夕暮れ時の「父母ヶ浜」、面白い風景と不思議な風景

晩秋の夕暮れ時、とある海岸の砂浜。一見、ひなびた田舎の海水浴場といった雰囲気。
父母ヶ浜1.jpg
ここになぜか続々と人が集まってきます。

夏でもないのに、ちょっと不思議な感じでした。

駐車場にも結構車がいっぱいで、おまけに観光バスも数台到着します。
父母ヶ浜19.jpg
ちょっと失礼ながら、ここは交通の便が良いとは言えず、正直かなり行きづらいところです。

と言いながら、私も飛行機に乗ってレンタカーを走らせてやってきました。

ここは、香川県西部の三豊市(みとよし)にある父母ヶ浜(ちちぶがはま)。お隣の観音寺市琴弾山(ことひきざん)からは、それ程遠くない場所です。

瀬戸内海を望むその砂浜に入ってしばらく歩いてみました。
父母ヶ浜2.jpg
あまりにも広大な遠浅(とおあさ)の砂浜 いや~、これまで見たことがない広さだと思いました。

しかも、砂紋(さもん)が非常に綺麗で。まず、これに感激しました。
父母ヶ浜5.jpg
自分が歩いて、この砂紋を傷つけてしまうのがもったいないくらい。

ただ、はるばる父母ヶ浜にやってきたのは、この砂紋を見る為ではありません。

目的は、夕暮れ時に見られる鏡に映るような絶景。それは、遠浅の砂浜に残る潮だまりのなせる業なのです。
父母ヶ浜11.jpg
それは、大小さまざまな形をした水たまりで、川のようなものありました。
父母ヶ浜12.jpg
このほぼ平らな砂浜の水たまりが、実に幻想的な風景を作り出してくれます。

それを撮影するために多くの人がここへ集まって来るのですね。

 若者のグループ、観光客、カップル、明らかに地元の学生と思われる人達まで。
父母ヶ浜7.jpg
カメラマンのおじさんも多いです。私もそんな感じで、、。

三脚を構える人もいました。
父母ヶ浜7-2.jpg
そして、外国人モデルを使ってポスターやCM撮影しているプロの撮影クルーの人達もいたり。

更には、なんとウェディングドレスを着た新婦と新郎まで
父母ヶ浜6.jpg
えぇ~、こんなところに 度胸があるなと思ってしまいました。失礼して遠景で撮らせて頂きました。

そこまでして、撮影したい風景とはこんな感じです
父母ヶ浜3.jpg
天空が鏡のように映って、幻想的な広がりを感じます。

巷では、南米ボリビアウユニ塩湖のような風景と言われていますよね。なかなかボリビアまでは行けませんから、ここ父母ヶ浜に来てみたくなるのです。

ただ、この日は雲が多くて太陽がほんのちょっとだけ。
父母ヶ浜4.jpg
まるで部分日食のような感じで、日差しが少なく明るさがいま一つではありました。

それでも、折角ここまで来ましたからめげずに色々と撮影してみました。
父母ヶ浜7-1.jpg
ここでは、水たまりの先に立つ人間を、水たまりの手前からローアングルで撮影するのが基本です。
 
私のカメラは、バリアングル液晶付きなので比較的撮りやすかったです。

そこで、父母ヶ浜に来ている人達のシルエットを撮影させて頂きました。
父母ヶ浜10-1.jpg
ここでは、やはり人が入らないと面白い写真になりませんね。

多くの若者のようにグループで訪れるのが楽しい所なのですね。
若者もインスタ映えするショットを狙っています。
父母ヶ浜10.jpg
そもそも、こういう風景を撮るために、なんで父母ヶ浜まで来なくてはならいのか。

おそらく、西向きの超遠浅の砂浜で、人工物がほとんど無い場所って、全国でも非常に珍しいのでしょう。

しかも穏やかな瀬戸内海に面しています。

昔はこういう砂浜は各地にあったはず。それが埋め立てや開拓でどんどん無くなっていった歴史があるのだと思います。

そういう意味で、父母ヶ浜は現代の日本に残る貴重な場所なのでしょう。
父母ヶ浜9.jpg
もちろん、天空の鏡張りの絶景は、常に見られるという訳ではありません。

まず、潮が引いて広大な砂浜が現れる干潮の時間帯が夕暮れ時と重なる期間であること。

そんな日程は、三豊市観光局観光交流局のホームページで調べることができます(こちら)。

更に言うと、日の入りが見える天気のいい日で、風が無い日が理想的。なかなか、そういう日に行けるとは限りませんからね。運も必要です。
父母ヶ浜8.jpg
この日は、ほんの少し風があったかも。

それでも、面白い光景をカメラに収めることができたと思います。

こんなふうに、海辺にたたずむ男性も絵になっていました。
父母ヶ浜13.jpg
実は、ここ父母ヶ浜の砂浜で、綺麗な風景の撮影を楽しめるのも、ここを清掃する地元のボランティアの方々がいるからこそ。

それが、平成7年(1995年)に発足した「ちちぶの会」だそうです。その活動が、今の父母ヶ浜の人気に繋がったのは間違いありません。

素晴らしいことですよね。

また、砂浜の端には、可愛らしいコマツヨイグサも咲いていました。
父母ヶ浜20.jpg
これも「ちちぶの会」の皆さんのお陰でしょう。

11月末の晩秋にもかからず、海辺にはお洒落なカフェやバーが幾つか営業していて、地元の活気を感じました。
父母ヶ浜18.jpg
まさに、ここは若者が集まる田舎の海岸なのですね。



最後に、今回私が父母ヶ浜を訪れて出会った不思議な光景もご紹介します。

日差しが弱くて、綺麗な夕焼けの鏡張りの風景は味わえなかったのですが、目を瀬戸内海の島々へもやって眺めてみました。
父母ヶ浜22.jpg
ちょっと変なのが、分かりますか?

アップで見ると、「あっ、島が浮いている
父母ヶ浜21.jpg
いまにも、空に浮かび上がりそうな島々。本当に、不思議な光景でした。

これは、浮島現象(うきじまげんしょう)と呼ばれる蜃気楼の一種。
父母ヶ浜23.jpg
空気が急に冷え込みながらも海面が暖かい状況な時、そこを通る光線が屈折して起こるのだとか。

理屈はちょっと小難しいですが、こんな不思議な光景まで見られたので、はるばる父母ヶ浜に来て本当に良かったなと満足した次第です。



Chihibugahama, Mitoyo, Kagawa, Japan

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 162

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月29日 22:06
こんばんは〜。
父母ヶ浜、初めて知りましたが、幻想的で素敵な砂浜ですね〜。
砂紋がとてもきれいですね〜♪
水たまりに写るシルエットがロマンチックです〜♪
海辺にはお洒落なカフェなどもあって、少し寒い時期でもゆっくり過ごせそうですね〜♪
2020年02月29日 23:01
 やはりウユニの塩湖の様な景色を撮るには運が必要なようですね。実際ボリビアのウユニまで出かけても鏡に映った様な絶景を見るには運が必要なようです。それを考えると割と気軽に行ける場所かも知れません。大きな景色の場合はかなり良い景色を見る事が出来るようですね。(天空が鏡の写真のように・・・)
 期待した絶景を見る事が出来なくても、蜃気楼、見る事が出来たのは、流石ミクミティさんだからではないでしょうか・・・。(持っていますね。)
2020年02月29日 23:21
こんばんは!
「父母ヶ浜」は人気なんですね。TVで紹介されていました。ウユニ塩湖に似た風景を撮るにはロウアングルが良いと説明していました。
インスタ映えする写真を撮ろうと条件のいい日には多くの人が集まるようですね。そういう私も興味津々です(笑)近くなら飛んで行っています。
浮島現象といわれる蜃気楼まで見られたとはラッキーでしたね。素晴らしいです。
2020年03月01日 04:03
秩父ヶ浜ですかぁ
知りませんでした
なかなか美しいですね
ウユニ塩湖は遠いだけじゃなくて旅費も高くなりますから、なかなか行けないですよね
不思議な現象にも出会えてラッキーやと思います
機械があれば行ってみたいです

父の故郷が、たぶんですが近いと思います
いとこは住んでるんですが、20年以上前に祖母のお骨をお墓に入れてもらうために行ったのが最後ですね
今みたいにナビが無いときに、どうやって行ったんやろうって今も謎です(笑)
母が道を覚えてたんでしょうかね

ミクミティさんがコメントを下さった時に続きの記事を書いてて。。。4分後にアップしました(笑)
また時間のあるときに覗いてくださいませ

2020年03月01日 07:34
日本のウユニ塩湖! よくTVでも紹介されることが
ありますね。
それにしても日本では海外の評価を見てから受け入れる
という国民性が、こういう風景でも起きているように
おもいました。 日本の○○という表現が増えましたね!
2020年03月01日 08:23
父母ヶ浜に来ている人達のシルエットを撮影、この記事の下の数枚、人物のシルエットと言い、映り込みと言い、そして背景の夕景と言い、いい写真が撮れましたね。浮島現象の写真もいい雰囲気の写真ですね。添景に船だとか海鳥が映り込んでいるということなしですね。
2020年03月01日 11:10
こんにちは

父母ヶ浜にも行かれたんですね。
干潮と日の入りの時刻、合いましたか。
いいですね〜。
私も、4月に友達たちといく予定なんですよ。
混んでそうですね〜。
2020年03月01日 13:40
父母ヶ浜、大阪のブロ友さんが
バスツアーで行かれてアップなさってるのを見ました。
大阪からは簡単に日帰りバスツアーで行けるんですってね。
海峡大橋ができた所為なのかも知れませんね。
砂紋が美しいのですね(*^-゚)⌒☆
天空が鏡のように映って、幻想的ですね~
南米ボリビアのウユニ塩湖のような風景といわれて
CMでもよく見かけますね。
コマツヨイグサも綺麗です。
かの軍艦島でも見かけたお花です
浮島現象と呼ばれる蜃気楼の一種が幻想的ですね。
この光景と父母ヶ浜(ちちぶがはま)の名前が
リンクして~とても印象深いです。
コスモス
2020年03月01日 13:46
こんな幻想的な光景が見られる場所は
なかなかないですね。
素敵な所へ行かれましたね。
穏やかな瀬戸内海、遠浅の砂浜のある父母ヶ浜・・・
四国はあまり行ってないので、いつか訪れたいと思います。


2020年03月01日 17:05
こんにちは(^_^)

テレビでも紹介されたことがある絶景スポットですね。
砂紋も綺麗で素敵だと思いました。
まだまだ美しい日本を見なくては、と感じます。
komichi
2020年03月01日 17:39
こんばんは!
父母ヶ浜ですか~!
私はテレビを見ないので知らなかったのですが・・・
広い砂浜が気持ちよさそうで砂紋が美しいですね~☆
海の夕暮れはちょっと切なくてロマンティックで
そこにじっと佇んでいると、さまざまな想いが巡るような気がします。
すてきな情景に出会えてよかったですね~☆
はるる
2020年03月01日 19:46
すばらしいですね。
こんないいところ、見たことありません。
皆さんお出かけになる価値があります。
砂紋、水たまりなどなど、すごいですね。
いい写真が撮れました。
見せていただいてありがとうございます。
2020年03月01日 20:28
こんばんは。
素晴らしい写真がたくさん撮れましたね。
皆様思い思いのポーズで撮影、とてもキレイです。
鏡面写真が撮れる浜辺、いいですね。
素敵な瞬間の撮影を見せて頂き、嬉しかったです。
2020年03月01日 21:59
そうそう、ここも有名ですね。日本のウユニ塩湖と言われてインスタ映えしますね。旅行だとなかなか理想通りにはいきませんね。でも水面にも人がきれいに映っています。浮島現象も幻想的。すてきな場所ですね。
2020年03月01日 22:22
こんにちは

この風景を
広めて人は
素敵な人でしたね
tami
2020年03月01日 22:33
こんばんは。
私もここに行きたいと思っていました。
条件がいろいろあるようですね。
香川県に何泊かしないと難しいようです。
私が昨年訪れた八方池なんかも山ですが共通していますね。
2020年03月02日 00:29
父母ヶ浜は初めて聞きました。知りました。
幻想的ですね。
私が大好きな風景で光景で、、、
目が点になりました。
素敵な砂浜ですね。

シルエットの写真がとても素敵です。
私も写してみたいです。
ハーモニー
2020年03月02日 10:54
おはようございます。
父母ヶ浜、私も初めて知りました。
遠浅の素敵な海岸ですね。お写真からも広さが窺われます。
海と人との陰影もステキに捉えてらっしゃることに感心します。
マツヨイ草の可愛いこと♪
浮島は蜃気楼の現象なのですね。たしか富山湾でも望めることがあるようです。
ミクミティさんのように入念に計画を立て旅をすること、大切だなと思いました。
2020年03月02日 14:54
ワァ~ 人出がスゴイですね。
テレビでも放送されたりで有名になって交通の便の悪さはツアーには関係ないですからね。
ウユニ塩湖ははるか遠くですし、必ず見られるものでもないですからね。
気象条件が影響するのは仕方ないですが モノクロの世界もまたきれいだと思いました。
蜃気楼まで見られたんですからラッキーですよ。
2020年03月02日 20:28
★cafe さん、早速のコメント有難うございます。

香川県の父母ヶ浜、人気が高まっていることを実感しました。夕方にどんどん人が集まって来るのですから。それも、全国的かなと感じました。
広大な砂紋も、美しかったです。ここでの写真をロマンチックと言っていただけると嬉しいです。
海辺にお洒落なカフェが立つようになったのは最近のことかなと思いました。
2020年03月02日 20:34
★藍上雄 さん、早速のコメント有難うございます。

実際、ウユニ塩湖とはかなり違うのだろうと思います。第一、海ではないですからね。いずれにしても、天気が良くて風が無いことが求められますよね。だから、自然の偶然は必要だと思います。
ただボリビアはあまりに遠いですからね。確かに、父母ヶ浜の人気が高まるのも分かります。
キレイな夕日は見られませんでしたが、初めて見るだろう蜃気楼はミステリアスでワクワクしました。
2020年03月02日 20:38
★ekoさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、「父母ヶ浜」の人気の高まりを感じました。やはり、SNSの影響が大きいと思います。それがテレビに繋がったのでしょう。
そうなると、人気が全国的になりますね。一方で、ウユニ塩湖自体もよく知られるようになってきました。
インスタ映えする写真を撮りたいというのは、老若男女同じ気持ちなのだろうと思いました。
お陰様で浮島現象も見られてラッキーでした。
2020年03月02日 20:44
★とまる さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜は、まだまだ新しいスポットですね。ただ、インスタ映えするこの絶景は一気に広まって人気が高まっていると思います。私もこれだけの人が集まって来るとは正直思いませんでした。
同僚でウユニ塩湖に行った人がいますが、やはり旅費は高かったようです。なかなか手がでませんよね。
ただ、浮島現象はウユニ塩湖では見られないのかもしれませんね。

お父様の故郷が、この辺りですか。縁がある地域なのですね。今はナビで比較的に楽に行けますね。昔は、地図を見て迷いながら行ったと思いますよ。
2020年03月02日 20:48
★ポジティブオーラ さん、コメント有難うございます。

「日本のウユニ塩湖」として取り上げれることが多いですね。おそらく、向こうは湖なので、父母ヶ浜の海外とは雰囲気がだいぶ違うと思いますが、行かなくては違いは分かりませんね。
「日本の○○」という表現は、やはり日本人に手軽に国内で海外体験できるという、セールストークとして分かりやすいのでしょうね。便利な文句ですよね。
2020年03月02日 20:53
★茜雲 さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜での写真をお褒め頂き嬉しいです。やはり人が入らないといい風景にならないということが珍しい場所かもしれません。普通は、人が入らないようにしますからね。
浮島現象の写真に、船とか海鳥が入ると更にいいですか。「なるほど」、参考になりました。
2020年03月02日 20:55
★トトパパ さん、コメント有難うございます。

お陰様で、潮の具合と日の入りのタイミングとしてはベストだったと思います。ただ、日差しが少なくてきれいな夕日は見られませんでした。
4月の天気のいい日に行けるといいですね。
2020年03月02日 21:00
★nobara さん、コメント有難うございます。

そうですね、yoppy 702さんがブログに掲載していましたね。確かにバスツアーなら手軽に行けるのだろうと思います。正直、バスツアーが出るほど人気があるとは知りませんでした。驚きでしたよ。

干潮時の砂紋が広大に続く様子は本当に美しかったです。水たまりの反射がこれほど魅力的になるって不思議ですよね。撮影も楽しかったです。
なかなか、ウユニ塩湖には行けませんから。
そんな砂浜の端にコマツヨイグサの群生があって癒されました。
一方で、浮島現象が見られるとは思ってもみなかったので、ワクワクしましたよ。
2020年03月02日 21:04
★コスモス さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜、美しく幻想的な光景が撮影できます。一見ひなびた海水浴場が、夢の絶景の場所になるのですから、不思議な感覚でした。それは地元の方々の誇りだと思います。
いつか、干潮の時間を調べてこちらに行かれてみて下さい。もちろん、四国には色々と見所がありますから。
2020年03月02日 21:09
★ヌサドゥア さん、コメント有難うございます。

そうですね、まずSMSで拡散され、テレビにも登場するようになったと思います。ただ、これほど人気があるとは正直びっくりした次第です。
天空の鏡の風景もいいですが、砂紋も綺麗で魅力的でした。確かに、まだまだ日本にもいい所がありますよね。
2020年03月02日 21:13
★komichi さん、コメント有難うございます。

香川県の父母ヶ浜、まずSNSで若者を中心に広まったのではないかと思います。それがテレビにも登場して全国的に人気が高まってきたのでしょう。
これだけの広い砂浜、なかなか見ませんね。そこでの砂紋が魅力的でした。
もちろん、海の夕暮れはそれだけでロマンティック。だから、カップルも訪れるのでしょう。お陰様ではるばる旅してこの情景に出会いました。
2020年03月02日 21:16
★はるる さん、コメント有難うございます。

お陰様で、父母ヶ浜の夕暮れを味わうことができました。ここで様々な写真を撮るのはやはり楽しいものです。日本ではここでしか撮れないというのが、魅力です。
人気が高まっているのを肌で感じたような気がしました。
2020年03月02日 21:19
★ゴンマック さん、コメント有難うございます。

広大な砂浜と西日と水たまり、この組み合わせは様々な想像力を発揮したくなります。面白い写真が幾つも撮れると思います。若者たちのインスタ映えの写真を撮りたいという熱意も凄いなと思いました。
私の拙い写真で楽しんで頂き、嬉しい限りです。
2020年03月02日 21:22
★かるきち さん、コメント有難うございます。

やはりご存じでしたか。天候や時間を見ながら、何とか行って撮影してきました。日本のウユニ塩湖と言われても条件が必要ですからね。
それでも、皆さん、インスタ映えした写真を撮りたいという熱意は凄いです。
浮島現象も幻想的でしたね。ただ、気が付いてない人もいたと思います。
2020年03月02日 21:25
★無門 さん、コメント有難うございます。

そうですね、この風景を広めた人は地元の方々ですよね。地元の誇りの浜辺が、ここ数年に全国的な人気スポットになりつつあるわけです。素晴らしいことだと思います。
私もこれほど人気があるのかと驚いた次第です。
2020年03月02日 21:28
★tami さん、コメント有難うございます。

そうですか、やはり行きたいと思われていましたか。是非、琴弾公園の銭形砂絵とセットで行かれるといいと思います。事前の準備が周到なtamiさんですから、いい写真が撮れると思います。
もちろん、自然の偶然がありますから、旅行者は香川県に数日泊まる方がいいかなと思います。
2020年03月02日 21:31
★ろこ さん、コメント有難うございます。

お陰様で、父母ヶ浜で面白くて幻想的な風景に出会いました。
広大な砂浜や砂紋も魅力的でした。天候とタイミングが合えば、出かけて素敵な写真が撮れると思います。是非、いつか。
写真をお褒めいただき嬉しいです。
2020年03月02日 21:37
★ハーモニー さん、コメント有難うございます。

香川県の父母ヶ浜、今回行って人気が高まっていることを肌で感じました。これだけ遠浅の海外は、見たことないと思いました。
その潮だまりに映るシルエットにうっとりしますね。撮るもの面白いですよ。
コマツヨイ草の群生にも癒されましたし。
浮島現象は、富山湾でも望めると思います。それ程、珍しくはないかも。そでれも私は初めて撮影できて嬉しかったです。
正直、それ程入念に計画を立てているわけではないのですよ。偶然もたくさんあります。
2020年03月02日 21:40
★コマダム さん、コメント有難うございます。

そうなんです、これほど人が多くて人気があるとは思っていませんでした。
やはり、SNSやテレビの力は凄いですね。
確かにツアーなら手軽にいけるのでしょうね。私は、ルートと時間帯を一応検討してナビで行きました。
ウユニ塩湖は遠すぎますね。気象条件と時間帯が揃ったとき、奇跡の絶景が見られるのですね。
お陰様でモノクロのシルエットや浮島現象も撮影できて満足でした。
2020年03月03日 12:56
遠浅の干潟に波が作り出す砂紋も眼を引付けます。波が荒い日本海ではなかなか見られない風景です。西に向かって長い海岸線のある地元ですが、いろんな夕陽を見られますが、見られない羨ましい風景です。
そして光と反射が作り出す天空の鏡と評される風景。いろいろな条件が揃わないと難しいのでしょうが、凄い景色ですねえ。多くの人がやってくるのが解る景色です。
数々の画像も美しくて見入ってしまいましたが、浮島現象まで見られるなんてミクミティさんはやっぱり持ってますねえ@@
僕も蜃気楼が見たくて、何度も嫁さんの里帰りの行き帰りに魚津に立ち寄っていますが、まだ2度しか見たことがないんです。この浮き島も幻想的で。。いいなあ@@
2020年03月03日 13:33
素晴らしい 海岸ですね。
砂紋に足跡を付けるのは 本当にもったいない
美しさですね。
それに 天空の鏡に映る 風景がとても
ロマンティックで 若い方にも人気があるのが
よくわかります。
浮島現象も見てみたいです。
いつか行ければいいな~と思いました。
2020年03月03日 21:01
★つとつと さん、コメント有難うございます。

そうですね、これだけ遠浅の砂の干潟、私は見たことがないような気がしました。どんどん歩いて沖の方まで行けるのが不思議な感じでした。
その途中で美しい砂紋にも魅了されました。日本海側では難しいですかね。干潟というと有明海のイメージがありますよね。
ここ父母ヶ浜での、天空の鏡の風景、やっぱり見に行って撮影したくなりました。幾つかの気象条件をクリアしないといけませんから、旅行者には運も必要ですね。私も、何とか見ることができて嬉しかったです。それでも夕日は望めませんでした。
ただ、今まで見たことが無い浮島現象は見ることがラッキーでしたね。感謝してます。
魚津の蜃気楼は有名ですね。こちらも見るのは難しいでしょう。できれば、いつか見に行って撮影したいものです。
2020年03月03日 21:05
★フラバーバ さん、コメント有難うございます。

そうですね、父母ヶ浜ははるばる出かけて行った甲斐がありました。干潮の夕暮れ時、なかなか幻想的でした。広大な砂浜にできた砂紋は芸術的にも感じましたよ。自然の力って凄いものですね。
やっぱり、天空の鏡の風景が見所。インスタ映えするので若い人に大人気だと思います。それでこの地域が潤ったら素晴らしいなと思いました。
浮島現象は、本当に偶然でした。
2020年03月04日 01:26
「父母ヶ浜」、昨年、バスツアーで行ってきました。
到着した時には、エッ?と思いました。
目の前には、潮が引いた砂浜が横たわっていただけ。
とても、前評判の写真とは似ても似つかない風景。
でも、謎はスグに解けました。
で…
結果は…
満足のいく写真が撮れました。(^^)
2020年03月04日 20:14
こんなに広い遠浅の海岸は見たことがありません。
波も静かで人物の影が映っていますね。周りに人工物が無い風景もなかなかありません。
新婚さんが撮影に来るのも良くわかります。本当にウユニ塩湖と同じようです。
2020年03月04日 20:46
★yoppy702 さん、コメントありがとうございます。

「父母ヶ浜」へバスツアーで行かれた記事、よく覚えています。確かに、到着してすぐは意外な感じがしますよね。単にだだっ広い砂浜という感じで。それでも、足を踏み入れてしばらく歩くとその魅力を感じらますね。

yoppy702 さんが、ここちらを訪れた日は、奇跡の夕日が現れましたよね。その夕日を私は高松で見ました。夕暮れ時に、急に晴れてきたのをよく覚えています。私はその時、高松城を散策していました。記事もしていますよ。

私が父母ヶ浜へ行ったのは、その数日後。11月末の同じ週でした。
奇跡の夕日は現れませんでしたが、私も満足しましたよ。
2020年03月04日 20:52
★ミニミニ放送局 さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜は、かなり広い遠浅の砂浜でした。自分としては初めて味わう広さかなと思いました。お陰様で、水面に写る幻想的な人物の写真が撮れました。
おっしゃる通り、周りに全く人工物が無いことも大きいですね。
新郎新婦が砂浜にいるとは驚きましたよ。
おそらく、ウユニ塩湖は海ではないので、潮の満ち引きは無く常に遠浅なのかなと思うのですが、実際はどうなのでしょうね。
2020年03月05日 11:51
こんにちは~
目的ではない砂紋も素晴らしいですね。

今、有名なスポットですね。
私は、テレビでしか見た事がないのですが
皆さん工夫をして、思いの一枚に気持ちを
込めておられるのですね。
不便な所でも沢山の人が、気持ち分かります。
そして浮島現象まで、見せて頂き良かったです。
2020年03月05日 16:57
ここは、インスタ映えで有名になったところですよね。なかなか条件が重ならないと鏡現象は現れないのでしょうね、風が有ったらだめだし、引き潮過ぎてもだべでしょうしね。いいチャンスに恵まれてラッキーでしたね。
ROKO
2020年03月05日 20:26
なんとまあ素晴らしい!
今週は個人的に蜃気楼がマイブームです。最近エジプト旅行帰りの友人からも蜃気楼の写真を見せてもらったばかりです。父母ケ浜の砂紋は恥ずかしながら知りませんでした。日本もまだまだ行ってない良いところがあることを知り嬉しくなりました。
2020年03月05日 21:23
★つむぎ さん、コメント有難うございます。

そうですね、父母ヶ浜の砂紋がこんなに素敵だとは思いませんでした。これが広がっていて見事な風景でした。
更に、潮だまりに映る風景はやはり魅力的でした。夕日が出ていたらもっと綺麗だったとは思いますが、日常ではありえない風景を撮影できるのは面白いですね。本当は、グループで思い思いのポーズを取るのが楽しいのでしょう。
浮島現象も不思議な情景ですよね。見られてよかったです。
2020年03月05日 21:29
★fujisan さん、コメント有難うございます。

そうですね、インスタ映えする風景を楽しむ若者から全国的に広まったのでしょう。これがテレビにも登場するようになって、こんなに人気になったのですね。
条件は幾つかありますが、やはりこれだけ広大な遠浅の砂浜であることが貴重だなと思いました。なんとか旅行中にこの風景を撮影できて有難いと感じています。
2020年03月05日 21:32
★ROKO さん、コメント有難うございます。

お陰様で、父母ヶ浜の幻想的な風景を撮影することができました。
なんと、蜃気楼がマイブームですか。私も鏡のような風景を見たいと思ってきたのですが、まさか蜃気楼が見られるとは思いませんでした。ただ、気づいていない人も多かったかもしれません。
ここは更に人気が出る場所なのでしょう。
2020年03月05日 23:23
父母ヶ浜、素敵な風景が見られて
いいですね。天候によって、風景も
変わってくるはずですから、何度訪れても
魅力的な気がしました。確か、ブロ友の
Yさんだったかと思うんですが、以前
記事にされていて、面白いところがあるもんだと
感心したのを思い出しました。
2020年03月06日 13:47
天空が鏡のように映る
幻想的なお写真になりますね
ウエディングドレス姿の方までいらっしゃるなんて。
砂紋が綺麗です
何となく島が浮いていると思いましたら
浮島現象と呼ばれる蜃気楼面白いですね
可愛らしいコマツヨイグサまで咲き
会の皆様のお陰なんですね
また行ってみたい場所が増えました
2020年03月06日 20:58
★yasuhiko さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜、はるばる出かけて行った甲斐がありました。広大な砂浜で幻想的な写真が撮れました。確かに、天候によっても見える風景が違うのでしょうね。浮島現象は晩秋から初冬に見えるはず。ちょうどそのタイミングでした。
実は、Yoppy702さんとちょうど同じ週にここへ訪れていたのです。
2020年03月06日 21:01
 何かの写真で見たことがありましたが、いやはや素晴らしいですね。光景も素晴らしいですが、ミクミティさんのお写真もとても素晴らしいです。ここには一度は私も訪れてみたいです。
2020年03月06日 21:17
★ジュン さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜で、天空の鏡張りの風景を何とか撮影することができました。同じ目的で多くの人が集まっていました。まさか、ウエディングドレス姿の方までいるとは。やはり、思い出の一枚を撮りたかったのだと思います。
その風景以外でも、広い砂浜での砂紋はとっても印象的でした。
それから、浮島現象もたまたま見ることができたのもラッキーでしたね。
ちちぶの会の皆さんの貢献は大きいと思います。
2020年03月06日 21:22
★降魔成道 さん、コメント有難うございます。

秩父が浜の風景、丁度干潮時に訪れることができました。やっぱり天空の鏡張りの風景、印象的でした。浮島現象も見られてラッキーでした。
写真を褒めて頂き嬉しいです。
とはいえ、スマホで綺麗に撮れると思います。若者も撮影に夢中でした。
2020年03月08日 07:01
きれいな砂浜ですね。
砂紋もきれいです。
こうしたきれいな砂浜はうれしくなってきます。
懐かしくも思います。
子供の頃の潮干狩りを思い出します。
その頃は砂もきれいで、素手で砂を掘ることも
出来ましたが、今は器具ないと無理です。
きれいな砂浜いつまでも残っていて欲しいです。
2020年03月08日 10:17
★ゆう さん、コメント有難うございます。

父母ヶ浜、広大できれいな砂浜でした。これほどの広さの砂浜を見た記憶は無いと思います。砂紋も美しくて歩くのをちょっと躊躇したくなるほど。
ただ、こういった干潟が昔は各地であったのでしょうね。
潮干狩りスポットは、確かに広い砂浜ですよね。大切に残していってほしいですね。
2020年03月10日 20:38
とても幻想的な写真ですけど、天気が佳かったらもっと美しく感じられるんでしょう。
砂紋が美しい。
これらも含めて”ちちぶの会”の方々の地道な活動のおかげなのでしょう。
何もかもが簡単に崩されていく時代だからこそ、このような活動続けて下さる方々が報われる日が来たのでしょうネ。
いつか行けたら佳いなァ…ッてミクミティさんの記事見ながらいつも想っています。
2020年03月12日 21:24
★おーちゃん さん、コメント有難うございます。

そうですね、天気が良くて夕日が出ていたらもっと美しかったかもしれません。それでも、幻想的な写真が撮れて嬉しかったです。
今回、広大な砂紋も実に魅力的だということを感じました。
いずれも、”ちちぶの会”の方々の地道な活動の賜物なのでしょうね。素晴らしいことだと思います。
私もそんな活動に引き寄せられたのでしょうね。