「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊谷桜堤の絶景、桜と菜の花の壮大な共演

<<   作成日時 : 2018/04/01 18:23   >>

ナイス ブログ気持玉 211 / トラックバック 1 / コメント 48

毎年この時期になると、桜の絶景を見にどこかへ行きたくなります。年によって桜の開花時期はかなり差があるので、そのタイミングとともにどこへ行くかもかなり迷います。平成30年(2018年)3月30日、私は埼玉県の熊谷(くまがや)へ向かいました。

桜と菜の花が織りなすこんな風景を見てきました。
画像

今年、熊谷のソメイヨシノは開花から満開がほんの4、5日程度、あっという間に見頃になりました。

私にとっては、横浜駅から熊谷駅まで、JR東海道線と高崎線が相互乗り入れしていて一本で行けるので利便性を感じます。

しかもここは熊谷駅から歩いてすぐ。熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)です。
画像
文字通り、川の堤防沿いにソメイヨシノの桜並木が、東西におよそ2キロほど続きます。

しかもその堤防の斜面には、菜の花が植えられていて、桜と菜の花の両方が咲き誇る絶景を見ることができます。

ここはちょうど桜並木のほぼ中間地点。

よって、土手を登る途中の西を向くとこんな感じ。
画像

東を向くとこんな風景が目に飛び込んできます。
画像

桜並木の足下に菜の花が植えられていて、菜の花の香りに包まれます。何となく天国のような風景に思えて。

もちろん、花見客は沢山います。
画像
自分が菜の花に囲まれるような場所に座り、そして桜を見上げるのです。

これなら、幸せな気分でお花見ができますよね。

そんな風景の中で、菜の花に囲まれた人物の写真を撮る人が多いこと。
画像

今や日本人だけではありません。東南アジア系の人がかなり多いと感じました。

土手に上がるとこんな感じ。普段ならどこにでもある土手でしょう。今は、そぞろ歩きも気持ちいいものです。
画像

私はまず東の方へ向かって歩きました。途中、気に入ったところで、土手から降りて写真を撮るという感じです。

土手の反対側を見下ろすと河川敷が広がっています。その先に荒川が流れています。ここは荒川沿いの土手なのです。
画像
熊谷と言えば、ラグビーが有名。この日も、河川敷のラグビー場で練習が行われていました。

そもそも、熊谷堤は江戸時代から桜の名所とされた場所

戦国時代、北条氏の拠点であった鉢形城(はちがたじょう)城主の北条氏邦(うじくに)が、荒川の洪水対策として造った堤が始まりだとか。江戸時代にこの堤に桜が植樹され、桜の名所となったそうです。

明治に入って一旦荒廃した熊谷堤の桜並木は、地元の有力者達が再度ソメイヨシノを植樹し整備され、再び全国的な桜の名所として復活したそうです。

それでも、戦後の都市化の中で熊谷堤の大部分は壊されてしまったとか。今ある熊谷桜堤は、もとの場所から南に位置する荒川土手。昭和から平成にかけて整備されて現在、またまた桜の名所として有名に。

平成3年(1991年)には、「さくら名所100選」に選定されています。

ここは桜の名所として長い歴史があるところですね。
画像

今では、やはり菜の花との競演があまりに見事です。ソメイヨシノが菜の花に垂れさがるように枝を伸ばし花を咲かせています。
画像

だから、その付近に近づくと桜の薄ピンクと菜の花の黄色が、交じっている様子がよく分かります。
画像
画像

この色の組み合わせがまたたまりません。
画像

これだけ折り重なるように咲いている様子もなかなか見られないのではと思いました。

熊谷桜堤を東の端から眺めて見ました。
画像

カーブを描いているので、桜並木のボリューム感と長さがよく分かります。約2キロ、500本ほどと言われています。
画像
菜の花は、堤の両サイドに植えられているのです。

荒川の河川敷にはユキヤナギでしょうか? 凄いボリューム感で。
画像

河川敷を降りていくと、これはこれで魅力的でした。
画像
画像

再び土手の方に戻って登りました。今度は西側の方へ歩きました。
画像

人が多いのは仕方がありません。それでも十分素敵な風景でした。
画像

この日は、結構風が強くて
画像
桜の花が散り始めていました。身頃はあっという間ですね。ちょっとはかなさを感じます。

今年、晴天の中で満開の熊谷桜堤を味わうことができてとっても満足でした。
画像



最後に、熊谷桜堤の桜の脇の小径に並ぶ屋台の風景です。

どういうわけか、お花見をしているとお腹が空くんです。いやいや結構歩きましたからね。
画像

私が屋台で買ったのはこの焼きまんじゅう。大きなお団子のようでもあります。
画像
これは上州名物とのこと。上州は群馬県ですよね。ここは群馬県に近いですが、埼玉県です。つまり、武蔵野国(武州)のはず。

屋台の店は多いのですが、なぜか地元の名物や銘菓は売られていません。ここで売れば間違いなく売れるのに。なんて思いながら、ここを後にしました。

帰りの熊谷駅の売店で、さくらせんべいなるお土産を購入して帰りました。
画像
ほんのり甘くて桜餅のような香りがして、なかなかよかったです。

それにしても、桜と菜の花の共演、圧巻の景色を見れていい思い出になりました。

画像





Kumagaya-Sakura-Tsutsumi, Saitama, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 211
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熊谷の歴史を語る万平公園から熊谷駅へ
前回、熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)の桜並木をじっくりと散策したり撮影した後、私が足を運んだのはこちらの公園でした。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/04/08 19:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

あ〜ここ、有名ですよね。
菜の花と桜のコラボ!
めっちゃ綺麗ですね。
これは最高ですね。
ここはヤバいですね。
行ってみたい!
トトパパ
2018/04/01 19:55
近くに住んでいますが
なかなか側で見たことがありません
遠くから眺めています
近くで見るとこんなんだなあ〜
よく分かりました
すみれ
2018/04/01 20:44
開花宣言から一週間以上咲き続けてくれた桜もさすがに散り始めました。
こちらは菜の花が早いので両方がきれいに咲いているのはなかなかないように思います。
はじめ権現堂?と思いました。
やはり桜と菜の花が圧巻でした。
コマダム
2018/04/01 21:17
こんばんは。
何処までも続く桜堤と菜の花のコラボにはびっくりです!
素敵なお花見をされて良かったですね!
みっちゃん
2018/04/01 21:30
こんばんは。
最近、桜と菜の花のコラボが増えているように思えます。
比較的簡単に植えられるし最初に考えた人はすごいです。
女性ならこの中に入って写真を撮ってもらいたいでしょうね。
山形はあと二週間かな。
tami
2018/04/01 22:59
こんばんは!
桜と菜の花のコラボがほんとに見事ですね。菜の花の香りに包まれて花見が出来るとは最高です。
近くなら是非行ってみたいですね。
素晴らしい絶景を楽しませて頂きました。
eko
2018/04/01 23:19
菜の花と桜のコントラストが素晴らしいですね!
こんなナイスなスポットがあったなんて知りませんでした
あ〜、行ってみたいなぁ・・・
ゆけむり
2018/04/02 07:41
熊谷桜堤、素晴らしいですね〜〜
各種桜の発祥の地?ですよね(*^-゚)⌒☆
一番、ピッタンコの時期にご覧になれたのですね。
それもこれも?ミクミティさんの行いがいい?
私はそこからもっと奥の群馬に行きましたが
季節が一か月戻った感じでした。
ここは春爛漫ですね。菜の花も素晴らしい☆彡
東京の国立劇場に熊谷縁の桜があるほどです。
ここから各地に散らばっていってるのでしょうね。
上州名物、焼きまんじゅうが美味しそうです。
ミクミティさんは交通の利便もいいのですね。
いい光景に出逢われてほんとに良かったですね。
nobara
2018/04/02 10:18
桜と菜の花のコラボが2キロも続いているんですか。
圧巻ですね。こちらには桜とユキヤナギのコラボが見られます。やはり熊谷堤にも見られて共感できました。
今年は桜の開花が早すぎてお花見していません。
見事なお花見をご一緒でき嬉しくなりました。
熊谷って、あの暑いところですか。
みなみ
2018/04/02 14:20
今年のお花見はお天気にもめぐまれ、本当によかったです。桜と菜の花、相性抜群です。この光景がずっと続いているのですね。ユキヤナギも見事なものです。
存分に楽しまれたようですね。
はるる
2018/04/02 20:22
熊谷桜堤、見事なものですね。
ちょうどいい時期に行かれたと思います。
人出は多いんでしょうが、2kmも
桜並木が続くと、撮影ポイントに
困らないのがいいと思います。
去年は高遠でしたっけ。(or東北?)
毎年、桜の名所訪問が楽しみですね。
yasuhiko
2018/04/02 21:03
トトパパさん、コメント有難うございます。

そうですね、桜と菜の花が合わさって独特の色合いに美しさと壮大さを感じました。見応えがありますよ。
ちょっと現実離れした不思議な気分になってきます。思いは同じで観光客も多いですが。
ミクミティ
2018/04/02 21:08
すみれさん、早速のコメント有難うございます。

お近くにお住まいですか。確かに地元の方は人が多くて見に行くことをはばかるかもしれませんね。私ははるばる来たのでじっくりと見させて頂きました。
熊谷に立ち寄るのは今回は初めて。本当に壮観な眺めでいい思い出になりました。
ミクミティ
2018/04/02 21:11
コマダムさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、桜の見頃はあっという間に過ぎてしまいますね。今年は特に早かったと思います。ここ熊谷桜堤では、薄ピンクと黄色の融合を楽しめました。壮大でした。
実は、権現堂堤に行こうかここにするか迷っていました。結局、横浜からアクセスのいい熊谷を選んだのです。
ミクミティ
2018/04/02 21:19
みっちゃんさん、コメント有難うございます。

確かに思っていたより熊谷桜堤の桜並木は壮大でした。菜の花との組み合わせがずっと続くのが圧巻です。よくぞこれだけの風景を作ってくれたと思います。思い出になります。
ミクミティ
2018/04/02 21:21
tamiさん、コメント有難うございます。

そうですね、私も最近、桜と菜の花のコラボの風景が増えてきたと思います。少し新鮮味は薄れましたが、壮大な風景と迫力がここにはありました。見応え、写し甲斐がありましたよ。菜の花の香りも良かったです。
ミクミティ
2018/04/02 21:25
ekoさん、コメント有難うございます。

ソメイヨシノと菜の花が川土手にずっと並ぶ風景はまさに圧巻でした。色の融合が見事で惚れ惚れしましたよ。遠出をしてよかったと思いました。
横浜からもそれなりに遠いのですよ。
ミクミティ
2018/04/02 21:28
こんばんは!
今年の春は雪が降った翌日からずっと良いお天気が続いてお花見日和でした。
桜と菜の花が2Kmも続いている風景は壮観ですね。
おっしゃる通り、まさに天国のようです。
そろそろ花吹雪になるころでしょうか。
どんなにか美しいことでしょうね。
うふふ
2018/04/02 21:42
ゆけむりさん、コメント有難うございます。

最近、桜と菜の花が共演する風景が印象的な場所が増えてきました。ここはその中でも規模が大きく壮大なボリューム感があります。見応えがありました。
熊谷は横浜からのアクセスが意外にいいですよ。
ミクミティ
2018/04/02 21:46
すごい!見事なものですね〜〜。ずっと続く桜並木と黄色の菜の花。ピンクと黄色のコラボがとても美しいです。人もたくさんいたのでしょうが、これだけの景色の中だとわからない感じになりますね^^焼きまんじゅう、お召し上がりになりましたか^^どうでした?群馬のソウルフードです。飲み物がないと口の中がパサパサしてしまいますが、甘い味噌がおいしいでしょう^^とちょっと宣伝(笑)
かるきち
2018/04/02 21:47
こんばんは!
熊谷桜堤の桜と菜の花のコラボ、見事ですね〜!
さくらの樹齢もよく勢いがあって、花つきも素晴らしいくいいタイミングでお花見出来て、よかったですね〜♪
私もミクミティさんの撮られた写真でこちらのお花見を楽しませていただいています〜♫
komichi
2018/04/02 21:48
nobanaさん、コメント有難うございます。

熊谷桜堤の風景、やはり素晴らしかったです。桜と菜の花がおりなす壮大な絵巻はまさに圧巻。印象的でした。
写真も沢山撮りましたよ。
国立劇場に熊谷縁の桜がありましたか。それはそれは。
群馬も花の名所が沢山ありますね。おそらく熊谷を通り過ぎて行かれたことでしょう。
上州の花と風景と食べ物のレポートを楽しみにしています。
ミクミティ
2018/04/02 21:49
みなみさん、コメント有難うございます。

桜と菜の花が織りなす花絵巻、ずっと続く様子は本当に壮観でした。遠出をして行った甲斐がありました。
今年は早かったですね〜。ただ早いのは桜だけでなくユキヤナギもそうだったようです。
熊谷は夏の暑さでも全国的に有名ですよね。
ミクミティ
2018/04/02 22:00
はるるさん、コメント有難うございます。

桜と菜の花の競演、まさに美しさを競い合っているようでした。それがずっと続くので本当に壮大な風景に惚れ惚れしました。確かに今年の花見シーズンは晴天が続きましたね。ユキヤナギも魅力的でした。
ミクミティ
2018/04/02 22:03
yasuhikoさん、コメント有難うございます。

そうですね、熊谷桜堤は美しさがずっと続くのが非常に魅力的です。行ったり来たり歩くのも楽しかったです。
まさに写真を撮る場所に困らないという感じでした。
昨年は、六義園と吉野山の桜、一昨年は、高遠桜と目黒川でした。毎年どこに行くか色々考えています。
ミクミティ
2018/04/02 22:08
ようこそ、埼玉へ♪
熊谷堤の桜は素晴らしいですね。
黄色い菜の花とのコラボも絵になります。
駅から近いって良いですよね。
幸手の権現堂も桜が有名なのですが
桜の時期は道路が混雑して近づけません。
駅からはちょっと遠いみたいです。
なので、1度しか行った事がないんですよ。
笑みりん
2018/04/03 13:54
素晴らしい!
見事なコラボ
なかなか見ることが出来ません
とても楽しい嬉しい気分にさせて頂きました
最高のお花見です
幸せ気分のお花見が私も出来ました
ジュン
2018/04/03 15:21
こんばんは。

熊谷にそんな歴史があったとは知りませんでした。

桜のピンク色と菜の花の黄色と、それに加えてユキヤナギの白とのコラボが見事ですね。
そして2kmの桜並木は見ごたえがありますね。
今年は近所の桜を眺めただけなので、こちらでお花見気分を味わえました!(^o^)!
koji
2018/04/03 20:28
うふふさん、コメント有難うございます。

そうですね、本当に晴天が続いて気温が上がり、桜が一気に見頃になりましたね。本当に今年は早かったと思います。
熊谷も満開で素晴らしい天気に恵まれました。いい思い出になりました。確かに今頃は花吹雪、いや過ぎたかもしれません。
ミクミティ
2018/04/03 21:10
かるきちさん、コメント有難うございます。

そうですね、熊谷桜堤のボリューム感、ずっと続く桜並木の中では人が多くても絵になる風景を味わえました。
焼きまんじゅうは群馬のソウルフードですか。大きいですよね。確かに軽い感じの味噌味で美味しく頂きました。のどが渇きましたよ。
ミクミティ
2018/04/03 21:15
komichiさん、コメント有難うございます。

熊谷桜堤の桜と菜の花のコラボは本当に壮観でした。ボリュームがあって思っていた以上の迫力と長さでした。はるばる横浜から行った甲斐がありました。
そんな写真によろこんで頂き嬉しいです。
ミクミティ
2018/04/03 21:19
笑みりんさん、コメント有難うございます。

埼玉はお花見の名所が多いですね。それも壮大なところばかり。今回、権現堂堤へ行こうか熊谷に行こうか迷いました。結局、横浜からのアクセスの良さで熊谷を選びました。
桜と菜の花の共演で、これほど立派なものは初めて見ました。さすが埼玉ですね。どちらも素晴らしいと思います。
ミクミティ
2018/04/03 21:25
ジュンさん、コメント有難うございます。

そうですね、これだけ壮大な桜と菜の花の組み合わせは初めてでした。私もここへ訪れてとても幸せな気持ちになりました。横浜からはるばる訪れた甲斐がありましたよ。
電車一本で行けるのがいいなと思いました。
ミクミティ
2018/04/03 21:29
kojiさん、コメント有難うございます。

横浜から熊谷へは一本、近くはないですが気軽に行けるなと思いました。更にここは駅近なのがいいですね。
桜と菜の花の色のボリューム感、本当に圧巻で嬉しくなりました。更に、ユキヤナギも立派でした。
ミクミティ
2018/04/03 21:32
寄ってしまいそうな満開の桜、そして菜の花、ですね。私が出かけるところがちっぽけ、雄大さを感じます。
茜雲
2018/04/04 08:04
す・・凄いですね。
見事な桜〜写真ですが、本物を見てみたいです。
熊谷ですか〜帯広からでは少しばかり離れすぎていますが、一生に一度は見たい光景ですね。
夕焼け
2018/04/04 17:54
素晴らしいですね。
薄いピンク・黄色・白
それぞれが同時に見れるなんて素晴らしいです。
これらは全て自然の色。
何の派手さもなく、全てが調和して不自然さもなく
単純に綺麗といえるのが素晴らしいですね。
ゆう
2018/04/04 20:06
茜雲さん、コメント有難うございます。

桜並木のボリューム感と長さ、その足元を覆う菜の花の絨毯、本当に壮観でした。お陰様でいいお花見の光景が見られました。
自宅から遠く離れたところまで旅しましたら、雄大な景色を楽しめて良かったです。
ミクミティ
2018/04/04 20:47
夕焼けさん、初めてコメント有難うございます。

「凄い」と言って頂けると嬉しいです。確かに桜と菜の花の共演は質量ともに凄いなと思いました。お陰様で思い出に残る景色を楽しむことができました。
北海道や東北にも桜の名所や絶景がありますよね。憧れています。
ミクミティ
2018/04/04 21:00
ゆうさん、コメント有難うございます。

そうですね、「薄いピンク・黄色・白」の美しくも迫力のある組み合わせ。本当に壮観でした。自然の色ですが、これを整備して維持してきた多くの人達がいるのだと思います。
思っていた以上に楽しめて本当に嬉しかったです。
ミクミティ
2018/04/04 21:02
菜の花と桜のコントラストが素晴らしい!
息を飲む風景ですね。
スケールの大きさにはため息ものです。
行ってみたいですね!・・
ろこ
2018/04/07 17:09
のどかな春の風景、桜が最高ですね〜。
こんなところをお散歩したいです。
もともと洪水対策とは怪我の功名ですね。

ROKO
2018/04/07 17:32
熊谷桜堤ですか。懐かしいです。私は埼玉県出身ですので、何度か訪れています。もう何年も訪れていませんが。ここはやはり桜と菜の花の共演が素晴らしいですよね。
降魔成道
2018/04/07 20:18
ろこさん、コメント有難うございます。

そうですね、確かに息を飲む景色でした。それが長〜く続いていました。今は、その桜も散ってしまったでしょう。
ほんの数日の宴、今回行けてよかったです。
ミクミティ
2018/04/07 22:30
ROKOさん、コメント有難うございます。

春の数日の風景、壮観でいい思い出になりました。今は桜も無いでしょうね。
歴史と伝統ある桜の名所、これからも毎年人を呼び寄せるのでしょうね。
ミクミティ
2018/04/07 22:37
降魔成道さん、コメント有難うございます。

熊谷桜堤はお懐かしいですか。昔からこんなに綺麗だったのですかね。私はここ数年で知って行きたいなと思っていました。
桜や菜の花を維持するために、地元の方々のたゆまぬ尽力があるのだと思います。共演が壮観でした。
ミクミティ
2018/04/07 22:45
確かに"さくら名所100選"に選ばれても不思議じゃないくらい見事な堤です。
今年の桜前線も関東の方から各地に向かってるような感じ。
美しい黄色い菜の花もよくよく見ると どぎつい色ではなく、どこかはかなげな色なので桜の淡い色と相性バッチリです。
青い空と菜の花と桜と焼きまんじゅう。
お花見堪能されたんでしょうネ。
おーちゃん
2018/04/15 09:47
おーちゃんさん、コメント有難うございます。

そうですね、見事な桜の景色でした。はるばる家から2時間以上かけて足を運んだ甲斐がありました。菜の花と一緒の壮大な風景が思い出に残りました。
焼きまんじゅうは、埼玉でなく群馬の名物だとか。それでも楽しく美味しく食べましたよ。
ミクミティ
2018/04/18 22:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊谷桜堤の絶景、桜と菜の花の壮大な共演 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる