韮山の史跡巡り(韮山城跡から江川邸)

大きな池の向こうには緑生い茂る小高い丘がありました。
画像

よく見ると池にも緑が一面に広がっています。

これは、ヒシでしょうか。
画像

この池は、城池と言います。

ということは、この丘はかつてのお城ということ。近づいてみました。
画像


これが、韮山(にらやま)城跡。
画像

静岡県伊豆の国市韮山(にらやま)にある古城跡で、韮山の反射炉蛭ヶ小島(ひるがこじま)からもすぐ近くのところにあります。

この韮山城を、伊勢新九郎(いせ しんくろう)盛時(もりとき)が本格的に築城し自らの居城としたのが、1493年(明応2年)だそうです。

駿河の今川家に使える武将であった伊勢新九郎盛時は、この韮山城から戦国大名へと成長していくのです

その伊勢新九郎盛時こそ、後に関東の覇権を握る(後)北条氏の祖北条早雲(ほうじょう そううん)

北条早雲は韮山城に入って約26年、ここを生涯の居城としたそうです。小田原城を獲得した後も、韮山城が拠点だったのです。

韮山城跡にある熊野神社
画像

かつて北条早雲が、韮山城の守護神として創建した神社です。

約100年後の天正18年(1590年)豊臣秀吉の大軍による小田原攻めの際も、北条方の韮山城は最後まで篭城(ろうじょう)して持ち耐えたのだとか。

ここがいかに北条氏にとって大切な城だったかが想像できます。

ちなみに、北条早雲は生涯、北条と名のることはなかったそうです。伊勢氏から北条氏と改称したのは、息子の北条氏綱(うじつな)になってから。

鎌倉をはじめ関東へと勢力圏を広げる上で、やはり北条という名は大きな意味があったはず。

鎌倉北条氏の故郷、韮山を支配したことから、その後継者として関東支配への正統性を訴えていったのでしょう。

韮山は、後北条氏にとっても最初の拠点の地だったのですね。

画像


ところで、後北条氏が滅ぼされ、江戸時代になってここ韮山を治めたのは誰だったのか

それが、世襲の代官であった江川太郎左衛門(えがわ たろうざえもん)

韮山城跡の近くには、その江川家の屋敷が残っています。
画像

代官というと、幕府の役人でちょっと悪いイメージを持ってしまうこともありますが、、、。

この江川家は大和源氏(やまとげんじ)の系統で中世からの名門の家系

相模・伊豆・駿河・甲斐・武蔵といった国々の広大な天領を代々治めてきた全国でも有数な代官

江川邸の敷地の中に、江戸時代の代官所の跡があり、明治時代の韮山の役所跡でもあるそうです。
画像

今、その建物がないのはちょっと残念。

ただ、ここ韮山が拠点となって、伊豆の国だけでなく隣接する国々を統治していたのですね。

約10年前の、町の合併でここが伊豆の国市という、ちょっと変わった名前に決まったのも納得です。

さて、韮山代官の歴代の江川太郎左衛門の中で、特に有名なのが、江戸時代後期の江川英龍(えがわ ひでたつ)。号で、江川坦庵(たんなん)とも呼ばれます。
画像

これが本人が描いた自画像とのことです。

江川英龍は、領内において民衆を思った善政を行い、「世直し大明神」としてあがめられる名代官だったとか。

更にそれだけではなく、洋学や西洋式砲術を修め、幕府に反射炉の建造を提言したり、海防の重要性を訴えたりした、非常に開明的なお代官様だったのです。

そんな江川英龍が住んでいた邸宅が、今では重要文化財
画像

中に入ると広い土間があって、その造りや規模に、やはり立派な邸宅だなと感じます。
画像

この家で、塾を開き佐久間象山(さくま しょうざん)も門下生として学んだそうです。

家の中には、かつて江川英龍に使っていた品々や書などが展示されています。
画像


そして、品川御台場(おだいば)の写真が。
画像

黒船のペリー来航時に、お台場を設けることを提言し実現したのも江川英龍。当初、11か所に設置する計画だったそうですが、完成したのは6か所でしたが。

地方の一代官にとどまらず、当時の老中にも一目を置かれ、国政にも参画を求められたのが凄いところ。まさに、スーパー代官だったのですね

異例の出世を遂げ、幕府の勘定奉行にも任命にされたところで、残念ながら亡くなってしまったそうです。

もっと長生きをしていたら、幕府はもう少し強力になっていたかもしれません。

江川邸には、その他の付属建築物もあります。
画像

それぞれに、軍学者たる江川英龍にちなんだ展示がなされています
画像
画像

さすが、開明的で西洋式海防に尽力した方だったんだなと思いました。洋学を非難する人も沢山いた時代、立派な志を持っていたのだなと感じます。

そして、もう一つの面白いエピソードは、この江川英龍は日本で初めてパンを焼いた人物とされていること。それは、天保13年(1842年)。今から、170年程前なのですね。

実際は、兵隊が携行する食糧としての「乾パン」だったそうです。

これは、そのパン焼き窯を形づくっていたレンガだそうです。
画像

昭和27年(1952年)、全国パン協議会は、江川英龍に日本の「パン祖」の称号を贈ったとのこと。

庭には、立派な「パン祖の碑」があって微笑ましいです
画像
画像

徳富蘇峰(とくとみ そほう)の揮毫だそうです


最後に、この江川英龍の江川邸、文化財としてだけではなく、現在でもしっかりと実用的に使われています。

それを紹介しているのがこんな写真です。
画像

すなわち、ここは人気テレビドラマ「JIN-仁」、更に大河ドラマ「篤姫」等のロケ地でもあったのです

「JIN-仁」での、数々の手術シーンやペニシリンのやり取りの場面などがここで撮影されたそうです。

「篤姫」では、篤姫の生家、島津今泉家の邸宅として撮影され、嫁入りのご出立のシーンなどはここでロケされたそうです。

私もよく覚えていますが、それがここで

結構、驚きました。




<韮山の観光スポット> 
「祝世界遺産登録、韮山反射炉」 こちら
「蛭ヶ小島と北条氏の史跡」こちら
「韮山城址と江川邸」   ⇒ こちら




Nirayama-Castle and Egawa-tei, Izunokuni-city, Shizuoka, Japan

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 236

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

HT
2015年09月06日 22:43
こんばんは。
歴史って本当に面白いものですねぇ。もっと勉強しておいたらこうしてお話を聞かせていただいていても色々理解できていいのですが…。でも、とてもわかりやすく説明してくださっていて楽しいです。子供のころ、こんな風に授業してくれていたらもっと違っていたように思いました。
ロケ地と云うのにちょっと吃驚してしまいました。両方ともDVD持っていますから、もう一度見直してみます。
2015年09月07日 00:10
こんばんは!
今回のお話はほとんど知らないことばかり、なるほどとゆっくり読ませて頂きました。
江川英龍は偉大で多才な人物だったのですね。幕府に反射炉の建造、海防の重要性を進言した名代官で、日本で最初にパンを焼いた人とはもうびっくりです。
そしてロケ地として使われていたとはまた驚きました。
2015年09月07日 10:51
こんにちは。

韮山城っていうんですか。
知りませんでした。
北条早雲なんですね。
小田原攻めの時も籠城してたんですか。
知らないことばっかりです。
勉強になります。
2015年09月07日 11:20
江川さんは初めて知ったお名前です。
影響を受けた人の名前は知っていたのに・・・
パン祖の碑に蘇峰と書かれていたので徳富蘇峰?と思ってググってみましたが、江川さんとの接点がわかりませんでした。年代としては同じころだし・・
単に尊敬していたということかしら?
2015年09月07日 13:24
北条早雲の名前は知ってます!
でも、歴史の感覚すべて忘れました。
学校で一応教わった筈なのに・・・
でも、いつも勢力戦争はあったのですね!

江川さんは乾パンを作ったのですね。
その頃街にパン屋さんはあったのでしょうか?
天保13年と聞いて、思いだして実家の歴史を
思い出しました。
今でも、しがない商売を地方で続けていますが
天明8年1788年商工会議所に記されているそうです。
ご先祖様、その時代の事、知ってるのですね。

2015年09月07日 20:06
ドラマ「JIN-仁」は見ていました。
ここで撮影されたのですね。
パンは170年も前に焼かれていたんですか。
今ではどこへ行ってもパンやさんはありますが。
ロケ地というと、身近に感じます。
いろいろ教えていただきました。
いつもありがとうございます。
2015年09月07日 22:12
170年も前にパンを焼いていたなんてすごいですね。ここもいろいろ歴史の舞台なのですね。「JINー仁」でも使われていたとは驚きです。広い土間見事ですね。
2015年09月07日 22:27
こんばんは!
こちらの記事を読まなければ、韮山城やスーパー代官・江川英龍のことなど一生知ることも無く終わったかもしれません~(笑)。
ミクミティさんのように歴史好きの方には、史跡からさまざまな想いを受け止めて興味も尽きないでしょうね~☆
2015年09月08日 04:13
おはようございます

広大な池の様ですがお城のお堀でしょうか!!(*^-^)ニコ
今もって町の合併事に成りますと遠い昔の歴史を辿る事になるのですね。
江川英龍は代官の身でありながら素晴らしく尽力をつくされたお方でしたのねぇ。
現在にして江川英龍に纏わる跡が残り品々を展示される事はどれだけ偉大であったと言うことがかよく分かりました。

170年前からパンを日本で焼いていたのですか 驚きました。
パン焼き窯を拝見しますと現在のピザ焼き窯に似ていますね(笑)
素晴らしい歴史を学ばせて頂きました。
ありがとうございました。
2015年09月08日 08:55
こんにちは

蛭ヶ小島の由来は
狩野川の周辺が沼地で
実際に小島の状態になっていて
南方系人がカヌーで往来して
いたので狩野川という名前になったという
異説もあるぐらいです
2015年09月08日 09:49
歴史は本当に楽しいということがこの年になって改めてわかってきました。ミクミティさんのストーリにひきつけられています。今回の江川英龍というお代官様「出直し大明神」とか「パン祖」凄いお方なのですね。知らないことばかりで伊豆へ行く機会があれば韮山城へぜひとも行きたくなりました。
2015年09月08日 16:29
知らないことばかりです。
一面のヒシ池の韮山城址あたりは湿地帯、韮山城主は北条氏の祖先。その後は有名代官江川太郎左衛門が歴代治めたが、幕末の江川英龍は開明的な役割を果たしスーパー代官だったのですね。
今、伊豆の国市、その建物は文化財に指定されていて、テレビの撮影現場にもなっているそうですね。
ミクミティさんの歴史のシナリオは実に分かりやすくって楽しいですね。素晴らしいですね!!
2015年09月08日 20:22
HTさん、早速のコメント有難うございます。

私も韮山には様々な歴史があったことを実際に来てあらためて実感しました。鎌倉幕府の始まりも、戦国時代の始まりも、明治の文明開化の始まりも、ここ韮山が起点となっているような気がしました
不思議ですよね。私も記事を書きながら、想像を膨らませて楽しんでいます
2015年09月08日 20:23
こんばんは。
私にはほとんど未知の世界でした。
名前を戦略的に変えることもあったのですね。
代官の江川氏も初めて知るところです。
オールマイティな才能のある人ってたまにいますよね。
私はもうちょっと能力があるのかと期待していましたが平凡じゃないけど劣るところばかり目立ちます。
2015年09月08日 20:26
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、韮山の江川太郎左衛門は全国的にはそれ程知られていませんよね。幕末の江川英龍がもう少し長生きをしていたら、幕府の歴史は少し変わっていたのではないかと思います
幕末は、幕府と雄藩が切磋琢磨して日本の将来を考えていたんだなと感じるのです
2015年09月08日 20:30
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

韮山は北条早雲にとっては特別な場所だったのでしょう。ここから国を獲り、戦国大名へと一族を発展させていったのですから。北条という名前も、韮山を治めたからこそ名乗れるようになったような気がします。
私も色々と想像してしまいます
2015年09月08日 20:44
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

江川英龍はそれ程知られていませんよね。これから更に活躍するという時に亡くなってしまったからかもしれません。そのうち、ドラマなどで取り上げられるかと思います
パン祖の碑は確かに徳富蘇峰の揮毫だそうです。実は私も意外でした。どういう関係か 私も分かりませんでした。
2015年09月08日 20:52
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

北条早雲は、自らの力で伊豆の国を獲得し、更に小田原城から相模・武蔵へと勢力を拡大。その後、関東全体を治める後北条氏の祖ですね。もの凄いエネルギーを持った方だったと思います
江川英龍は、開明的なお代官様であり学者でもあったのですね。だから新しいものにもどんどんトライしたのではないでしょうか
ハッピーさんは、老舗のご商売の家系なのですね。偉大なご先祖様ですね
2015年09月08日 20:56
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

「JIN-仁」を観ていましたか。確かにロケのシーンが多かったですよね。そのうちの一つが江川邸だったのですね。今回来て、ちょっと驚きました。
重要文化財がロケ地になっているっていいことだと思います。
パンもまだパンという言葉が無かった頃でしょうね
2015年09月08日 20:59
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

韮山には様々な歴史があったんだなと実際に来てあらためて感じました。パンの歴史もここがスタートだったとは
不思議な感じがします。
代官屋敷はなるほど立派でした。それが重要文化財として残っていて、テレビドラマのロケで使われるというのがいいですね
2015年09月08日 21:01
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、私も韮山に来てあらためてその歴史の豊富さを実感しました。様々時代で変化の起点になっていたような気がして、想像を膨らませてしまいました
そんな思いをブログに残しておきたかったのです。
行って良かったです
2015年09月08日 21:13
やっとさん、コメント本当に有難うございます。

そうですね、池はお城の掘りだったようです。江戸時代の初めに韮山は幕府直轄の天領となり、江川家が代官として治めることになったのですね
歴史的に見てここは伊豆の国を治める拠点。伊豆の国市という名前に何となく納得です。
そして江戸時代後期に登場する江川英龍は本当にスーパー代官だったのだと思います。長生きしていればもっと活躍して歴史に名を残したような気がします。
そうでなかったところが、歴史なのですね。ただ、江川英龍が影響を与えた歴史上の人物は非常に多かったのも確かです。
2015年09月08日 21:16
無門さん、いつもコメント有難うございます。

江川太郎左衛門はよくご存知ですよね。今回、ようやく取り上げることができました。以前より気になっていた人物。やはりここを訪れてその偉大さをより感じました。
それにしても、カヌーから狩野川と名付けられたという説にはびっくりです
2015年09月08日 21:20
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

私の記事を面白く読んでいただき光栄です。私自身も韮山の歴史に触れながら楽しく散策ができました。まだまだ深い歴史があるなと思いました
そして、江川英龍の偉大さもここへ来てあらためて実感できました。もう少し長生きをされたら幕府の歴史も少し変わっていたのではないか、そんな想像をしてしまいます
2015年09月08日 21:24
みっきいさん、いつもコメント有難うございます。

私の記事を楽しく読んでいただき嬉しいです。私自信も韮山の歴史散策を楽しめました。
鎌倉時代の始まりも、戦国時代の始まりも、明治の文明開化の始まりも、韮山が起点の一つになっているような気がします
そう考えると面白いものです。
江川邸がテレビドラマのロケ地になっているとは。これまた面白かったです
2015年09月08日 21:29
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、戦国大名は名前を戦略的に変えたのだと思います。北条氏綱、上杉謙信、徳川家康。北条氏がその走りの一つだったような気がします。
江川英龍は確かにオールマイティーのような感じですね。才気にあふれていたからこそ、影響を与えた人も多かったと思います。もう少し長生きをしていていたら、幕府ももう少し強くなっていたかも、そんな想像をしてしまいます。
自分は いや~、ここでは自分のことは忘れましょう。
2015年09月08日 21:57
伊豆の国市と言う命名が話題に上ったことを思い出しながら拝見しました。韮山は、今から二十数年前に反射炉を見学しましたが、当時は小学生で、興味が湧かなかったのですが、今は韮山も多くの人に愛されよかったです。江川英龍がパン祖と言われたということも知りませんでしたが、面白い話に興味が湧きました、歴史っておもしろいなあーと。もう一度訪れてみる価値がありそうな伊豆の国市ですね
2015年09月09日 08:37
歴史に疎い私にはとてもいい勉強になりまいた。韮山は訪れたことがあリませんので興味が湧いていました。私の場合、どうしても写真としての面白さ、美しさに眼が向きがちですが、歴史的な視点から被写体探しをしていかなければと教えられました。
2015年09月09日 11:02
韮山の反射炉は見学に行ったことがありますが、此方の歴史は勉強させていただきました。
丁寧な説明と、わかり易く撮られた画像とても参考になり有り難いです。(^_^)v
2015年09月09日 17:07
江川邸・・夏の旅では、この場所も時間がなくて
寄ることは出来ませんでした。
私個人的には、大昔ですが、一度訪れたことがあります。
その当時か、ここのブログに書かれているような知識はなく
なんとなく時間が過ぎてしまいました。
今思えば、もったいない事をしてしまいました。
2015年09月09日 17:10
江川邸・・この場所も今年の夏の旅では
時間がなく、寄ることはありませんでした。
でも、大昔、訪れてた事はあるのですが
その時には何の知識もなく、ただボヤーっと
時間を過ごしてしまいました。
今、思えばもったいない事をしました。
2015年09月09日 21:06
こんばんは。
池と広い土間に引き付けられました!
大沢たかおのファンですから仁は観ていましたし、篤姫も面白く観ていました。
どこかに仁のシーンが残っていたのか拝見していて土間が気になっていたのです。
ここで撮影されたとは知りませんでした。
2015年09月10日 21:25
ミックンさん、いつもコメント有難うございます。

伊豆の国市、最初は変わった名前だなと思っていました。ただ韮山の歴史的な役割をよくよく知っていくと納得します。
鎌倉幕府の始まりも、戦国時代の始まりも、明治の文明開化の始まりもここ韮山が起点の一つだったと思えます
だからこそ史跡や名残もありますね。
まだまだここで歴史を探索したいと思いました。また訪れたいです
2015年09月10日 21:28
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

今回は典型的な史跡巡りの旅。あまり美し写真を撮る機会がなかったのです。とはいえ、魅力的な写真も撮りたいなと思っています。
そういう心の余裕が欲しいなと思います。茜雲さんの写真を見てそういうふうに感じます。
褒めて頂き有難うございます
2015年09月10日 21:32
やまびこさん、コメント本当に有難うございます。

韮山反射炉は世界遺産に登録されたばかり、盛り上がっている雰囲気を感じました。ただ、韮山は反射炉だけではない、それは歴史を辿れば明らかです
様々は歴史の起点となっており、興味深い史跡が多いことに驚きます。ブログを褒めて頂き嬉しいです
2015年09月10日 21:35
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

この夏、ゆうさんとはニアミスしていたようですね。私も韮山の史跡が思っていたより沢山あって、思いがけず楽しめました
韮山が様々な歴史の起点になっていたことをあらためて実感しました。
私もまたじっくりと調べて訪れてみたいと思っています
2015年09月10日 21:42
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

韮山城跡前の城池、大きくて緑が印象的でした。この池も歴代の江川太郎左衛門が代官として整備してきたのかなと思います。
その江川邸が今は重要文化財。そこが数々のテレビドラマのロケ地として使われているのも面白いことです。確かに土間は立派でしたよ~
2015年09月11日 15:03
遅くなりまして。
韮山は、北条早雲が城を構えた
後北条氏ゆかりの土地だったんですね。
城跡が残っている事も初めて知りました。
これまでの旅行記事と併せ、
鎌倉北条氏と、戦国時代の後北条氏が、
この韮山という土地の地縁で
繋がっているという事情が分かって、
大変興味深かったです。
お代官様にも開明的な方がいたんですね。
2015年09月11日 22:58
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、韮山は鎌倉北条氏にとっても後北条氏にとっても拠点であった土地。逆にいえば、伊勢盛時はこの地の治めたからこそ、息子の北条氏綱が改称に踏み切ったのでしょう。
その地に江戸時代は名代官が生まれるわけで、、。面白い歴史がある土地だなと思います
私の記事を興味を持って読んで頂き嬉しいです
2015年09月12日 11:27
おはようございます。
この韮山にもお城があったのですね~。
全く知りませんでした。
日本には数万のお城(跡)があると以前聞いたことがありますが、あまり有名ではないお城を知るのも意味深いものがありますね。
江川英龍というお代官様、始めてパンを焼いたのですね。
乾パンとは言えど、たしかにパンですね(笑)
そして、ここが大河ドラマのロケ地だったとは!
驚きました!!
2015年09月12日 13:15
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、韮山城跡はあまり知られていないかもしれません。とはいえ、戦国時代の台頭を象徴するあの北条早雲の居城だったのです
その後、豊臣方に破壊されて江戸時代も天領として代官が置かれたので、お城としては使われたなかったのですが。
一方で、江川英龍の活躍も痛快です。もう少し長生きをしていれば歴史も少し変ったかもしれません。
今その邸宅が、ドラマのロケ地として使われているのが微笑ましいです
2015年09月12日 13:30
こんにちは。
韮山が後北条氏の拠点であったとは、正直言って知りませんでした。更に江戸時代に入ってからこの地を治めた代官が江川氏、で幕末には江川英龍の様な優れた代官が登場、代官と言うと水戸黄門の懲らしめられる悪代官を連想しがちで、良いイメージを持っていなかったのですが、実際はそうでは無く優れた方もいた訳ですね。今回も余り知られていない歴史を紐解いて頂き、興味をもって拝見させて頂きました、ありがとうございます。
2015年09月12日 14:29
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、韮山城は後北条氏の拠点。逆言うと、韮山に拠点があったからこそ、小田原城に本拠を移した後に北条と名乗ることになったような気もします
その韮山は、江戸時代に全国でも有数のお代官様によって治められていたのですね。確かに、水戸黄門に出てくる悪代官とはだいぶイメージが違いますよね
私も韮山の歴史の奥深さを訪れてあらためて実感しました
2015年09月13日 11:25
早速にお越し下され、励まして頂き
ありがとうございまた。
2015年09月13日 18:41
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

こちらこそ、いつも褒めて頂き感謝しています
2015年09月16日 08:05
北条早雲って名前はよく聞きますが、豊穣を名乗った事がないとは知りませんでした。
伊勢氏と云う事はやはり伊勢方面から伊豆の方へと移ってこられたのでしょうか。
確かに代官というと酷いイメージがありますけれど、案外江戸幕府って公平なところがあったとも聞きますので よほど酷い代官で無い限り交代はなかったのかもです。
その中でもこの江川家はずば抜けた先見性を持っていられたのでしょう。
こちらに寄せてもらうと、見逃しがちな歴史の一コマを知る事が出来て楽しいです。
2015年09月16日 22:11
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんですよ、北条早雲は生前に北条を名乗っていなかったそうです。その息子の北条氏綱が改称したのです。
とはいえ、早雲が鎌倉北条家の故郷である韮山を治めたことが大きな意味を持っていたと思います
伊勢氏は平氏の流れ、早雲はその庶流のの備中伊勢氏だったとか。つまり、岡山出身のようです。
一方で、江川太郎左衛門の韮山代官はほぼ江戸時代を通じで続いたわけで、幕府からも信任が厚かったのだと思います。更に、幕末には江川英龍が登場して、一気に国政にも影響力を発揮する代官となるなんて
そんな歴史もドラマや小説になると面白いなと思います

この記事へのトラックバック