3月お彼岸の頃の西方寺(横浜の花の寺)

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の2週目。いまだ東京の会社へ通っています。ほとんどの人がテレワークか自宅休業で、がらんとしたオフィス。それでも、一部の社員は出勤が必要なのです。普段なら許されない車通勤をするようになりました。電車に乗らないという意味で、感染リスクは低くなっているとは思います。それでも絶えず外出をしているので複雑な思いはありますね。


そんな中、このブログでは、まだ3月のお彼岸の頃、自宅周辺のお寺への参拝した日(令和2年3月22日)のことを書きます。

それは、横浜市港北区新羽町にある補陀洛山(ふだらくざん)西方寺(さいほうじ)。
西芳寺1.jpg
真言宗のお寺ですが、横浜の「花の寺」として知られています。

と言いながら、私が知ったのはブロ友さん達がこの西方寺のことを紹介してくれたから。

車ですぐ近くの所にあるこのお寺の存在を、恥ずかしながら全く知らなかったのです

秋には、この山門前の両脇に彼岸花が美しく咲き揃ろうのです。
西芳寺2.jpg
私が訪れたのは春のお彼岸。早咲きの桜の散り始めの頃でした

西方寺では、中日桜と呼んでいるそうです。
西芳寺3.jpg
花の終わり頃でしたが、レンギョウを背景にした姿は魅力的でした。

さて、石段を登ったところにある山門
西芳寺4.jpg
幕末の弘化年間に建てられたという四脚門。なかなか立派でした。

山門をくぐるってすぐに現れるのがこの茅葺(かやぶき)屋根の本堂
西芳寺5.jpg
江戸時代中期の享保6年(1721年)の建設という風格たっぷりの本堂です。

こんな味のあるお寺が、自宅からほど近い所にあるとは 正直、びっくりでした。

平成19年(2007年)まで行われた「平成の大修理」で創建当時に再建されたそうです。

右手の少し上がった場所には、鐘楼(しょうろう)があります。
西芳寺6.jpg
素朴でありながら堂々した佇まい。分厚い茅葺屋の威力だなと思います。
 
お彼岸で墓地の方には人がいましたが、境内は本当に静か。そこかしこにお花があって。

人がほとんどいないひっそりとした境内で、渋い建築が春の花で彩られ味わい深かったです。
西芳寺7.jpg
そもそも、この西方寺の創建は、鎌倉幕府が開かれようとしていた建久5年(1190年)、鎌倉南部の笹目ヶ谷(ささめがやつ)だったとのこと。

鎌倉時代は、大伽藍を有した極楽寺(ごくらくじ)の一山となったそうですが、室町時代に入って極楽寺の繁栄が衰えるにつれ、室町時代の中期、明応4年(1495年)に現在の地に移ってきたのだとか。

当時この地は、関東管領の上杉家の領地だったのですね。

西方寺が、そんな鎌倉時代からの寺院だったと知って、二度びっくりという感じでした。

観音堂の前には、クリスマスローズが。
西芳寺8.jpg
何となくお寺に咲くクリスマスローズって不思議な気がしました。

その奥には、小さいながら格式を感じる太子殿がありました。
西芳寺9.jpg
和洋折衷といった佇まいです。

それから、本堂の方へ戻ってみると、左脇には庭園が整備されていました。
西芳寺10.jpg
つつじの頃も綺麗でしょうね。

境内の正面左手の方にも、お花が色々とありました。
椿があったり。
西芳寺11.jpg
ソメイヨシノは、まだ咲き始めで1分咲きといった感じでした。

代わりに、ボケの花は終わりかけでしたがまだ綺麗でした。
西芳寺14.jpg


最後に、この3月のお彼岸の頃、「花の寺」西方寺で最も華やかで存在感があった花をご紹介します。

それは、大きなモクレンでした。

木の下から見上げてみると、ゴージャスな彩りにうっとり。
西芳寺12.jpg
本当にあでやかでした。

そのすぐ下にあった、クリスマスローズの花壇。
西芳寺15.jpg
モクレンの花弁が、地面にいっぱいに落ちていて、これまた華やか。

お互いが花の美しさを競い合っているのようにも見えました。
西芳寺16.jpg
3月のお彼岸は3連休でした。天気も良くて行楽地への道路は各地で大渋滞。

日本全体が、コロナウィルス対策に「緩み」があったと言われる時期でした。確かに、今思うと私もどこかで楽観視していたと思います。

そんな時に、遠出をせずに訪れた地元周辺の西方寺。いつもなら記事にもしないふらっとした訪問でした。

また落ち着いたら、さくっと立ち寄ってみたいと思います。


Saiho-ji, Temple, Yokohama, Japan

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 152

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年04月18日 23:04
 鎌倉はもちろんですが、横浜にも良い古刹が沢山あり歴史の浅い北海道民からすると羨ましい限りです。西芳寺花のお寺としても有名ですね。中日桜、終わりかけですが、見る事が出来良かったと思います。終わりが近くても雰囲気が有る桜だと思います。
 クリスマスローズやモクレン、異種同業ですが、新たな可能性を見出せるという点では良いかもしれません。
 早くコロナが終息して、色々な場所へ制約無く行けるようになる事を願っております。
komichi
2020年04月18日 23:15
こんばんは!
横浜育ちの私も全く知らないお寺、西方寺です。
茅葺屋根が本当に美しく、見事ですね~☆
静かでいい佇まいですね。

ミクミティさんは通勤もあるとか・・・
車移動でしたら感染リスクはかなり下がるでしょうけど
どうぞお気をつけて、お過ごしください。
長閑な私の住む里の近くの病院からも感染者が出て・・・
静かにウィルスが近づいてきているようです。
2020年04月18日 23:25
こんばんは

うちの会社も半分テレワークにしてます。
私も月曜日は自宅で仕事です。
西方寺ですか。
横浜にこんないい感じのお寺があるんですね。
いいですね。
行ってみたいです。
2020年04月19日 05:07
おはようございます。
茅葺の屋根を持つ立派なお寺ですね
風情がありますね。四季折々参道のお花を
見て歩くのもいいですね。以前ブロ友さんが
紹介されていましたね。
私も訪れてみたいです。
モクレンとクリスマスロース、とてもいいですね。
2020年04月19日 07:48
風情のあるお寺さんですね。 境内もよく手入れされていて
多くの花も楽しめるのが良いですし、こうして
地元を見直すと、新しい発見が沢山あるかも知れない
ですね!
2020年04月19日 08:43
西方寺さんのヒガンバナ、覚えています。
この参道の佇まいが素敵ですよね。
中日桜はヒガンザクラの事でしょうか?
レンギョウをバックに綺麗ですね。
茅葺屋根の本堂、素晴らしい姿ですね。
茅葺の曲線に目を瞠りました@@
サラサモクレンですか?
大きな木にこれでもかと咲いていますね。
その花弁とクリローの競演も素晴らしい
今更、言っても始まらないですが
3月お彼岸頃の3連休の緩みはかなり悔やまれますね。
いまは皆でワンチームで堪える時ですね。
早く、昔話になったらどんなにいいでしょうねm(_ _)m
茜雲
2020年04月19日 09:02
モクレンとクリスマスローズの取り合わせ、面白い取り合わせですね。そこに茶目され、後ろから2枚目、着眼点面白いですね。周辺、瓦か何かを突き刺して土留めにしてあるのでしょうか。
新型コロナウィルスの拡大防止、懸命に努力していますが、特に東京などの感染者数、一向に減りませんね。気のゆるみが数字に表れている、との報道、みんな真剣に努力、協力しているのに、と思えてなりません。数字の上で結果が出て来るといいですね。
2020年04月19日 10:59
西方寺に行かれましたか。
それほど広くないのですが、いろいろな花があっていいところですね。
クリスマスローズもたくさん咲いているようですね。
今頃はツツジやアヤメ等が咲いているでしょうか。
また訪れたいところです。
2020年04月19日 11:50
こんにちは!
横浜の西方寺、昨年の一面に咲くヒガンバナの見事な写真をブロ友さんに見せて頂きました。凄く綺麗でした。サクラもモクレンもボケもとたくさんの花が境内を覆うんですね。流石花の寺といわれる通りです。
茅葺きの本堂に鐘楼、風流で趣がありますね。桜には早かったようですが、一面が桜のピンクに覆われたら綺麗でしょうね。ツツジの季節も良さそうですね。
クリスマスローズにモクレンの花弁が落ちて、ほんとに華やかです。
お近くに素敵な花の寺を再発見されましたね。四季を通じて花を楽しめそうですね。
2020年04月19日 15:46
そうそう、近くにある所って行ってなかったりするんですよね
私も沢山あります
気になってる所はあるので、行けるようになったら行ってみたいです

茅葺きって趣があっていいですね
素敵な佇まいを感じます

木蓮とっても好きです
色いろな花たちも見れて心が安らいだんじゃないでしょうか
2020年04月19日 16:21
もう、今年はどこにも行けなくなりましたね、県外車が来ると変な目で見られます、じっとして、まあせいぜい、県内の風景を人に接触しないで撮ろうかなと思います、でも、散歩をしているとなんだかんだ歩いている人が多い、人を避けて通るようにしていますが、嫌ですね、挨拶も出来ません、
仕事で通勤とのこと、せいぜい気を付けてください、人に会わないと仕事にならない職種も有りますからね、
2020年04月19日 17:17
西方寺は、本当に「花の寺」の呼び名が
相応しい素敵な場所ですね。私が訪れたのは、
黄色い彼岸花、ショウキズイセンの見頃の
時期でしたが、それ以外にも四季折々の
花が楽しめることは、お寺のHPや、
ジュンさんのブログで教えてもらいました。
でも、こちらから出向くには遠いのが
ちょっと残念なところです。早咲きの桜や、
紫モクレンが楽しめるのはいいですね。
お仕事大変だと思いますが、どうぞ十分に
お気をつけて頑張って下さい。宣言が延長される
ようなら、在宅ワーク出来るといいですね。
2020年04月19日 20:08
こんばんは。
西方寺、横浜の友人も自宅から近いのに知らない!と申していました。
四季折々にお花が楽しめるお寺のようですね。
四脚門の山門、立派ですね。
鎌倉時代からある寺院なのですね。さすがです♪
モクレンの花付きもみごとです。
クリスマスローズや椿、ボケのお花も楽しめたのですね。
ツツジの咲く頃も良いでしょうね。
またご紹介下さい。
2020年04月19日 21:13
今晩は(^_^)

四季折々が楽しめる花の寺が近くで良いですね。
モクレンの花もたくさん付いていて見事です。
皆さんが元気でこの困難を乗り越えられますよう願ってます。
2020年04月19日 22:02
テレビの旅番組も訪問日を表示していますね。
そうでないと 今見ごろだなと 出かけられては困りますものね。

花の寺の楽しみは訪れる時期によって景色が変わるということでしょうね。
次は紫陽花の頃もいいでしょうね。

今日は快晴で地元ナンバー以外の車が目につきました。
ざんねんです。
2020年04月19日 22:08
こんにちは

テレワークが出来ないつらさ
充分ご注意されて
お仕事してください
ご苦労様です
2020年04月20日 10:40
こんにちは~
昨夜からの雨も上がりました。
本当に「花の寺」の呼び名が
相応しい素敵な場所ですね。
茅葺の屋根が珍しく感じます。
私もお寺に咲くクリスマスローズが
不思議な感じが同感です。
京都の落柿舎にクリスマスローズ咲いて
いた時も、なんだか不似合いな気がして
いました。花には罪は無いのですが。(#^.^#)
いつもありがとうございます。
はるる
2020年04月20日 12:51
このような時期でもお仕事ご苦労さまです。
お近くでも知らなかったということありますね。
落ち着いたいいところではありませんか。
紹介していただけてよかったです。
2020年04月20日 14:52
なかなか見られない茅葺の屋根ですね。
雰囲気も独特な感じの建物ですね。
クリスマローズって最近、耳にします。
というか、私が知らなかっただけなのかもしれませんが・・・。(-_-;)
身近なところにあったというのがいいですね。
コロナ、いつまで続くのかな?と心配にもなりすが
今のとこと、遠出は無理のようです。
2020年04月20日 15:06
茅葺屋根の本堂 本当に 美しいですね。
上から見ると どんな形の屋根だろう?と思いながら
拝見しました。
花が あちこちに 見られて これからも 楽しみなお寺ですね。
気軽に立ち寄れるお寺を知ることが出来て 良かったですね。
2020年04月20日 17:06
近場でも意外に知られない良さを発見することもあります。
サクラモクレンでしょうか?
大きくてふっくらした咲き姿が綺麗ですね。
クリスマスローズもクリスマスカクタスもXmasの頃に咲くから
そういう愛称で呼ばれるようになったようです。
本来の名前はニゲル、和名は寒芍薬ともいいますね。
呼び慣れた名がピンとはきますが。
車通勤は人との接触がなく安心はありますね。
tami
2020年04月20日 21:32
こんばんは。
民家の茅葺屋根も日本の原風景のように味がありますが寺院の手入れされた
景観も魅力がありますね。
私が生まれた家は当時茅葺でした。
訪れるたび違った花に出会えしかも人がいない穴場でしょうか。
2020年04月20日 22:09
横浜は明治以降に急発展した港湾都市で、あまり古刹があるイメージがありませんでした。でも古都鎌倉と隣接したエリアであり、横浜辺りを拠点とした御家人も少なくなかったのでしょうね。
秋田市でも珠林寺という曹洞宗のお寺の境内に「クリスマスローズの里」という6200株のクリスマスローズの花園があります。ちょっと不思議な感じですね。
コロナ禍はますます拡大している感じですね。緊急事態宣言が全国に拡大されて、秋田でも公共施設や商業施設の閉鎖が始まりました。外出自粛が要請され、各種イベントが中止となり、コロナそのものよりも経済的に破綻する企業や個人の方々が増えそうで怖いですね。
2020年04月21日 18:14
通勤事情も変わってきたように思います。
複数の知人は、
5月の連休までにドンドン有休をとるようにと言われたそうです。
会社へ出向くのは、
決裁文書にハンコ推す為とか言っていました^^;

私も、花の寺を現したブロ友さんの記事を見たことがあります
それまでは知りませんでした。
地元の方が立派な事で驚く西方寺、ですか
お寺に咲くクリスマスローズ。
ハイカラな住職さん?
モクレンも咲いていて、続いて桜が順番待ちみたいで、
紫陽花とかもあるんでしょう?
極楽浄土はお花畑という話も聞くので、
お寺に次々花が咲くのは理にかなっている様に思えます

私も他県へ行けないので、自粛しています。
近場でいい所を、また紹介して欲しいです。

2020年04月21日 20:16
★藍上雄 さん、早速のコメント有難うございます。

西方寺、自宅周辺でありながら全く知りませんでした。
もとは鎌倉にあったお寺で、室町時代に移転してきたのですね。どちらかというと、横浜の新興住宅地なのですが、こんな古い趣のあるお寺があったことが意外でした。
それが、今や「花の寺」として知られるようになって。
境内にクリスマスローズがあるのが不思議な感覚でした。更に、モクレンの花弁と合わさった光景がとても華やかでした。
中日桜は、もう少し早ければ満開だったのです。参道を彩っていました。
今は、じっと我慢の時ですね。
2020年04月21日 20:22
★komichi さん、早速のコメント有難うございます。

西方寺、古い歴史を持つお寺でありながら、私も最近まで全く知りませんでした。自宅周辺なのに、それなりにお遠いところのブロ友さんにおしてもらうのも不思議な感じでした。
静かな境内に建つ立派な茅葺屋根は、実に風流な佇まいでした。

今は、我慢の時かなと思います。
2020年04月21日 20:25
★トトパパ さん、早速のコメント有難うございます。

今、会社は非常事態ですよね。混乱もありますが、仕事に前向きに取り組んでいきたいですね。
横浜の新興住宅地の中にある、西方寺。風流で雰囲気のある花のお寺でした。
近くなのでまた訪れたいと思います。
2020年04月21日 20:29
★ゴンマック さん、コメント有難うございます。

茅葺の屋根が印象的な雰囲気のあるお寺でした。もう一つの顔が、花の寺。
こんなお寺が、自宅近くあるとは全く知りませんでした。
3名のブロ友さんが、紹介してくれました。私の方が、ずっと近いはずなのに、、。
モクレンとクリスマスロースも、面白い取り合わせだなと思いました。
2020年04月21日 20:34
★ポジティブオーラ さん、コメント有難うございます。

そうですね、茅葺屋根がとっても風情を感じるお寺でした。ひっそりとした境内をゆったりと歩きました。
地元をよく見直すと、新しい発見がある。確かにその通り。これから、またご紹介することがあるかと思います。しばらく、横浜の記事からご無沙汰していたので。
2020年04月21日 20:43
★nobara さん、コメント有難うございます。

西方寺のヒガンバナ、私もブロ友さんのブログで見せて頂きました。ようやくその現場に訪れました。とは言え、いつも行くスーパーの少し先なのですが。
それ程長くはないのですが、とっても参道の雰囲気が良かったです。
中日桜、早咲きのピンクとレンギョウの黄色が、とても綺麗でした。
更に、茅葺屋根の本堂は非常に風流で、ここが横浜の新興住宅地とは思えない感じ。そのギャップが見所でもあります。
モクレンの種類はあまり詳しくないのですが、サラサモクレンなのでしょう。大きくて存在感がありました。クリスマスローズの共演がまた華やかで、絵になっていました。
あの3連休、やはり今思うと「緩み」がありましたよね。
2020年04月21日 20:48
★茜雲 さん、コメント有難うございます。

モクレンとクリスマスローズの取り合わせ、思わず目を引かれる華やかさでした。西方寺は、花の寺。やはり、様々な取り合わせが素敵だと思いました。
クリスマスローズの花壇は、瓦を埋めて土留めにしていたのだと思います。それも面白いですよね。

3月の3連休、やはり「緩み」があったと思います。道路は大渋滞のところが多かったです。だからこそ、地元を散策したのですが、、。しばらくは、我慢ですね。
2020年04月21日 20:52
★コスモス さん、コメント有難うございます。

はい、ようやく西方寺に行ってきました。とはいえ、いつも行くスーパーの少し先で、ちょっと寄り道したという感覚でした。
確かに、こんなところにあるのかと意外でした。更に、花や茅葺屋根が実にいい感じ。境内に、クリスマスローズもたくさん咲いていたのが不思議な感覚でした。
今頃はツツジやアヤメでしょうね。また、訪れますよ。
2020年04月21日 21:00
★eko さん、コメント有難うございます。

花のお寺、西方寺。私もブロ友さん達のブログで、色とりどりのヒガンバナの光景をおしえて頂きました。それが、自宅のすぐ近く。知らなかったことが、恥ずかしかったです。
ソメイヨシノの前の時期にも、数々の花が境内を飾り、華やかな雰囲気でした。クリスマスローズにモクレンの花弁が合わさっていたのも素敵でした。
更に、茅葺き屋根の本堂や鐘楼は、実に趣があって、地元周辺とは思えないが意外性を感じました。
中日桜の満開の時は、参道がもっとピンクに染まっていたでしょう。
今は、ツツジが咲き始めているはずですね。ですね。
近くなので、また訪れてみたいと思います。
2020年04月21日 21:05
★とまる さん、コメント有難うございます。

西方寺、私はその存在すら全く知りませんでした。いつも行くスーパーの少し先なのですが、他のブロ友さんにおそわるというのが、ちょっと恥ずかしかったです。
こういう時期ですから、地元の再発見でいい出会いがあるといいですね。

西方寺の茅葺屋根は、とっても風流で趣がありましたよ。そんな境内で、これからも四季折々のお花を眺めに行きたいと思いました。
2020年04月21日 21:10
★fujisan さん、コメント有難うございます。

新型コロナウィルスの猛威、本当に困ったものですね。私も、GWの旅行をキャンセルしました。また、予定していたドライブなども取りやめました。
しばらくは、外出自粛前の写真をもとに記事を書きたいと思います。

通勤は今も続いておりますので、注意しなくてはいけませんね。自覚しております。
2020年04月21日 21:14
★yasuhiko さん、コメント有難うございます。

西方寺のこと、おしえて頂きました。いつも行くスーパーの少し先にあるお寺を知らなかったのですから、恥ずかしいですよね。
どちらかというと横浜の新興住宅地なので、そこにこんな風流な「花の寺」が存在することが不思議な感覚でした。
近くなので、これからも時々立ち寄って、花の風景を観賞させて頂こうと思っております。
通勤は、しばらく続けないといけませんが、細心の注意を払っていきたいと思っています。
2020年04月21日 21:19
★ハーモニー さん、コメント有難うございます。

私も西方寺のことは全く知りませんでした。意外に地元も方も知らないと思いますね。むしろ、お花好きのブロガーの方々が情報をキャッチして、訪れているのかと思います。特に、彼岸花の風景は素敵なようです。
四脚門の山門、本堂、鐘楼と、それぞれ茅葺屋根が実に趣があって素敵だと思いました。鎌倉時代からある寺院と知って、びっくり。
クリスマスローズとモクレンのコラボが、目を引く華やかさ。これからも、近くなので訪れてお花を観賞させて頂きたいなと思っております。
2020年04月21日 21:25
★ヌサドゥア さん、コメント有難うございます。

そうですね、近くに「花の寺」があるとは全く知らず。他のブロガーさん達におしえて頂きました。いつも行くスーパーの少し先にあるんです。
だから、いつでも行ける距離。
私が今回訪れた時は、大きなモクレンとクリスマスローズに目を引かれました。
しばらくは、遠出ができませんから、地元近くの風景を再発見してみたいと思います。
2020年04月21日 21:30
★コマダム さん、コメント有難うございます。

そうですね、テレビの旅番組も訪問日を表示しています。私もしないと思ってしまいます。外出自粛要請の前のことですよ、という言い訳でもありますね。
近くにある「花の寺」ですから、四季折々の変化や美しさを味わると思います。また、ちょくちょく訪れてみたいと思います。スーパーに行くついでに立ち寄れるところなので。
最近は、車のナンバープレートに目が行くようになりましたね。
2020年04月21日 21:33
★無門 さん、コメント有難うございます。

そうですね、社内では自宅にいる人が圧倒的に多いのですが、一部はオフィスにいないと回らないことがあるのです。
細心の注意を払って通勤や勤務をしないといけないですね。
2020年04月21日 21:37
★つむぎ さん、コメント有難うございます。

そうですね、まさに「花の寺」という雰囲気でした。実は、一番のハイライトはヒガンバナのようですが、それ以外の季節にも様々な花を楽しめることが分かりました。自宅から近いのですが、他のブロガーさんにおしえてもらったのです。
茅葺き屋根がとっても趣があって風格を感じました。
やはり、寺に咲くクリスマスローズって不思議な感覚ですよね。それがまた面白くも感じるのですが。意外性のある取り合わって、魅力的だと思います。
2020年04月21日 21:40
★はるる さん、コメント有難うございます。

そうですね、仕事はこういう時期でも続きます。また、誰かが出社しないと成り立たないことがあるのです。
西方寺は、近くなのに全く知らなかったです。何人ものブロ友さんにおそわるのが恥ずかしいくらい。
四季折々で楽しめそうなので、また訪れてみたいと思います。
2020年04月22日 20:08
★ゆう さん、コメント有難うございます。

そうですね、西方寺は趣ある茅葺の屋根がとても印象的。それが自宅周辺にあるのが意外でした。そのお寺に、クリスマローズが咲いているのも面白いなと思いました。
新型コロナウィルスとの戦いはしばらくかかりそうですね。私もこれからの外出は自粛です。
2020年04月22日 20:14
★フラバーバ さん、コメント有難うございます。

茅葺屋根の本堂は、本当に風流で素敵な雰囲気でした。それが、自宅周辺にあるのが意外な感じでした。
更に、ここが知る人ぞ知る「花の寺」ということにもびっくり。近いので、これからも訪れて、お花を観賞させて頂こうと思っています。ここは遠出ではないので。
2020年04月22日 20:27
★かぼす さん、コメント有難うございます。

そうですね、近場にこんな歴史ある「花の寺」があるなんて私にとっては意外な発見でした。それを、ブロ友さんにおそわるというのは、ちょっと恥ずかしい感じすらしました。
大きなモクレンは、サクラモクレンなのでしょうね。その花弁が、クリスマスローズの花壇に沢山落ちていてとても印象的でした。
クリスマスローズのもとの名前はニゲル・和名は寒芍薬というのですか。
それは、勉強になりました。
車通勤はしばらく続きそうです。
2020年04月22日 20:32
★tami さん、コメント有難うございます。

そうですね、茅葺屋根はなぜか懐かしく感じさせるものがありますね。
こちらの西方寺も、意外な場所に合って、実に風流な佇まいで驚きました。
「花の寺」と言われる、華やかさもその名通り、素敵でした。
これから、四季折々で楽しめると思います。ヒガンバナが有名で、その時期は多くの人が訪れるのだそうです。
2020年04月22日 20:38
★降魔成道 さん、コメント有難うございます。

こちらは、横浜といっても、どちらかというと内陸で新興住宅地と言えると思います。そんなエリアの一角に歴史ある西方寺はあったのです。
それ程、地元で有名なわけでもないので、私にとって非常に意外な発見でありました。
秋田市の珠林寺は、「クリスマスローズの里」と呼ばれているのですか。それも6200株とは、凄いですね。なかなか壮観でしょう。

コロナ禍は、長期戦になりそうですよね。今はひたすら耐える時期なのかなと思います。
2020年04月22日 20:56
★アルクノ さん、コメント有難うございます。

そうですね、通勤電車もだいぶ空いてきたようです。それでも、路線によっては人が結構いますからね。今は、車通勤でしのいでいます。やはり、全てがテレワークという訳にはいきませんね。

横浜の「花の寺」、私もブロ友さんの記事で知りました。調べてみるとそれが自宅周辺だったのです。いつも行くスーパーの少し先ですから、こんな場所にあったんだと驚きました。
西方寺には、クリスマスローズが結構咲いていて、華やかな雰囲気でした。住職さんも檀家さんも、お花がお好きなのでしょう。
モクレンから桜という順番がありますよね。それが、ツツジやアジサイに繋がって。そんな様子も見てみたいです。
これからしばらくは、過去の旅行や自宅周辺の外出について記事にするつもりです。
2020年04月24日 20:01
横浜にも見事な茅葺の寺院があるんですねえ@@極楽寺所縁の寺院なんですねえ@@ 茅葺の大屋根はなかなか見られなくなって貴重な存在だと思います。
たしか、yasuhikoさんのブログでこの寺院を拝見したと思いますが、その時には黄色のショウキズイセンを始めてみて、彼岸花に黄色の花があるというのを知りました。
それにしてもいろいろな花が咲くお寺なんですねえ。。近くに住んでいたら年4回は入ってしまいそうです。
2020年04月24日 20:45
★つとつと さん、コメント有難うございます。

そうですね、西方寺は、立派な茅葺の寺院でした。横浜の内陸部で、どちらかというと新興住宅地といえるエリア。こんなところにあるんだと意外でした。もちろん、昔はここが横浜という認識は人々に無かったでしょう。
西方寺は、鎌倉の極楽寺所縁の寺院と聞いてなるほどと思いました。
ここは、様々な色の彼岸花で知られているそうです。
近いのちょくちょく足を運びたいなと思っています。
2020年04月25日 09:53
とても詳しいご案内しっかりわかります
お近くだったのですね
これからのお花も楽しみです
ひょっとしたらお会いしていますかしら
お近くのスーパーたまにお花屋さんに寄ります
2020年04月25日 15:13
★ジュン さん、コメント有難うございます。

お陰様でようやく西方寺に足を運びました。正直、行こうと思えばすぐにでも行けるのですが、まとまった時間があればもう少し遠くに目が向いてしまっていました。
これからも、別の季節の時に訪れたいと思います。近くにスーパーへは毎週行っていますが。そこで会っているかもしれませんね。
2020年04月25日 21:12
西方寺ですか。
お花がいっぱいでとってもすてきです。
モクレンのピンクがゴージャスですし、ボケの花も満開。
お天気も良くて、最高ですね。とても良いところです。
日本各地ほんとに良いところは、いっぱいありますね。
ステイ・ホームしても毎日パンチの効いた感染者数に息を呑んでしまいます。
ブログを休む方も出てきている中で、アップされていてほっとしました。
すてきな記事をありがとうございます。
2020年04月25日 21:19
茅葺屋根の本堂、歴史を感じさせてくれますね。花の寺と言うにふさわしく美しい花々を見せてくれましたね。
3月の頃はここまで深刻になると思わなかった新型コロナウイルス。まだ楽観的な人も多いですが、この先2か月後にはどうなっているのでしょうね。(すみません。ついネガティブになってしまいました)ポジティブに考えなくては^^
2020年04月26日 15:00
★ROKO さん、コメント有難うございます。

私も西方寺のことは、ブロ友の方々から知りました。立て続けに3名の方が取り上げていました。おそらくその方々より、私の方が西方寺に近いでしょう。
そんな自宅周辺の訪問を記事にすることは、凄く久しぶりです。
近くに花のお寺を発見できて、良かったです。
また、訪れてみたいと思います。ここは、いつも行くスーパーの少し先のところにあるので。
2020年04月26日 15:03
★かるきち さん、コメント有難うございます。

茅葺屋根の本堂、趣と風格を感じさせてくれます。平成の大修理の時に再建されたそうですが、全く知りませんでした。この近くのスーパーへは毎週行っているのに。そんなものですかね。
近くに「花の寺」を発見できて良かったです。また、訪れてみたいと思います。
そうですね、まだ3月後半の頃、今ほど深刻にとらえていなかったと思います。じっと耐えて、ブログは過去の写真を使おうかなと思っています。