「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊谷の歴史を語る万平公園から熊谷駅へ

<<   作成日時 : 2018/04/08 19:18   >>

ナイス ブログ気持玉 196 / トラックバック 2 / コメント 50

前回、熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)の桜並木をじっくりと散策したり撮影した後、私が足を運んだのはこちらの公園でした。
画像

チューリップの花壇が素敵ですが、一見どこにでもある児童公園といった雰囲気。
画像

熊谷桜堤から歩いて5分ほど。ここは万平公園(まんぺいこうえん)といいます。
画像

桜堤や屋台の喧騒を離れ、ここは静かで地元の方の公園といっていいでしょう。多くの観光客もここへ立ち寄る人はごくわずかです。

それでもこの時期は、この何気ない公園も桜に彩られとっても素敵な感じ。
画像

八重紅しだれ桜のピンクとソメイヨシノの白さの組み合わせがとってもお洒落で綺麗でした。
画像

地元の方は、大勢の人が押し寄せる熊谷桜堤よりも、お花見の場所としてこの公園を選ぶ人もいるでしょう。

この日も、桜の下で子連れのお母さん達が楽しそうに語らっていました。
画像
ご覧の通り、立派なソメイヨシノの木があって、その満開の風景は見事でした。

ところでこの公園、ところどころに大きな石碑があります。
画像

こんなふうに桜の木の下にある石碑もあります。
画像
石碑の文字はなかなか読めませんが、ここに何か特別な歴史があったことを感じさせます。

実は、この石碑の裏の少し高くなった部分が歴史的な土地なのです

今は、その高台から長〜い滑り台が設置されています。子供達が喜んで滑っていました。
画像

この高台に登って見ると、そこには風情ある桜並木が続いています
画像

そうなんです。この場所こそ、元祖の「熊谷堤(くまがやつつみ)」

現在、人気のお花見スポットとなっている熊谷桜堤のずっと前から歴史的な桜の名所であった場所です。

もともとは、16世紀後半の戦国時代に、鉢形城(はちがたじょう)城主の北条氏邦(ほうじょううじくに)によって作られた堤防だったとのこと。荒川の氾濫から領民を守るための堤防は、「北条堤」と呼ばれていたとか。北条氏の関東での善政の一環でしょう。

そこに、江戸時代に桜が植えられて桜の名所として知られるようになったそうです。その頃は、ソメイヨシノではなかったはず。

その後、明治に入り一旦荒廃してしまったそうですが、明治16年(1883年)の高崎線開通の機会に、熊谷の有力者であった竹井澹如(たけい たんじょ)林有章(はやし ゆうしょう)といった人達の働きで、ソメイヨシノや彼岸桜の植樹が始められたとのこと。
画像

明治終わりから、大正、昭和初期と、熊谷は全国的な桜の名所になっていったそうです。この堤に「一目千本」と呼ばれるほどの桜並木が整備されて、昭和2年(1927年)に史跡名勝天然記念物にも指定されたとのこと

今、ここにひっそりとその名残を示す石碑が立っています。
画像

実は、この「熊谷堤」は戦後の都市開発の中で、ほとんどが取り壊されて天然記念物の指定も解除されてしまったそうです

今、この万平公園の一角にある100m程の部分が、当時の熊谷堤の面影を残しているのだとか。

万平公園という名も、先述の竹井澹如の幼名の「萬兵」ゆかりの地名にちなんでいるそうです。地元の方々の桜への強い思いが感じられます。

その歴史ある堤は、子どもの遊び場としても使われています。
画像

現在は、150m程南の荒川の土手が熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)と呼ばれ桜の名所として生まれ変わっているわけで、その変遷の歴史に思いを馳せました

それから、万平公園にはこんな記念碑もありました。
画像
このなかなかユニークな碑は、かつて養蚕業が盛んであったころ生糸生産に使われた膨大なカイコの繭(まゆ)を慰霊する蚕霊塔(さんれいとう)だそうです。

やはり、桜に囲まれていました。この公園が熊谷の歴史を語る大事な存在であることを感じさせます。

そんな思いを持って、万平公園を離れ熊谷駅へ向かいました。

ところで熊谷と言えば、最近では夏の気温の高さで全国的に有名です

こちらは、熊谷駅南口
画像
テレビのニュースや天気予報で、駅周辺が取材されることがよくありますね。

新幹線も停まる立派な駅です。この日は、紅シダレ桜が綺麗に咲いていました。

秩父鉄道の面白い電車もあって、目を引きます。
画像
ちょうど、有名なSLパレオエクスプレス号は、既に発車済みでした。

次に、JR熊谷駅の北口(正面口)にも行ってみました。
画像

すぐに目に入るのがラグビーボールのオブジェ。
画像
ラグビー場へはここから向かいます。

2019年のラグビーワールドカップの開催地の一つである熊谷の盛り上がりも感じます。

そして、駅のロータリーの真ん中にある熊谷直実(くまがい なおざね)の像
画像
源頼朝義経とともに挙兵し、「平家物語」「敦盛(あつもり)」の段で有名な武将ですね。

駅に地元の歴史的な武将の銅像がある光景は、どこで見ても微笑ましいです。


最後に、熊谷の名物を是非食べてみたいなと思って立ち寄ったのがこちらでした。

あまり知らなかったのですが、熊谷うどん
画像

荒川と利根川にはさまれた肥沃な土地で育った特産の熊谷小麦でできているそうです。

駅のうどん屋さんなのですが、肉ネギつけ汁うどんが結構おいしかったです。
画像
「熊たまや」というお店、食べて良かったなと思いました。

気温が40度を超えると割引をするお店もあるそうですが、ここは違うのだろうと思いました




Manpei Park and Kumagaya station, Kumagaya, Saitama, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 196
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊谷桜堤の絶景、桜と菜の花の壮大な共演
毎年この時期になると、桜の絶景を見にどこかへ行きたくなります。年によって桜の開花時期はかなり差があるので、そのタイミングとともにどこへ行くかもかなり迷います。平成30年(2018年)3月30日、私は埼玉県の熊谷(くまがや)へ向かいました。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/04/11 21:33
豪華絢爛な国宝、妻沼聖天山の本堂と桜の美しすぎる輝き
豪華絢爛で細密な彫刻群の脇を桜が彩りを添え、そこへ日光が差し込む。まさに神々しい光景に出会いました。 これはなかなか見ることができない。感激でした。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/04/15 20:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
万平公園の桜の木は大きくて
見事ですね
寄ったことはないのですが
桜の時期に何度もこの前の道を
車で通ったことがあります
いつも元気な子供たちの声が
響いている公園です
うどん、美味しそうですね
ここで熊谷の歴史も再認識いたしました
すみれ
2018/04/08 21:35
熊谷桜堤にこのような歴史があったのですね。
今は石碑から当時を偲ぶしかありませんが、立派な桜がそれを証明してくれていますね。
見事な桜を今でも見られるのは幸せです。
埼玉は深谷ネギを筆頭にしてネギの生産量が日本一なのだとか。
肉ネギつけ汁うどんのネギは埼玉産で決まりですね(笑)
うふふ
2018/04/08 22:46
つい、熊谷となると夏の気温を思い出してしまいます。
公園に立派な桜。その公園に深い歴史もあってその歴史を
背景に子供たちが遊ぶ。
昔の方が行った事が、今の時代になって花が咲く。
こんな歴史がずっと続くといいです。
今の良い行いが後世に花が咲く。
ちょっと楽しいロマンです。
ゆう
2018/04/08 22:56
こんばんは。

素敵な公園をご存知なんですね。
地元の人しか知らないような公園なんですかね。
桜が見事ですね。
綺麗ですね。
熊谷って行ったことないです。
知り合いにもいないし、私にとっては縁遠い場所です。
トトパパ
2018/04/08 23:01
こんばんは。
ここが本来の熊谷桜堤だったのですね。
流石、目の付け所が違いますね。
堤を全部壊さないのが日本的なんでしょうか。
歴史を桜で覆い、更には子供たちが遊んでいる。
かけがいのない姿に感じます。
暑さに関しては山形がこのあいだまで日本記録持っていたなんて忘れ去られていますね。
tami
2018/04/08 23:42
こんばんは!
万平公園も桜が綺麗ですね。子供たちの遊具もあって楽しい遊び場所になっているんですね。
本来の熊谷桜堤がここであったことは碑が物語っているだけになっても立派な桜が証明してくれていますね。
熊谷というと夏の最高気温を思います。
うどん美味しそうですね。
eko
2018/04/09 00:09
万平公園は地元の公園という事ですが、これだけ咲いていると桜の名所と言えそうです。
私も多くの人が押し寄せる所よりここを選びたくなります。
それが、元祖熊谷堤に繋がっていますか。
戦後の都市開発で取り壊しとは、残念な事です。
ソメイヨシノそのものがさほどの歴史がありませんから、歴史ある並木を残して欲しかったですね。

「熊谷駅前の気温は現在41度!」とかの映像で知っている場所です^^)

平敦盛と熊谷直実の合戦の場を想定した像が神戸の須磨寺にあります。
http://21846851.at.webry.info/201411/article_6.html

『直実は我が子直家と同じ年頃の若武者を見て、助けようとして名を尋ねる。
敦盛は「お前のためには良い敵だ 首を取って人に尋ねよ 速やかに首を取れ。」と答えた。
背後に味方の手勢が迫っているので、「同じことなら直実の手におかけ申して、後世のためのお供養をいたしましょう。」と言って、泣く泣くその首を切った。
このあと、直実は仏門に入ったという。』

『若干17歳(源平盛衰記では16歳)で首を切られた敦盛ですが、笛の名手でした。
その青葉の笛が宝物館にあるが、写りが悪い。』
と、紹介しています。

熊谷うどんを知りませんでした。
讃岐はぼっかけですが、熊谷はつけ汁のざるうどんですか。
麺は冷たいでしょうから、夏向きですね。
アルクノ
2018/04/09 14:13
普通の公園と見えますが、実は歴史があったのですね。
でも色とりどりの桜はきれいです。子供さんの遊び場もあれば、公園へ行く機会もたくさんあるでしょう。遊び場というのは子供さんにも歴史を知ってもらうことにもつながりますね。
はるる
2018/04/09 19:52
さすが、ミクミティさん。お花見だけではなくちゃんと歴史散策も兼ねているのですね。すごいです。熊谷直実、なんとなく覚えているような^^;参考にさせて頂きます。。
かるきち
2018/04/09 21:07
すみれさん、早速のコメント有難うございます。

万平公園、ご存知でしたか。普通の児童公園にようにも見えますか。隠れたお花見の名所という佇まい。地元の方々には愛されていると思いました。よく整備されていました。
うどんは、失礼ながら予想よりずっと美味しかったです。
ミクミティ
2018/04/09 22:17
うふふさん、早速のコメント有難うございます。

万平公園で、熊谷の桜の名所としての歴史に触れることができて嬉しかったです。やはりただ美しいだけでない何かを感じました。
確かに深谷ネギも有名ですね。肉つけ汁うどんは、本当に美味しかったです。
ミクミティ
2018/04/09 22:20
ゆうさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、初夏になると熊谷の名前をニュースで聴くことになります。もうすぐかもしれません。
今回、熊谷桜堤だけでなく万平公園でも歴史的な堤で桜を見ることができて嬉しかったです。背景に人々の思いがあるんだなとしみじみ感じました。
ミクミティ
2018/04/09 22:23
こんなチューリップを私も撮っているのです。
桜とチューリップ、この時期、私たちの目を楽しませてくれますね。
私は花だけで素通りですが、歴史に思いをはせる、いつもながらさすがですね。
茜雲
2018/04/10 08:31
ソメイヨシノと八重紅枝垂桜。
熊谷は夏の暑さだけ(?)でなく、
桜の風景にも素晴らしいものがあります。
北条氏関係の遺跡というと、
関東各地に残る山城跡が、すぐ
頭に思い浮かびますが、その他にも、
荒川の堤防跡がこうして
今も熊谷に残ってたんですね。
yasuhiko
2018/04/10 12:11
枝垂桜とソメイヨシノのコントラストが綺麗ですね。
良く見られる桜の万平公園を奥深く探っておられるミクミティさんの好奇心と歴史好きがよく伝わってきました。地元の方たちの強い思いが後世に残していくことは立派なことですね。
みなみ
2018/04/10 12:32
こんにちは

公園では
チューリップが花盛り
初夏の風を
運んできますね
無門
2018/04/10 12:48
こんばんは。
万平公園の八重紅しだれ桜やソメイヨシノも綺麗に咲いていますね。カイコの繭の形の蚕霊塔は珍しく、初めて知りました。日本人の精神性の豊かさを実感します。
華の熟年
2018/04/10 20:36
地元の人に愛され守られている公園ですね。
お天気の良い日にちょっとお弁当を食べに行こうか・・という感じがいいです。
熊谷と聞くとクマガイソウを思い出しググってみましたらまさにこのお二人に由来する名前でした。
もしかしたら近くにクマガイソウとアツモリソウが植えられていたのでは?
コマダム
2018/04/10 21:03
トトパパさん、コメント有難うございます。

この公園も地元ではお花見スポットとして知られているそうです。歴史的な堤が残されていることもそれなりに知られているかと思います。
こちらも訪れて良かったです。熊谷は私も通り過ぎるだけで今回初めて訪れました。
ミクミティ
2018/04/10 21:19
tamiさん、コメント有難うございます。

熊谷堤には長い歴史と桜の名所という名声があったのだと思います。それは地元の方々の誇りでもあったのでしょう。それを戦後に何とか残したいという人々の思いで、この公園ができたのではないでしょうか。
山形の日本最高気温の記録は子供の頃からずっと知っていました。それが熊谷に破られた時、時代の流れを感じましたよ。
ミクミティ
2018/04/10 21:24
ekoさん、コメント有難うございます。

万平公園も桜も堂々たるもので非常にキレイでした。満開の桜は公園を素敵に彩っていました。さすが歴史が残る公園です。ここでも遊ぶ子供も後でその歴史を知るのでしょう。
これから暑くなる熊谷、やっぱりつけ汁うどんが合うかなと思いました。
ミクミティ
2018/04/10 21:28
アルクノさん、コメント有難うございます。

万平公園は確かに地元の公園という感じですが、桜の木々は立派で十分お花見スポットとして魅力的だと思いました。地元の方々からも愛されていると思います。
桜の名所である熊谷堤の元祖をずっと残したいという地元の方々の強い思いも感じました。よく整備されています。
一方、熊谷は最近では夏の暑さが全国的に有名になりましたね。ちょっと大変だと思いますが、それはそれで町の個性かなと思います。もちろん春はそんなに気温が高いわけではありませんが。初夏になると急に上がっていくのでしょう。
やはり、つけ汁うどんが合うなと思いました。熊谷うどん、麺も非常に美味しかったです。
熊谷直実と敦盛の物語、その後の様々なところで語られたのですね。切ない話ですから。もちろん全国的に有名なわけで、熊谷の人にとっては、直実がヒーローなのでしょう。微笑ましく感じました。
ミクミティ
2018/04/10 21:37
はるるさん、コメント有難うございます。

地元の公園という佇まいながら、桜も立派ですし熊谷の歴史を残す魅力的な公園だと思いました。歴史好きなら探索してみたくなると思います。
多くの子供がそこで遊んでいたのが微笑ましかったです。大きくなって地元の歴史を知ることになるのでしょう。
ミクミティ
2018/04/10 21:40
かるきちさん、コメント有難うございます。

そうですね、出かけるとその地域の歴史のネタが転がっていないかなと調べたりするのが好きです。桜の名所の歴史を残す万平公園は私にとっても非常に興味深い所でした。
熊谷直実のこともちょっと取り上げたかったのです。語ると長くなるので。
ミクミティ
2018/04/10 21:44
茜雲さん、コメント有難うございます。

淡い桜の美しさも魅力的ですが、チューリップの鮮やかな美しさにも惹かれますね。それを同時に撮りたくなる。気持ちは同じではないでしょうか。
そこに歴史があると私のテンションは高まってしまうのです。
ミクミティ
2018/04/10 21:47
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

熊谷の桜は江戸時代から有名だったとそうです。歴史がありますよね。それが地元の方々の誇りだったのでしょう。今も桜で大勢の人が集まって来るところが凄いです。
夏の暑さが全国的に有名になったのは比較的最近ですよね。それにしても夏にはちょっと行くのためらってしまいます。
ミクミティ
2018/04/10 21:50
みなみさん、コメント有難うございます。

八重紅シダレ桜とソメイヨシノ、その色合いのミックスがとても美しかったです。木々も立派で見応えもありました。
そこに昔からの歴史ある堤と桜並木があって、非常に興味深かったです。とても気分よく散策できました。地元の方々の思いに支えられた公園ですね。
ミクミティ
2018/04/10 21:53
無門さん、コメント有難うございます。

そうですね、今頃は桜も散ってしまっているでしょうが、まだチューリップは残っているかと思います。
これから初夏となりますね。熊谷はその気温の上がり方が凄いのですが。
ミクミティ
2018/04/10 21:55
華の熟年さん、コメント有難うございます。

万平公園の八重紅しだれ桜やソメイヨシノ、なかなか立派で見応えがありました。桜の名所として十分魅力的だと思いました。その先の桜堤があまりに壮観なのですが。
確かにおっしゃる通り、蚕霊塔には日本人の精神性の豊かさを感じますね。
ミクミティ
2018/04/10 21:58
コマダムさん、コメント有難うございます。

地元の桜の名所として十分魅力的な公園だと思いました。歴史的な堤も整備されていて、地元の方々の思いを感じました。
クマガイソウですか。確かにあのユニークな形状。熊谷直実にちなんでいるとは知りませんでした。さすがですね。一つ勉強になりました。
ミクミティ
2018/04/10 22:01
ご無沙汰です、熊谷桜堤には今回行くことが出来なかったのですが、なかなか圧巻の並木ですね、日本の桜は町の中に溶け込んでいるのが素敵です、
fujisan
2018/04/11 08:56
一見どこにでもある児童公園
本当にその様に拝見しましたが
熊谷桜堤に歴史があり
見事な桜が物語っていますね
特産の熊谷小麦のおうどん
美味しかったでしょうね
ジュン
2018/04/11 09:49
fujisanさん、コメント有難うございます。

旅行から帰られましたかね。おそらく熊谷にも行けれたかと思いました。実際、横浜からはるばる出かけて壮観な桜の風景が見られました。
川の堤防にも、街の公園の中にも桜がいっぱいでした。
ミクミティ
2018/04/11 20:47
ジュンさん、コメント有難うございます。

そうですね、一見児童公園のようですが、やはり桜が立派で見応えがありました。地元では知られた公園だと思います。熊谷の歴史を残す貴重な場所でもあります。
うどんも食べられて満足でした。
ミクミティ
2018/04/11 20:49
こんばんは。
熊谷は聞いたことがあるなあと思いながら拝見して居たら天気予報で気温の高さを言っていましたね。
桜堤など昔から紆余曲折があって現在に至っているとは
・・・。
蚕霊塔とは珍しく立派な塔で驚きました!
みっちゃん
2018/04/11 23:32
おはようございます。

そうかぁ、こちらが元祖なのですね。

熊谷って歴史のある街なのですねえ。
恥ずかしながら、埼玉県に住んでいながら、知りませんでした(^_^;)

肉汁付けうどん、おいしいですよね!
koji
2018/04/12 07:33
熊谷・万平公園も素晴らしいですね。
丁度、ソメイとベニシダレに照準がぴったり?
あまりの混雑よりゆったりできるならそちらの方がいいですよね(*^-゚)⌒☆
熊谷うどん、美味しそうです。
私も群馬の水澤うどんを食べてきましたが・・
各地のおうどん、食べ歩きしたいです。
長崎の友人から五島うどんも送られてきています。
ミクミティさんの記事を読むと歴史に明るくなります((((^Q^)/ 楽しいです。
nobara
2018/04/12 09:54
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、最近では熊谷は気温の高さで全国的に有名です。この時はまだそれ程でもなかったですが、これからグングン上がるのでしょう。
そんな場所に歴史ある堤が残されていました。養蚕も盛んだったのです。私も蚕霊塔とは初めて見ました。
ミクミティ
2018/04/12 21:27
kojiさん、コメント有難うございます。

そうですね、私も万平公園の高台が元祖の熊谷堤と知って驚きました。大事に保存されているなと思いました。
熊谷は旧中山道の宿場町でもありました。
うどんも昔から名物だったのでしょうね。
ミクミティ
2018/04/12 21:31
nobaraさん、コメント有難うございます。

そうですね、万平公園の八重紅シダレ桜やソメイヨシノが美しく咲き誇っていました。ゆっくりと見られて、こちらも良かったです。
熊谷うどん、つけ汁の美味しさはもちろん麺も美味しかったです。讃岐うどんとは違う柔らかいこしが良かったです。
楽しんで頂けたなら、私も嬉しいです。
ミクミティ
2018/04/12 21:36
こんばんは!
万平公園の桜も種類も豊かですね〜♪
歴史的なものもしっかり観察されて…
さすが、ミクミティさん〜!
江戸時代からの北条堤の桜がもしまだ植えられていたら、どんな風景だったでしょうね〜☆

komichi
2018/04/12 23:17
そうなんです。万平公園が旧熊谷堤なのですよ。ここもなかなか良い所ですよね。駅から近いし。
私が大宮市に住んでいた頃はまだ熊谷うどんは開発されていませんでしたので、食べたことないです。
降魔成道
2018/04/13 19:50
komichiさん、コメント有難うございます。

確かに万平公園も地元の桜の名所と言えると思います。立派な桜が何本もありました。中央の八重紅シダレも素敵でした。
小田原からここへ派遣された北条の家臣もいたのではないでしょうか。北条堤の一部でも残っているのは素晴らしいことだと思います。
ミクミティ
2018/04/13 22:33
降魔成道、コメント有難うございます。

万平公園の旧熊谷堤、やはり地元では有名なのですね。確かに桜が見事で良い所だと思いました。
熊谷うどんはまだ新しい名物なのですかね。最近は地域おこしで色んなものが名物となりますからね。
ミクミティ
2018/04/13 22:36
都市開発という名で歴史ある場所が破壊されるのは、しょうがないこととは云えどこか哀しい。
でも一部だけでも残され、またその場所で子供達が遊んでる。
それこそが歴史の伝達じゃないか。
そんなこと思ったりします。
駅前の歴史感じさせる像を見ると、ボクも盛り上がります。
でも美味しそうなおうどんの方がもっと盛り上がったりなんかして。
おーちゃん
2018/04/15 09:56
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、熊谷の都市開発で住宅地や産業施設を増やすため歴史ある熊谷堤を壊すのはやむを得なかったのでしょう。高度成長の中でこういったことは全国であったことでしょう。
ただこうやって地元の公園にしっかりと残っているとホッとしますよね。駅前の武将の銅像、やはり気になりますよね。熊谷うどんを食べられて良かったです。
ミクミティ
2018/04/15 12:42
なるほど、熊谷堤ですか。
自分の領地では善政をしいていたという、北条氏の姿がうかがえますね。
こうした堤防のようなものは、市街化の進展とともに消えてしまうのは仕方のないところですね。
それでも、一部だけでも残っていたことで、昔をしのぶことができますね。
家ニスタ
2018/04/15 18:54
家ニスタさん、コメント有難うございます。

そうですね、北条氏の善政は歴史的にも知られていますよね。その一つが熊谷堤なのだと思います。
ここが結構駅に近いので、やはり都市化の流れの中で見直しを迫られたのだと思います。
ここに残っていることで、ホッとする気持ちになりました。
ミクミティ
2018/04/15 19:14
桜が圧巻です!
ほんとにすごい場所ですね。
そして熊谷直実の像!
クマガイソウという植物から存在を知った
武将ですが、こんなところに銅像があったんですね。
ROKO
2018/04/15 20:33
ROKOさん、コメント有難うございます。

そうですね、熊谷桜堤に加えてこの万平公園も実は地元では桜の名所だそうです。こちらは落ち着いて花見を楽しむことができました。
クマガイソウの名前が、熊谷直実にちなんでいるとはつい最近知りましたよ。
ミクミティ
2018/04/18 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊谷の歴史を語る万平公園から熊谷駅へ 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる