はねだ日本橋は世界の旅の起点(羽田空港国際線ターミナル)

「旅立ちは 昔も今も 日本橋」、そんな句の立て札があります。その脇に架かる橋には、「日本橋」という表示が。
画像

ここは明らかに室内。どこかで見たような光景だなと思いました。

そうそう、両国にある「江戸東京博物館」の展示室への入口もこんな感じでした。

でも、よく見ると「はねだ日本橋」と書いてあります。
画像

そうなんです。ここは日本の空の玄関、羽田空港国際線ターミナルの中。

ちょうど出発ロビーの上の5階部分です。

なんと19世紀前半(江戸時代後期)当時の日本橋をベースに復元されたものだそうです。

やはり、復元にあたっては江戸東京博物館の日本橋を参考にしたとか。

この「はねだ日本橋」から見下ろした風景は、こんな感じ
画像

ここは確かに空港です。朝日が差し込んで、構内は非常に明るかったです。

それでは、「はねだ日本橋」を渡ってみましょう。

片側を見ると、江戸時代初期の江戸の様子を描いた「江戸図屏風」の各名所の部分が壁画となっています。
画像

上の写真にあるのは、手前から「江戸城」と当時の「日本橋」

その他にも、築地増上寺京橋・新橋(銀座)周辺神田(秋葉原)周辺寛永寺(上野公園)浅草周辺、など。よく考えると、これらは現代でも東京の観光スポットですね。

ちなみに、本物の「江戸図屏風」は、千葉県佐倉市の国立歴史民族博物館にあります。

この「はねだ日本橋」を下から眺めてみました
画像

檜(ひのき)造りのなかなか本格的な橋。

橋の下には、外国人が寝ていますね

それにしても、空港ターミナルの高層階によくこんなものを作ったなと思います。

実は、「はねだ日本橋」は、昨年平成26年(2014年)の8月にオープン 19世紀の「日本橋」と比較して長さも幅もちょうど2分の1ほど。

国際線ターミナルの拡張に伴い、現代における東京の旅の起点の象徴として造られたとか。

橋を渡りきったところにある「お祭り広場」もなかなかいい雰囲気です。
画像
画像

ただ、その割にはあまり注目されていないような、、。がらんとしていました

私も、この間に何度か国際線ターミナルを利用していますが、気付かない時もあって、、

ただ、今回面白いものを発見しました。これなんです
画像

願い事を書いた沢山の絵馬です。

「え~、こんな所に」、と驚いてしまいました。

更に、なんとこの絵馬は自動販売機で売られているのです。
画像

一枚500円

絵馬には、ファーストクラスの搭乗券のデザインが施されています。

これは確かに私のような庶民にとっては夢ですね

でも、ご利益があるのかどうか それを考えてはいけませんね。

さて、国際線ターミナルの5階から4階を見下ろすと、赤い傘がショッピングエリアを和風の彩りで演出しています。
画像

こちら江戸小路(えどこうじ)は、もうすっかり定着したように思えます。
画像

やはり外国人にとって、伝統的な日本らしさを感じるのでしょうか。最後の日本のショッピングの場所でもあります。

我々日本人にとっては、ちょっと新しすぎるきらいはありますが、悪い気はしませんね。いつもながら楽しい雰囲気です。

更に、この時期、飾り付けはアサガオ風鈴
画像
画像

本物だったら凄いのですが、それでもなかなか綺麗で絵になっていると思いました。

まだ新しい「はねだ日本橋」の下にある「おこのみ横丁」の雰囲気も、キレイで気持いいです。
画像
画像


通路にもアサガオがいっぱいでした。
画像


このフロアーにあるイベントスペース、江戸舞台には、七夕の飾り付け
画像


飛行機の出発前の時間を過ごす場所として、とっても粋な感じがします。

ついつい覗いて色々買いたくなりますね。

でも、あまりゆっくりはしてられません。

画像


最後に、ここはやっぱり空港というところをお見せします。

それはターミナルの展望デッキ
画像

朝から暑い日差しでした

飛行機もスタンバッていますね。
画像

今回は、JALでした

後方に見える東京都心の風景を頭に入れ、この後、日本を飛び立ちました



Haneda Nipponbashi Bridge, Haneda International Passenger Terminal, Tokyo, Japan

"はねだ日本橋は世界の旅の起点(羽田空港国際線ターミナル)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント