テーマ:

今は無き「白馬岩岳ゆり園」の華やかな景観

コロナの感染拡大に雨ばかりの7月。このところブログを書くきっかけも気力も無くなっていました。8月となりようやく梅雨明け。お盆休みに突入ですね。特に新たなネタは無いので、過去の旅行の1シーンをブログに記してみました。時は、3年前の夏、平成29年(2017年)の8月のこと。 長野県の白馬(はくば)村に来ていました。ちょうどその頃、ブログは…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

相模原北公園のアジサイ風景いろいろ

コロナウィルスの存在を前提に自衛して生活する「新常態」の時代になりましたね。私は、緊急事態宣言下から平日は県境を越えて東京へ通勤しています。ただ、休日は県境を越えた移動を自粛してました。実際、横浜市の外へも出ませんでした。あくまで、休日ということですが、、。そんな中、今回は久しぶりに休日に市外へ外出してみました。6月20日に訪れたのは、…
トラックバック:0
コメント:72

続きを読むread more

大熊川のあじさい緑道、高くて長いアジサイの壁

県境をまたぐ移動の全面解禁となった6月19日。その翌日、20日は、天気の良い土曜日でした。 ここ最近、近場での外出で発見を試みている私は、もう一つ行ってみたい場所があったのです。 自宅から車で15分ほどなので、手軽に行けました。それでも今まで一度も行ったことが無かったのです。 そこは、細い川沿いにアジサイの花が壁のように連なる場所…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

横浜のアジサイ寺、正覚寺を雨に日に訪れて

コロナ禍での梅雨入り、週末も雨降りとなりました。6月13日(土)。 気分が重くなりがちですが、少しでも気晴らししたいと雨の中、出かけました。 この時期、できるだけ近場の外出ですませたいですからね。 そこは、「横浜のアジサイ寺」と言われる正覚寺(しょうがくじ)。横浜市都筑区の港北ニュータウンの住宅地の合間にあるお…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

6月の山下公園の風景

4月・5月と行楽地へ行くことは無く、緊急事態宣言が解除され6月になっても、何となく外出をためらってしまう感じがありました。このままでは、休日は引き籠ってしまいそう。そんな塞ぎこむ気持ちを押しのけて、どこかに行こうと思って出かけました。それは、横浜市中区の山下公園。 どこも行くあての無い時、これまでも山下公園を訪れて癒されてきました。 …
トラックバック:0
コメント:66

続きを読むread more

5月の「花のある風景」を振り返って

首都圏の一都三県と北海道は、いまだにコロナウィルスによる緊急事態宣言下にありますね。いまや神奈川県は、全国で最も危険な県となったような数字が報道されています。いずれにしろ、宣言自体が解除されるのは時間の問題でしょうが、その後に感染予防をしながらいかに生活していくかが大事ですよね。ということで、今週末も「Stay Home」。過去の写真を…
トラックバック:0
コメント:64

続きを読むread more

ゴージャスな秘密の「桜美景」へ散歩で訪れて

もう5月も中旬を過ぎてしまいましたが、もう一回だけ、桜の風景を紹介させて下さい。今更という気もするのですが、実はブログ記事にしようかどうかためらっていました。とはいえ、もうブログもネタ切れという状況なので、今回記事にしてみました。首都圏は、まだもう少し外出自粛が続きますね。時は、令和2年(2020年)4月4日(土)。…
トラックバック:0
コメント:76

続きを読むread more

ゴールデンウィークの「花の絶景」総集編(関東周辺)

2020年のゴールデンウィークが終わってしまいましたね。観光地への旅行も外出もしないGWは何年ぶりでしょうか。ブログを始めたこの10年では、初めてだと思います。やはり貴重なお休みですから、いつもは気合を入れて出かけるのですが、、。そこで今回のブログは、家に籠っていてネタが無いので、過去のGWに出会った印象的な景色をまとめてご披露したいと…
トラックバック:0
コメント:66

続きを読むread more

外出自粛要請前の幸手「権現堂公園」の桜と菜の花の絶景と歴史

いよいよ令和2年のゴールデンウィークになりました。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の解除が見通せない中、何とも気の重い連休となってしまいました。一年前の令和元年が始まるウキウキした10連休と比べて、こんなにも異なるGWになるとは、、。本当に世の中、先が分からないものですね。もちろん、私も基本的に家に籠りますが、仕事を休めて少しほっと…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

外出自粛要請前の「井の頭公園」の危険な桜風景

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が全国へ拡大。もう旅行など考えられないですね。私も4月末に予定していた旅行を、早々にキャンセルしました。残念ですが今は仕方が無いですよね。そこで、ブログの内容は緊急事態宣言前の3月末の外出について。それもブログの記事にするのを躊躇いましたが、今となっては、反省文のつもりで書かせて頂きます。 都知事に…
トラックバック:0
コメント:62

続きを読むread more

3月お彼岸の頃の西方寺(横浜の花の寺)

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の2週目。いまだ東京の会社へ通っています。ほとんどの人がテレワークか自宅休業で、がらんとしたオフィス。それでも、一部の社員は出勤が必要なのです。普段なら許されない車通勤をするようになりました。電車に乗らないという意味で、感染リスクは低くなっているとは思います。それでも絶えず外出をしているので複雑な思い…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

いつもと違う上野公園での桜の花見(外出自粛前の風景)

コロナウィルスの感染拡大で重たい気持ちになりがちのこの頃、今年も例年通りどこか「桜の名所」を訪れたいと行ってきたのがこちらでした。 東京都台東区にある上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)。言わずと知れた東京を代表する桜の名所ですが、大勢の花見客や宴会客でごった返す場所でもあります。 私としては、そういう場所で桜を…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

知る人ぞ知る圧巻の桜回廊、恩田川の桜並木

高台の橋の上からは川を見下ろせるのですが、この時期の主役はもちろん川の両側を埋め尽くす桜並木です。 橋の反対側へ道路を渡って見下ろすとこんな風景が見渡せます。これ程こんもりとしてボリューム感のある桜、なかなか見られないのではないでしょうか。これぞ、「桜のトンネル」と思ってしまいます。 平成31年(2019年)4月6日、土曜日の昼…
トラックバック:0
コメント:50

続きを読むread more

横浜の三ッ池公園でお花見、日曜日の晴れ間に訪れて

今日、平成31年(2019年)3月31日の日曜日、急きょお花見に行ってきました。貴重な週末なのに天気はどんよりした曇り。お花見に行く気持ちが盛り上がりませんでした。しかも、昼食後には雨もパラつく始末。 あきらめかけていましたが、そのすぐ後に急に晴れ間が出始めて。この瞬間を逃したくはないと思い、急いで出かけました…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

梅雨前の目黒不動尊へお参りとお花鑑賞

梅雨前のどんよりとした天気の日、アジサイが咲く都内のお寺を訪れました。 池のほとりのアジサイが綺麗でした。 こちらは、東京都目黒区の目黒不動尊(めぐろふどうそん)です。 入口は、この仁王門。 境内にある狛犬は、いかにも古そうです。よく見ると狐ですね。 江戸時代、この目黒不動尊は江戸随一と言われるほどの人気スポットだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の山本亭、室内外の粋と庭園の美しさ

高台になっている江戸川のスーパー堤防から北側を見下ろすと、立派なお屋敷の門と屋根が目に入ってきます。 この瓦葺き屋根の門は長屋門(ながやもん)。 と言っても、江戸時代の門ではなく大正末期から昭和の初めに建てられた和洋折衷の門です。 かつては門番が常駐していたという門に掲げられた札が、この邸宅の名前です。 「山本亭(やまも…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

館林の「こいのぼりの里まつり」、その数と美しさでまた驚いて

驚きながらも思わずうっとりしてしまう。こんな美しいこいのぼりの風景に出会えるとは。 菜の花ごしの川の上を、おびただしい数のこいのぼりが泳いでいました。 少し歩くと、今度はツツジの花の向こうに。 何となく夢見心地な感じで。花とこいのぼりのコラボが、本当にキレイでした。 ここは群馬県館林(たてばやし)市の鶴生田川(つるうだが…
トラックバック:1
コメント:46

続きを読むread more

館林つつじが岡公園のつつじまつりの写真をもう少し

今回は、前回ご紹介した館林(たてばやし)市つつじが岡公園のつつじまつりの番外編として、また幾つかの写真とともにその魅力に迫ってみたいと思います。 普段はしないのですが、このつつじが岡公園で非常にたくさんの写真を撮ったので、もう少しだけお付き合い頂ければと思います。 ここは、名勝 躑躅ヶ岡(つつじがおか)への入口。 実はこの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

館林つつじが岡公園のツツジの絶景、GWは少し遅いがなお美しい

ゴールデンウィークの初日(2018年4月28日)、群馬県館林市(たてばやしし)のつつじが岡公園へ向かいました。舘林駅からバスを利用して。 入園料を払って物産店が並ぶ通りを少し歩くと、一気に鮮やかな画面が目の前に広がります。 入口に立つ石碑には、「名勝 躑躅ヶ岡(つつじがおか)」と刻まれています。 この石碑の文字からここが歴…
トラックバック:3
コメント:54

続きを読むread more

豪華絢爛な国宝、妻沼聖天山の本堂と桜の美しすぎる輝き

豪華絢爛で細密な彫刻群の脇を桜が彩りを添え、そこへ日光が差し込む。まさに神々しい光景に出会いました。 これはなかなか見ることができない。感激でした。 こんな美しい体験ができるのは、埼玉県熊谷市の妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)。正しくは妻沼聖天山歓喜院(かんぎいん)という寺院で、高野山準別格本山です。 JR熊谷駅北口から…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

熊谷の歴史を語る万平公園から熊谷駅へ

前回、熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)の桜並木をじっくりと散策したり撮影した後、私が足を運んだのはこちらの公園でした。 チューリップの花壇が素敵ですが、一見どこにでもある児童公園といった雰囲気。 熊谷桜堤から歩いて5分ほど。ここは万平公園(まんぺいこうえん)といいます。 桜堤や屋台の喧騒を離れ、ここは静かで地元の方の公…
トラックバック:2
コメント:50

続きを読むread more

熊谷桜堤の絶景、桜と菜の花の壮大な共演

毎年この時期になると、桜の絶景を見にどこかへ行きたくなります。年によって桜の開花時期はかなり差があるので、そのタイミングとともにどこへ行くかもかなり迷います。平成30年(2018年)3月30日、私は埼玉県の熊谷(くまがや)へ向かいました。 桜と菜の花が織りなすこんな風景を見てきました。 今年、熊谷のソメイヨシノは開花から満開…
トラックバック:1
コメント:48

続きを読むread more

仙巌園の美しすぎる菊まつりと桜島の風景、尚古集成館も訪ねて

時は11月の末、色とりどりの花が咲き乱れる庭園と花で飾られた小屋。その美しさに惹きつけられました。 この花は、菊です。 近づいてよく見ると、花で飾られているのはその家だけでなく、中にいる2人の人間も花で覆われていました。 いわゆる菊人形ですが、周囲の庭や家の屋根とあいまって、まるで魔法のような艶やさ{%ピカピカwebry%…
トラックバック:10
コメント:50

続きを読むread more

色とりどりの大花壇がある里山ガーデン、横浜で花の絶景を(全国都市緑化よこはまフェア)

季節は初夏。お花の絶景を求めてどこかへ旅しようかと思ってたら、横浜の自宅からほど近い場所に、こんな色とりどりの花々が見られるところがあったとは。 まさに、灯台下暗し  こんなお花だらけの光景が見られるのは、横浜市旭区にあるよこはま動物園ズーラシアの隣にある「里山ガーデン」。こちらは、横浜といっても…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

長瀞町の宝登山で天空のつつじ園を見て

秩父のシンボル、武甲山(ぶこうさん)をバックに花の写真を撮る、これは何も羊山公園での芝桜だけではないのです。 芝桜の後は、つつじの花を見に行きました。 ここは、埼玉県秩父郡長瀞町(ながとろまち)にある宝登山(ほどさん)の山頂にあるつつじ園。 ここまで来るのにロープウェイで登ってきたのです。 …
トラックバック:7
コメント:52

続きを読むread more

GWの花の絶景、秩父羊山公園の芝桜

ゴールデンウィーク後半、5月3日に訪れたのは、埼玉県秩父市の羊山公園(ひつじやまこうえん)でした。 この「花の絶景」を求めて、また秩父(ちちぶ)を訪れました。昨年の秋以来です。 この時期、見頃を迎える芝桜(しばざくら)。羊山公園の「芝桜の丘」では芝桜まつりが開催 最近ではここも有名な観光スポ…
トラックバック:6
コメント:52

続きを読むread more

雨の伊勢おはらい町通り、赤福本店でお花見を!?

伊勢神宮の内宮で参拝した後は、五十鈴川(いすずがわ)沿いの「おはらい町通り」へと繰り出しました。多くの方がそうしますよね。 この日は雨が降ったりやんだりで、この有名な門前町の通りも人が少な目で傘の花が咲いていました。 とはいえ、レトロでタイムスリップしたような雰囲気にひたりながら歩くのはいいものです。 …
トラックバック:1
コメント:48

続きを読むread more

伊勢神宮(外宮・内宮)で参拝とお花見を

小さくて非常にシンプルな造りでありながら、気品と格式を感じる社殿。それが深い緑に囲まれているさまに、実に清らかで神聖な雰囲気を感じました。 これは大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をまつる土宮(つちのみや)。 そんな土宮があるのは、伊勢神宮の外宮(げくう)、すなわち豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の神域にあります。 …
トラックバック:2
コメント:50

続きを読むread more

吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その2) 金峯山寺と吉水神社

前回の記事から引き続き、再び奈良県吉野山(よしのやま)の金峯山寺(きんぷせんじ)の風景です。 平成29年(2017年)4月8日(土)、国宝の蔵王堂(ざおうどう)の西側に建つ南朝妙法院(なんちょうみょうほういん)が、桜に包まれ見事な景観でした。 この場所こそ、かつて後醍醐天皇が南朝の拠点となる仮の皇居、つ…
トラックバック:1
コメント:44

続きを読むread more

吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その1)

平成29年(2017年)4月8日(土)、奈良県吉野山(よしのやま)へ行ってきました。全国的に桜の開花の進みが遅い今年の春、比較的高度のある吉野山では全く咲いていないのではないかと気をもんでいました。 吉野山の観光駐車場に到着。おっと、意外に桜は咲いていました。 それにしても、凄い数の観光バス。一般車は交…
トラックバック:1
コメント:54

続きを読むread more