「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS リマの「ラルコマール」で断崖絶壁の風景を眺めて

<<   作成日時 : 2018/07/09 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 198 / トラックバック 0 / コメント 48

海沿いの断崖絶壁の風景。崖の上にはビル群がそびえ、崖の下には自動車道と海外線が走っています。
画像

いわゆる海食崖と呼ばれる地形ですが、このような茶色の地肌の見え方は世界的にも珍しいのではないかと思います。

これはダイナミックな風景だなと思い、しばらく見とれていました。

よく見ると、崖のてっぺんには崖を見下ろせるカフェがあります。
画像
眺めが良そうだなと思いますが、ちょっと怖いだろうなとも感じます。

ここは南米ペルーの首都リマ(Lima)にある、ラルコマール(Larcomar)というショッピングモール。 
画像

リマでも世界遺産となっている旧市街ではなく、ミラフローレス(Miraflores)というお洒落な新市街の海沿いに建築された、非常に近代的なショッピングモールです

仕事でペルーを訪れたのですが、ほんの束の間の時間、この辺りを散策しました。ホテルの近くだったので。

ショッピング街はこんな感じです。
画像

段差のある地形を活かしながら、モダンで洗練されたイメージ
画像

ファッション、グルメ、ジュエリー、雑貨などはもちろん、ボーリング場・劇場・映画館・美術館などを備えています。

基本的に、外国人旅行者向けのショッピング街といっていいでしょう。

正直、ペルーも他の中南米の国と同様、所得格差が激しく、あまり地元のペルーの一般人が来るところではないように思います。

高層のホテルも隣接しています。
画像

とはいえ、ここラルコマールも現代のペルーの一部なのは確かです。

ブーゲンビリアが、普通に咲いているのは南米的でしょうか。
画像

眺望を楽しめるレストランやカフェも幾つかあって、優雅な時間を過ごせます

私の場合、全くショッピングには興味がなく、ただここの雰囲気と眺めを味わえれば、という感じでした。

展望スペースが幾つかあるので、海側をのぞき込んでみます。
画像
高所恐怖症ですが、頑張って撮りましたよ。

やはり落差のある海食崖の地形は迫力があります。

まるで島のように見える岬の形状もとってもユニーク。
画像

別方向を見下ろすと、海には魅力的な桟橋があります。
画像

桟橋の先には、結構大きな島が見えています。
画像
サン・ロレンソ島といって、海軍の基地があったり、大統領の別荘があるんだそうです。

そういえば、ペルーの大統領といえば、日系人のフジモリ元大統領が日本では有名ですよね。

ラルコマールの最上階は公園になっています。
画像
そろそろ夕暮れ時、もう噴水も終わる時間だったでしょう。



最後に、買い物もしないでフラフラしていた私ですが、ここラルコマールで是非見たいものがありました。

それは自然現状なのですが。
画像
どんどん西日が落ちていきます。

見たかったのは、南半球の太平洋に沈む夕日。太陽は、北の空から西へ沈んでいきます。
画像

う〜ん、一応撮影したのですが、コンデジで上手くは撮れませんでした

それでも、ほんのひと時ここで過ごすことができて満足でした。



ここ数日の西日本の豪雨の甚大な被害、本当に心が痛みます。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。自分ができることを少しでもやりたいと思っています。




Larcomar, Miraflores, Lima, Peru

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 198
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと!ペルーにも行かれたんですね。
ペルーには何度か行っていますが、ラルコマールには行ったことがないんです。
ミラフローレス地区までは行ったので、近くまでは行っていると思いますが。
旧市街はちょっと危ないので、たしかにミラフローレスのほうが、外国人にとっては過ごしやすいですね。
家ニスタ
2018/07/09 22:47
こんばんは。

海食崖ですか。
ほんと凄いところに街があるんですね。
なんでこの場所を選んだんでしょう。
もうちょっといいところがあるような気がしますが。
でも絶景ですね。
津波とか、これなら大丈夫か。。。
トトパパ
2018/07/09 23:15
こんばんは!
ペルーにも行かれたのですね。
断崖絶壁の上に街があり下には道路と海岸線、凄い眺めですね。西日本の大雨の被害の後なので、崩れ落ちたらなんて想像してしまいました。
でもほんとにダイナミックな眺めですね。
それにラルコマールの近代的な街並みにちょっと驚きました。
南半球の太平洋に沈む夕日は綺麗ですね。こんな景色見てみたいです。
eko
2018/07/09 23:42
おはようございます!

ペルーの風景って、テレビでしか見たことがないかもしれません。
すごい断崖絶壁の上に街があるのですねぇ。
そして最新のショッピングモール。
東南アジアもそうですが、想像もできないくらいの格差がありそうですね。
koji
2018/07/10 08:05
こんにちは

しばらく滞在していると
また違ったところも
発見するのでしょうね
無門
2018/07/10 23:29
メキシコにしてもペルーにしても、中南米、南米人の気質、ラテン系的的な明るさを思い浮かべ、土地柄も想像してしまします。訪れたことのない者にとってはそんなイメージを受けるのですが、地形、色合いから受ける感じはそうでもなさそうですね。日本で言えば沖縄のような感じを勝手に浮かべていましたが、むしろ北陸の海のような感じを受けました。百聞は一見にしかず、でもこの年ではちょっと無理ですね。
茜雲
2018/07/11 11:34
メキシコ・ペルーは全く異国を感じます。
ここまで行くと、違う文化ですね。
海食崖の上のカフェ、
恐ろしくて楽しめませんよ〜
今、西日本はたいへんな事になっていますが
そのTVから流れる画像とどうしてもだぶって。
高所恐怖症を感じさせない
挑戦的な画像ですね。頑張りましたね。
国内。訪れたどの場所とも違いました。
当然と言えば当然でしょうか・・
nobara
2018/07/11 16:16
南米の細長いペルーはこんな風景なのですね。
延々と続く海岸沿いですね。
それにしても断崖絶壁の光景は恐怖を感じました。
地震は大丈夫なんでしょうか。
南米大陸だけは行っていませんが随分と時間がかかりますしたか。そして南半球なので水道から流れた水が北半球は右回りで配水口に流れますが逆で左回りで流れ落ちます。南半球へ来た時は確認していました。
みなみ
2018/07/11 18:09
家ニスタさん、早速のコメント有難うございます。

リマのミラフローレス地区、やはり訪れますよね。いわゆる観光地ではないかもしれませんが、ショッピングやレストランで楽しめるエリアだと思います。
その一番海岸沿い、地元に人も行ってみたらと勧められました。ショッピングモールとしてよりも、その地形と眺望で楽しみました。
ミクミティ
2018/07/11 21:10
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

海食崖の上、スレスレまで都市が迫っていて迫力があります。なかなかの絶景だと思いました。見下ろして惚れ惚れしました。
長年の荒波でできた地形なのでしょうね。
ミクミティ
2018/07/11 21:19
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、断崖絶壁の真上にある都市とショッピングモール、なかなかダイナミックな景観でした。
私も全く事前知識がなかったのですが、こういう地形に驚きました。
南半球の太平洋の夕日、もっとじっくりと撮りたかったなと思ったりしました。でも、見られてよかったです。
ミクミティ
2018/07/11 21:30
kojiさん、コメント有難うございます。

そうですね、海食崖の真上にあるショッピングモール、迫力ある風景に惹かれました。実は私は全くショッピングはせず、ただ写真を撮っていました。
地元庶民の人達が気軽に買い物に来るという場所ではないと思いました。
ミクミティ
2018/07/11 21:39
無門さん、コメント有難うございます。

そうですね、実は旧市街の方へも出かけました。ただ自分の時間が持てたのは、こちらの新市街とラルコマールでした。
また、もっとじっくりと旅してみたいと思いました。
ミクミティ
2018/07/11 21:49
海食崖、すごい風景ですね。地盤はしっかりしていると思いますが、日本のように地震や豪雨がないのかなって思ってしまいます。
海に沈む太陽すてきですね。私も海近くに行って何度か夕日が沈むのを見たいと思っていますが、雲に邪魔され見たことありません^^;ペルーやブラジル、南米には行くことないだろうなって思うので素晴らしいものをたくさん見せていただいて嬉しいです。
かるきち
2018/07/11 21:50
茜雲さん、コメント有難うございます。

南半球の海岸の崖、確かに日本とは違う風景だなと思いました。私にとってもペルーの印象とは違いました。
でも、面白い地形だなと思って惚れ惚れしていました。
南米へのフライトは非常に長かったです。
ミクミティ
2018/07/11 22:02
規模は全然違いますが千葉にも屏風岩があり、下から見上げるとその高さには驚きました。
崖の上の一部には風力発電の風車があるのは日本らしいですけれどね。
貧富の格差はかなり大きいのでしょうね。
きっと私は地元の人が行く場所には行けないと思います。
観光地で安全に楽しむタイプですから。
コマダム
2018/07/11 22:34
海岸沿いの断崖絶壁の 素晴らしい風景ですが
一瞬 日本の山崩れの風景とダブってしまいました。
海食崖ぎりぎりから 見下ろす眺めは 
恐ろしいですが やはり覗いてみたくなる
お気持ち わかります。素晴らしいですね。
ペルーが どういう所か 気にしたことが
ありませんでしたが 近代的な美しい
街並みに驚きました。美しい国ですね。
フラバーバ
2018/07/11 22:42
海食崖
素晴らしい景色
突き出たレストラン
興味がありますが怖いですね
メキシコ・ペルー
全く異国を感じました
観光客専用のショッピング街
貧富の差を感じます
南半球の太平洋に沈む夕日
美しいく憧れの夕日です
ジュン
2018/07/12 11:20
また凄い所に建物群があるんですねえ@@
しかも幹線道路が崖と海の間を沿って走っている光景は、もうなんて言っていいのかというくらい凄い光景です。
越前海岸や親不知・子不知、薩多峠を思い浮かべましたが、こんなに建物群がむき出しの崖上に並ぶ光景はありません。
でも覗き込みたくなる気持ちよく解ります^^高所恐怖症の家族は絶対ついてこないだろうなあ^^;
つとつと
2018/07/12 17:37
やはり外国の風景は迫力がありますね。
崖もその辺の崖とは違います。
桟橋もすてきです。
それに夕景が、これも一段と迫ってきます。
はるる
2018/07/12 19:40
nobaraさん、コメント有難うございます。

そうですね、なかなか珍しいダイナミックな景色だと思いました。こんな崖の上のショッピングモールがあるのですから。怖いけど楽しめました。
ショッピングモール自体はモダンでお洒落な感じ。あまり異国情緒は感じませんでした。日本も十分暑いですからね。ブーゲンビリアが咲いているのがよかったです。
ミクミティ
2018/07/14 00:15
みなみさん、コメント有難うございます。

ここはペルーの首都のリマの一風景。私もこんな崖の上にある都市とは知りませんでした。最近は、山間部のマチュピチュが日本人にも大人気。ペルーに訪れる人も増えているそうです。
フライド時間は本当に長かったです。
水道水の流れ方が違うのですか。それは気づきませんでした。気にしたこともなく、、。
ミクミティ
2018/07/14 00:19
かるきちさん、コメント有難うございます。

私もペルーのリマが崖の上にできた都市だとは知りませんでした。ここラルコマールからの風景はなかなか見応えがありました。
海岸は西側に面していますからね。この日はあまり夕焼けに染まりませんでした。それでも、もう少し夕日をきれいに撮れたらなと思いました。
ミクミティ
2018/07/14 10:28
コマダムさん、コメント有難うございます。

日本にも各地に海食崖の地形が見られますよね。ただ岩肌の見え方がかなり違うなと思いました。茶色の崖が印象的でした。
確かに経済的格差は大きいと思います。そのランクで行くお店も決まって来るそうです。リマでは、比較的治安の悪い旧市街に観光スポットが多いようですね。
私は仕事で通り過ぎるだけでした。
ミクミティ
2018/07/14 10:34
フラバーバさん、コメント有難うございます。

海外沿いの崖の上から眺める風景、なかなかダイナミックでした。こんな場所によくショッピングモールを作ったなと思いました。
日本でみる崖とは色合いが違うなと感じました。恐怖心はありますが、やはり覗きたくなりますね。
ここは洗練されたお洒落な空間でした。
ミクミティ
2018/07/14 10:39
ジュンさん、コメント有難うございます。

海食崖の上にあるショッピングモール、なかなか見応えのある風景でした。恐怖心はありますが眺望を楽しむ気持ちの方が勝ちますね。
日本の海食崖の風景とは違うなと思いました。
ショッピングモール自体はモダンで洗練されたイメージ。
南半球の太平洋に沈む夕日を見られてちょっと嬉しかったです。
ミクミティ
2018/07/14 10:46
つとつとさん、コメント有難うざいます。

そうですね、日本にも各地に海岸沿いの崖の地形がありますよね。それぞれ急峻な崖を眺めるのは迫力があって惹かれます。
ここリマの崖は、茶色い地肌がむき出しでなかなかユニークな気がしました。しかも真上の都市のビル群が建ち並ぶ。
高所恐怖症でもそれなりに楽しめると思いますが。
ミクミティ
2018/07/14 11:05
はるるさん、コメント有難うございます。

そうですね、日本にも各地に海食崖はありますが、ちょっとここは違うなと思いました。ほんのひと時ですが、ここを訪れることができて良かったです。
桟橋や島の風景もなかなか素敵で、お陰様で南太平洋に沈む夕日を見ることができてました。
ミクミティ
2018/07/14 11:08
断崖絶壁のすぐ縁まで、
建物や展望台があるので驚きました。
木が一本も生えてないむき出しの
感じも独特ですね。災害の多い日本では、
考えにくい気もしますが、よっぽど
地盤が安定してるんでしょう。
W杯のペルー、1勝しただけで予選リーグを
突破できませんでしたが、久し振りの
出場に、国中が大いに沸いた事でしょう。
yasuhiko
2018/07/14 12:21
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

そうなんです、日本にありそうで無い風景、そんな印象を受けました。この崖の真上に都市が広がるのです。ショッピングモールは洗練されたイメージ
この国のほんの一面なのですが、撮影して味わうことができました。南米のサッカーチームは、どこも地力があるなと感じます。それに情熱的です。
ミクミティ
2018/07/14 12:35
こんにちは。
海食崖って岩ですよね。
地震とか大雨ないのでしょうか。
景色とすれば圧巻です。
仕事が世界となると日本に対する見方も違うでしょうね。
tami
2018/07/14 16:19
tamiさん、コメント有難うございます。

そうですね、崖には岩肌がむき出しになって荒々しい感じでした。ペルーにも地震や大雨はあるはずです。
それでも崖ぎりぎりに立つビルは確かに迫力がありますね。地盤は固いのかなと思います。
仕事で世界に関わっているので、日本と外国を比較することはよくありますね。ただ日本が大好きですよ。
ミクミティ
2018/07/14 21:26
こんばんは!
海食崖というのを初めて知りました。
侵食されている崖ですよね。
こんになぎりぎりまで建物が建っているとは、にわかに信じられません。
崩れていく心配がないから街が出来ているのでしょうけれど、見ているだけでドキドキしますね。
世界には知らないことがたくさんあるのをまたまた実感しました。
うふふ
2018/07/14 22:18
うふふさん、コメント有難うございます。

そうですね、海の波に長年浸食された崖の地形です。岩肌がむき出しでその急峻な地形を見下ろすと非常にダイナミックな感じでした。
確かに崖のすぐ上まで建物がせまっています。地盤はかなり固いのかなと思いますが。
ペルーの首都の新市街はこんな崖に近い場所にできたのです。旧市街はもう少し海から離れたところにありますが。
ミクミティ
2018/07/14 22:35
こんばんは!
ペルーですか〜!
いつか行ってみたい場所、マチュピチュなど…南米の地域です。ここにほんとはかけ離れた風景が見られそうで、興味深いです。
こちらの崖もすごくて!もうびっくりです〜‼
komichi
2018/07/14 22:51
komichiさん、コメント有難うございます。

ペルーにはリマ以外に様々な観光名所がありますよね。マチュピチュやインカ文明の遺跡など行ってみたいところがあります。
私もまた行ってみたいなと思っています。
今回は仕事だったので、リマの崖の地形で満足しました。
ミクミティ
2018/07/15 19:46
メキシコから更にペルーまで行かれましたか。
南米は行ったことがないのでとても興味深く拝見させていただきました。海外に行くと、貧富の差を強く感じますよね。アメリカやカナダでも大富豪がいるかと思えばホームレスも普通に見かけます。日本でも正規雇用と非正規雇用などの大きな所得差が問題化してますが、まだまだ海外に比べれば差は小さいです。それとも日本もこれから海外のようになるのでしょうかね。
ペルーはとてもダイナミックな地形なのですね。マチュ・ピチュなどのインカ帝国の遺産にも興味がありますが、TPP11などによる経済的文化的な交流が活発化していくであろう将来も気になりますね。
降魔成道
2018/07/16 20:40
降魔成道さん、コメント有難うございます。

そうですね、今回はメキシコとペルーの出張でした。
経済格差が大きいのは間違いないですが、それが比較的安定しているのが中南米の特徴でもあるかと思います。
それが決して大問題というよりも、現実として国民が受け入れているように感じる場面もあります。
ペルーは、リマだけでした。できれば、いつかプライベートでマチュピチュやインカ文明の遺跡を巡る旅などしてみたいです。
経済的にも期待したい国です。
ミクミティ
2018/07/16 21:12
メキシコ、ペルー、、遠い世界のように感じていましたので、とても興味深く拝見させていただきました〜♪
\(^o^)/

海食崖、初めて?聞いたような気がします〜〜。
崖の上のカフェはびっくり!ですが、賑わっている雰囲気で、景色は壮大で素晴らしそうですね〜♪
ショッピング街も広くて楽しそうです〜♪
cafe
2018/07/17 08:56
いや〜〜すごい風景ですね。
下をのぞくと怖いでしょうね。
断崖の上に建っている建物も怖いですね〜。
地震国日本ではちょっと考えられないですよね。
でも景色は最高ですね。・・・ちょっと怖いけど。
ゆう
2018/07/17 10:47
cafeさん、コメント有難うございます。

メキシコやペルー、確かに遠いですよ。フライト時間は非常に長かったです。
海食崖は日本でもよく見られますが、茶色地肌の風景は珍しいと思いました。そのすぐ上のカフェやビル群。ダイナミックに感じました。
私は景色を眺めて写真と撮っていただけですが。
ミクミティ
2018/07/17 21:03
ゆうさん、コメント有難うございます。

そうですね、なかなかスリルのある崖でした。でもペルーも地震はあるはず。それでも地盤は固いのかなと想像します。
南半球の太平洋を眺めながら、飲食したりショッピングをしたり、実に優雅な空間です。私はただ景色を見ていましたが。
ミクミティ
2018/07/17 21:10
冒頭の写真、茶色い断崖絶壁の下に道路があって、驚くような光景です。
日本のように豪雨とか台風があればすぐ通行止めとなり、道路は土砂で埋まってしまいます。
崖のてっぺんには崖を見下ろせるカフェがあって、日本だと立ち入り禁止です。
羨ましい、気候と気象条件ですね。

リマの人口は千万人を超え、チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置するそうで、乾燥しているんですね。
年間降水量は驚きの2mmとあり、傘もカッパも不要の土地です。
雨天中止、なんて言葉も無いのでしょうか^^)

写真にある露店も、屋根は日傘でしょうか。
池も川も無いでしょうから、飲料水はどうしているのか気になります。

高所からの海岸線がいいです。
眺めが良い!これに尽きますね。
アルクノ
2018/07/18 21:20
アルクノさん、コメント有難うございます。

そうですよね、やはり日本人にとっては珍しく印象的な地形だと思います。このような岩肌の崖は初めて見たような気がしました。
リマのこともよく調べて頂きました。そんなに降水量が少ないのですか。それは驚き。私は2泊3日でしたが、確かに雨は降らなかったですね。
もちろん、ホテルで普通にお水は使っていましたし、ミネラルウォーターも沢山売っていましたよ。
山は近いですからね。
ショッピングをせずに風景ばかり眺めていました。
ミクミティ
2018/07/20 23:04
ショッピングモールからの眺めが、
ダイナミックですね〜。
買い物してる場合ではないですね!
その昔、成田空港でペルー人から
ラマのバッジを手振りの通訳の御礼に
貰った記憶が甦りました。。。

ROKO
2018/07/21 12:27
ROKOさん、コメント有難うございます。

そうなんです、こんなに迫力のある景色が楽しめるショッピングモールも珍しいと思いました。私は全くショッピングはせず、ぶらぶらと景色を眺めていました。
ラマのバッチですか。それもペルーの思い出ですね。
ミクミティ
2018/07/21 22:00
ペルーと云うとどォしても"コンドルは飛んでいく"のイメージで、高層ビルが建ってほしくなかったのが正直なところです。
それでも日本と違い、それほど外国の雰囲気に飲み込まれている感じがないのが救いのように感じます。
おーちゃん
2018/08/23 21:45
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

そうでしたね。「コンドルは飛んでいく」は民謡の名曲と言えるでしょうね。リマは首都ですからね。それなりに発展しています。きれいなショッピング街も多いですよ。
特にこの辺りは新市街と呼ばれるところですから。
もちろん、旧市街もありますよ。
ミクミティ
2018/08/24 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リマの「ラルコマール」で断崖絶壁の風景を眺めて 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる