「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ベネチアのリアルト橋、カナルグランデの風景に魅せられて

<<   作成日時 : 2018/07/17 21:35   >>

ナイス ブログ気持玉 227 / トラックバック 0 / コメント 52

世界でも他に例を見ない独特の形状の白い橋。実にエレガントであり重厚さも兼ね備えています。

この橋を再び見ることができて嬉しかったです。
画像
ベネチアのシンボルともいうべき橋、リアルト橋(Ponte di Rialto)です。「白い巨象」なんて呼ばれたり。

私としては20年振りのベネチア訪問。まだフィルムカメラを使ってました。旅の始めに、まずこのリアルト橋を眺めに行ったのです。

その橋の下を流れるのは、カナルグランデ(Canal Grande)というベネチアの中心を突き抜ける大運河。
画像
水上バスに乗ってカナルグランデを進んできました。

このリアルト橋が見えた時、喜びが込み上げてきました。懐かしさと美しさがが合わさって。

16世紀後半、ちょうど日本が戦国時代の頃建設されたのです。ベネチア本島のほぼ中心に位置します。

これはちょうど、リアルト橋の真下からの写真。
画像
縦に細長い窓が幾筋も並ぶ建築群を目にして、これこそがベネチアだなと感じてしまいました。

かつて、この辺りが海洋国家、ベネチア共和国の商業の中心的な場所だったのだとか。

橋をくぐって、反対側の岸には、カラフルな建築が。
画像
これまた、ベネチア風。かつての繁栄ぶりを感じます。

それにしても、あちらこちらに見えるゴンドラが絵になっています。

そこで、リアルト橋の駅で下船して、今度はリアルト橋の上を渡ってみました。
画像
橋の上からだと、カナルグランデがまだまだ蛇行しながら続いていく様子がよく分かります。

次に橋の反対側の景観です。
画像
こちらもS字カーブのカナルグランデにそって、運河すれすれまで建物が迫っています。

「ああ、どこを見ても美しい街」、と何度も思ってしまいます。まさに「世界遺産中の世界遺産」でしょう
画像

しばらく、リアルト橋周辺を散策して、ジェラートなど食べたりしていましたが、再び、水上バスに乗ってカナルグランデの街並みを眺めました。

右手に見える柱が印象的な建物は、魚市場
画像
朝だったら賑わっていたでしょう。これも古い建築でしょう。

この時の時刻は夕暮れ時。
画像
西日が差し込むカナルグランデ。古い建築が鮮やかに照らされていました。

分かっていても、やっぱり美しい。よく、「どこどこのヴェニス」という言い方をしますが、実際、ヴェニスはここにしかないと思ってします。
画像

ゴンドラを真横から撮ってみました。
画像
かなり船体が長いことが分かります。

残念ながら、今回はゴンドラに乗る時間はありませんでした。前回は乗ったのですが。

こちらは、カ・ドーロ(Ca' d'Oro)という1420−34年建造のゴシック建築の館。
画像
今は、フランケッティ美術館となっています。

中央の高い建築は、ヴェンドラミン・カレルジ宮(Palazzo Vendramin Calergi)。
画像
この初期ルネッサンス様式の宮殿で、作曲家ワグナーは1883年に亡くなったのだとか。

などなど、由緒ある建築が数多く並びます。それぞれがカナルグランデに面して存在感を放っていました。
画像

やがて水上バスは、スカルツィ橋(Ponte degli Scalzi)をくぐります。ここはサンタルチア駅の近く。
画像
ちょうど各駅停車の水上バスを追い抜くところでした。水上バスは、ヴァポレット(Vaporetto)といいます。

一回の乗船で7.5ユーロはそれなりに高いですが、仕方がありません。物価は高いです

観光都市のヴェネチアでは、これが一番経済的な移動手段。

陸上への玄関口、バスターミナルのあるローマ広場(Piazzale Roma)の駅へはもうすぐです。
画像
ちなみに、茶色の小さいボートが水上のタクシー。今回は、これも乗りませんでした。

ということで、この日の観光はこれくらい。

実は、今回、あまりじっくりと観光する時間は無かったのです。というのも、今回の旅は、普通の旅とはちょっと違うスタイルだったから。



最後に、翌日のヴェネツィアの一風景をちょっとだけ。

ヴェネツィア本島のはずれにある大きな港に向かいました。

今回私が乗る船は、ここに停泊していました。
画像

MSC MUSICA(ムジカ)というクルーズ船です。
画像
92,409トン。全長293.80m。

乗船口からは、その全体像がつかめません。当然、カメラには収まりません。
画像
とりあえず、お昼ごろ乗り込みました。

ということで、これから数回に分けてヴェネツィア発のクルーズ船の旅紀行をご紹介できればと思っています。

ヴェネチアには、数日後また戻ってきます。




Venezia, Italy

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 227
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(52件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!

ベネチア
リアルト橋
カナルグランデ
そして、クルーズ船

夢のような世界ですね!\(^o^)/!
koji
2018/07/18 07:54
南米から今度は地中海(と言っていいのでしょうか)

きれいな街、橋、ゴンドラ すべて合わさって一枚の風景画のように思えました。
これからを楽しみにしています。
もしかして行けることもあるかもしれないですらね。
何があるかわからないですものね。
もちろんクルーズ船内の様子もお願いしますね
コマダム
2018/07/18 11:50
こんにちは!
今度はベネチアですね。娘夫婦が新婚旅行で15年ほど前に行きました。絵ハガキや映画で見るような素敵な景色ですね。
巨大客船で地中海クルーズですか。良いですね。次回からの記事、楽しみにしています。
eko
2018/07/18 18:36
ええ!南米に行かれたと思ったら今度はイタリアですか!すごい。それも大型クルーズ船でなんて。すてきですね〜〜。こちらはもちろん仕事ではなくご旅行ですよね^^ベネチアも行ってみたいなぁと思いながら、ヨーロッパは遠いです。次の記事も楽しみです。
かるきち
2018/07/18 20:49
こんばんは。
リマの風景は変わっているなあと眺めていたら、今回はベネチアで驚きました!
数年前に西宮の娘と孫が行った時の写真や、友人夫妻のホームページでベネチアの様子は観ていました。
ですがリアルト橋は初めてで珍しい造りの橋ですね。
娘のお土産ペンダントはブルー系の綺麗な色合いで愛用しています。
豪華旅客船ですか、広島港で船内見学だけはした事有りますが次回からも楽しみに拝見させて戴きます!
みっちゃん
2018/07/18 21:05
写真でしか見た事が無い、ベネチアのリアルト橋です。
運河と建物とこの橋、憧れの場所です。
運河の水面ギリギリに建築物があって、洪水などどこ吹く風ですね。
洪水や津波と言う言葉も無いのかも^^;
カナル・グランデ は、大運河の意味だそうで、水の都を体現していますね。
MSC MUSICA以前神戸で見たような気がしますが、何時だったか記憶にありません。
MSCスプレンディダは今年の子供日に初寄港で、投稿しましたが。
ヴェネチア発のクルーズ船の旅を楽しみにしています。
アルクノ
2018/07/18 21:44
こんにちは。

今度はベネチアに行かれたんですか。
いいですね〜。
ベネチアのリアルト橋、いいなぁ〜。
行ってみたいなぁ。
イタリアはローマとナポリしか行った事ないです。
トトパパ
2018/07/19 15:28
メキシコ、ペルーからいきなりベネチアですか。
しかも地中海クルージングとは。素晴らしい旅の始まりですね。ベネチアは10年ほど前に行っていますが天候が悪くてゴンドラには乗っていません。ここはどこから捉えても絵になる風景ですね。リアルト橋は覚えています。地球温暖化で水位があがったらベネチアはどうなるんでしょうね。疑問に思っています。
みなみ
2018/07/19 18:13
メキシコシティやリマにいらしたと思ったら、こんどはベネチアですか。
精力的に動いていらっしゃいますね。
僕は数年前にイタリアに行ったことがあるんですが、そのときはベネチアには行きませんでした。
こんど機会を作って行ってきたいと思います。
いま小樽にいるんですが、ちょっとベネチアに似てる?・・・似てませんね(笑)。
家ニスタ
2018/07/20 08:17
豪華客船の旅 良いですねぇ〜。
先日 テレビで ベネチアの 風景を
紹介していました。ゴンドラの操縦は
親から子へ 教えていくそうですよ。
素敵な旅の 報告 楽しみにしています。


フラバーバ
2018/07/20 10:50
こんにちは!
ご無沙汰しました!
いきなりのリアルト橋に数年前の記憶が蘇りました!
いいなぁいいなぁ〜!
アドリア海をクルージングですか?
クレタ島までいきますか?
イタリアへの旅の後、知識だけは増えました(笑)
続き、楽しみにしてます!
sasapanda
2018/07/20 12:27
水の都ベネチアにはゴンドラが似合いますね。3枚目がいいですね。手前の漕ぎ手を大きくシルエットで、その背後に小さな船、そしてさらに背後の街並み、右上のシルエットも効いていますね。額縁と言うか、トンネルというか、そんな効果を感じました。
茜雲
2018/07/20 17:41
立派なそして画になる橋ですね。
20年まえにも行かれたのですか。
それでは真っ先にご覧になりたいお気持ちわかります。
ゴンドラがいいですね。
すてきな街を見せていただきました。
はるる
2018/07/20 19:32
ベネチアのシンボルリアルト橋
素晴らしい!
素敵な家並みとゴンドラ
絵になる街ですね
ジュン
2018/07/21 11:19
数年前に行ったベネチア。
旧友に再会した気分です。
それよりも何よりもフットワークにビックリ仰天です!
ペルーから行ったんですか?
ROKO
2018/07/21 12:33
メキシコ、ペルーから、
そのままイタリアに回られたんですか。
世界を股にかけてという感じで、
旅行をされてたんですね。
昔々、若い頃に一度だけヨーロッパに
出かけた事があって、リアルト橋は
その時に歩いて渡りました。
水の都の景色、その時とほとんど
変わっていないのが凄いなぁと思います。
yasuhiko
2018/07/21 15:55
kojiさん、早速のコメント有難うございます。

確かにベネチアは非常に魅力的な観光地だと思います。かつての栄光の海洋都市の中心が今でもそのまま見られるのですから。
ただ人が多いし、車が使えなくて不便だったり。そういうところはあまり写真に撮らないですからね。
それでも、また訪れることができて嬉しかったです。
ミクミティ
2018/07/21 21:51
コマダムさん、早速のコメント有難うございます。

実は南米からヨーロッパに行ったわけでなく、それぞれ別の旅でした。ベネチアはプライベート旅行です。
ベネチアは本当にきれいで、久しぶりに見ても惚れ惚れしました。ちょうど太陽が美しく街並みを照らしていました。
クルーズ船の中もある程度撮りましたので、ご披露したいと思います。
ミクミティ
2018/07/21 21:56
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

お陰様でベネチアの美しい風景を見ることができました。やはり誰にとっても思い出になると思います。
今回、思い切ってクルーズ船の旅をしました。これからまた写真をご紹介できればと思っています。
ミクミティ
2018/07/21 22:04
かるきちさん、コメント有難うございます。

中南米は出張で、ベネチアはプライベート旅行です。全く別の旅です。今回は思い切ってクルーズ船に乗ってみました。背伸びしましたが、初体験は嬉しかったです。
ミクミティ
2018/07/21 22:07
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

実は中南米とヨーロッパの旅は全くべつものです。
ベネチアの美しい世界遺産の街並みは久しぶりに見ても惚れ惚れしました。誰にとっても思い出になると思います。魅力的なお土産も沢山ありますね。
今回は思い切ってクルーズ船に乗りました。私は全くの初めてでした。
ミクミティ
2018/07/21 22:10
アルクノさん、コメント有難うございます。

確かに美しい伝統的建築が運河沿い並ぶベネチアは素晴らしい都市だと思います。世界屈指の観光の街ですね。
私もまた行けて感激しました。
ただベネチアも冬は高潮で、水浸しになることがあると聞きます。それなりに不便さがあると思います。
MSCのクルーズ船は世界各国を運航していますね。ムジカはスプレンディダほど大きくはないです。
ミクミティ
2018/07/21 22:17
トトパパさん、コメント有難うございます。

実は中南米と今回のベネチアは全く違う旅でした。プライベート旅行です。
ベネチアの街並みはやはり美しいです。誰にとっても思い出になると思いますよ。私も久しぶりに見て惚れ惚れしました。
ミクミティ
2018/07/21 22:21
みなみさん、コメント有難うございます。

実は、中南米の旅と今回のベネチア旅行は少し間が空いていたのです。確かにベネチアはどこをとっても絵になりますね。
思い切り背伸びをしてクルーズ船に初挑戦しました。今回もいい思い出になりました。
ベネチアは冬には潮位が高まりある程度水没します。今後の温暖化で心配されているのも確かです。
ミクミティ
2018/07/21 22:26
家ニスタさん、コメント有難うございます。

実は中南米とベネチアは全く別旅行で、間隔も空いていたのです。いきなりではないのです。
ベネチアは、やはり圧倒的な観光都市。美しい町並みは惚れ惚れします。是非、いつか訪れてみて下さい。
小樽もいいでしょうね。私もいつか行ってみたいなと思っています。
ミクミティ
2018/07/21 22:31
フラバーバさん、コメント有難うございます。

ベネチアのゴンドラの操縦は親から子に引き継がれているのですか。それは知りませんでした。
それにしても絵になるなと思いました。
クルーズ船の旅は今回思いっきり背伸びをしてみました。全くの初体験でした。
ミクミティ
2018/07/21 22:35
sasapandaさん、久しぶりのコメント有難うございます。

やはりベネチアへ行かれましたか。印象的な光景がたくさん見られますよね。
はい、クルーズ船はアドリア海を南下します。ただクレタ島は行きませんでした。色々と検討したのですが。
ミクミティ
2018/07/21 22:41
茜雲さん、コメント有難うございます。

そうなんです、あちこちで漕がれているゴンドラが本当に絵になっていました。ベネチアの風景を魅力的に演出しています。
3枚目の写真は私も気に入っています。もう少し枠が強調されるといいかなと思ったりしています。
ミクミティ
2018/07/21 22:44
はるるさん、コメント有難うございます。

そうですね、リアルト橋はベネチアのシンボルの一つ。また見ることができて嬉しかったです。以前はフィルムカメラの時代であまり写真を撮っていないので。
どこを向いても絵になるのが凄い都市だなとあらためて思いました。
ミクミティ
2018/07/21 22:46
ジュンさん、コメント有難うございます。

そうですね、ヴェネチアは絵になる光景ばかり。本当に凄い観光都市だと思います。かつての栄光は現代にも引き継がれています。
以前はあまり写真を撮れなかったので、今回はたくさん撮れて嬉しかったのです。
ミクミティ
2018/07/21 22:49
ROKOさん、コメント有難うございます。

いえいえ、中南米は出張で、今回のベネチアはプライベート旅行。実は少し間隔もあいていました。
ベネチアはやはり思い出に残る街ですよね。私も久し振りで感激しました。
ミクミティ
2018/07/21 22:51
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

実は、中南米の旅と今回のヴェネチア旅行の間隔は少し空いていまして、まったく別の旅だったのです。
ところで、リアルト橋はやはり印象に残っていましたか。ヴェネチアへ来たら渡りたくなりますよね。今回、デジタルカメラで撮影できたことが嬉しかったです。
ミクミティ
2018/07/21 22:55
南米の風景からいきなりベネチア@@
カナルグランデ 迫る建物 どこから撮っても絵画のようです。
それにしても、リアルト橋や桟橋には人人人@@
さすが観光都市・水の都@@;
つとつと
2018/07/22 02:09
ここがあの!水の都なんですね〜
素晴らしいですね。
リアルト橋、中央に休憩所があるのかしら?
20年まえにもいらしたのですね〜
異国情緒をたっぷり楽しめますね〜
えっ@@
ここから豪華客船クルーズに@@
どんな光景を見せて頂けるのでしょう。
楽しみです。ミクミティさんもご多忙ですね。
nobara
2018/07/22 11:53
つとつとさん、コメント有難うございます。

実は、南米とイタリアの旅には間隔がありまして、別の旅だったのです。
リアルト橋の上にはお店が幾つかあります。そのお店も賑わっていました。
確かに人が多くて歩くのも大変でした。人気がある観光都市であることは間違いありません。
ミクミティ
2018/07/22 19:26
nobaraさん、コメント有難うございます。

そうですね、まさに水の都。かつての海洋都市が今、世界遺産で水に面した歴史的で魅力的な街並みになっています。20年振りに訪れてもまた感激しました。
思い切って背伸びしたクルーズ船の旅、少しずつご紹介したいと思います。
ミクミティ
2018/07/22 19:31
おはようございます!
37度にも上がらんとしているこの猛暑を忘れるほどの美しい風景ですね〜♪
中世の歴史ある建物が水の中に配置されたような絶景、涼しげで感動します〜☆
連日の暑さで疲れた心にも効きそうです〜☆
クルーズ船での旅の模様、楽しみにしています〜☆
komichi
2018/07/23 09:34
橋が建築になっている。
有名な橋ですね。
日本にはこういった発想はないですよね。
優雅・・・そして余裕・・・それを感じます。
ついつい機能、経済ばかりを追ってしまっている日本。
どこかに日本らしい余裕が土木工事にも欲しいですね。
ゆう
2018/07/23 17:31
こんにちは

豪華客船の地球海クルーズですね
ベネチアは8年前に行きました
その時リアルト橋は補修中でした
クルーズの旅楽しみにしています
無門
2018/07/23 18:21
komichiさん、コメント有難うございます。

確かに世界遺産の街並みは特に美しいと思います。水が隅々までいきわたる運河の街です。
ただ6月のベネチアの気温も結構なもの。30度はゆうに超えていました。東京より暑かったです。
思い切って背伸びしたクルーズ旅行、これからご紹介できればと思っています。
ミクミティ
2018/07/23 20:29
ゆうさん、コメント有難うございます。

リアルト橋は、その上に店舗を備えています。今でも色々なグッズを売っていました。昔から商売の街だったのでしょう。
優雅でもあり商売っ気もたっぷりです。
日本も経済性では負けないと思いますが、お洒落さはイタリアが上かもしれませんね。
ミクミティ
2018/07/23 20:32
無門さん、コメント有難うございます。

イタリアの旅をブログで沢山紹介されていたのを思い出します。リアルト橋はその頃修復工事中でしたか。だかこそ、今は綺麗な橋として優雅な姿を見せてくれていました。
思い切り背伸びしたクルーズ旅行、恥ずかしながらご紹介したいと思っています。
ミクミティ
2018/07/23 20:35
ラテンアメリカに行っておられたかと思ったら、今度はベネチアですか。ワールドワイドで行動されてますね。スゴいです。
イタリアは大変興味があるのですが、まだ一度も訪れたことがありません。さすがは水の都ですね。ベネチア共和国時代からの様々な物が残っているのですね。ここからさらにクルージングですか。次のブログ記事も楽しみです。
降魔成道
2018/07/24 21:20
🚢降魔成道さん、コメント有難うございます。

実はラテンアメリカからイタリアという訳ではなく全く別の旅行です。今回は久しぶりのプライベートでした。思いきり背伸びして初めてクルーズ旅行に挑戦しました。
イタリアは魅力的な観光都市がいっぱいです。ただ人が多くて物価が高いのがやや厳しい点。
それでも、私の拙い旅をご紹介できたらと思っています。
ミクミティ
2018/07/24 22:08
私も2008年10月にイタリアツアーでヴェネチアに行きました。その時は、リアルト橋は、ちょうど改修中で見えませんでした。イタリアの中でもヴェネチアが最も良いですよね。物価は高いけど。(笑)  ヴェネチア発のクルーズ船の旅いいですね!
ボーノ
2018/07/27 15:49
🚢ボーノさん、コメント有難うございます。

そうですか10年前に行かれたのですね。ヴェネチアは絶えずどこかで改修工事を行っている感じですね。それで現代でも維持されているわけで。
初めてクルーズ旅行、ご紹介できればと思っています。
ミクミティ
2018/07/27 22:15
こんばんは。
いやー世界を股にかけてお仕事されているなぁと思っていたら
今回は旅行でしたか。
テレビで観ることしかない私ですが美しくも不思議な景色ですよね。
水辺なのにビルを支える地盤があるなんて。
温暖化にも耐えて欲しいものです。
tami
2018/07/28 23:08
🚢tamiさん、コメント有難うございます。

今回は全くのプライベート旅行、思い切った旅行をしてみました。
不思議といわれると確かにそうかもしれません。湿地帯に土砂と木を打ち込んで地盤を作ったそうです。それを数百年前に。凄いですよね〜。
水面の上昇には苦しんでいるそうです。何とかならないかなと思います。
ミクミティ
2018/07/29 22:12
ヴェネツィア再訪の喜びに包まれた文章。丁寧な写真。ぼくには到底及びません。あ,比べることすらおこがましい。優雅な旅はなかなかできません。機内に持ち込める程度のリュック一つで短い旅をするのがやっとです。クルーズ,うらやましいです。
たろにゃん
2018/08/17 23:31
たろにゃんさん、コメント有難うございます。

沢山の旅をされていますね。素晴らしいと思います。最近の渡しはもっぱら国内をブラブラ。今回、非常に久しぶりの海外旅行でした。それも記念の旅行だったので思い切って背伸びしました。
これからもよろしくお願いします。
ミクミティ
2018/08/18 10:26
ペルーからイタリアへひとっ飛びって感じでしょうか。
ヴェネチアと云うとどォしてもヴェネチアガラスが浮かんできますが、このような運河の街で作られてるんですか。
船に乗りながらおおらかに歌を歌いあう、そんなイメージが湧いてきます。
でも入り口と水面がほぼ同じみたい。
もしも大雨とかになったらどォされるのかを心配してしまったりして。
おーちゃん
2018/08/23 21:52
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

いえいえ、ペルーへ行ったのは少し前だったのです。ブログの記事がたまたま続きなってしまって。
ヴェネツィアングラスは、ヴェネツィア本島ではなくムラーノ島が産地として有名です。前回は訪れたのですが。ゴンドラでの歌も楽しみの一つです。今回はその時間もありませんでしたが。
ヴェネツィアも冬はよく大潮となって水浸しになるのですよ。
ミクミティ
2018/08/24 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベネチアのリアルト橋、カナルグランデの風景に魅せられて 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる