板」があるんですね。岐阜県の陶板を見たい気がします。
真っ白な伝書鳩が約200羽も飼育されているとはこの時代に驚きます。白い鳩は平和の象徴ですね。
小絵馬「靖國の桜」は素敵ですね。ご両親も喜ばれたことでしょう。私も欲しいです。
2021年04月17日 23:18
こんばんは。

桜が満開の靖国神社にも立ち寄られたのですね。
もう20年ほど前、ツアーで訪ねたことがあります。
やはり、桜が満開の時でした。
ツアーなのでザっと参拝し、ゆっくりは出来なかったのですが。。
第一鳥居、25mもあるんですね。
真新しいさくら陶板やカフェ&ダイニングがあるのは、なかなか現代的ですね。
平和のシンボル白鳩が200羽が飼われてることも靖国神社らしい感じがします。
「靖國の桜」の絵馬、私も絶対買ってしまいそう。
ご両親様への良きお土産となりましたね♪
2021年04月17日 23:25
こんばんは。

靖国神社は2年前に皇居・乾通りの桜の通り抜けに行った時に寄りました。
参道には大村益次郎の銅像がありますね。大河ドラマ「花神」の主人公、確か遠山の金さん、ではなくて中村梅之助さんが益次郎役だったのを覚えています(^^)

靖国神社にお参りしたのはその時が初めてだったのですが、思っていたよりずっと大きな神社だったのでビックリしたものです(^^)
桜もきれいに咲いていたのを思い出しました。

紹介して頂き、ありがとうございました
2021年04月17日 23:59
出ました、東京の桜の標準木。
最近、NEWSでお馴染みなので、
この木の形を見ただけで分る気がします。
5輪咲いたかどうか、気象庁の方々が
大勢の報道陣の前で、大真面目に観察してる様子は、
かなりユーモラスな春の風物詩ですね。
あんな風にちょくちょく様子を見に来るとなると、
確かに、近い方が都合よかったんでしょう。
でも、正直言って、この桜は「標準木」と言うには
いつも開花が早いような気がしてます。多摩地方の桜は
もちろん、上野や千鳥ヶ淵の桜と比べても、
少し早いんじゃ無いでしょうか。今のようなお花見が
江戸時代に始まる事を考えても、上野公園辺りで
本当に標準となる木を探した方がいいと思うんですが…。
2021年04月18日 08:06
桜の時期ではありませんでしたが、氏子総代を務めていた時に研修で訪れ、参拝したことがあります。確かは本殿の中に入ってお参りしたような、政治家が参拝するときのような…。懐かしく思いだしました。
記事を読ませていただき、大体は思いだしました。
ところでお父さん、お元気ですか。ブログにも絵が登場していたように思いますが、今も絵筆はとられているのでしょうか。
いつまでもお元気で長生きされることを祈ります。
2021年04月18日 08:20
こんにちは、東京はまさに日本の桜の名所、というか、ソメイヨシノの発祥の地、日本一の桜の名所ですよね、靖国神社はいにしえの頃からの戦争犠牲者を祀る神社ですね。沢山の寄贈された桜がありますよね、この後、お堀に出られたのでしょうかね、この後も、東京の桜ブログ楽しみにしています。本当に老木となった標準木も末永く標準を刻んでくれることを望みますね。
コスモス
2021年04月18日 10:14
靖国神社はまだ行ったことがありません。
鳥居が大きく、参道が広いですね。
何故靖国神社に標準木があるのか不思議ですね。
この鳩舎にいるのは全部白い鳩なんでしょうか。
桜が入った絵馬はお土産に良さそうですね。
2021年04月18日 12:58
靖国神社は純粋に桜を愛でるだけでしか立ち寄りません。
大村益次郎さんの銅像も高~~いですよね(*^-゚)⌒☆
大鳥居も立派なんですよね~~
ここに東京の桜の基準木がありますよね。舞台の横に。
白鳩舎もいつも不思議に眺めます。
奥に神池庭園があります。
桜の散る頃ハナイカダや花筵ができて、綺麗です。
靖国神社の桜が入った小絵馬、「靖國の桜」
ご両親様、お喜びになられた事でしょう
いいお土産になりましたね。私も欲しいです。
靖国神社、お参りする人で心情がずいぶん違うのでしょうね。


2021年04月18日 15:22
 靖国神社ですか、現在では、いろいろ評価の分かれる場所ですが、戦前は、将校達の世界の華やかさを感じる事ができる場所だったのかも知れませんね。遊就館を見るとそういう感じします。
 白い鳩は、わざわざ選別した結果の様ですね。桜も綺麗ですが、戦争で亡くなられた方々の魂の事を考えると、少し、物哀しい景色に思えます。
2021年04月18日 18:41
★ゆう さん、早速のコメント有難うございます。

靖国神社、以前行かれましたか。
混んでいると、じっくり見る感じではないですよね。
確かに、テレビのニュースなどで、よく話題になりますね。
感じ方や考えは、個人個人違うと思います。
ただ、白い鳩がたくさんいるのは、清々しい気持ちになりましたよ。
それはみんな共通だと思いたいです。
2021年04月18日 18:44
★komichi さん、早速のコメント有難うございます。

靖国神社のお花見、千鳥ヶ淵とセットで行かれ方が多いでしょうね。
私は、桜の時期にじっくりと靖国神社に訪れるのは初めてでした。
今年は、例年より人は少なかったと思います。
靖国神社の桜が入った小絵馬、非常に気に入りました。
ただ、まだ両親に渡してはいないのですよ。
このGWかなと思っています。
2021年04月18日 18:47
★ゴンマック さん、早速のコメント有難うございます。

靖国神社の桜は、お母様との素敵な思い出があるのですね。
確かに、見事な桜風景が味わえると思いました。
いい写真も撮られたのですね。
私の記事で、少しでも懐かしく感じていただけたなら、嬉しいです。
2021年04月18日 18:53
★berumoon さん、コメント有難うございます。

靖国神社、以前は何度か行かれましたか。
私も久しぶりでした。記事に書きましたように、現代的なお洒落な施設や造形が設けられて、少し華やかな雰囲気が出てきたような気がしました。

とはいえ靖国神社は、まだまだ政治的な神社ですね。
それは、これからも数十年は続くのではないでしょうか。
いつか、万人がもっと身近で気軽に参拝できる神社になって欲しいなと思います。
靖国神社の小絵馬、実は、靖国神社のオンラインサイトで購入することができますよ。他にもいろいろとあるのです。
2021年04月18日 18:57
★竹 さん、コメント有難うございます。

やはり、以前、靖国神社へ行かれましたか。
大きな鳥居は印象的ですよね。
私も今回、桜の時期に訪問したのは初めてでした。
3月中旬になると、テレビでこちらの桜の開花が話題なりますね。
標準木の経緯がよく分かってないのは、不思議だなと思います。
2021年04月18日 19:04
★かるきち さん、コメント有難うございます。


靖国神社、よく立ち寄られていますね。
さすが、行動的です。標本木を含めてこちらの桜風景も眺めたくなりますよね。
ただ、どうしても日本の戦争の歴史を感じざるを得ない神社であることは確かです。今回は純粋に桜を目的に訪れましたが。
47都道府県の桜の陶板プレート、なかなかお洒落で素敵な作品群だなと思いました。
2021年04月18日 19:06
★夢楽 さん、コメント有難うございます。

そうなんですよ。
ここに東京の桜の標準木があるのです。
気象庁の職員が観察にしに来る様子がニュースになりますよね。
いろいろと見所や考え所のある神社だと思いますね。
2021年04月18日 19:13
★eko さん、コメント有難うございます。

靖国神社、そうですね、
いろいろと話題になる神社ですね。
戦争で犠牲になった英霊を祀っていることは、非常に意義深いことだと思います。ただどうしても政治的な話題になりがちですね。

一方で、桜の標準木は非常に微笑ましい話題です。
本当に早く咲きますよね。春の季節を感じるニュースがここから始まると言っていいでしょう。境内を歩きながら、桜を眺めました。
日本全国47都道府県の陶工が制作し奉納された「さくら陶板」は、なかなかお洒落でモダンな作品群だなと思いました。それを巡っていくのも乙なものですよ。
また、真っ白な伝書鳩がここで飼育されているのも、素晴らしいことですよね。非常に清々しいおもいがしました。
一方で、小絵馬「靖國の桜」、まだ両親へ渡していないのですよ、、。
オンラインで購入できますよ。
2021年04月18日 19:17
★ハーモニー さん、コメント有難うございます。

そうなんです、折角東京都心まで来たので、桜が満開の靖国神社にも立ち寄りました。
20年ほど前にツアーで訪ねましたか。ここで満開の桜を見たのですね。
今は、真新しいさくら陶板やカフェ&ダイニングがあって、更に洒落た雰囲気になっていると思います。私も意外な気がしました。
白鳩が飼われてることは、今回初めて知りました。いいことですよね。

「靖國の桜」の絵馬、オンラインで買えますよ。
私は、まだ両親へ渡していないのですよ、、。
2021年04月18日 19:24
★narayama2008 さん、コメント有難うございます。

東京の桜の名所にも、いろいろ訪問されているのですね。
さすが行動的です。私も皇居へ桜を見に行ったことがあります。
いい体験ですよね。
靖国神社で、大村益次郎の銅像を見ると大河ドラマ「花神」を思い出します。中村梅之助さんも懐かしいですね。
靖国神社は、都心にありながら非常に長いですよね。
今回は人も少なくて、あらためてその広さと長さを実感しました。
お陰様で、様々な桜を堪能することができました。
2021年04月18日 19:45
★yasuhiko さん、コメント有難うございます。

靖国神社の桜の標準木。
3月も中旬ともなればメディアが訪れ話題になりますよね。
そんなニュースは、日本人の桜好きの反映とも思います。
平和で微笑ましいニュースですよね。
それにしても早く咲くので、毎年驚きを感じています。
ただ、ここは大手町の気象庁からは結構離れている場所。
なぜここに標準木があるのかは、ちょっとした謎かもしれません。

標準木を変えると連続性が無くなることでもあるので、変更は難しいかも。
いつまで続きますかね。
2021年04月18日 21:14
★茜雲 さん、コメント有難うございます。

そうですか、靖国神社で中に入ってお参りしましたか。
それは、おそらく拝殿の中だったのではないでしょうか。
普通は、拝殿の前でお参りするだけで、中には入りませんからね。
懐かしんでいただけたなら幸いです。

私の父は大病をして、ここ数年絵が描けませんでしたが、今年は絵を描いて、また展覧会に出品を始めました。
気にしていただき有難うございます。
2021年04月18日 21:18
★fujisan さん、コメント有難うございます。

そうですね、東京には桜の名所が多いですよね。
確かに、ソメイヨシノは東京発祥と言えます。
靖国神社は、戦争犠牲者を祀る神社であり、ここに植えられた桜もそんな英霊を慰めるために植えられたものが多いのですね。
以前はあまり考えることがありませんでした。
今後も、この標準木が末永くその役目を果たしていって欲しいですね。
2021年04月18日 21:21
★コスモス さん、コメント有難うございます。

靖国神社はまだ行かれてませんか。
最初の鳥居が巨大で、広い参道が長く続きます。細長い境内なのです。
なぜ靖国神社に標準木があるのかは不思議です。
どんな経緯があったのでしょうか。あまり記録に残っていないそうです。
白鳩舎にいるハトは、全部白だと思います。
桜が入った絵馬、オンラインで購入できますよ。
2021年04月18日 21:28
★nobara さん、コメント有難うございます。

そうですね、私も今回、純粋に桜を観賞するために靖国神社へ訪れました。
とはいえ、ここではどうしても重い歴史を感じてしまいます。
参拝はしましたが、そこへ深入りせず境内を巡りました。

靖国神社へは、何度も行かれていますね。お詳しいです。
白鳩舎もご存じでしたか。平和的でいいなと思いますが、確かにここにあるのがちょっと不思議に思えますよね。
今回は、奥の神池庭園までは行かなかったのです。
花筵が綺麗ですか、それは行ってみたいです。

小絵馬、「靖國の桜」は、まだ両親へ渡していないのです。
GWかなと思っています。
オンラインでも購入できることを後から知りました。
2021年04月18日 21:35
★藍上雄 さん、コメント有難うございます。

靖国神社は、現在でも人によって様々な見方や思いがありますよね。
確かに戦前は、お国のためにという機運を盛り立てる場所のひとつであったことでしょう。
いずれは、万人が普通に気軽にお参りできる場所になって欲しいと思います。
白鳩は平和的でいいなと思いながら、ちょっと意外な印象がありますね。
今回は、靖国神社の桜を純粋に頼ませて頂きました。
tami
2021年04月18日 21:50
こんばんは。
靖国神社には行ったことないです。
重い感じで避けているのかもしれません。
標準木の開花の様子は毎年テレビでやっていますが特に靖国神社と記憶が結びついていませんでした。
年寄ばかりでは先細りなので現代的な要素も入れているのでしょうね。
私も桜の絵馬は欲しいです。
2021年04月18日 22:45
靖国神社は参拝問題でクローズアップされ
戦没者の例を祀る神社としての認識ですが
桜の名所にもなってるのですね。
ここで例年はお花見宴をされているのですか
余所者から見れば不思議な感じがします。
47個のデザイン違いの「さくら陶板」見て見たいです。
モダンカフェや直営ショップなど設備されてるのですね
今までの重いイメージとかけ離れます。
桜の入った絵馬、本物ではなくても可愛いですね。
いただけたら嬉しいです♪
はるる
2021年04月19日 12:50
靖国神社、行ったことがありません。
純粋に桜をですか。それもいいかもしれません。
ニュースでは見ますが。
神社はどこもそうですが、植物、建物、こうして見ると、歴史を随所に感じます。
ハト、それも白いハトがいるんですか。
けっこう人が来ていますね。でも外ですから。
歴史の難しいことはわかりませんが、桜はいい風景を見せてくれますね。
2021年04月19日 13:56
こんにちは(^_^)

東京の桜の標本木として、3月はTVニュースで観ていました。
靖国神社に参拝された方から、この神社の空気は違う、と聞いたことがあります。
でも小絵馬はとても珍しくて可愛いですね。
2021年04月19日 21:11
★tami さん、コメント有難うございます。

靖国神社、確かに重い雰囲気があると思います。
そんな印象を持ちながらも、今回は桜の名所として訪れてみました。
お陰様で穏やかで華やかな桜の風景を味わえました。
中でも、やはり標準木は一度しっかりと見てみたかったです。
現代的な取り組みや変化も感じましたね。
桜の絵馬は、オンラインでも買えますよ。
2021年04月19日 21:19
★かぼす さん、コメント有難うございます。

そうですね、靖国神社は参拝問題で注目され、周辺国と物議を起こす特異な神社という側面がありますよね。
残念に思いますが、まだまだしばらくは仕方が無いとも思います。
ただ、靖国神社は東京の桜の名所でもあります。
そんな様子を訪れて巡ってみました。

47個の「さくら陶板」、少しずつ印象が違うので、面白いですよ。
とてもお洒落な印象でした。モダンなカフェや直営ショップなど、イメージを一新するものでした。

桜の入った絵馬、桜は本物ですよ!
インターネットで購入できるのです。
2021年04月19日 21:24
★はるる さん、コメント有難うございます。

靖国神社、有名な神社ですが行ったことが無い方も多いでしょうね。
いろいろと話題になりますが、桜の名所でもあります。
標準木も含めて、そんな桜の風景を味わってみたかったのです。
もちろん、ここには辛い歴史の足跡があります。
それでも、桜やハトがいて、平和的な明るさもたくさん感じられました。
人は多かったですね。
2021年04月19日 21:34
★ヌサドゥア さん、コメント有難うございます。

そうですね、靖国神社にある東京の桜の標本木は、3月も中旬になるとテレビによく登場しますよね。とても微笑ましいニュースにも思えます。
やはり、多くの日本人が桜が好きだからこそですね。

久しぶりに靖国神社へ訪れて、少しイメージが変わってきたなと感じました。こんな可愛い桜の小絵馬が、買えるのもいいなと思いました。
インターネット購入もできますよ。
2021年04月19日 21:35
いち度だけ行ったことがあるのですが、桜の季節じゃなかったので 印象は、あの靖国神社ね・・というくらいでした。
戦争と切っても切れない神社なので 正直重苦しい感じを持っていました。
でも桜の時期は 様子が全く違いますね。
コロナ過で無くってもこの桜の下で お花見宴会はできないかな・・
2021年04月19日 21:46
★コマダム さん、コメント有難うございます。

そうですね、私もこれまで訪れたのは桜の時期ではありませんでした。
重苦しい雰囲気を感じたりしていました。
今回は、満開の桜に包まれて気持ちよく散策することができました。
宴会をする人はいませんね。
現代的でお洒落な取り組みも幾つかあって、イメージも変わってきているなと感じました。
2021年04月19日 22:33
靖国神社 と言えば 戦没者が祀られている神社
国会議員さん達が 揃って 訪れる神社 そんな印象しか
持っていなかったですが ゆったりとした 穏やかな雰囲気の感じられる
桜に囲まれた素敵な神社なんですね。
桜と菊の御紋 桜と白いハト 、格式があり 平和をねがう
素晴らしい神社であるという事が よくわかりました。
一度 訪れてみたいな、、と思いました。
2021年04月20日 19:31
そう言えば靖国神社はもうかなり長く参拝していません。やはり春が良いですよね。さすがに花見の宴はないですよね。靖国神社の鳥居は確かに大きいですよね。出雲大社や平安神宮の大鳥居も大きいと感じたのですが、今は何処が一番大きいのでしょうかね。コロナが落ち着いて上京したら、また参拝してみたいものです。
2021年04月20日 21:46
★フラバーバ さん、コメント有難うございます。

そうですね、靖国神社は戦没者が祀られている神社です。
平和を願う思いも込められて創建されたそうです。
歴史的には、政治や権力との結びつきもあった思います。

とはいえ、今回は純粋に桜を観賞しに訪れました。
桜の時期は初めてでしたので。
境内に満開の桜が咲く様子は、穏やかで華やかなムードに包まれていました。そんな様子を少しでも、お伝えできたなら良かったと思います。
2021年04月20日 21:52
★降魔成道 さん、コメント有難うございます。

私も靖国神社へは非常に久しぶり。
桜の時期は初めてだったのです。
満開の桜のおかげで、華やかでお洒落な雰囲気も感じました。
靖国神社の第一鳥居、巨大ですよね。大きな鳥居は多くなったと思います。
2021年04月20日 22:59
こんにちは

この広い空間は
大都会のたまもの
田舎にはありませんものね
2021年04月21日 21:59
★無門 さん、コメント有難うございます。

靖国神社の参道、都心にありながら広くて長いです。
ここで色んな歴史があったでしょうね。
この春、この空間を桜を求めながら歩きました。
楽しく過ごせたことが嬉しいですね。
2021年04月22日 15:12
靖国神社へは千鳥ヶ淵の桜を見た後、
良く行きましたね。
あそこの標本木が東京で一番最初に咲く桜ですね。
ソマイヨシノやヤマザクラも咲いてましたか。
今年は残念ながら宴会が出来ず、
毎年この辺りは大混雑だから、
かえって良い時に行かれましたね。
2021年04月22日 21:08
ほぼ同時期に始め、同世代だと知ってなおのこと親しみ感じてました。
今回 想うところあり、ブログを休止することにしました。
長い間、ホントにありがとうございました。
いずれ再開するつもりでいます。
ミクミティさんも元気に過ごされますように。
2021年04月22日 23:21
★ロコ さん、コメント有難うございます。

靖国神社へは千鳥ヶ淵の桜を見た後に、よく行かれましたか。
確かにそういう方が多いでしょうね。隣接していますからね。
東京で一番最初に咲く桜も、満開の様子を見ておきたかったです。
意外にヤマザクラ系の桜も多いことに気づきました。
これでも人はかなり少なかったのでしょうね。
2021年04月22日 23:25
★おーちゃん 、ご連絡ありがとうございます。

そうですか、ブログを休止されますか。
まだ、現役世代ですから、色々と想うことはありますよね。
いくつになっても迷うし、悩みますよね。
正直、私も迷いながら続けています。

お互い、本当に長い付き合いになりました。
またブログに戻ってこられることを願っていますよ。
2021年04月23日 07:26
靖国神社はTVニュースでしか見たことが無いのですが、
写真の参道を見ると随分と広大な境内の様ですね!
江戸時代には火除け地だったのですね。
桜の標準木の話、理由が分からないのですね。
東京で桜と言えば靖国神社とか上野公園とか言う
イメージもありますが不思議ですね。
2021年04月23日 14:34
靖国神社の桜、大鳥居からも見られ
標本木以外にもたくさんの桜が美しいです
靖国神社は戦争に関連した
場所なんだと思っています
白鳩鳩舎もあるのですね
小絵馬の「靖國の桜」素敵ですね
2021年04月23日 18:10
何かと話題になる靖国神社参拝ですね。
いつも問題になるのは「A級戦犯」を祀っている事ですが、
戦没者が親族の方や一般の方のお参りは何ら問題ないと思います。
高さ25mの巨大鳥居が有名です。
これより1m高い26mのチタン製の鳥居が鹿嶋神社(兵庫)にあり、過去ログに登場しています。現在これが第5位で、1位は33.9m。
何処だか伏せておきます^^;

47都道府県から奉納された「さくら陶版」に興味が湧きます。
調べると、
『令和元年6月12日、「靖國神社御創立150年記念事業 さくら陶板計画」が竣成しました。』
が出てきました。
大きさは同じですが、其々デザインが違っていて、郷土の土を使っているそうです。
ショップ「SAKURA」も令和元年に、ですか。
イメージ一新ですね。
記事を拝読して、戦没者慰霊のための桜であることが分かりました。
心して、花見をしないといけませんね。

1年中桜が眺められるお土産、いいですね。
2021年04月23日 18:20
こんばんは~
桜が満開の靖国神社にお出かけされたのですね。
私は出かけたことが無く、テレビで見るイメージ
しかありません・・。
穏やかな風景中をおまいりされて、桜を楽しまれている
人々を見る方が、祀られておられる人々は喜ばれるのでは
と思います。
小絵馬いいですね。透明な中の桜が素敵です。
2021年04月24日 12:40
★ポジティブオーラ さん、コメント有難うございます。

靖国神社は、テレビによく登場しますね。
でも、それはほんの一部だと思います。
広くて長い参道、都心とは思えない空間ではありますね。
ここに桜の標準木があるのは、不思議な気がします。
他に桜の名所は沢山ありますからね。
気象庁からもそんなに近くはないですから。
2021年04月24日 12:56
★アルクノ さん、コメント有難うございます。

そうですね、靖国神社はニュースによく登場する神社といえますね。
「A級戦犯」を祀っている事が話題となります。
これが自然に受け取られるのは、まだまだ時間がかかるような気がします。

鳥居の高さにお詳しいですね。
高さ26mで第5位なのですか。それはそれは。
どんとん高くなるんですね。

47都道府県から奉納された「さくら陶版」、現代的なアートだなと思いました。しかもローカル色がある。いい感じです。
「SAKURA」もお洒落でした。イメージチェンジを感じます。

ここは特別な桜ですね。
2021年04月24日 14:02
★ジュン さん、コメント有難うございます。

靖国神社の桜、長い参道の脇にも、奥の境内にも見られます。
人は例年よりずっと少なかったと思います。
標本木以外に満開でした。ここの桜は早く咲きますからね。
靖国神社は、どうしても戦争をイメージしてしまいます。
そんな中、白鳩鳩舎や小絵馬の「靖國の桜」に癒されました。
2021年04月24日 14:14
★つむぎ さん、コメント有難うございます。

そうです。靖国神社も桜が満開でした。
テレビによく登場しますよね。標準木の満開の様子を味わえました。
いぜんより、穏やかな雰囲気を感じました。
本当に数多くの方が祀られています。
そういう神社なのです。
小絵馬「靖國の桜」、透明な中の桜がいいですよ。
つとつと
2021年05月11日 22:22
うん十年前に訪れた靖国神社には新緑の頃だったと思います。まだ小中学生の頃だったと思いますが、大村益次郎の像くらいしか記憶が残っていないのですが、新緑がまぶしかったのと参道が広かった印象が。。こちらでもそうですが、招魂社から護国神社や靖国神社は一種近寄りがたい雰囲気がありました。
たしかに桜の印象が強いですが、やはり桜の中では柔らかく美しい雰囲気を感じますねえ^^

大村益次郎像の設立を主導したのが、加賀藩勘定方(ご算用者)出身の猪山成之になります。10年ほど前に「武士の家計簿」で、ラストで年老いた主人公を背負っていた息子になります。父と同じく、加賀藩では算盤侍でしたが、大村益次郎に見いだされてヘッドハンティングされ、新政府軍の財政、大村死後は海軍に移り、海軍主計大督を努めていました。彼には益次郎は尊敬すべき師だったようです。
2021年05月15日 00:16
つとつとさん、コメント有難うございます。

そうですか、小中学生の頃に靖国神社へ行かれましたか。
そんな以前でも大村益次郎の銅像は印象に分かかったのですね。
確かに、高さがあって普通の銅像とは違うかもしれません。
日本が、西洋の国をまねようとしたのかなと思います。

それから、近寄りがたい雰囲気、確かにありますね。
そういう威厳を格式を醸し出す、建造物や造形が特徴だと思います。
それが、満開の桜でやわらく包まれるのが、この時期の魅力ですね。

「武士の家計簿」は見ましたね。
そこ登場した猪山成之が銅像設置の主導者でしたか。そんな地域を越えた歴史があったのですね。