お城を見下ろして(浜松城)

お城の天守閣を見下ろす。そんなことは、昔はできなかったでしょう。そもそも、町で一番高い場所が天守閣。堂々たる存在であったと思います。

ここは、静岡県の浜松城の天守閣。
画像

今は、ビルから天守閣を見下ろすことができてしまうのが、時代の変化。少しだけ、お城に対して可愛そうな気もしてしまいます。

それで、私がいるのは浜松城公園に隣接するホテルコンコルド浜松
画像


私は、浜松に泊るならこのホテル、と決めてました。

なぜなら、このホテルの客室から浜松城公園が見渡せるからです これは私が泊った10階の客室からの風景。
画像
画像

ご覧の通り、浜松城公園は緑でいっぱい。まるで都会の中に大きな森があるような感じです

森の中の天守閣、そういう風景です。
画像
画像


この浜松城、やはり徳川家康の城として有名です。

家康29歳から45歳まで、つまり元亀元年(1570年)~天正14年(1586年)までの17年間。まさに、家康が有力な戦国大名として駆け上がっていったお城がこの浜松城だったわけです。

当時、曳馬城(ひきまじょう)と呼ばれていた城を、家康が岡崎から移るとともに浜松城と改め、ここの地名も浜松としたそうです。それ以来、浜松という地名が現代まで続いているわけですね。

だから、このお城のキャラクターは、これ 「出世大名 家康くん」
画像

このキャラクターはいかがなものでしょうか。私は、ちょっと違和感を感じえませんが、、

江戸時代に入ってからも、徳川家ゆかりの浜松城はずっと幕府の譜代大名が城主となり、歴代城主の中には幕府の要職になった者が多いことから、浜松城は「出世城」と呼ばれるようになったとか。

有名な天保の改革を行った水野忠邦(ただくに)は、出世を望んで浜松城主となり、見事に寺社奉行大阪城代京都所司代老中・老中首座と出世を遂げたのです。

ただ、忠邦は4年ほどで失脚してしまうのですが。

お城の天守閣からの眺めはこんな感じ。
画像

金網がはってあって、見にくいのですが、向こうに私が宿泊したホテルコンコルド浜松が見えます。

なんと、この浜松城天守閣は、ホテルコンコルド浜松が運営しているそうです う~ん、ホテルが運営しているのか。
画像


天守閣は昭和33年(1958年)の建設の鉄筋コンクリート製。江戸時代も天守はなかったそうなので、模擬天守ではあります。

正直、天守閣内の展示などは、ちょっと古さを感じてしまいます。とは言え、天守閣内の地下にある井戸はこんなに綺麗で。
画像

城内の井戸は本当に貴重なものだったのでしょうね。そんな時代を感じさせてくれます。

さて、もう少し浜松城公園を散策してみました。

やはり、木々の緑があふれていてました

園内には日本庭園もあって、風情を感じさせます。
画像
画像


新緑が気持ち良くて。
画像


更に、園内の展望台の木々には、リスがいました。
画像
画像

結構、人に慣れていて、なんか癒される一時でした。

画像



最後に、昼間の浜松城公園を歩いたからには、、。

やっぱり夜も見たくなって。
画像

ライトアップしているお城も見たくなるんですよね

なにせ、お城のすぐ近くのホテルに泊まりまたから


追伸
ホテルコンコルド浜松、駅から離れたお城の見物には持ってこい。綺麗で料金も非常にリーズナブル。ちょっと部屋はせまいですが、この眺めと雰囲気に非常に満足しました。
http://www.concorde.co.jp/




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 143

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年05月26日 17:10
公園の中のお城、なんとも雰囲気がありますね。
緑が多いことは、癒されます。
と、書いている、私は、浜松人。自分の町が紹介されているのは
嬉しいですね。
浜松城公園、公園になる前は、動物園でした。
HT
2013年05月26日 20:32
こんばんは。
浜松城と公園を見られるためにホテルに泊まられたのですか?。凄いですが、たまにはそんな時間も必要ですよね。私もそんな時間を作らないと。
庭園が素敵ですね。こんな所を歩かれてリス君まで居て、清々しくて気持ちかったことでしょうね。お城の中の井戸、凄い綺麗ですが、今使うことが出来るものなのでしょうか?。
2013年05月26日 22:34
浜松城、綺麗なお城ですね。昔はお城が一番高い建物だったのに、今では見下ろされてしまうんですね。緑がたくさんの公園はとても気持ちいいですね。こういう緑は昔もたくさんあって、面影はそういう中にあるのでしょうね。野生のリスも可愛い。人馴れしているところが、安全なところで安心しているからでしょうね。素敵な場所ですね。
2013年05月26日 23:04
浜松城を見下ろせるロケーションのホテルに宿泊とは…ミクミティさんらしいセンスですね~~♪
日本庭園もある公園があって、素敵なところですね。
せっかく泊まるのなら、やっぱり見晴らしよく緑あふれる場所が癒されますね。。
2013年05月26日 23:20
ゆるキャラ「家康くん」ですか。
楽器製造とみかんとウナギと。
浜松のセールスポイントをすべて、
べたに盛り込みましたね。
まあ、これもご愛嬌という気もしますが、
徳川関係の遺跡を訪ね歩いた
ミクミティさんとしては、オヤマア
残念という感じになるでしょうか。
それはさておき、お城と公園を見下ろす
この眺望は素晴らしいですね。
2013年05月26日 23:55
こんばんは。
家康くんはピアノの鍵盤の袴にみかんの家紋まではいいのですが、顔とウナギが頭の上とはいまいちかと思いますが?
周りの風景が綺麗なホテルに泊まると何だか得したような気持ちになりますね。
可愛いリスさんにも会えてお忙しいお仕事の中でほっとされるのではないでしょうか。
2013年05月27日 11:54
今回は浜松ですか!
流石上手く纏まってます
昔は家康・今は浜松と言えばピアノ[娘が小さい時・今は売れ行きは如何なのでしょう]
ウナギもデパートに売り場があります。
何処にもユルキャラがあるのですね!
リスもよく撮れましたね。
2013年05月27日 12:55
私の地元の浜松城に来られましたね。
私も何度か行きましたし、ブログにも
かつてアップした記憶がありますよ。
なるほどコンコルドホテルを取られた
理由はそこにあったのですね。
城の運営もそのホテルなんですね。
そして江戸時代は天守閣は無かったのですね。
へー そうだったのでした。
でも石垣は昔のものだと記されていましたね。
庭園の池も古風な橋も知りませんでしたよ。
ホテルから見える緑に染まったところなんですね。
そして、リスまでいたのを良く捉えましたね。
県西部には掛川城とか高天神城、横須賀城、二俣城など
戦国時代に国盗り合戦をしたお城跡がたくさんありますよ。便は悪ですが訪ねられると面白いかもです。
2013年05月27日 16:33
こんにちは

浜松城公園には
リスがいっぱいいますよね
ここに動物園があったころを
知っています
その時のりすが住みついていいるんだよ
2013年05月27日 20:19
お城を見渡せるところのホテルに泊まって、ミクミティさんらしいですね。緑いっぱい日本庭園も素敵です。
私は根性がねじ曲がっているからと思いますが今のゆるキャラブームには??と感じてしまいます。なんでもかんでもこじつけてその地のキャラを作るのは大人げないと、。
へそ曲がりのポン太でした。ごめんなさい。
2013年05月27日 20:42
ゆうさん、早速のコメント有難うございます。

浜松の方に浜松城の紹介するのは照れくさいですね。
浜松城公園には本当に緑が多くてびっくりしました 動物園だったとは全く知りませんでした。
浜松城は今、工事中なのですね。来年平成26年には天守門が完成してさらに魅力的になりますね
2013年05月27日 20:55
HTさん、早速のコメント有難うございます。

浜松城は駅から結構離れています。だから駅の近くのホテルでは便が悪くて。お城の近く、いや隣のホテルを選んだのです。
これ程緑深い森とは思いませんでした。上から見るとよく分かります。高台の広場にいるリスは人に慣れていて、地元の人にはお馴染のようでした
天守閣地下の井戸、改修したばかりなのでしょうか。本当に妙に綺麗でした。井戸の穴はあいてないように見えましたが、、
2013年05月27日 21:00
かるきちさん、早速のコメント有難うございます。

浜松城公園はかなり緑の濃い奥深い公園だと思いました。公園の片隅に天守閣はあります。まわりは都会ですから、不思議な感覚です。
リス君と出会えたのは良かったです。地元の人にかなり馴染んでいるようでした。一瞬、どこにいるんだろう と思わせる公園でした。
2013年05月27日 21:10
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

浜松城は駅から結構離れていて、駅前のホテルでは不便。だからお城の隣のホテルに泊まりました。
このホテルからは、お城の天守閣だけでなく公園全体の緑が見えて。都会の中の森、不思議な感覚で良かったです
2013年05月27日 21:13
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

「出世大名 家康くん」。これにはちょっと苦笑い。やっぱり首をひねってしまいます。でも、浜松の人が町を愛している気持ちはよく伝わってきますね。
そうか、みかんの家紋だったのですね 私は不覚ながら気付きませんでした
2013年05月27日 21:18
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

家康君、浜松の名物を身につけて、実にユーモラスですよね。ただ名前が。もうちょっと重みがあってもいいのかと
天守閣を見下ろせるホテル。全国にもそんなにないのでは そういう意味でホテルコンコルド浜松は絶好のホテルです。キレイでリーズナブルでした。
リス君に会えたのもちょっと得した感じですね
2013年05月27日 21:23
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

今回は浜松。妻の親戚に会いに行ったあとお城見物しました。ブログを褒めていただき嬉しい限りです
ゆるきゃらの名前が家康とは、違和感が。でも地元の人はこんなふうに愛しているのかなと
リスも愛されているようでした。人懐こかったですよ
2013年05月27日 21:29
やまちゃんさん、コメント本当に有難うございます。

浜松の方に読んで頂くのはちょっと照れくさいです。お城の天守閣を見下ろせるホテルに泊ってみたかったのです。おまけに緑深い浜松城公園の全体像もよく見えました。正解だと思いました
現在、浜松城は天守門の工事中。来年には更に充実してリニューアル。その姿を見てみたいです。その時には家康君もいるのかな
静岡県はお城の多いところですよね。それぞれに戦いの歴史が残っていて。実に興味深いです
私も既に幾つか行ったことがあるのですよ。
2013年05月27日 21:34
無門さん、いつもコメント有難うございます。

浜松城公園をよく御存じなのですね。ホテルコンコルド浜松から見下ろす浜松城公園は森のようでした。緑が深いのびっくりしました。
ここが動物園だったとは全く知らず。その時からのリスなのですか。地元の人に可愛がられているように思えました
2013年05月27日 21:38
ポン太さん、いつもコメント有難うございました。

お城が見下ろせるホテル。正解でした。浜松城公園は都会の中の森と言った感じ。その全体像がよく見渡せました
ゆるキャラはやっぱり子供や若い女性向けなんでしょうね。でもなんで、日本で最も有名な武将の名前を付けなくてはならなかったのか 私も疑問で。
それでも浜松ゆかりのものを全部合わせたらこうなったのでしょうね。
2013年05月28日 08:13
おはようございます。
浜松は家康が付けた地名とは,知りませんでした。ホテルが天守閣を運営するとはユニークな試みですね、そして地下にある立派な井戸、水がいかに貴重であったか伺い知れます。今回の記事もいろいろと知見が増えました。素晴らしいルポありがとうございます。
2013年05月28日 08:15
タイトル、“お城を見下ろして”、発想が面白いですね。
お城のキャラクター家康君、浜松というとピアノのイメージが強く、無理やり袴にピアノを持ってきたんですね。
リス、私も昔伊豆高原に泊った時このようなリスを見かけたことがあります。その時はまだ写真もやっていなかったので撮ることはできませんでしたが、癒されますね。
2013年05月28日 13:23
今日は。
いい環境の立地条件にホテルがあるのですね。
さすが遠鉄グループですね。
お城と公園は切り離せませんね。
緑が癒しを与えてくれます。
「出世大名 家康くん」 … いささか個人的には?マークです(笑)
お城では彦根城のヒコニャンを思い出し、可愛いですが・・・
ライトアップしているお城…好い雰囲気ですこと。
2013年05月28日 19:42
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

色々と旅すると新しい発見があります。やっぱり行ってみて初めて分かることがありますね。昔より少しは目も肥えていますし。
ホテルがお城の天守閣を運営しているのも驚きでした。このホテルには、家康君ルームという特別な部屋があるんですよ
天守閣地下の井戸の展示はとてもリアリティを感じました。今のように水道があるわけではありませんからね。
記事を褒めていただき嬉しいです
2013年05月28日 19:48
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

お城を見下ろしたいというのは初めから考えていたコンセプト。このホテルコンコルド浜松はそれを実践できました。
家康君の袴がピアノの鍵盤なのはご愛敬。センスはどうかと思いますが、浜松らしさがたっぷり表現されていますよね
公園のリスは地元の人に馴染んでいて、写真は比較的撮りやすかったです
2013年05月28日 19:56
やろいさん、いつもコメント有難うございます。

ホテルコンコルド浜松は遠鉄グループ、よくご存知ですね。お城見物にはもってこいのロケーションです。部屋から見渡すのをやってみたかったのです
お城のキャラクターには、やっぱり疑問を頂きますよね。浜松名物のてんこ盛り。名前が、、。それでも子供達には馴染みやすいのかも。そんなふうに途中から思い始めました。
夜のライトアップも天守閣の魅力ですよね。昔はそんなのありえなかったでしょうが。
2013年05月29日 08:46
おはようございます

出世城のお話は興味深く読まさせて頂きました。
歴史とお城の関係は面白いですね、徳川家康のお城はその後も城主が入れ替わり、歴史を築いていたのですか。

素敵な公園はオアシス的な憩いの場所になっているのでしょうね、リスが可愛いです(*^_^*)こんな子に出会ってみたいです
ライトアップのお写真も素敵ですょ。
お城のキャラクターは大阪人の私には大うけです^^
2013年05月29日 21:01
だるまさん、コメントいつも有難うございます。

日本各地にお城がありますが、それぞれ歴史を持っていますよね。浜松城は家康が有力な戦国大名として勢力を伸ばしていった拠点。色々な思いをここで抱いたのでしょうね
今は町の中の森のような公園。緑が深くてちょっと驚きました。キャラクターの家康君、案外多くのファンがいるのかも
2013年06月01日 10:38
浜松城の背景に
近代的なビルが立ち家康も悲しんでいるかも!
出世城なんですね
山岡荘八の徳川家康全26巻を読みましたが
ミクミティさんの絵入りの解説で
徳川家の歴史の始まりを復習しました。
ライトアップはビルがなくていいですね!
2013年06月01日 15:45
清兵衛さん、いつもコメント有難うございます。

浜松城を見下ろすビルが幾つかあって、確かに天守閣が少し可愛そうな気がしました。ただ、家康の頃どんな天守閣があったのか? 江戸時代はなかったようですし。やはり分からないこと多いみたいです。
昼も夜もお城の天守閣って見たくなるんですよね
ところで、私もいつか山岡荘八の徳川家康を読破してみたいと思っています。時間が、、
2013年06月05日 10:55
おはようございます。
浜松には友人が居るので時折り訪ねていますが、浜松城へはまだ一度もです。

出世大名家康くん、ユニークなキャラクターですね。
頭のウナギと鍵盤、面白い組み合わせです。
浜松といえばウナギと楽器の街ですもんね。
駅前の楽器博物館は2度ほど足を運び、世界の楽器を楽しんできました。
中でも記憶に残る楽器はアフリカのものでしたよ。
2013年06月05日 21:30
ハーモニーさん、コメント本当に有難うございます。

浜松城は少し駅から遠いですからね。私も駅前のホテルを検討しましたが、お城に隣接したコンコルドホテル浜松を迷わず選びました。まさかこのホテルが浜松城天守閣を運営しているとはつい知らず。
出世大名家康くんも知らなくて。各地で色んなキャラクターが誕生しているのですね。楽器博物館は行ってないんです。次回はトライします。
私も浜松に妻の親類がいるので。

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: お城を見下ろして(浜松城) 「歴史の旅&外出」の記録/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-06 07:04
  • エアマックス 95

    Excerpt: お城を見下ろして(浜松城) 「歴史の旅&外出」の記録/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:18
  • まるで歴史のテーマパークのような岡崎城

    Excerpt: 緑の木々に包まれ、ちらっと顔を出す天守閣。お城の風格を感じさせてくれます。 Weblog: 「歴史の旅&外出」の記録 racked: 2015-07-12 17:03