「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS メキシコのチャプルテペック城で歴史と風景を眺めて

<<   作成日時 : 2018/06/24 19:21   >>

ナイス ブログ気持玉 226 / トラックバック 1 / コメント 56

先日、仕事でメキシコの首都、メキシコシティーに行く機会がありました。その限られたフリータイムに出かけたのが、こちらのお城でした。
画像

チャプルテペック城(Castle of Chapultepec)です。

メキシコシティー中心部の丘の上を登ったところにあります。

メキシコでお城って、あまりイメージがないですよね。
画像

外観もヨーロッパの宮殿のような造り。しかも意外にも青空が迎えてくれました。ここがメキシコなのか、とちょっと思ってしまいました。

でも、ここはメキシコの歴史の数々の舞台となったお城です。現在では、国立歴史博物館となっています。
画像

地元メキシコ人にも人気の観光スポット。非常に賑わっていましたが、東洋人はほぼいませんでした。

そのヨーロッパ風の建築には、やはりメキシコの激動の歴史が詰まっているのです。

もともとスペインの植民地時代に、スペイン人総督の別荘として1785年に建築されたそうです。

その後、19世紀に入り陸軍士官学校となり、メキシコの独立運動の舞台の一つとなったり、アメリカとの戦争(米墨戦争)の砦となったり。
画像

更に19世紀後半も、メキシコの政権は目まぐるしく変わっていきますが、1864年、フランスのナポレオン3世の威光で誕生したメキシコ帝国における、皇帝マクシミリアン1世皇妃シャルロッテのお城ともなりました。

その後、軍事的英雄で独裁政治家となったポリフィリオ・ディアス大統領もここを官邸としたそうです。

本当に凄い場所だなと思いました。

やはり戦略的に重要だったのでしょう。メキシコシティーを見下ろすこの眺めがそれを物語っているような気がしました。
画像
非常に大きなメキシコ国旗がはためいていました。

テラス風の庭園にある噴水が、バッタの形をしています。
画像
「何で」と思いましたが、実は、チェプルテペックという名は、「バッタの丘」という意味だそうです。

ちょっとメキシコ風と思ったり。

でも、やっぱり欧風のお洒落な庭園です。
画像

建物の中へ入ってフロアーを上がります。優雅な宮殿の装飾が。
画像

ヨーロッパから取り寄せた装飾をふんだんに使った部屋があったり
画像
ちょっと、ロシアのエルミタージュのような雰囲気。

ここに本当に第2のヨーロッパを作ろうとしていたのだろうと感じます。

別の入口には、メキシコ画家による独立戦争の激動の歴史を物語るような壁画があったり。
画像
画像
現在は、ヨーロッパと現地の文明の両方が合わさって表現されているかのようでした。まさにそれがメキシコの歴史の一面なのでしょう。

お城の2階のフロアーも魅力的です。

このチェックの柄の床が何ともいえません。
画像

そのままテラスに出れます。
画像

そこから眺めると、緑の森が広がっています。その向こうにメキシコの都会があります。
画像

実は、このチャプルテペック城自体が広大なチャプルテペック公園の中にあることがよく分かります。

反対側のテラスからは、先ほどの噴水の庭園が見下ろせます。
画像
こちらもきれいな風景です。

更に、2階の中央部分にはこんな円筒形の塔があって、あらためてここはお城なんだということを感じさせてくれます。
画像

その周辺は、西洋風の庭園があってとても素敵でした。フランス風でしょうか。
画像

よく整備された緑の生垣と美しい装飾がある石柱の組み合わせは見事でした。
画像



最後に、このチャプルテペック城の圧巻ともいえる装飾展示をご紹介します。

それは、やはりメキシコ帝国(第2帝政)の時、皇帝マクシミリアン1世と皇妃シャルロッテが暮らしていた部屋の再現です。

これは本当に一部なのですが、豪華なシャンデリアやインテリアがまぶしい位
画像

皇帝マクシミリアン1世は、あの名門ハプスブルグ家でオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟。

ヨーロッパの貴族の暮らしをメキシコでも体現したかったのでしょう。

そして、廊下沿いのステンドグラスは、まさに圧巻。ギリシア神話を描いているとか。
画像

これはヨーロッパ以上のものでは、と思ってしまいました。
画像

メキシコでこんな欧州風の豪華絢爛なものが見られるとは、思いもしませんでした。

それが当時のメキシコの庶民にどんなふうに思われたことか。

皇帝マクシミリアン1世はたった3年の統治で、メキシコ共和派軍に捕まり処刑されているのです

そんな歴史に触れられるのが、ここチャプルテペック城なのです。




Castle of Chapultepec, Mexico City, Mexico.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 226
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大きなメキシコ国立人類学博物館を駆け足で巡ってみた感想
メキシコの民族衣装、ウィルプルを着た若い女性たちがポーズをとって迎えてくれました。 なぜか男性はお面をかぶっています。これも何か民俗的な意味があるのでしょう。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/07/03 21:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(56件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいですね。
日本とはまったく感覚の違うデザインですね。
床のチェック柄、これだけ並んでいると目がくらみそうです。
でも、このデザインを採用するというのが、根本的な感覚の違いかな?
青い空と建物のボリュームに圧倒されてしまいますね。
ゆう
2018/06/24 19:54
こんばんは。

仕事でメキシコに行かれたんですか。
それはいいですね〜。
タダでメキシコに行けるなんて羨ましい〜。
チャプルテペック城ですか。
確かにメキシコってお城ってイメージないですね。。。
でも素晴らしいですね〜。
トトパパ
2018/06/24 23:23
こんばんは!
メキシコへ行かれたのですね。
チャプルテペック城は常にメキシコの歴史の中心にあったお城ですね。外観といい、内装といい、お庭もヨーロッパ風で、メキシコにいるとは思えないような雰囲気がします。
皇帝マクシミリアン1世と皇妃シャルロッテが暮らしていた部屋は眩しすぎて凄いですね。
そして廊下沿いのギリシャ神話を描いているステンドグラスも豪華絢爛で凄すぎます。
素晴らしいお城ですね。
eko
2018/06/24 23:28
こんばんは。
権力の舞台になった建物なのでそれらしい場所に立っていますね。
バッタの丘なんだから草原のような気もしますが名前からすると憩いの丘のようでもあります。
いってみれば辺境の国へ来たのだからこそヨーロッパに負けないような造りに拘ったのかもしれませんね。
tami
2018/06/25 20:28
メキシコに行かれましたか。私はサンディエゴから車で国境を超えてティフアナに行ったことがありますが、メキシコ入国はそれだけです。メキシコシティはこんなところだったのですか。チャプルテペック城は魅力的ですね。メキシコも複雑な歴史がありますよね。日本の歴史教育では、世界史は欧米と中国がメインで中南米の取り扱いは僅かだから知らないことばかりです。とても興味深いです。
降魔成道
2018/06/25 21:14
こんばんは。

メキシコ、カッコいい!

やっぱりヨーロッパ文化がかなり入っているのですねぇ。
植民地支配など負の歴史も多々あるのでしょうが、これからは平和がいいですね。

koji
2018/06/25 22:00
早々の復帰、半月ほどじゃないですか!
これ位のブランクなら、
私の場合良くありますから。
ネタが無いとほったらかしです^^;

仕事でメキシコの首都、メキシコシティーへ行かれるとは超羨ましいです!
チャプルテペック城ですか。
調べると、80年の歴史を刻むメキシコのチャプルテペック城とあります。
スペインの植民地時代に別荘として建てられたそうで、スペインは大金持ちですね。
仰るように、メキシコの複雑な歴史と深く関わりを持っているお城みたいです。
それが、国立歴史博物館ですか。
チェプルテペックは「バッタの丘」^^)
チャプルテペック公園は、日比谷公園の40倍もの敷地面積だそうで、相当数のバッタが居た訳ですね
壁画も庭園も、ヨーロッパ風でメキシコ風。
フムフムです。

この続篇、期待しています
アルクノ
2018/06/25 22:28
お仕事でメキシコにいらっしゃったのですか。
チャプルテペック城、素晴らしいですね。
特にステンドグラスの美しさにビックリしました。
メキシコの歴史をあまり知らずにいたのがもったいないような気持ちになりました。
ここにも「世界ふしぎ発見」がありますね。
うふふ
2018/06/25 22:30
こんばんは。
メキシコに出張とは凄いですね!
お疲れ様でした。
あまりなじみがなくどんな国か知りませんでしたが立派なお城もあるのには驚きました!
広島県では現在オリンピックに備えてメキシコの選手たちの合宿を受け入れてスポーツで各市が交流を深めているようです。
テレビニュースで観ますと中々フレンドリーなお国柄と思いました?
みっちゃん
2018/06/25 23:06
おはようございます。
メキシコは行ったこともなく、あまりよく知りませんが、ミクミティさんの記事で、いくらか知ることができました。
苦難の歴史があるんですね。
西洋風のお城とは意外でした。
ステンドグラスも素晴らしいですね。
コスモス
2018/06/26 08:08
お仕事でメキシコにお出かけでしたか。
メキシコと言えば、今行われているワールドカップでドイツに勝った試合が印象的でした。はるか以前にはオリンピックで日本が勝った試合も思い出します。メキシコで行われた大会でしたが、多くの観客が負けを意識するとヤポンヤポン、と自国を見放して敵国に応援する、そんな国民性が印象的でした。それだけに今回の試合が印象的でした。
茜雲
2018/06/26 08:49
メキシコ、未知の世界です。
コーラスの友人は独身貴族なので??
先般、出かけてお土産話を聞いたばかりです。
凄いですね〜やはり西洋の文化に憧れた?
本家以上に素晴らしい建物や内装!
バッタの丘?というのも面白いです。
植木の剪定のらせん状なのにも目を奪われました。
ミクミティさんのテリトリー
各方面にいらしてるのでびっくり@@です。
素敵なレポ、有難うございます。
nobara
2018/06/26 08:51
チャプルテペック城
素晴らしく驚いています
ギリシャ神話を描いてい
るステンドグラス
目を見張るばかりです
お仕事も大変ですが
楽しい時間も
過ごされて良かったですね
ジュン
2018/06/26 09:14
メキシコへ行かれていたのですね。
チャプルテペック城のお庭や部屋の装飾がヨーロッパ風であることがハプスブルク家皇帝の弟であったんですね。
どうしてここへ〜。3年で処刑も〜。驚きました。
豪華なステンドグラスに目が奪われました。
こんな立派なお城を残して観光スポットに役立っていることをマクシミリアン1世に伝えたいぐらいです。
夫も昔メキシコに出張しているのでその後のルポも楽しみになりました。
みなみ
2018/06/26 11:26
お仕事とはいえメキシコとは羨ましいですね〜
美味しいメキシコ料理を食べる事はできたのでしょうか?
ゆけむり
2018/06/26 16:08
お仕事とはいえ、メキシコまでいらっしゃったのですね。
珍しいお城など、たくさん見せていただいて興味深かったです。大きな国旗がとてもいいですね。ステンドグラスのすばらしさ、すごいです。
はるる
2018/06/26 18:55
お仕事でお出かけにメキシコ!びっくりです。飛行時間も長いでしょうね。お疲れ様です。メキシコシティの建物、本当に美しいですね。ヨーロッパ、と言っても納得です。ステンドグラスもすごく美しいですね。絵画のようです。すてきですね。とてもメキシコには行けそうもないのでこうしてお写真を見せていただいて良かったです。
かるきち
2018/06/26 21:17
おかえりなさいです
メキシコって今はアメリカといろいろごちゃごちゃあるくらいしか知りませんが昔か悩まされることが多かったんですね。
ステンドグラスはすごいです。
長さといい精密さといいすごいです。
日が当たった時はどんなでしょうか、うっとりするのは間違いないでしょうね。
コマダム
2018/06/26 22:19
チャプルテペック城、外観も
内部の造りも、そして周りの環境も、
全てが素晴らしいですね。
マクシミリアン1世の処刑というと、
マネの描いた刺激的な絵が思い出されますが、
そんな過酷な歴史の舞台という点にも
興味が惹かれました。
yasuhiko
2018/06/27 14:09
最初の写真から これがお城?と
思いましたが 読み進んでいくうち
優美な 宮殿内の装飾 美しい 庭
豪華で美しい ステンドグラス等々本当に
素晴らしい お城だと 感動しました。
メキシコって 恐ろしい国 という
イメージが ありましたが そんなことは
ごく一部分ですね。素敵な国ですね。
フラバーバ
2018/06/28 10:04
チャプルテペック公園の中のブルーの花
もしかしてジャカランダでしょうか。
建造物、壁画、ステンドグラスどれも素晴らしいですね。
花咲か爺
2018/06/28 16:12
ゆうさん、早速のコメント有難うございます。返事が遅くなり申し訳ありません。

確かに日本のお城とは全く違いますね。その独特のチェック柄の床はインパクトがありました。その他にも見所がありました。
この日のメキシコシティーは青空が綺麗でした。ちょっと意外な感じでした。
ミクミティ
2018/06/30 15:00
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。返答が遅くなり恐縮です。

出張はなかなか大変でして。飛行時間も長いです。ただ自由になる時間が少し取れてラッキーでした。
メキシコのお城ってやっぱりイメージが無いですよね。このチャプルテペック城は特別だなと思いまいた。
ミクミティ
2018/06/30 15:09
ekoさん、早速のコメント有難うございます。返答が遅くなり恐縮です。

メキシコのチャプルテペック城は本当にヨーロッパの雰囲気。メキシコの複雑な歴史を垣間見ることができました。
皇帝皇妃の部屋が残っているというのも興味深かったです。豪華絢爛な内装は見応えがありました。
ミクミティ
2018/06/30 15:14
tamiさん、コメント有難うございます。返答が遅くなり恐縮です。

そうですね、ここは歴史的に権力の象徴的な場所であったと思います。眺めも楽しめました。そこに第二のヨーロッパを作ろうとしたのかなと想像します。
バッタの丘という名前も面白いです。現代人の癒しになっている場所なのは確かです。
ミクミティ
2018/06/30 15:18
降魔成道さん、コメント有難うございます。返答が遅くなり恐縮です。

実は私もかつてサンディエゴからティファナへ訪れたことがあります。メキシコシティーは当然ながら都会でした。その中にチャップルペッテク公園やお城は、市民の憩いの場になっているようでした。
普段あまり触れることのない、メキシコの近代史に思いを馳せることができました。複雑で激動の歴史です。

ミクミティ
2018/06/30 15:21
kojiさん、コメント有難うございます。

確かに様々な文化が融合したメキシコの様子は魅力的だと思いました。複雑で激動の歴史があったことをあらためて知る機会になりました。
現代でも難しい問題が存在していますが、平和でありたいですね。ここは今、平和的な場所でした。
ミクミティ
2018/06/30 15:27
アルクノさん、コメント有難うございます。

今回もよく調べて頂きました。チャプルテペック城はあまり日本では知られていないですよね。地元の方々には憩いの観光スポットという感じで賑わっていました。
そんなメキシコの歴史の象徴的なお城に訪問することができてよかったです。複雑で激動の歴史があったことに触れることができます。城から眺めるチャプルテペック公園の広さには圧倒されました。
今回は限られた時間での散策でした。基本的に出張ですので。
ミクミティ
2018/06/30 15:32
うふふさん、コメント有難うございます。

そうですね、W杯のイメージはありますがメキシコにお城のイメージはないですよね。それもこんなヨーロッパの宮殿風なお城があるとは。
ここを訪れてメキシコの複雑な歴史の一端に触れることができました。実に興味深いと思いました。
あらためてもっと知りたいなと私も思っています。
ミクミティ
2018/06/30 15:36
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

確かにメキシコというとスポーツ、とりわけサッカーにイメージがありますよね。W杯でも活躍しています。広島市との関係もあるのですね。
この国にも日本人にはまだまだ知られざる文化があるなと感じました。人懐っこいと思いますよ。ただ一言では言えないですね。
ミクミティ
2018/06/30 15:41
コスモスさん、コメント有難うございます。

ここチャプルテペック城でメキシコの激動の近代史に触れることができました。そこからの眺めや内装も見応えがありました。これだけヨーロッパの文化や装飾に溢れているとは私も意外でした。
ミクミティ
2018/06/30 15:51
茜雲さん、コメント有難うございます。

そうですよね、メキシコはサッカーの強豪国。今回のW杯でも活躍していますね。ブラジル戦も楽しみです。
メキシコオリンピックのこともよく覚えていらっしゃいますね。中南米では激しい気質を感じますね。特にサッカーには、ですよね。
ミクミティ
2018/06/30 15:54
nobaraさん、コメント有難うございます。

そうですよね、メキシコは日本からは距離的にも文化的にも結構遠い国ですね。それでも、サッカーの強国のイメージはしっかりあります。
チャプルテペック城はそのメキシコのイメージを感じさせない優雅で興味深い場所だなと思いました。ここでヨーロッパ文化に触れたり、大きな森を見下ろしたり。
私にとっても意外な体験ができました。
ミクミティ
2018/06/30 15:59
ジュンさん、コメント有難うございます。

チャプルテペック城は私にとってメキシコの意外な面を見せてくれました。確かにこれだけの欧風の雰囲気が味わえるとは思いませんでした。
メキシコの複雑な歴史触れて興味深く感じました。
確かに仕事の合間にいい体験ができました。
ミクミティ
2018/06/30 17:10
みなみさん、コメント有難うございます。

そうですね、お陰様でチャプルテペック城に訪問し色々と楽しむことができました。複雑で激動の歴史が詰まっていますが、今はステキな観光スポットでもあります。装飾や眺望も素晴らしかったです。
皇帝や皇妃の部屋はやっぱり惹かれますね。
ミクミティ
2018/06/30 17:13
ゆけむりさん、コメント有難うございます。

仕事の会食でなかなか素敵なメキシカン料理のレストランへ行きました。美味しかったです。でも、写真は無いのです。やはりエスニックですね。
ミクミティ
2018/06/30 17:16
はるるさん、コメント有難うございます。

そうなんです、メキシコシティーを少し回って、とても大きい国旗をいくつか目にしました。立派でインパクトがありました。W杯でも見ることでしょう。
チャプルテペック城や公園は、そんなメキシコ市民の憩いの場所だと思いました。ヨーロッパの豪華な文化に触れることができたのも意外で嬉しかったです。
ミクミティ
2018/06/30 17:20
かるきちさん、コメント有難うございます。

中南米のフライトは長いですよ。それなりに大変でした。
メキシコは遠くて馴染みが薄いですが、やはり日本人には知られざる魅力が随所にありますね。
今回は少しだけそれに触れることができました。かるきちさんも、いつか行く機会があると思いますよ。
ミクミティ
2018/06/30 17:22
コマダムさん、コメント有難うございます。

そうですね、政治的には現在も様々な問題があると思います。メキシコは歴史的にも複雑で激動の時代を経てきたんだと感じました。
まさかメキシコでこんな素敵なステンドグラスを目にするとは。その他にもヨーロッパの宮殿の雰囲気を味わえて嬉しかったです。
ミクミティ
2018/06/30 17:26
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

メキシコシティーのチャプルテペック城、その庭園や内装や眺望で楽しみました。スペイン語が分かれば、もっとメキシコの歴史に深く触れることができたと思います。
マネの「皇帝マキシミリアンの処刑」のことは私もブログを書きながら思い出していました。ロンドンのナショナルギャラリーで見た記憶があります。
今回の訪問で絵の題材の背景が分かったような気がしました。
ミクミティ
2018/06/30 17:36
フラバーバさん、コメント有難うございます。

チャプルテペック城、確かに今はお城と言うより宮殿と言った方がしっくりくるようにも思えます。
メキシコの複雑な歴史が詰まっている場所ですが、メキシコのイメージを変えてくれるようなインパクトがありました。
お陰様で優雅で美しい内装と広大な眺望を楽しめました。
ミクミティ
2018/06/30 17:40
花咲か爺さん、コメント有難うございます。

記憶が定かではないのですが、ジャカランダではないような気がします。それ程、背が高くない木でした。
それでも、内装や庭園、更にお城から見下ろす風景は素敵で癒されました。かつての皇帝や大統領もそうだったのでしょう。
ミクミティ
2018/06/30 17:44
お仕事でメキシコですか!
かっこいいですね!
ステンドグラスが素晴らしいです。
メキシコのイメージが変わりました。
すごくすてきなところなんですね。
ROKO
2018/06/30 21:22
私も仕事でメキシコに撮影に行ったことがありますけど、バハ・カルフォルニアの荒々しい風景の中での滞在で、赤土とスコールが印象的なところでしたが…こちらは優雅な
チャプルテペック城、こちらのギリシャ神話を題材にしたステンドグラスが素晴らしく、これだけのために足を運びたいくらいです〜☆
komichi
2018/06/30 22:11
ROKOさん、コメント有難うございます。

いえいえ、長いフライトに疲れながらの仕事ですよ。
メキシコのお城で素敵なステンドグラスを見るって、なんか不思議な気になりました。その豪華な雰囲気や眺望でも楽しめました。
ここでの歴史は複雑で激動だったのだとあらためて感じました。
ミクミティ
2018/06/30 23:01
komichiさん、コメント有難うございます。

そうですか、撮影の出張なんて素敵です。私は泥臭い商売の話でして。メキシコシティーだけの訪問でした。
それでも、ホテルの近くのチャプルテペック城へは行きたいなと思っていました。
確かにステンドグラスの回廊は圧巻でした。
ミクミティ
2018/06/30 23:04
海洋帝国だったスペインの面影は南アメリカの至る所にありますよね、歴史的建造物もそうですが、歴史、文化、そして言語、音楽、あらゆるものを世界に残していってのですね、名だたる文化遺産は、その国の世代を超えて、国の国境を越えて大切に残されていったのでしょうね、いにしえの遺構は今でも私たちに歴史を語り付いてくれるのですね・・・・
fujisan
2018/07/01 14:34
こんばんは。
僕はメキシコには3回行ったことがあるんですけれど、残念ながらチャプルテペック城には今まで行ったことがありません。
考古学的展示のある、国立人類学博物館には何度か行ったことがあるんですけれど、こちらに歴史博物館があることも知りませんでした。
たしかにメキシコにお城のイメージはないので、記事を拝見して参考になりました。
今度メキシコに行くことがあったら、訪れてみたいと思います。
家ニスタ
2018/07/01 22:19
始めまして、気持ち玉ありがとうございました。
メキシコと言うのは私個人的にはあまり観光地としての思いは無かったのですが今回見さしてもらいお城があったのはびっくりです。それにしてもあのステンドグラスには驚きました、実物を視たら感動ものでしょうね(笑)。
心臓
2018/07/02 12:06
fujisanさん、コメント有難うございます。

そうですね、中南米におけるスペインの植民地政策、もの凄い規模と苛烈さがあったと思います。それが多くの文明に崩壊につながり現代への歴史を作りました。そんなスペインの影響とそれに抵抗する歴史の一端が、ここチャプルテペック城で見ることができました。
ミクミティ
2018/07/02 19:29
家ニスタさん、コメント有難うございます。

メキシコの先スペイン時代の文明や遺跡にお詳しいですよね。メキシコ旅行に3回に行かれたとは凄いですね。
今回、メキシコシティーを少し回っただけですが、メキシコの激動の時代に触れることができました。
そんな場所が、チャプルテペック城であり国立人類学博物館ですね。次は近くの博物館を取り上げます。
ミクミティ
2018/07/02 19:38
心臓さん、コメント有難うございます。

こちらこそ初めまして。
そうですね、メキシコシティーの観光、しかもお城のイメージはあまりないですよね。普通はサッカーのイメージでしょう
今回、チャプルテペック城を訪問してメキシコのイメージが変わりました。ヨーロッパを再現しようとしていた時代があったことを知って、なるほどと思いました。
眺めや内装も綺麗でとても満足しました。
これからもよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/07/02 19:43
メキシコの歴史は知らないことが多すぎるんですが、歴史の中心に欧州の影響が強く入り込んでいるんですねえ。
チャプルテペック城の内装装飾の豪華さにも驚かされます。ステンドグラスの豪華さ、白黒チェックの床面は眼が痛くなりそうですが、ついつい、白だけか黒だけの上を飛んで歩きたくなっちゃうかも^^:
つとつと
2018/07/05 09:13
つとつとさん、コメント有難うございます。

そうですね、16世紀からは大航海時代の流れで中南米はスペインとポルトガルの進出が広がります。やはり欧州化しようとしたのではないでしょうか。
このお城もその権威や豪華さの象徴だったのだと思います。今では歴史博物館としての見所となっています。
チェックの床面になぜか惹かれますね。
ミクミティ
2018/07/06 23:24
メキシコに攻め入ったスペイン人のすさまじいまでの欧州化、文化の破壊みたいな面もあったのでしょう。
最後のステンドグラスは贅を尽くしたもの、三年しか保たなかったのも頷けます。
愛憎入り交じるお城だったと想いますが、歴史博物館として利用されていくのが この国にとって一番佳いことなんでしょうネ。
おーちゃん
2018/07/31 07:33
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、スペイン人の植民地化の激しさ、おそらく想像を絶するものだっと思います。メキシコもその激動の時代を経験してきたことをこの歴史博物館で感じました。
豪華なステンドグラスの存在にも複雑な思いが浮かびました。それは当時のメキシコ人はもっと感じたことでしょう。ただ、今は大事に歴史を語っているのがいいなと思いました。
ミクミティ
2018/08/01 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メキシコのチャプルテペック城で歴史と風景を眺めて 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる