「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS クルーズ船MSCムジカのベネチア出港シーン

<<   作成日時 : 2018/07/28 18:48   >>

ナイス ブログ気持玉 215 / トラックバック 1 / コメント 58

一度は乗ってみたかったクルーズ船。今回、勤続〇〇周年で長期休暇を取得できたので、思い切って挑戦しました。

自分にとっては、かなり背伸びをした旅。夫婦の「気力・体力・経済力」が揃った今でないと2度と行けないかも、そんな考えで決めました。

ついては、ベネチア発のクルーズ船、6月中旬のお昼ごろ乗船しました。
画像

何度もパスポートを見せて、セキュリティチェックを受け、乗船時には写真撮影も。

後ほど配られるクルーズカードが船内のIDとなり、写真画像が登録されます。

ちなみに、MSCとはヨーロッパの大手クルーズ会社の一つ。もとはMediterranean Shipping Company。
画像
まさに地中海が主な運航路線です。基本的に、イタリア系の会社です。

私が今回乗ったのはMSC MUSICA(ムジカ)。92,409トン、全長293.80m。

乗客定員は2550名、乗客用デッキは13層だそうです。

エレベータホール前の、こんなパネル図で自分がどの辺にいるか分かります。
画像
乗客用には、4ヶ所にエレベータが3機ずつあります。

このムジカは、就航年が2006年とのことですから、もう10年以上運航しているのですね。

船のランクも、カジュアルクラス。つまり、豪華客船といった堅苦しい感じではなく、子供連れの家族もたくさんいる大衆向けのクルーズ船ということになります。

お昼を食べた13階のビュッフェ・スタイルのレストランは大混雑 あまり優雅な感じはしないですね。

乗船して1時間半くらいして、自分の部屋(キャビン)へ向かいます。
画像

デッキ11(つまり11階)。私達が泊まるキャビンはこんな感じでした。
画像
バルコニー付きの部屋ですが、面積は約17u。もちろん、広くないですよね。

部屋に届けられたスーツケースは、開くスペースも無いのでベットの下に潜り込ませて置きます。

この後、荷物を整理したり、資料を読んだり、簡単な説明会があったり。

更に、16:00には、アラームが鳴り乗船客全員参加の避難訓練がありました

エレベータを使わず、乗船客が階段を上り下りして幾つかの大きなラウンジに別れて集合します。
画像

ライフベストを持って、大勢の乗船客の大移動。ごった返していました。クルーズ船の旅はこんなドタバタ劇から始まるのですね。ちょっと意外でした。

船内は、色々な言葉のアナウンスが流れて、説明や注意がなされます。英語・イタリア語・ドイツ語・フランス語でしょうか。日本語は無かったです。

そうこうしているうちに、17:00頃に船が出港します。エンジンの振動を感じました。

そこで、急いでデッキ14の展望階へ向かいました

クルーズ船の港は、ベネチアの西側の外れに位置します。
画像
船からは、赤茶色の屋根のベネチアの街が東側に広がる様子が分かります。

そして、いよいよ船は動き出しました。ベネチア本島の南側を東に向かって。

既に、大勢の人がフェンスから外を眺めていました。
画像

これが、この日の最大のイベントですから。いきなり、このクルーズ船旅行のハイライト、ベネチア出港のシーン。楽しみにしていました。

ベネチアの街は北側に見えるのです。

すなわち、クルーズ船の左舷(さげん)。こちら側の部屋の人は、部屋のバルコニーからも見えますね。

船が動いていくと、少しずつ街の風景も変わっていきます。
画像
運河のある綺麗な街並みが見えてきます。

結構早いスピードだなと思いました

そのうち何とも美しい白亜の殿堂が見えてきます。
画像
サンタ・マリア・ロザリオ教会(Santa Maria del Rosario)です。

いや〜、正面から眺めてもこのバロック建築が実に見事な造形。
画像

次に目を引いたのが、この斜塔
画像
ベネチアには、斜塔が幾つかあります。やはり地盤が弱く、最近は地盤沈下も起こっているので、傾いてしまうようです。ピサだけでじゃないんだなと思った瞬間でした。
画像

更に、ジュデッカ運河(Canal della Giudecca)を東へ進みます。
画像

いよいよベネチアの中心が近づいてきました。ワクワクします。
画像

ドーム型の教会は、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会(Basilica di Sanata Maria della Salute)。1630年の建設。その先に、ベネチア最大の塔、大鐘楼(Campaniele)も見えてきました。
画像

ここがベネチアの中心地
画像

角ばったゴシック建築のドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)も姿を現わします。その裏には、複数のドーム屋根が連なるサン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)も見えてきました。

これぞ、ベネチア
画像

この角度から見下ろしながら眺められるのが、クルーズ船のいいところだと思いました。

ズームアップしてみると、凄い人
画像

有名なサン・マルコ広場(Piazza San Marco)に繋がる小広場(Piazzetta)です。中央には時計台(Torre dell'Orologio)もしっかりと見えます。

ベネチアの最高の観光スポットをこんなふうに見られるのが嬉しかったです。

そして、すぐに溜息の端(Ponte dei Sospiri)。ちょっとタイミングが遅かったです。
画像
奥の牢獄へ向かう石で囲まれたこの橋を見るために、手前の橋に大勢に人が立ち止まっているのが分かります。

続いてベネチアを代表するホテルが並びます。
画像

船のターミナルも賑わっていますね。
画像

少し目線を上にしてズームして見ると、ベネチア本島の先にあるべネチアン・グラスの産地で有名なムラーノ島も見えます。
画像
ここでも赤茶色の屋根が印象的でした。

こんな感じで、まるで「流れる都市風景のショー」とも言うべき、約30分のベネチア出港シーンが終わりに向かいます。
画像
何となく船全体が左舷に少し傾いているような、気のせいでしょうが、そんな気すらしました。

当日はしっかり撮影することに夢中でしたが、あらためて見直して本当に良かったなと実感しました。



最後に、ベネチア出港シーンを見た後に自分のキャビンに戻った様子も少しだけご紹介します。

これがバルコニーから見た風景です。
画像

実は、私達のキャビンはクルーズ船の船尾にありました。

これが後日撮影した、船尾の写真です。
画像
キャビンは船の両サイドのイメージしか持っていませんでした。

正直、船尾だと進行方向が見えないので微妙だなと思ってました。事実、スイートルームは船首の方にありますからね。

でも、船尾のキャビンのいいところは、出港時の港の風景を最後までずっと見れること。
画像
左手にはリド島

ベネチア映画祭で有名な島です。ここはベネチアなのに自動車が走れるので雰囲気が違います。

西日がもろに当たって暑かったのですが、こんなふうにベネチアの島々が小さくなるのを眺めて、出港シーンの余韻に浸っていました。
画像
これから、アドリア海へ出ます。

そして、クルーズ船の航跡波(こうせきは)を、これから数日間ずっと見ることになるのでした。





Venezia, MSC Musica cruise, Italy

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 215
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アドリア海を航行中のクルーズ船MSCムジカの船内を探索
前回の記事でご紹介したベネチア出港後、しばらくしてクルーズ船MSCムジカでディナーを頂きました。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/08/04 15:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(58件)

内 容 ニックネーム/日時
クルーズ船で航海旅行ですか。すてきですね〜〜〜^^私の知り合いの方で一回り年上の方がいますが、毎年ご夫婦でクルーズ旅行を楽しんでいます。その人によると船で移動しながら観光できるので楽だということですよ。ミクミティさんもクルーズ旅行にハマってしまうのではないでしょうか^^ベネチアの町並みも美しいですね。とてもすてきです。
かるきち
2018/07/28 21:24
時間と体力と経済力・・・そうですね、どれが欠けても海外の船旅は難しいかもしれないですね。
飛行機でも10時間以上となるとエコノミーはきついでしょうね。
船の上からの俯瞰の景色、見下ろすとまた違うものが見えてくるんでしょうか?
言語、中国語と韓国語が無い、やっぱりヨーロッパだなと感じました。
コマダム
2018/07/28 21:57
こんばんは。

ベニスからクルーズ船ですか。
それは素敵ですね。
憧れです〜。
クルーズ船、乗ったことないです。
多分一生乗れないでしょうね。
バルコニー付きの部屋、いいですね。
どこを回るクルーズなんでしょうか。
色々な国に行くんですかね。
羨ましいなぁ。。。
トトパパ
2018/07/28 22:36
こんばんは。
確かに何かをしようとするときタイミングがありますね。
独身の私ですら考えていますから。
ご夫婦でイタリヤのクルージングですから一生の思い出になることでしょう。
私もちょっとお供します。
tami
2018/07/28 23:16
素晴らしい旅をなさっていたのですね。
ベネチア発のクルーズ船、本当に素敵です。
バルコニーから見る名所はひと味もふた味も違ったことでしょう。
アナウンスに日本語がないのは意外でした。
うふふ
2018/07/28 23:22
こんばんは!
いよいよクルーズ船の旅が始まりましたね。
美しいベネチアの街並みを見下ろしながらの出航素敵ですね。
バルコニーからの航跡が見られるのも良いですね。
きっと行くことが出来ないと思いますので、ご一緒させて頂きます。
eko
2018/07/28 23:59
ベネチア出航シーンは最高の舞台ですね。
移り行く古い街並み、人で混雑すドカーレ宮殿付近、お天気も良く思い出に残る情景になったことと思います。
私も9年前にムジカでここを出港しバーリ、コルフ島、サントリーニ、ミコノス、ピレウス、カタコロン、ドブロブニクと回りました。
地中海はクルースでは最高の舞台と思っています。
写真を見せていただき思い出にふけりました。
ミニミニ放送局
2018/07/29 10:30
勤続○○周年おめでとうございます。
日本人がいなさそうな、こういう船旅は、
ご自身でインターネットで手配されたのですか?
そのこと自体すごい!と思ってしまいます。
夢のような船旅のはじまりですね!
私もついて行きま〜す。
ROKO
2018/07/29 16:39
クルーズ船は背が高いんですね。
船上デッキから見下ろすベネチアの街並み。
まるで撮影用のドローンで写した
画像のようだと思いました。
サン・マルコ寺院とその前の広場は、
よく覚えてるので、懐かしい気がします。
しかし、思い切って、ずい分素敵な
クルーズ船の旅に参加されましたね。
yasuhiko
2018/07/29 17:23
クルーズ船の乗船後に本人確認や避難訓練とかいろいろ事前の用意が必要なんですねえ。まだ一度も乗ったことがないので、というより一生乗ることは無いと思いますが。。実際に乗らないと解らないことですねえ。
それにしても、クルーズ船の高さ大きさは尋常ではないですねえ@@このような風景がこの位置から観れるのは、素晴らしい体験です。正直僕も観てみたい@@
つとつと
2018/07/29 22:24
こんばんは〜
クルーズ船、見たことはありますが
乗った事はありません。(^_-)-☆
旅の中で船旅が一番贅沢と言われていますね。
ゆったりとした素敵な旅、純粋に羨ましい。
でも〜見たことのある風景が数か所、
映画「旅情」の舞台がベネチア・・でした。
お天気も素晴らしく有名な風景を
実際に目の当たりにすると感動でしょうね。
一緒に出掛けた気分になりそう・・
いつもありがとうございます。
つむぎ
2018/07/29 23:36
こんばんは!
遂に出航ですね!
クルーズ船のデッキから眺めるヴェネツィアの街並みが、
徐々に遠ざかっていく光景、疑似体験させていただきました♪
サンマルコ広場の鐘楼から海を見下ろしたことはありますが(笑)海側から見下ろすというのはまた風情がありますなあ〜!
続きが楽しみです♪
sasapanda
2018/07/30 01:25
やはりクルーズだと地中海!というイメージが☆彡
永年勤続のご褒美旅?だったのですね。
奥様とご一緒で(その貢献度もあります)
斜塔、地盤沈下でそうなるんですか@@
それでも、大丈夫なんですね。売りにしてる?
サン・マルコ寺院、夢のようです。
広場にたくさんの人が繰り出してますね。
私も船の軌跡を見るのがすきです。
北海道の観光クルーズでもそればかり追ってました。
雲泥の差?月とすっぽんですね。
素晴らしいクルーズになりますように。
nobara
2018/07/30 08:08
この年になっても経験していないことはたくさんありますが、その中の一つがクルーズ船の乗船です。船旅の過ごし方が教養もマナーもない私と妻では浮いてしまい、悲哀を感じるのではないかとこれが心配で関心を持ちませんでした。「気力・体力・経済力」、もですが。
羨ましく拝見しました。
茜雲
2018/07/30 08:23
クルーズ船の旅 素敵ですね。
船上から見下ろす ベネチアの街並みは
格別に 美しいですね。
なんだか 私も一緒に 船に乗っている
気分です。
これからの 旅の記事が楽しみです。
フラバーバ
2018/07/30 09:38
10年前にいったベネチアのサンマルコ広場の鐘楼に上り素晴らしい眺めの写真を沢山撮った事覚えています。明るい海の色が映えていい写真が撮れますよねー。良い旅になりますように!
ボーノ
2018/07/30 12:59
素敵!素晴らしい
ベネチアの街並
流れる都市風景のショー
満喫しました
バルコニーから眺める名所
素晴らしいでしょうね
ジュン
2018/07/30 13:29
お〜、豪華客船で地中海クルーズですか?
これは素晴らしいです
カジュアルなクルーズ船とおっしゃっていますが、かなり豪華に見えますよ
ベネチアを出航してこの後どこを周られるのか楽しみです
クロアチアとかにも寄港されるのかな?
あ〜、それにしても羨ましいです・・・
ゆけむり
2018/07/30 15:44
こんにちは

最後尾のキャビンも
いいものですね
ベネチアの風景
嘗ての旅を思い出しました
無門
2018/07/30 17:05
今でなければ行くときがない、そういう時ってあります。
思い切りよく出かけられて本当によかったです。
すばらしい旅、クルーズ船での風景、楽しさ、見せていただきました。
はるる
2018/07/30 19:19
かるきちさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、まるで宿泊するホテルがそのまま移動する、そんな気が味わえる特別な旅でした。大型クルーズ船はそれだけで大規模ホテルみたいですからね。
そんなクルーズ船の旅にハマる人がいるのはよく分かります。ただ経済的な面がありますからね〜。
ミクミティ
2018/07/30 20:56
コマダムさん、早速のコメント有難うございます。

時間と気力と体力と経済力、全部揃わないとなかなか行けないなと思いました。特に今回はヨーロッパのクルーズ旅行だったので。思い切って行って良かったです。
今回は南回りでベニスへ飛んだので、経由時間を合わせるとゆうに10時間は超えています。
船内で、実は少し中国語のアナウンスもあったのを思い出しました。それ程、中国人はいなかったのですが。
ミクミティ
2018/07/30 21:00
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

私もずっと憧れていて縁が無いと思っていましたよ。それでも思い切って決断しました。まだお若いのでチャンスは間違いなくあると思います。
将来的には、日本でもクルーズ旅行がもっともっとポピュラーになると思います。
ミクミティ
2018/07/30 21:03
tamiさん、コメント有難うございます。

そうですね、タイミングってありますよね。でもいつが良かったか、それは後から振り返って感じるものかもしれません。
今回は長期休暇が取れることが分かっていたので思い切って決めました。お陰様で思い出になりました。その復習をブログでしている感じです。
ミクミティ
2018/07/30 21:06
うふふさん、コメント有難うございます。

憧れていたクルーズ旅行、ベネチアからスタートできて良かったなとあらためて思いました。展望デッキから眺めるベネチアの風景は思い出に残ります。見下ろす感じが貴重だなと思いました。キャビンのバルコニーからも眺めることができました。
東洋人は少数でしたからね。この船は日本語アナウンスやパンフレットは全くありませんでした。
ミクミティ
2018/07/30 21:10
ekoさん、コメント有難うございます。

そうですね、お陰様でベネチア出港の風景をしっかりと味わうことができました。クルーズ船ならではの角度だと思いました。バルコニーから見る船の航跡ものどかな感じでした。暑すぎる時間もありましたが。
これからも旅の続きをレポートいたしますね。
ミクミティ
2018/07/30 21:14
ミニミニ放送局さん、コメント有難うございます。

そうですか、やはりMSCムジカに乗船されましたか。日本人にとって人気のルートですよね。
まずベネチア出港は噂通り素晴らしく思い出になりました。
MSCムジカのルートは、9年前とだいたい同じですが、少し変わっています。それは今後の記事でご紹介したいと思います。
ミクミティ
2018/07/30 21:18
ROKOさん、コメント有難うございます。

今回はたまたま長期休暇を取れました。毎年取れるわけではないので。
今回のクルーズ船旅行は色々と調べたのですが、最終的には日系旅行会社のツアーに参加することにしたのです。クルーズ旅行は時間が決まっていていずれにしろ団体行動になるので。
ただ全体の中の日本人の数は非常に少なかったですよ。
ミクミティ
2018/07/30 21:24
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

そうですね、MSCムジカの展望デッキは14階。最近ではもっと高いクルーズ船がどんどん建造されています。
その高さから歴史ある都市を見下ろすのがたまりませんでした。お陰様で思い出に残るシーンでした。
やはりベネチアは思い出に残りますよね。
久しぶりに取れた長期休暇、思い切って決断しました。
ミクミティ
2018/07/30 21:29
つとつとさん、コメント有難うございます。

そうですね、私もクルーズ船の旅は今回が初めて。乗ってみて初めて分かることは当然多かったです。非常に新鮮な体験でした。
MSCムジカの展望デッキは14階、最近の新しいクルーズ船はもっと高いですからね。確かに眺望は一つの大きな魅力です。お陰様で撮影も楽しかったです。
ミクミティ
2018/07/30 21:41
つむぎさん、コメント有難うございます。

今年ようやく長期休暇が取れたので思い切ってクルーズ旅行に申し込みました。これを逃したらいつになるか、そんな気持ちもありました。
その旅でベネチア出港シーンを見ることができて感激でした。確かにどこを眺めても絵になるベネチア、「旅情」でも有名ですよね。
これからもよろしければクルーズ船のレポートをご覧下さい。
ミクミティ
2018/07/30 21:47
sasapandaさん、コメント有難うございます。

クルーズ船のヴェネツィア出港のシーン、やはり見応えがあるなと思いました。なかなかこのアングルで見ることはないですよね。
とはいえ鐘楼の上からの景色も素晴らしいものでしょう。クルーズ船よりも高いですからね。
今後も拙いレポートをよろしければご覧下さい。
ミクミティ
2018/07/30 21:58
nobaraさん、コメント有難うございます。

地中海のクルーズ旅行はずっと憧れていました。久しぶりに取れた長期休暇、思い切って決断しました。
私もベネチアに斜塔があることは知りませんでした。おそらく、ピサのように売りというより、深刻な地盤沈下の問題があるのだと思います。
サンマルコ広場も冬場は、水で覆われてしまうこともありますからね。この季節に見られて良かったと思います。
日本のクルーズ旅行もまた味があっていいものだと思います。
今後もクルーズ船の拙いレポートをよろしければご覧下さい。
ミクミティ
2018/07/30 22:04
茜雲さん、コメント有難うございます。

いえいえ、教養とマナーなんて。それより体力が必要だと思いました。クルーズ船の中はかなり歩きます。また外へ出るときや出てからも、港は広いですから。
私も思い切り背伸びをした旅でした。
ミクミティ
2018/07/30 22:07
こんばんは!
出港の際のヴェネツィアの街並みの風景が素晴らしく、そのアングルで眺めるには、クルーズ船に乗船しなければむりな視点で、羨ましいことです〜!
仕事でオーストラリア・シドニーからのクルーズ船に何往復もして撮影した時は、うんざりしましたが…こんな風景だったらしてみたいなぁ〜と、思っています。
私もこの船旅にお付き合いさせていただきます〜♪
komichi
2018/07/30 22:14
こんにちは。
旅行は思い付いた時に行かないと行けなくなります。
最近は行けないので日本ですがあちこちと行っていて良かったと思って居ます。
豪華旅客船見学の折も同じようなチェックを受けました。
船の上からの風景は中々見応えありますね!
次回も楽しみです。🚢
みっちゃん
2018/07/31 13:52
すばらしい旅ですね。
豪華な客船とともにベネチアの街並み。
やや上からの目線ですと、遠くの様子も見えていいですね。
これは生涯に残る財産ですね。
ゆう
2018/07/31 16:46
フラバーバさん、コメント有難うございます。

今回クルーズ船の旅に思い切って行ってきました。お陰様でベネチアの都市を船から見下ろすことができて感激でした。
これからもよろしければ拙いレポートをご覧ください。
ミクミティ
2018/07/31 21:28
ボーノさん、コメント有難うございます。

サンマルコ広場の鐘楼に上りましたか。高いので360度の景色が素晴らしかったことでしょう。
やはりベネチアはどこから見ても美しいですよね。
これからベネチアを離れたレポートになります。
また戻るのですが。
ミクミティ
2018/07/31 21:33
ジュンさん、コメント有難うございます。

そうですね、楽しみにしていましたがやはりベネチア出港のシーンは見応えがありました。なかなかあの角度からは見られないなと思いました。まさにそんな風景が流れていました。
これからもよろしくお願いします。
ミクミティ
2018/07/31 21:41
ゆけむりさん、コメント有難うございます。

クルーズ船の旅はずっと憧れていました。最近は様々船があったクラスがあることも分かってきました。ヨーロッパではかなり大衆的になっているのも確かです。
そんな船に乗り込んだという感じです。
実はクロアチアへは寄港しませんでした。クロアチアの島々を眺めたりはしたのですが。
ミクミティ
2018/07/31 21:44
無門さん、コメント有難うございます。

クルーズ船の最後尾のキャビン、乗り込むときに初めて分かりました。はじめはちょっとガッカリだったのですが、結果的にはいい思い出になったと思いました。
ベネチアはいつ何度眺めてもいいでね〜。
ミクミティ
2018/07/31 21:46
はるるさん、コメント有難うございます。

お陰様でこのタイミングで行けて良かったと今でも思います。いい思い出になった旅でした。今、それをブログで復習している感じです。
そんな拙いレポートですがよろしければご覧ください。
ミクミティ
2018/07/31 21:49
komichiさん、コメント有難うございます。

そうですね、ヴェネツィア出港のシーンは見所と聞いていましたが、やはり素晴らしかったです。クルーズ船の高さがこの眺望を作っているのですね。それが流れていく様子がよかったです。
シドニーからクルーズ船で何往復もですか。それは凄いです。私の旅は、ほんの1週間ちょっとでしたので。
ミクミティ
2018/07/31 21:54
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、行ける時に行くというのは大事かなと思いました。お陰様でクルーズ船の旅の体験ができました。
クルーズ船の見学もなかなか面白いでしょうね。船によって特徴があると思います。
これからも拙いレポートをよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/07/31 21:57
ゆうさん、コメント有難うございます。

お陰様で思い出に残る旅ができました。クルーズ船の高さがこの風景を作っているんだなと実感できました。それが流れていく様が印象的です。
思い切って行ってよかったです。
ミクミティ
2018/07/31 22:00
「勤続〇〇周年で長期休暇を取得」
できるとは、いい会社ですね。
そんなのは欠片も無くて、紙一枚と金一封でした。

日本じゃなく、ベネチア発のクルーズ船ですか。
しかも、MSCムジカで。
MSCではスプレンディダが日本発着クルーズを開始しましたが、ベネチア発と言うのが、ミクミティさんらしいです。
最近はカジュアルクラスのクルーズ船が増えて、乗り易くなりましたね。
私は乗っていませんが^^:
全員参加の避難訓練、安全に配慮していますね。
成程、海外から乗船すると日本語のアナウンスが無い訳ですか。
資料を読んだり、簡単な説明会があったり、とありますが、これも日本語サービスは無いんでしょうか?

船上から眺めるベネチアの風景が空撮しているみたいです。
海面上50m程度でしょうか。
これが10万トンクラスの魅力でしょうね。

ベネチアの斜塔は耐震基準を満たしていないでしょうけど^^、地震が無いので皆さん平気なんですかね。
調べると、
サン・ジョルジョ・デイ・グレーチ教会の鐘楼とありました。
他にも傾いた塔が複数あり、地上より船上の方が安全だと思います^^)
この船旅を数日間楽しまれる訳ですね。
これは何日間の航海でしょうか?
アルクノ
2018/08/01 18:38
アルクノさん、コメント有難うございます。

長期休暇といっても2週間ですよ。クルーズの旅は7泊8日でした。もちろん、ベネチアまでの行きかえりの時間も必要でしたが。
MSCスプレンディダは、ムジカよりもずっと新しくて大きいですよね。新しいだけに装備も充実しているでしょうし、迫力もあると思います。乗船したいなと思いますが、そう簡単ではないです。
ただ、日本に寄港するクルーズ船の数もどんどん増えて、一歩一歩身近になりつつあるような気がします。おそらく将来は、もう少し気軽に乗れるようになるかと思います。
ムジカでもこれくらい高さで眺望を楽しめました。スプレンディダは凄いでしょうね。
日本語サービスは船からはないですが、日本人ツアーに参加したので実は添乗員の方がいました。その他は、英語のクルーズ船新聞を読む感じです。
今回、ベネチアで斜塔を目撃して驚きました。以前は気づかなかったので。ひょっとすると、わりと最近傾いたのかもしれません。地盤沈下は深刻な問題とのことです。
今後、どうにか工事すると思うのですが。
ミクミティ
2018/08/01 20:59
長期休暇を利用なさっての地中海クルーズの始まりですね。ただただ憧れのクルージング、どんな雰囲気なのか楽しみになりました。船上から見るベネチアの風景の美しさにうっとり。時間がゆっくり流れているようです。
サン・マルコ広場はこんな光景なんですね。
ムラーノ島も視野に入って。この島はベネチアングラスで特に有名ですね。ベネチアングラス買いこんできました。
みなみ
2018/08/02 11:35
こんばんは。

すごい!
憧れます。クルーズ客船の旅。

クルーズ船にもカジュアルクラスというのがあるのですね。
いいなあ。
思い切って決断してよかったですね(^o^)
koji
2018/08/02 18:39
みなみさん、コメント有難うございます。

お陰様で2週間のお休みを取って思い切って旅行してきました。私のとっても憧れのクルーズ船、地中海を旅することができて嬉しかったです。
特に船から見下ろすヴェネツィアの風景は本当に壮観でした。流れるようで結構早いなと思いましたよ。
サンマルコ広場やムラーノ島、やはり船から見る様子は一味違いました。ヴェネチアングラスは買いませんでしたが。
ミクミティ
2018/08/02 20:36
kojiさん、コメント有難うございます。

私もずっと憧れていました。ちょうど休みが取れたので思い切って申し込みました。やはり経験して良かったと思いました。
クルーズ船は一般的に、カジュアルクラス、プレミアムクラス、ラグジュアリークラスに分けられます。どれが一番低いかは分かりますよね。上には上があるのです。
ミクミティ
2018/08/02 20:40
なるほど、勤続〇〇周年の長期休暇でしたか。素晴らしいですね。私の勤務先にはこの様な制度はありません。有給も殆ど消化しておらず、社畜状態です。
それはともかく、クルーズ船から眺めるヴェネチアの風景は本当に素晴らしいですね。船尾のキャビンも良いものなのですね。
降魔成道
2018/08/06 20:41
降魔成道さん、コメント有難うございます。

そうなんです、10年ぶりの長期休暇、といっても2週間ですが。この時くらいと取得しました。
ヴェネツィアの街並み、クルーズ船から見下ろす風景にやはり感激しました。流れるように風景が変わっていくのが、当たり前なのですが魅力的でした。船尾のキャビンは、結果的にはよかったのかもしれません。
ミクミティ
2018/08/07 21:12
勤続○○周年の長期休暇のクルーズ旅は羽根を伸ばし楽しまれてる様子。
ヴェネチアの建築群は確かに美しい。
そこに決めたミクミティさんの選択に奥さんも喜ばれたでしょ?
確かに船尾から見る方が船の軌跡を確認することが出来るので佳いかも。
それにしてもヴェネチア、土地が柔らかいんですか。
ピサの斜塔は建築中なのでどのようにも出来るかもですが、それなりの年月が経ってるのが傾いてるとなると大問題。
おーちゃん
2018/08/23 22:06
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

記念の休暇だったので背伸びをしてみました。正直行けて良かったです。将来的に行けるとは限りませんからね。
ヴェネツィアは以前も訪れて感銘した都市、もう一度来て妻と思い出に浸りました。
ただ地盤沈下は深刻な問題のようです。色々と対策は打っているそうですが追いつかないとか。クルーズ船の出港などは島へは悪影響なのだそうです。ちょっと複雑な思いでした。
ミクミティ
2018/08/24 22:49
ヴェネツィアを上空から遊覧しているような・・・。鳥になってとまるところを探しているような・・・。
なかなかすてきな「ショー」ですね。
なかなかこういう旅はできません。
避難訓練から始まるっていうのも,知りませんでした。確かに飛行機の旅も同じように始まりますが・・・。
ゆったりと読み味わい,写真を拝見しました。



たろにゃん
2018/09/22 09:15
たろにゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、確かに鳥の視線から見たヴェネツィアの街の風景という感じでした。それがまずまずのスピードで横へ展開していくので、ショーみたいなのです。
私もいきんなり避難訓練があるとは全く知りませんでした。そうか、飛行機と同じというというと分かりやすいですね。
ゆったりと読んでいただき有難うございました。
ミクミティ
2018/09/23 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クルーズ船MSCムジカのベネチア出港シーン 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる