駿府公園の庭園を眺めて

そもそも大御所の居城であった駿府城の遺構は、現在は駿府公園(すんぷこうえん)となっています。

駿府公園の見所は、先にご紹介した駿府城二の丸東御門(ひがしごもん)と巽櫓(たつみやぐら)。かつての城郭の面影を再現しています。

そしてもう一つは、紅葉山庭園(もみじやまていえん)

平成13年の完成で、かつての優雅な大名庭園を再現しています。
画像


駿河の国名勝を盛り込んだといわれる庭園。四季折々の美しさを見せるこの庭園も、今は夏真っ盛り きれいに整備されています。確かに、大御所時代には立派な庭園があったのだろうなあ、と思わせます。

「海の庭」と呼ばれる堂々たる大きな池は、駿河湾を表しているそうです。
画像


よく見ると右奥に富士山を表す小山が。
画像


近づくとこんな風景。三保の松原周辺をイメージしている。
画像


富士山のてっぺんにスプリンクラーがあるのが、新しい庭園らしいというべきか。
画像


この辺りは「山里の庭」
画像


まだできてから10年程の庭園ですが、実に繊細な和の風情を感じます。
画像画像
画像画像


ここからは茶室が見えます。オニユリも咲いています。
画像


涼しげな小滝もあります。
画像


そして小川にはモミジの葉が。
画像


この辺りは「山の庭」。モミジが紅葉したら素晴らしい景色でしょう。
画像


こんな優雅な紅葉山庭園をたっぷり味わった後、真夏の日差しの中、更に駿府公園を散策しました。


画像

基本的に広場が多い ややだだっ広さが強調されて、すこし物足りなさを感じる気はします。


それでも、洋風の庭園もなかなかきれいに整備されていて思わずカメラを向けたくなります。
画像画像

画像




最後に、駿府公園の中に、ランタナが群生している場所がありました。
画像


沢山のランタナの花が咲いていて、とっても魅力的 久し振りにマクロレンズで撮影。
画像


こうやってみるとランタナの花が実になるまでの流れがよく分かるんですよね。

画像画像
画像画像
画像画像


美しくも可愛くもありながら、面白い花だな~としみじみ眺めて、思わず時間も忘れて撮影していました。


和洋それぞれの庭園が、キラッと光る駿府公園でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 78

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

baisa
2011年07月31日 18:01
まだ明るくチョッと早めの こんばんは。
どんどん新しい公園を造るのも歴史を踏まえての設計でしょうが、その時の時世を表現するのは難しいでしょうね。
こうして拝見しての散策をとても楽しくお供させて頂き感謝いたします。
有難う。
2011年07月31日 18:16
こんにちは。
大名庭園を再現なんだからさぞ凝っていて広いでしょうね。ゆっくり散策に相応しい場所のようです。
そういえば私は庭園いうような場所を訪れたことがあるのか記憶にありません。
天然専門かなぁ。
2011年07月31日 19:15
紅葉山庭園にも行きましたが、遠方から来たのに池の中に作業員が入って清掃中であったため。景観がぶち壊しでした。 紅葉山庭園ですので秋の紅葉も綺麗なんでしょうね。
2011年07月31日 19:39
baisaさん、いつもコメント有難うございます。

紅葉山庭園は、駿府公園の広い敷地の一角にある本格的な日本庭園。できればお城の面影と一緒に作られればよかったのにと思います。
それでも良く手入れがされているし、庭の造形も素晴らしいと思いました。庭師の方々の努力の賜物のような気がします
2011年07月31日 19:43
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

広さはまずまず。なんと表現したらよいか。
人工の造形美もいいものです。庭師の方が丹精に造りこんで整備している様子が伝わってきました。ここは更に茶室があり。和菓子とお茶を食しながら、庭園を見るのが本来は魅力の一つ。でもこの日は暑くて、ペットボトルのスポーツドリンクの方が魅力的でした
2011年07月31日 19:48
まーぴかさん、いつもコメント有難うございます。

紅葉山庭園は造形的にも美しくよく手入れされた庭園だと思いました。時折、大規模な清掃や改修を行いながらこういう庭園は維持されていくのでしょうね。
確かに四季折々の美しさがありそうな気がしました。モミジの葉は夏でも趣がありましたよ。まして秋は、、。
2011年07月31日 20:48
駿府城も立派でしたが、駿府公園も日本庭園あり、洋風庭園ありで素晴らしい所ですね
こんな茶室でのんびりとお茶が飲めたら最高ですね!!
それにしてもランタナと言うのですか。
ほんと面白いお花ですね!!
思わず写真を見入ってしまいました。
見れば見るほど不思議な形ですね。
これは時間も忘れて撮影しちゃいますね
2011年07月31日 21:16
風情があって佳い公園だなァ…。
案外とこォいう公園ッて少ないんですよネ。
ひとつの公園で駿河の国を表すアイデア…、考え方に寄ったら箱庭もおんなし宇宙観なのかな?
庭ひとつ取ってもお題があるって感じですもん。
2011年07月31日 21:41
日本庭園て四季折々や庭園の中に自然の風景を表現している物がとても多いですよね。それが日本人の心に響くのでしょうか。とても心が落ち着きますね。
2011年07月31日 22:19
雰囲気いいですね。静岡の中心部で、今思うと会社の通勤路だと思うと、、、驚きです。
でも、その時は見る余裕あったかなあと思うと、、、。
確かに再訪してみて、静岡のいろいろな思い出を思い返しながら、撮影するのはいいかもしれませんね(^_^)
2011年07月31日 22:29
富士山や三保の松原など、静岡の名所を上手く取り入れて作られた庭園なのですね。富士山の前の植え込みは、茶畑をイメージしているのでしょうか?
緑も濃く、とても開園してまだ10年程の庭園とは思えません。
今回はマクロレンズの久々の登場ですね。ランタナの花から、実になるまでの流れ、とても判りやすく勉強になります。
2011年07月31日 22:45
こんばんは。

いつも気持玉を、そしてコメントいただきありがとうございます。
駿府公園の中ってこうなっているのですね。。。
駿府城、行ったことないです~。
一度は行ってみたいです。
大きな復興天守があってもいいお城なのに。
出世城ですもんね~!
2011年08月01日 06:47
こんにちは

このただ広いだけの広場には
今はイベント会場になっていますね
特に毎年開催される
大道芸ワールドカップの主会場
世界各国から芸人が詰まり
観客はアルミ脚立持参で見物
かつては代々木体育館の原型の
駿府会館が建っていました
丹下健三氏の設計でしたよ
2011年08月01日 10:31
マクロレンズが登場しましたね。ランタナもこうしてマクロで撮ると別の花みたいですね。複雑な花を単純化して、その魅力を如何なく表現されています。
こうして撮っていると時間の経つのも忘れてしまいます。お連れの方はいらっしゃいませんでしたか。私の場合、妻と出かけると急かされてしまい、写真が主なときは一人で出かけることが多いです。
2011年08月01日 10:55
駿府公園は広くて綺麗に整備されていて、素晴らしい公園ですね。一度は行って見たいです。
ランタナってお花を初めて見た時、その可愛らしさに驚きました。実も可愛いですね。

母の事では大変ご心配をおかけしました。
ブログ玉、嬉しかったです。
そろそろ、カメラを持って出かけたいのですが、風邪をひいてしまい、暫くはおとなしくしています。
ありがとうございました。
2011年08月01日 11:09
随分管理が行き届いているのですね。
そういえば、近頃どの公園や施設にを訪ねても随分以前より整備されています。
・・奈良の隠れた桜の名所・・「又兵衛桜」・・
随分昔は崩れた土塀に石垣、見事な枝垂れを自然な味わいで楽しませていただいたものです。
何年か前に驚きました・・・すっかり公園風になり。。
面影は全く無くなり・・連れ合い。。来なければ良かった!と一言。同じ思いでした。
そんなこと感じられることありませんか?
2011年08月01日 19:19
しげっちさん、いつもコメント有難うございます。

駿府公園の中の紅葉山庭園はとっても優雅な和風庭園です。歴史がそれ程なくても庭の設計や植栽や整備で素晴らしい庭園が完成するのですね。静岡市も結構投資したのではないでしょうか。ランタナは最近いろんなところで目にします。夏の日差しに映え本当にユニークで可愛い花ですよ。私もこんなに沢山咲いているのは初めて見たんです
2011年08月01日 19:24
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、新しい庭園ながら駿河の国全体をイメージしているという少し欲張りな趣向ですね。確かに「箱庭」のコンセプトにも繋がると思います。
正直、静岡市もかなり頑張って投資して整備しながらこの庭園を維持していると思うんです。駿府公園の見所として大事な庭園でしょうから。
2011年08月01日 19:29
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

暑い夏に水をたっぷり施した庭園を眺めて癒されました。手入れを行き届かせ風情を確保する為に、庭師の方々のたゆまぬ努力を感じます。お金も掛かっているとおもいますし、、。
2011年08月01日 19:35
たかじいさん、いつもコメント有難うございます。

おそらくこの紅葉山庭園は、静岡市が駿府公園の新しい見所として力を入れて造ったような気がします。庭園の設計や造形に並々ならないものを感じました。新しい静岡へまたいつか訪れてみては。
2011年08月01日 19:40
Tapirさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね。紅葉山庭園はとても味のある和風庭園です。庭師の方々の端正な庭造りで歴史は浅くてもすばらしいものができるのですね。
一方で、ランタナの群生にはちょっとびっくり。色んな表情を見せるランタナは、格好の被写体ですね。沢山あったので色んな成長段階のランタナが撮れてよかったです
2011年08月01日 19:44
トトパパさん、コメント有難うございます。

正直、駿府城址や駿府公園はそれだけを目的とすると少し物足りないかもしれません。確かに大御所の城の面影がもっとあってもいいのに、と思ってしまいます。
その中で紅葉山庭園は心癒される見所の一つなんです。
2011年08月01日 19:50
無門さん、いつもコメント有難うございます。

さすが無門さん、よくご存知ですね。勉強になります。確かに駿府公園のこの広い空間は適宜イベントに使われるんだろうと思いました。それはそれでいいことですよね。
ただ、もう少し大御所の城の面影が残っているといいですよね~。また行きたくなるように!
2011年08月01日 19:53
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

ランタナの写真を褒めて頂き嬉しいです。本当に不思議で可愛らしい花ですよね。沢山咲いていたので、沢山写真を撮ってしまいました。色んな表情があるので飽きないんですよね。
今回は一人でした。だから思う存分時間を使いましたよ
2011年08月01日 20:00
momijiさん、いつもコメント有難うございます。

この度はお母様のことお悔やみ申し上げます。実は最初にmomijiさんのお母様の記事を読んだとき、どうしてよいか分からなかったのです。気持ち玉を気軽に送るのも気が引けて、、。誰の気持ち玉もなくて、、。
そして遅れてしまいました。
しばらくじっくり休養して下さい。心身ともに疲れをとると、また自然に素敵なブログが書けるようになると思います。あせらないで下さいね。
2011年08月01日 20:06
やろいさん、コメント有難うございます。

確かに最近は各地で観光客誘致のために色んな努力をしていますよね。この紅葉山庭園もそんな見所の一つだと思います。
今回は私ひとりで回りました。庭園や花に十分時間をとって撮影するには自分だけの時間が必要ですね。美しさを共感したいという気持ちと、自分だけで思う存分楽しみたいという2つの気持ちがいつも同居しています。でも最近は後者ばかりかな~。
2011年08月01日 22:13
富士に茶畑。三保の松原。駿河湾。
お国名物勢ぞろいですね。滝も涼しげです。
但し、暑かったんじゃないでしょうか。
庭園内はいいですが、広場を移動する時は
太陽がきつそうで。もう少し建物があると
散策しやすいかなあ…と思ったりしました。
2011年08月02日 15:14
ミクミティさん、こんにちは。
日本のよく知られた風景を模した庭園というのは、それぞれの庭園でそれぞれの工夫が見られて面白いですよね。この紅葉山庭園の富士山は、さすが静岡、茶畑の向こうにそびえ立つ富士山の風景なんですね~。
ランタナは咲いている時にしか見た事がなかったのですが、こんな風に花が咲いて実になっていくんですね。何ともかわいらしいお花です。
2011年08月02日 18:04
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、本当に暑かったです。帽子を被ってペットボトルの水を飲みながら、、。そうそうこの紅葉山庭園の入り口では、ウチワをサービスで提供していました。この時は茶室は使用中で入れませんでした。冷房の効いた上品な部屋で冷たいお茶を口に含むのも乙かもしれません。
2011年08月02日 18:07
AOIさん、コメント有難うございます。

その通りですで、「いかにも静岡」という庭園ですね。静岡市が力を入れるわけです。この紅葉山庭園が存在が駿府公園の魅力向上にある程度貢献していると思います。
そしてランタナの写真を気に入ってくださり嬉しいです。私も夢中になって撮影してしまいました
2011年08月03日 23:41
 駿府公園! 広いですねぇ~ (@_@) 
暑さに弱い私には無理ですね 秋はいいでしょうね
特に和庭園 ミニチュア 富士山 三保の松原に興味ありあり! 富士山のてっぺんからお水が噴火しているのも楽しそう・・ ^m^ 
 綺麗なランタナマクロ写真で理科のお勉強も出来ました
ありとうございました m(__)m  (^.^) 

2011年08月04日 21:30
みなみ風さん、いつもコメント有難うございます。

暑かったんです。でもペットボトル片手に写真を撮っていました。そういえば入口でもらったウチワも使ってました。
私も駿府公園の写真で喜んで頂き嬉しいです。暑い中、撮影した甲斐がありました。
2011年08月04日 23:07
こんばんは。
こんなに素敵な公園があったなんてちっとも知りませんでした!落ち着いたよい雰囲気の公園ですね。
今度田舎の帰ったらよってみたいです♪
小川に浮かぶもみじが、とっても涼しげで素敵ですね~~
2011年08月06日 21:09
桜子さん、いつもコメント有難うございます。

紅葉山庭園はまだ新しい庭園ですよね。静岡の観光名所として今後益々評価が高まっていくのではないでしょうか。是非、訪れてみて下さい。やっぱり秋の紅葉の季節でしょうか。モミジの写真が沢山撮れますよ!

この記事へのトラックバック