「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS アドリア海を航行中のクルーズ船MSCムジカの船内を探索

<<   作成日時 : 2018/08/04 15:42   >>

ナイス ブログ気持玉 230 / トラックバック 0 / コメント 54

前回の記事でご紹介したベネチア出港後、しばらくしてクルーズ船MSCムジカでディナーを頂きました。

場所はデッキ5(5階)のL'Oleandroレストラン。
画像

ここで夜7:00と9:00の2回に別れたディナータイムとなります。我々は7:00の部。

当然、大勢の乗船客が集まります。席は指定となっています。

食事の風景をちょっと撮影してみました。
画像

あまり人にカメラを向けるのは失礼なので、これくらい。
画像
ただ、その雰囲気を思い出に残すために。

この日のドレスコードは、トロピカル よく分かりませんが、要はカジュアルですね。

気軽な格好で。一応、襟付きのシャツにチノパンくらいでしょうか。別に、Tシャツにジーンズでもかまわない感じです。

7泊のうち、2晩がフォーマルナイトでした。その時は、スーツを着ました。

食事も簡単に撮ってみました。一眼レフを持ちながらの撮影はちょっと恥ずかしくて。
画像
まずまず、美味しいですね。

やはり、カジュアルクラスのクルーズ船、そんなに高級ではないかなと。

食事は当日のメニューにある品なら何でも頼めます。お酒やドリンクは有料ですが。

イタリアの船らしく、デザートはティラミスを。
画像

このレストランの他にもビュッフェ・レストラン(13階)や、更に高級な有料レストラン(6階)や寿司レストラン(7階)があります。

私達庶民は、有料レストランへは行きませんが

寿司レストランは、日本人にとってはちょっとマーク。あまり行く気になりませんでした。

食後の運動に、船内を少しブラブラと。
画像

デッキ5から7にかけて、数々のバーやカフェがあります。

こんなふうに吹き抜けになっていたりして。
画像

デッキ6には、幾つかのショップが並びます。
画像
その中には日替わりでバーゲンをやっていたり。だた正直、ほとんど買い物はしませんでした。

船内の写真はこんなものです。あまり撮影はしませんでした。と言うか、している人がいなかったからでしょうか。

実際、船内は広いので歩いていると疲れてきます。

そこで、自分のキャビン(デッキ11)に戻りました。バルコニーをのぞくと、もう9時頃なのに、西の空は夕焼けでした。
画像
やはり、最後尾の部屋なので航跡波がいつもあります。

こんな風景を眺めるのが一番落ち着きます。

時差ボケで眠いので、劇場やバー、ましてやダンスパーティーなどは全く行く気もせず眠りに落ちました。

こうして、クルーズ船の1日目が終わりました。

翌日の朝、やはり早く目が覚めます。

その流れで早めに朝食を食べるべくビュッフェ・レストラン(デッキ13)へ。
画像
海を見ながらの朝食が気持ち良かったです。このレストランは船の両サイドに縦に長〜いスペース。

クルーズ船らしいなと思いました。その延長で外にも出られます。
画像
まだ、朝の7:30頃で人が少なかったです。

そのまま歩くとプールサイドに繋がります。
画像

そこから、展望デッキの14階へ上がれます。

船の左舷の東側の海は、朝日が反射して眩しいです。
画像
デッキチェアがずら〜と並んでいますね。

船の内側を見下ろすとプールが見えます。2つあるプールのうち一つがこれです。
画像

実は、このガランとしたプール、午前10:00頃になると、人で溢れます。

まるで日本の遊園地のプールのよう。芋洗い状態になるのです。

この時間から、自分のデッキチェアを確保しておくのが賢いのだと後から分かりました。

それから、船首の方を歩くと大画面があります。
画像

ここで様々な動画が流れますが、サッカーの試合が無かったのがちょっと残念。ちょうどW杯中だったのに

おそらく、イタリア人が多いイタリア船だからかなと思って。イタリアが出場しないW杯の話題はイタリアではタブーだったそうですので。
画像
この大型スクリーンの上層階に、Exclusive Slorarium、つまりスイートルーム宿泊者や特別会員になっている人専用のエリアがあります。

私は入れません。こんな感じで、ちょこちょこと同じクルーズ船でも差があるなと感じることがありました。
画像

そんなことより、私が見たかったのは右舷の海でした。つまり、西側です。
画像
写真で分かるでしょうか。非常に薄っすらと遠くに陸地が見えています。

あれは、イタリアのふくらはぎ辺りでしょうか。

そう、船はアドリア海のイタリア寄りを航行しているのです。

そんな海を見るのが一番です。

そして、もう少し展望デッキを散策すると煙突付近には、子供の遊び場や子供用のプールもありました。
画像
そう、このMSCムジカは子供連れの家族もいっぱい乗船していますから。

デッキの後端部からは更に階段で上に登れます。

登ったところにあったのが、ミニゴルフ場
画像
日差しが強くて誰もやる人がいません。6月の日差しも非常に強いです。

更に、もう一段上がると、なんとテニスコート(?)が
画像
う〜ん、ちょっと小さいですが。

いやいや暑くてここで運動する気にはなりません。ゆうに30度は超えていますから

夜には子供向けにテニスレッスンがあったようです。秋とか冬のクルーズなら、昼間ここで遊べるのでしょうね。

こんなふうに、船上を散策して午前中を過ごしました。
画像



最後に、自分のデッキのバルコニーの風景をもう一度。

バルコニーには、網を張った椅子が2脚とテーブルが一つ置いてあります。
画像
正直、外に置きっぱなしなのであまりキレイではありません。

そこで、部屋に用意されたこのオレンジ色のタオルを敷いて座ります。
画像
このタオルはプールサイドに持っていって、デッキチェアに掛けたりもするのです。

私も2度ほど、ごった返すプールの中に入りました。

クルーズ船MSCムジカの乗船2日目。午前中はずっと船の上でした。

目の前の、青い海に連なる航跡波をぼうっと眺めながら。
画像
大半の時間を、バルコニーで本を読んだりして過ごしました。日影のうちでないと暑くて暑くて。

お昼を食べた後、目的地、南イタリアのブリンディジ(Brindisi)へ寄港するのです。




MSC Musica, in Adriatic Sea

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 230
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(54件)

内 容 ニックネーム/日時
船内はかなり広いようですね
食事もとても美味しそうですね
フォーマルが2度あるのようですが、普通のスーツでも良いのでしょうか?
それともタキシードとかですか?
朝食も実に良い雰囲気ですね
こんなシチュエーションで食べたら最高でしょうね!
実に羨ましいですよ〜
ゆけむり
2018/08/04 15:57
こんにちは!
クルーズ船の内部は相当広いですね。一つの町がすっぽりと入っているようです。劇場にプール、バーやカフェ、レストラン、ミニゴルフ場、テニスコートそしてショップと船内で退屈しないようになっていますね。
夕食も美味しそう〜☆
海を見ながらデッキで食べる朝食も気持ち良さそうです。
バルコニーからはいつでも航跡波が眺められるのが素敵ですね。
eko
2018/08/04 18:41
すてきですね〜!クルーズ船の中だけでも十分旅行気分が味わえますね。それでいろんなところに寄港して。羨ましいご旅行ですね。ミクミティさんもはまってしまうのではないですか^^
かるきち
2018/08/04 22:14
こんにちは

クルーズの旅は
時間を自分で
コントロールできますね

無門
2018/08/04 23:12
こんばんは。

いや〜。
いいですね〜。
タイタニックみたい〜。
乗ってみたい〜。
憧れやわぁ〜。
次は南イタリアですか。
トトパパ
2018/08/05 02:01
はじめまして…かな?(*´艸`)
凄いですね!!
もはや船ではなくホテルですね。
死ぬまでに1度は乗ってみたい(人´エ`*)
ちぃ
2018/08/05 08:49
クルーズ船でディナー・・・!
憧れですが、ケチな僕がこんなクルーズ船に乗ることは、たぶん一生ないでしょう。
イタリア船の寿司レストラン・・・ネタとして一度行かれても面白かったのでは?
イタリアではW杯の話題はタブーだったのですね(笑)。
フランスが優勝するところなんて、死んでも見たくないでしょうからね。
家ニスタ
2018/08/05 11:08
どうも旅行は行った先で何をするか、何を見るかということが優先になっていてのんびりというのが難しいです。
連泊でも午前中は何をして午後は近くへ出かけ・・・となっています。
船旅だと逃げようがないので昼寝になってしまいそうな我が家です。
コマダム
2018/08/05 15:25
イタリアの人も、家ではこっそり
W杯を見てるはずと思いますが、
パブリックな場では放映しないように
してたんでしょうね。何せ、傷口に塩を
塗るような状況でしたから…。
その気持ち、ちょっと分る気がします。
フォーマルナイトもあるんですか。
でも、普段はカジュアルな格好で
食事できるのは有難いですね。
yasuhiko
2018/08/05 16:31
別世界が広がっています。
お食事も船内もすてきですが、海がいいですね。
航跡波や夕景など、自然は無限。吸い込まれそうです。
はるる
2018/08/05 19:23
こんばんは。
イタリアの地図を見ながら拝見しました。
1日2日だと慣れないのでまだ楽しめておられないのかなと想像してしまいました。
日差しは強かったでしょうね。
海上だから気温はどうでしたか。

クルーズ自体が別世界なのでミクミティさんの心の動きにも注視しながら楽しませていただきます。
tami
2018/08/05 21:49
こんばんは!
日本人は予定がいっぱいある方が安心するとか言われていますが、こうした船旅で一日を設計して過ごすのも素敵ですね〜♪
私がこの船に乗ったら、早朝まだ人の入っていないプールで泳いでシャワーを浴びてから朝食を取りゆっくり本を読んだりヨガをしてして過ごしたいです〜☆
夕食のトロピカルの服装、鮮やかなトロピカルプリントのワンピースなど着て、気分を盛り上げて楽しんだり…勝手に想像して楽しんでいます〜(笑)。
komichi
2018/08/05 22:36
素晴らしいですね。
カジュアルなクルーズとおっしゃいますが、どうしてどうして、夢のようです。
子供さんも乗船しているとのことですが、良い思い出になるでしょうね。
うふふ
2018/08/05 22:47
ミクミティさんは上手な船旅を謳歌なさってますね。
お食事は指定席で? ならいいですね〜
並んでどこにいくか?迷うのも、ですもんね。
ドレスコードが気になるところですが
わきまえておくとどうにか?なりそうですか・・
友人母子が10月に地中海クルーズするそうで
ミクミティさんを見ていると事前学習できそう。
自前のバルコニーで寛ぐのもいいですね。
船航跡を見ながら〜 いいですね(*^-゚)⌒☆
nobara
2018/08/05 22:56
こんばんは〜
皆が憧れる船旅、私も憧れます。
時間に追いかけられることもなく、
自由な時間に自由な行動を・・
海の彼方を眺め、航跡を眺め、
普段の生活では出来ない事を
素敵な時間を持たれて〜
本当に憧れます。
次のお便りを楽しみにしています。
つむぎ
2018/08/06 00:19
クルーズ船内の様子、過ごし方がよく分かりました。上流社会の社交場ではなさそうですね。そんなイメージがありましたので、私には不似合いと関心がありませんでしたが、そうでもなさそうですね。自分自分に合った過ごし方でいいのですね。
茜雲
2018/08/06 11:41
素敵で船内の楽しさの
様子が手に取るようです
カジュアルもいいです
がフォーマルで
過ごせる時間もいいですね
素晴らしく1度は経験したいです
ジュン
2018/08/06 14:23
こんにちは。
最近ではお店の人に断りを入れて料理など写していますが、誰も写してないと遠慮がちになりますね。
ミニゴルフやコートまで有ってびっくりですがボールが海に飛んで行かないのかと思ったりしています。
船内広くて歩き回ると疲れそうでのんびりと綺麗な風景を眺めるのもいいですね!
ブルーな海に白くて真ん中が空色の波は何とも素晴らしいです!
みっちゃん
2018/08/06 14:49
ゆけむりさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、船の先から端まで歩くと結構ありますね。私の場合部屋が船尾なので、船首にある劇場まではエレベータに乗っても結構歩きます。
最近はもっと広いクルーズ船もあるので驚きます。
フォーマルの日は、スーツにネクタイで全く問題ないと思いました。タキシードを着た人は少なかったです。やっぱりカジュアルクラスの船だからだと思います。
海を見ながら食べるのはどこでも気持ちいいですね。
ミクミティ
2018/08/06 20:54
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

クルーズ船は端から端まで歩くと結構ありますね。レストランに行ったり、お店に行ったり、劇場に行ったりするとそれなりに疲れます。
ただ探索するのも楽しいものでした。初めての経験でしたし。食事もディナーのレストランよりも、ビュッヘでカジュアルなイタリアンを食べるのが美味しかったという印象があります。
航跡波はじっと見つめていると心地よくなるものですね。
ミクミティ
2018/08/06 21:00
 ドレスコードはよほど西洋文化に慣れていないと日本人には難しいですよね。私もしばらくカナダに住んでいましたが、アメリカやカナダのでのパーティー等では自分で判断できなくてちょくちょくアドバイスを受けました。それでも米加は結構カジュアルが許されますが、英国ではそうはいかずに苦労しましたよ。
 MSCスプレンディダで日本一周のクルーズされたウェブリブログ仲間の長さんのブログ記事によればスプレンディダでは図解のドレスコード表があって助かったそうです。乗客の大半が日本人で、ドレスコードに不馴れな日本人のためのサービスだったのかも知れませんね。

 船内を歩き回りながら景色を眺めたり、ちょっと飽きたり疲れたら、読書したり、本当に優雅に贅沢な時間を過ごされましたね。

降魔成道
2018/08/06 21:02
かるきちさん、早速のコメント有難うございます。

最初のうちは船内を探索するのが楽しかったです。いろいろと歩くと疲れるくらいで。そのうちにお気に入りの場所ができるという感じです。私はあまりバーには行きませんでしたが。
確かにクルーズ船の魅力にはまりそうになりますが、そう何回も行けませんからね。
ミクミティ
2018/08/06 21:03
無門さん、コメント有難うございます。

クルーズ船も実は結構忙しいのです。食事でゆっくりしているとアクティビティの時間を逃したり、移動にも時間がかかります。更に、船の外に出たり入ったりも大人数なので時間がかかるのです。
でも、部屋やバルコニーでゆっくりもしましたよ。
ミクミティ
2018/08/06 21:08
トトパパさん、コメント有難うございます。

いえいえ、タイタニックのような豪華客船ではないと思いますよ。MSCムジカはやはりカジュアル船だなと思いました。あまりかしこまることは無かったですね。
Tシャツとサンダルでも歩きますし。とはいえ行く場所は楽しみな所ばかりでした。
ミクミティ
2018/08/06 21:11
ちぃさん、初めてのコメント有難うございます。

確かに超大型ホテルが移動しているという雰囲気はあります。だから大勢の乗船客でごった返すのです。
なんか慌ただしい時もありまして。それもいい体験でした。
これからもよろしくお願いします。
ミクミティ
2018/08/06 21:14
家ニスタさん、コメント有難うございます。

私も最初で最後かなと思って乗船しました。イタリア船の寿司レストランはネタにはなったでしょうね。ただ、見るからに美味しくなさそうで。お金をわざわざ払ってまで食べる気がしなかったのです。普通のイタ飯の方がやっぱり美味しいかなと思って。
イタリア人にとって、イタリアの参加しないW杯なんて意味を感じないのでしょうね。
ミクミティ
2018/08/06 21:19
コマダムさん、コメント有難うございます。

私もいかに効率的に旅の時間を過ごそうかと必死になる方です。クルーズ船の場合観光時間は限られていますからね。ただ、船内のアクティビティを色々参加しようと思うとこれまた時間に追われます。
私達はつかれて部屋でゴロゴロ。やはり暑さの中の観光に力をためておかなくてはという感じでした。
ミクミティ
2018/08/06 21:22
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

家でこっそりW杯を見たイタリア人もいたことでしょう。でもしらけていたのでしょうね。ですので、イタリアのニュース番組でもあまり放映していない印象がしました。
MSCムジカのフォーマルナイトは2晩のみ。それでもそこまでかしこまらない感じでした。ネクタイを付けていればという感じで。
あくまでカジュアルクラスのクルーズ船だなと思いました。
ミクミティ
2018/08/06 21:27
はるるさん、コメント有難うございます。

そうですね、私にとっても初体験ばかり。ただクルーズ船内も驚くような雰囲気ではなかったです。ただ人が多いのにはびっくり。
そんな時、自分のキャビンでゴロゴロしたり、ベルコニーから海を見るのが落ち着きました。日影の時にですが。
ミクミティ
2018/08/06 21:29
tamiさん、コメントありがとうございます。

そうですね、最初に二日間くらいは時差ボケが残っていてもう夕食後は眠くて眠くて。夜のイベントはほとんど参加しませんでした。
いろいろな船内のプログラムがありますが、観光の疲れをとってゴロゴロしたり、ぼうっと海を眺めるのが幸せだなと思いました。
ミクミティ
2018/08/06 21:33
komichiさん、コメント有難うございます。

そうですね、私も色々と詰め込む旅をしがちです。ただ、クルーズ船ものんびりできるかと思ったら、わりかし忙しいのです。様々なプログラムがあったり、乗船下船の集合時間や移動時間。食事も混雑避ける時間に行ったり。
それでも自分のキャビンやバルコニーでぼうっと過ごす時間がよかったです。
ミクミティ
2018/08/06 21:38
うふふさん、コメント有難うございます。

MSCムジカの船内で堅苦しい感じはなかったです。Tシャツ短パンでもフラフラしていました。夜の食事の時は一応襟付きシャツにしましたが。
大勢の人が行き来する気軽なカジュアル船だなと思いました。イタリア人親子もいっぱいでしたよ。
ミクミティ
2018/08/06 21:42
nobaraさん、コメント有難うございます。

MSCムジカはカジュアルクラスのクルーズ船。イタリア人親子もいっぱいです。だから堅苦しい感じは無いですね。
夜のディナーだけちょっと気を使えば、あとはTシャツ短パンでOKでした。もちろんジーンズでも。
プレミアムクラスの船だと結構違うのかもしれませんが。それはそれで憧れです。
ミクミティ
2018/08/06 21:48
つむぎさん、コメント有難うございます。

そうですね、私も時間に追われることなく優雅に過ごしたかったのですが、意外に船内の時間に追われました。様々な船内プログラムがあるのでそれを覗こうとすると大変です。私の今回の旅は毎日下船もありましたので。
世界一周とかなら、ゆっくり過ごせるのでしょうが。なかなか現実は甘くないです。
もちろん普段と違う時間を過ごせたのはよかったです。
ミクミティ
2018/08/06 21:52
茜雲さん、コメント有難うございます。

いえいえ、このMSCムジカはカジュアル船で、上流階級のっ社交場という感じではないですね。大勢の家族が揃ってごった返したりしていました。堅苦しい雰囲気も無かったです。
そういう意味ではちょっと拍子抜けだったかもしれません。結局それが心地よくなりましたが。
ミクミティ
2018/08/06 21:56
ジュンさん、コメント有難うございます。

クルーズ船も色々とあるのでしょう。MSCムジカはカジュアルクラス、気軽な雰囲気でブラブラしていました。
でも疲れるので、キャビンでゴロゴロしていたのが本音かも。観光ではそれなり疲れるので。
ミクミティ
2018/08/06 21:59
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、コンパクトカメラやスマホで食事を撮影する人はそれなりにいましたが、一眼レフで撮っている人は稀ですね。ちょっと恥ずかしい気もしました。
テニスコートには上にネットがありました。さすがにボールがあっちこっち行かないように。
船上の日向は強い日差しで体力を消耗します。疲れると自分の部屋に戻り、日影のバルコニーで波を見て過ごすのが贅沢だなと感じました。
ミクミティ
2018/08/06 22:04
おはようございます!
水平線のかなたまで緩やかに延びる航跡波!
いつまでも見続けていられそうです!
旅情たっぷりですね!
sasapanda
2018/08/07 09:02
クルーズ船の旅の経験がないので様子が手に取るように描かれてうっとりと雰囲気に飲まれていました。
本当に豪華ですね。
映画のシーンのようにフォーマル姿で優雅に振舞っている姿も想像していました。
アドリア海とか地名にも曳き付けられました。
みなみ
2018/08/07 12:22
降魔成道さん、コメント有難うございます。

正直、どの程度ドレスコードが厳密なのか、乗船前は気になっていましたが、実際には非常にラフなものでした。やはり、イタリア船のカジュアルクラス。堅苦しさはほぼ無かったです。
フォーマルナイトもスーツにネクタイで十分だなと思いました。ブレザーでも全く問題無い感じです。一応、船内新聞にドレスコードのマンガが描かれていましたが。
実は私もイギリスに住んでいました。今思えばあまりフォーマルな所へは行かなかったです。
船内は様々なプログラムはあるし、食事や下船の準備で時間がかかったり、結構忙しくてあまり優雅にゆったりと過ごす時間は短かったというのが印象なのです。
ミクミティ
2018/08/07 20:59
sasapandaさん、コメント有難うございます。

そうですね、水平線を今までにないくらい長時間見ましたね。更に航跡波も。やはり、クルーズ船ならでは落ち着く時間でした。とはいえ、結構バタバタしてましたが。
実際、バルコニーは日が当たると暑くていられないので部屋の内部に入ったり。日影でまた出たり。そんな感じでした。
ミクミティ
2018/08/07 21:03
みなみさん、コメント有難うございます。

私も全くはじめての体験でした。クルーズ船といってもカジュアルクラスなので、堅苦しさは全く無かったですよ。
船内を色々と回って楽しみました。ただ、あまり利用しなかったと後から思ったり。
単純に、海をぼうっと見るのがよかったなと思いました。
ミクミティ
2018/08/07 21:08
素晴らしい 夢のような船の旅ですね。
海をみながらの 朝食も 素敵ですね。
船内の様子を 見せて頂いて 私も
空想の世界に 引き込まれてしまいました。
いつか 実現したいです。いつかね!
フラバーバ
2018/08/07 22:30
おはようございます!

地中海を大きな船で移動するなんて、本当に夢のような世界ですね。

日本の周りでいいから、一度乗ってみたいです(^o^)
koji
2018/08/08 07:57
フラバーバさん、コメント有難うございます。

そうですか、私もクルーズ船を憧れていましたが、実際は結構ドタバタして過ごしました。やはり初めてで慣れなくて。
そんな時、青い海を見るとホッとしました。朝昼晩、水平線を見られるのがクルーズ船のいいところかもしれませんね。
ミクミティ
2018/08/08 20:41
kojiさん、コメント有難うございます。

私も初めてのクルーズ船の旅、長年の勤続の記念で出かけました。結構、船内でも忙しくて慌ただしかったのです。
日本のクルーズ船の旅もいいと思いますね。
ミクミティ
2018/08/08 20:43
まるで自分が行ったような気分になりました。
空気感を伝えるのが上手いですね〜。
スーツを持っていくとなると、
荷物が多かったのでしょうか。
船内で名刺交換は、ないですよね。
ROKO
2018/08/10 22:12
ROKOさん、コメント有難うございます。

ブログの記事を褒めて頂き嬉しいです。私にとっても記憶のメモ代わりです。スーツやジャケットや靴、水着も、結構荷物は多くなりますね。妻の方もそれなりに。
完全にプライベートの旅なので、名刺などは持って行きませんよ。
ミクミティ
2018/08/10 22:37
なるほど、イタリアでWCは今年は禁忌でしたか、でも陰では絶対見てると思うけど、根は大好きな人ばかりですから・・それにしてもテニスコート@@;ボールがどっかに行っちゃいそう@@;
言われてみれば多くの人が乗っているんですから、絶対にピークタイムがあるんですから、ずらせるものはずらした方が良いのかも^^;クルーズ船で一つの町になっているんですねえ^^長旅で、なくて困ったものはありませんでしたか。。
つとつと
2018/08/13 20:43
つとつとさん、コメント有難うございます。

そうですね、私が旅していた時はちょうどW杯開催中。イタリア人にとって母国が不参加のW杯は信じられないものでしょう。確かにそれでもテレビ等で見ているでしょうね。
煙突の近くのテニスコートには網が張ってありましたよ。でも、すぐに網に当たってしまいそう。
クルーズ船の中で、ディナーと劇場のショーは2部構成で時間が別れていました。それでも下船の時などは大変混み方でした。
ミクミティ
2018/08/14 01:09
時々旅行に行っても予定通りに出来ないとイライラしたり。
そォ考えてみるとクルーズ旅は一旦船に乗ること自体が目的なのかも。
或る意味 余裕のある時間を買ってる旅といえるのでしょう。
ちょっとうらやまし。
でもさすがに船の上でテニスやゴルフはしたくないなァ…プールはイメージできるんですけどネ。
おーちゃん
2018/08/23 22:15
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

私も旅行に行くと計画的に進め効率的に回ろうとしてしまいます。船旅は出港してしまうと陸には出れませんからね。でも、実は船内のプログラムも色々あって忙しいのです。
私もプールくらいしか利用しなかったんです。
ミクミティ
2018/08/24 22:45
いい時間が流れているなあって感じです。クルーズ船はぼくには遠いところを走る存在です。
船内を回るだけでも時間がかかりそうですね。疲れそうですね。だから客室のバルコニーのいすがとっても安らいで気持ちよさそうです。いいお天気でいいですね。
たろにゃん
2018/10/25 06:58
たろにゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、私にとってもクルーズ船の旅は遠いものでした。今年、思い切りました。
確かにクルーズ船の中は広く、色々と歩き回ると疲れます。それでもワクワクする感覚もありました。
疲れた時は、部屋でゆっくりとしたりバルコニーでぼうっとしていました。
ミクミティ
2018/10/28 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アドリア海を航行中のクルーズ船MSCムジカの船内を探索 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる