「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿児島の西郷隆盛銅像とその周辺を訪ねて

<<   作成日時 : 2018/01/04 21:06   >>

ナイス ブログ気持玉 157 / トラックバック 1 / コメント 48

時は11月末、鹿児島市街に到着して、まず最初に訪れたのがここでした。

そこには、なんと西郷隆盛大久保利通篤姫がいるではありませんか
画像
もちろん、写真はOK。一緒に写真も撮りましたよ。

本物に似ているかどうかは、色々と意見はあるでしょう。でも、ちょっと嬉しかったです

彼らは、鹿児島市観光局に委託された人たちとのこと。後で調べたら、「薩摩観光維新隊」という愛称で活動されているそうです。やはり観光客を盛り上げようという機運が伝わってきます。

奥にそびえ立つのが有名な西郷隆盛銅像です。
画像

城山(しろやま)の麓にある緑の刈り込みに囲まれて、軍服姿の西郷隆盛の姿は上野公園の銅像とは全く違った佇まい。台座を含めて約8mの高さだそうです。

あの渋谷の「忠犬ハチ公」像を作った鹿児島出身の彫刻家、安藤照(あんどう てる)によって昭和12年(1937年)に完成したとのこと。

ここは、「西郷銅像撮影ひろば」と呼ばれています。ちゃんと撮影台もあるのです
画像

銅像の左側のビルについては、後ほどまた少し説明させて頂きます。

ひろばの右手あるのが鹿児島市中央公民館
画像
このレトロで格式のある建築は、昭和2年(1927年)の完成だそうです。

銅像に向かってひろばの手前には、実はもう一つ別の銅像もあります。
画像

幕末、薩摩藩の家老として活躍した小松帯刀(こまつ たてわき)の像です。二条城において薩摩藩代表として大政奉還へ記帳する姿をイメージして作られたとか。西郷や大久保と一緒に明治維新を実現させた英雄として、知る人ぞ知る存在。

この辺りにその小松の邸宅があったそうです。

ひろばの左手の中央公園は、かつて薩摩藩校の造士館(ぞうしかん)があった場所。

西郷隆盛の銅像が、かつての薩摩藩の中心的な場所に建っていることを感じました。

そして、今、銅像の右横には洗練された鹿児島市立美術館が。
画像

その右手には鹿児島県立図書館。ここはかつて鹿児島城(通称 鶴丸城)二之丸の跡です。
画像

歩道沿いにはお濠の面影もあります。
画像

更に進むと、現在は鹿児島県歴史資料センター黎明館(れいめいかん)となった鹿児島城の本丸があった場所。
画像

ここに薩摩藩の中核となるお城の建築物が並んでいたのでしょうね。現代の姿はだいぶ変わってしまい当時の姿を想像するのはなかなか難しいですが。

ちなみに鹿児島城も日本百名城の一つです。

今ここには篤姫の銅像があります。まだ新しさを感じます。
画像


さて一方で、西郷さんの銅像の裏手に連なるのが、明治10年(1877年)の西南戦争で激戦地となった城山(しろやま)です。

その展望台からは鹿児島の有名な風景が見られます。車で登って行きました。
画像

雄大な桜島は、やっぱり素晴らしいですね。ちょっと雲ってしまいましたが満足でした。



最後に、夕方遅くなってもう一度、西郷隆盛銅像を訪れました。

このようにライトアップされていて、昼間とは違った雰囲気を味わえます。
画像
銅像が浮かび上がるような趣がよかったです

ここで、先ほどの「西郷銅像撮影ひろば」の写真にあった銅像の左手のビルを訪ねてみました。
画像

「西郷隆盛銅像展望ホール」・K10カフェと書かれています。西郷隆盛の曾孫、西郷隆夫プロデュース」とも。

ビルの5階の角部屋で、文字通り西郷さんの銅像を見下ろせる場所なのです。
画像

平成27年(2015年)のオープンで、今の鹿児島市街で注目のスポットだと思います。既にマスコミにも何度も取り上げられています。

こんなふうに西郷さんの姿を見ることができます。
画像
画像
夜でしたしとても印象的でした。

このK10カフェは、入場無料ですが有料で飲み物も頂けます。(18:00ラストオーダー)

店主は、西郷隆盛夫人のイトの弟の子孫である若松宏氏。私も、この方の歴史話を30分以上聞かせて頂きました。このところよくテレビに登場しています。

当然、かなりの西郷びいきの話なのですが実に興味深かくて感心しました。
画像

平成30年(2018年)、NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」が始まります。鹿児島観光はこれから益々盛り上がるだろうなと感じた旅でした。





Statue of Saigo Takamori, in Kagoshima, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 157
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
薩摩の歴史ロード「維新ふるさとの道」と下加治屋町を歩いて
前回の記事は、鹿児島市街の西郷隆盛の銅像についてでしたが、今回はまずこの方の銅像から。 ご存じ薩摩藩の明治維新のもう一人の英雄、大久保利通です。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2018/01/13 20:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
大河ドラマの「西郷どん」始まりますね、楽しみにしています。
タイムリーな記事ですね。一度だけ訪れたことがありますが、記憶があいまい、もう一度ゆっくり行ってみたくなりました。
eko
2018/01/04 23:16
こんばんは。
大久保利通役の瑛太さん、篤姫役の北川景子さんなど好きな俳優さんが出演する大河を楽しみにしています!
転勤時代に桜島が見える団地に住んでいまして、その頃も犬を飼っていたので散歩で桜島を良く見ていました。
鹿児島には行きたくないと言っていた主人ですが私は梅原龍三郎の描いていた「桜島」を見たくて喜んで行きました!
西郷さんの銅像、懐かしいです!
みっちゃん
2018/01/04 23:33
こんばんは!
西郷さんといえば、私は上野の着物姿の銅像しか知らないのです。
軍服姿の銅像は威厳がありますね。
写真がお嫌いだった西郷さんの本当のお顔はこうではなかったと言われていますが、やっぱりこのお顔が良いです(笑)
うふふ
2018/01/04 23:51
こんにちは。

わー!
西郷さんに大久保利通に篤姫!
いっしょに写真とりたい〜!
鶴丸城も西郷さんの銅像も行ったことあります〜。
ああ〜鹿児島行きたい〜!
また、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」読もう〜っと。
トトパパ
2018/01/05 10:24
こんばんは!
西郷隆盛の大河ドラマも始まるとか・・・
今年は鹿児島ブームになりそうですね〜☆
もう何年も訪れていない鹿児島ですが、
こうしてミクミティさんの記事から
さまざま想像して楽しんでいます〜♪
komichi
2018/01/05 22:54
おはようございます。

リアル西郷どんに篤姫に大久保利通ー!
ボクも一緒に写真撮りたい!

今年は鹿児島ブームが来そうですね(^^)
koji
2018/01/06 06:14
軍服姿の西郷隆盛の姿は
上野公園の銅像とは全く違った感じです
昔訪れましたが記憶がもう薄いです
また行きたいと思いました
ジュン
2018/01/06 14:20
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

最近テレビで、鹿児島が取り上げられることが多くなりました。このブログで紹介した、薩摩観光維新隊や若松宏さんも連日テレビに登場しています。
大河ドラマ効果って凄いなと思います。
ミクミティ
2018/01/06 14:50
みっちゃんさん、早速のコメント有難うございます。

大河ドラマ「西郷どん」は明日から放映開始です。私も楽しみにしています。
確かに街から見る桜島の雄姿は凄い迫力だなと思いました。実際に見られて感激しました。また取り上げたいと思っています。
ミクミティ
2018/01/06 14:53
うふふさん、またまたコメント有難うございます。

私も上野の銅像しか知らなかったのです、今回じっくりと様々な角度から眺めました。鹿児島のはかなり違った趣でした。
肖像画でも銅像でも、想像して楽しむというのも西郷さんの魅力の一つかと思います。
ミクミティ
2018/01/06 14:57
トトパパさん、またまたコメント有難うございます。

ちょうど出かけた時にこの3名に出逢いました。さっき、彼らがNHKに出ていたのでびっくり、「薩摩観光維新隊」という愛称で活動されているそうで。
一緒に写真を撮るもの旅の楽しみですね。私も本が読みたくなりました。
ミクミティ
2018/01/06 15:00
komichiさん、またまたコメント有難うございます。

そうですね、鹿児島観光の盛り上がりを感じました。大河ドラマが始まるともっと盛り上がるでしょう。そんな雰囲気をちょっと先取りできたのが嬉しかったです。
ミクミティ
2018/01/06 15:02
kojiさん、またまたコメント有難うございます。

西郷さんの銅像前でたまたま彼らに出会いました。一緒に写真を撮って楽しみました。当然かもしれませんが、非常に気さくに撮影に応じてくれて。
さっき、彼がNHKに登場してまたまたびっくりでした。
ミクミティ
2018/01/06 15:04
ジュンさん、お久ぶりです。コメント有難うございます。

そうですね、上野と鹿児島では銅像の雰囲気がかなり異なりますね。今回、いろんな角度からじっくりと眺めました。本当の姿を想像するのは楽しいものです。
ミクミティ
2018/01/06 15:06
こんばんは〜♪
お久しぶりです。
明日からNHKで西郷どんが始まりますね。
楽しみです。
西郷さんの顔はどれも実物ではなくて
肖像画など親族の顔の合成らしいですが
このお顔が良いですね。

ベティーちゃん
2018/01/06 17:37
ご挨拶ありがとうございます、
九州も長崎まで行きましたが鹿児島に行ってみたいです、西郷隆盛の新しい人物像が民家から発見されて子孫の方からキセルでの眉毛と額の火傷が本物に近いとかテレビ報道されていました、年中噴火の桜島も見てみたい。
Yoshi
2018/01/06 19:12
こんにちは

歴史を駆け抜けた人
明日からのドラマが
楽しみですね
無門
2018/01/06 19:21
ベティーちゃんさん、お久しぶりです。コメント有難うございます。

そうですね、明日からの「西郷どん」、楽しみです。最近テレビでもよく鹿児島が登場しますね。
本当はどんな顔だったのか、想像するのがまた楽しいですよね。
ミクミティ
2018/01/06 19:21
Yoshiさん、こちらこそコメント有難うございます。

私も長年、鹿児島へは行く機会がなくて、今回ようやく訪れることができました。これから益々盛り上がりそうです。
西郷さんの新しい人物像、事前にK10カフェでおしえてもらいました。桜島はまたブログで取りあげてみたいと思います。
ミクミティ
2018/01/06 19:27
無門さん、久しぶりのコメント有難うございます。

そうですね、「西郷どん」が盛り上がっています。私も明日を楽しみにしています。今年もよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/01/06 19:29
あけましておめでとうございます。
お帰りなさい。
ミクミティ さんらしい記事、ブログが帰ってきましたね。
またじっくり見せていただきます。
今年もよろしくお願いいたします。
はるる
2018/01/06 19:45
冒頭の写真に驚きますが、薩摩観光維新隊ですか。
神戸には、「清盛隊」なるものがあり、一時活動を休止していましたが、2013年に復活し、昨年は熊本城復興チャリティーソングも発表しています。
熊本は二度訪れていますが、鹿児島は未経験なので、フムフム、成程と拝見しました。
西郷隆盛像が常にライトアップされているんですか。
知りませんでした。
見下ろす、隆盛像も新鮮でいいですね〜

今後のブログ展開を楽しみにしています。
アルクノ
2018/01/06 20:02
やはり鹿児島へ行かれたのですね。
私も昨年屋久島の帰りに立ち寄りました。
なので今年の大河が一層楽しくなりそうです。
鹿児島の方たちの西郷さんの思い入れは半端じゃないですね。人柄がいいんでしょうね。
桜島が綺麗に撮れましたね。
みなみ
2018/01/06 21:04
鹿児島は今年は燃えるんでしょうね。
大河の威力はすごいです。
こちらの銅像は犬を連れていないんですね。
父が鹿児島出身で親戚は当然鹿児島人なので放すことはできませんが結構聴き取れます。
最も若い人はイントネーションが違うくらいで標準語に近いんでしょうね。
コマダム
2018/01/06 22:30
大変遅くなりましたが、
新年おめでとうございます。
おめでたいと言えば、少しお休みした
ブログを再開された事もでしたね。
お忙しい事と思いますが、無理なさらず、
間隔を開けてでも続けて下さればと思います。
西郷さん、ちょうどぴったりの話題ですね。
yasuhiko
2018/01/06 23:26
おはようございます。
久し振りにブログを再開されたとのこと、嬉しいです。
年をとると止められる方も多くなってきますので、無理なく続けていきましょう。
鹿児島はもう十数年も前に行きました。城山へも行きましたが、記憶が薄れています。久しぶりに懐かしく拝見しました。
コスモス
2018/01/07 08:27
先日私のブログにミクミティさんの気持ち玉が入っていました。ひょっとしてと思い、訪問してみましたら、ブログ再開とのこと、それも不定期で再会、事情は違いますが、私も同じようにブログを続けています。
今後ともよろしくお願いします。
茜雲
2018/01/07 10:52
はるるさん、明けましておめでとうございます。

お帰りなさいと言われると嬉しいものです。ブログの世界は自分の一つの居場所だなと思えます。有難うございます。今年もよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/01/07 12:02
アルクノさんまたまたコメント有難うございます。

薩摩観光維新隊の皆さん、私も一時的なものかと思っていましたら、昨日はテレビに登場していました。少なくとも今年いっぱいは活動されるようです。
いきなり彼らと出会えてよかったと思っています。
鹿児島の旅は続きます。
ミクミティ
2018/01/07 12:05
みなみさん、またまたコメント有難うございます。

そうですね、鹿児島の人達の西郷さんへの熱い思いを今回直接感じました。色々とゆかりの場所へ行って実感が深まりました。
桜島はまた取り上げますよ。
ミクミティ
2018/01/07 12:07
コマダムさん、明けましておめでとうございます。コメント有難うございます。

私も大河の威力で鹿児島に引き寄せられた一人でしょう。今年益々盛り上がるでしょうね。
観光している分には、特に薩摩弁を聞くことがなかったです。気を使ってくれたのでしょうね。
ミクミティ
2018/01/07 12:13
yasuhikoさん、明けましておめでとうございますコメント有難うございます。

そうですね、久しぶりにブログを書くのは実はちょっと大変でした。自分の感覚が鈍くなっていたのを感じました。
これから、ボチボチやっていければと思います。まずは鹿児島の旅をまとめたいです。
ミクミティ
2018/01/07 12:16
コスモスさん、明けましておめでとうございます。コメント有難うございます。

そうですね、なかなか続けるのは大変だと思いました。一旦やめると戻ってくるのも面倒になったり。ゆっくりとやっていきたいと思います。
鹿児島観光は今年益々盛り上がりそうです。
ミクミティ
2018/01/07 12:18
茜雲さん、明けましておめでとうございます。コメント有難うございます。

ブログを休止して、実は戻ってくるのは結構大変でした。感覚が忘れている部分があるのですね。
色々と忙しいのでゆっくりとやれたらと思っています。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/01/07 12:22
大河ドラマで何度も語られている明治維新ですけれど、今までと違う観点から語られてるのかが難しいところ。
個人的に慶喜公贔屓なので、そのあたりをどォ処理されてるか。
BS-TBSで放映された"諸説有り"で先日慶喜公のことをされてましたが、ひょっとしたら慶喜公と西郷隆盛は実際にあったら共鳴し合ったかもしれないと。
それは二人がサムライ中のサムライだったからだと云う説を言ってました。
こんなのが物語の中心だったら面白いだろうなぁ。
おーちゃん
2018/01/07 20:53
ブログ再スタートおめでとうございます。
今年の大河ドラマ「西郷どん」とタイムリーな
内容ですね。
昨日の大河ドラマで桜島が見える姿
ブログにあった桜島の写真と同じかな?
今年は鹿児島が賑わいそうですね。
ゆう
2018/01/08 07:11
大河ドラマ「西郷どん」始まりましたね。
鹿児島って、行った事がありません。
桜島も見てみたい。
西郷さんの銅像は上野の山でしか、知りません。
笑みりん
2018/01/08 13:02
おーちゃんさん、またまたコメント有難うございます。

大河ドラマ「西郷どん」始まりましたね。渡辺謙の島津斉彬が目立ってました。斉彬は慶喜を推した一橋派。今後どんなふうに描かれるでしょうかね。
西郷は、慶喜を倒そうとする執念を持っていたような気がします。大河ドラマの描き方にも注目したいです。
ミクミティ
2018/01/08 17:14
ゆうさん、久しぶりのコメント有難うございます。

昨年末、鹿児島を旅しましたが、自分の見たところが最近テレビでどんどん登場するので楽しんでいます。そんな思いを少しでもブログに描けたらと思います。
今年もよろしくお願い致します。
ミクミティ
2018/01/08 17:16
笑みりんさん、またまたコメント有難うございます。

私も鹿児島は行ったことがありませんでした。今回たまたまタイムリーな旅行となりました。そんな感激を少しでもブログで表現したいと思っています。
ミクミティ
2018/01/08 17:18
鹿児島は一度行っています。
桜島が可愛いく感じたり、
特攻隊会館が印象に残っています。
西郷どんは今年の時の人。
ミクミティさんも時の人です! !!
ROKO
2018/01/09 21:18
ROKOさん、またまたコメント有難うございます。

鹿児島市街から見る桜島は雄大で美しも感じました。噴火の時はそうも言ってられないのでしょう。いずれにしてもインパクトがありました。
知覧も行かれましたか。
これからもう少し鹿児島のレポートを続けたいと思います。
ミクミティ
2018/01/09 21:43
こんばんは。
今、鹿児島は盛り上がっているでしょうね。
私は基本的に大河を観ませんがNHKでよく番宣しているので何の大河をやっているかはよく知っています。
多くの城跡がそうであるように文化施設があるのですね。
私もこんな櫻島の風景みたいです。
数年以内になんとか。
tami
2018/01/13 23:25
tamiさん、コメント有難うございます。

そうですね、鹿児島観光は益々盛り上がりそうです。
お城の後には、確かに地元の大きな文化施設が建てられるケースが多いですね。
桜島の風景は感激しましたよ。
ミクミティ
2018/01/14 12:32
せごどん。今の今まで見ていました。
もう〜わっぜ(凄く)ワクワクしちょいもんど。
案内して下さったところは
私はほとんど初めてのようです。
45年も前に故郷を後に(しかも都城に近い所)
だから観光に行った記憶しかないのですが・・
鈴木亮平さんはもうすっかりせごどんでした。
やっぱい、桜島がヨカ〜もんじゃ!
nobara
2018/01/14 21:23
私は薩摩大隅には行ったことがないのでとても興味深いです。
「西郷どん」始まりましたね。地元では益々盛り上がるでしょうね。
降魔成道
2018/01/15 19:19
nobaraさん、またまたコメント有難うございます。

私も「西郷どん」をワクワクしながら観ています。やっぱり、鹿児島の思い出が湧き上がります。それをブログに書き留めておきたくて。
鹿児島出身の方には、今回の大河ドラマはたまらないでしょうね。今年、鹿児島弁が流行ったりしますかね。
ミクミティ
2018/01/15 21:02
降魔成道さん、またまたコメント有難うございます。

「西郷どん」を楽しみにしていました。旅行の再現ができるみたいで嬉しく思います。
これからも地元はどんどん盛り上がるでしょうね。
ミクミティ
2018/01/15 21:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿児島の西郷隆盛銅像とその周辺を訪ねて 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる