「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その2) 金峯山寺と吉水神社

<<   作成日時 : 2017/04/16 19:36   >>

ナイス ブログ気持玉 211 / トラックバック 0 / コメント 44

前回の記事から引き続き、再び奈良県吉野山(よしのやま)金峯山寺(きんぷせんじ)の風景です。

平成29年(2017年)4月8日(土)、国宝の蔵王堂(ざおうどう)の西側に建つ南朝妙法院(なんちょうみょうほういん)が、桜に包まれ見事な景観でした
画像

この場所こそ、かつて後醍醐天皇南朝の拠点となる仮の皇居、つまり行宮(あんぐう)を置いた実城寺(じつじょうじ)があったところ。

後醍醐天皇はここへ移ってから3年ほどの延元4年(1339年)に崩御しています。さぞかし無念であったと思いますが、南朝はそれから50年以上も続いたのですね。

そんな歴史的な地も、この時期は桜で覆われていて人々を楽しませてくれます
画像

ただ、蔵王堂の前に植えられている四本桜はまだようやく開花し始めたころでした。
画像

この場所は、後醍醐天皇の皇子である護良親王(もりよししんのう )が元弘3年(1333年)、北条勢に攻められ吉野落城の前に最後の酒宴を行った地だとか。

そのすぐ近くにはこんな石碑があって。
画像
護良親王の忠臣であった村上義光(よしてる)が身代わりになって壮絶な自刃を遂げたところだそうです。つまり、太平記の舞台の一つ。

本当にそういう歴史的な逸話に溢れていますね。

また、境内には小さな天満宮もあって、この一角は紅梅が見事に咲き誇っていました。
画像
桜ばかりではないですね。

さて、金峯山寺の境内を離れもう少し吉野の道を歩きました。
画像
道の両側に様々な種類の桜が咲いていました。

そして、すぐ右手にあるが東南院(とうなんいん)です。金峯山寺の東南の方角にあたります。
画像

ここにある多宝塔が、しだれ桜とツバキの花とともにとても絵になっていました。
画像

開基は修験道の開祖とも言われる伝説的な役行者(えんのぎょうしゃ)とのこと。7世紀からの歴史を持ちます。

雨が降ったりやんだりでしたが、ここにも多くの観光客が雨宿りをしながらも桜を楽しんでいました。
画像
画像

松尾芭蕉も滞在したことがあるそうです。

雨がしばしやんで、もう少し歩いたところの左手に目指す吉水神社(よしみずじんじゃ)があります。

その参道の途中からは、こんなふうに金峯山寺の蔵王堂が桜の向こうに見え隠れしてます。
画像
こちらも絵になる風景でした。おそらく今頃(一週間後)は、もっと桜でいっぱいなことでしょう。

狛犬の背景にも桜が。
画像

いよいよ、吉野山のメインスポットの登場です

右手に、「一目千本」としるされた木柱。
画像

ここから、大勢の人がこの風景を目の当たりにします。吉野山の千本桜のうち、中千本(なかせんぼん)
画像

これぞ、吉野の桜という素晴らしい風景なのですが、、、。遠くの桜はほとんど咲いていませんでした。

今年の4月上旬は、やはりまだ早かったのです。
画像

下千本(しもせんぼん)の開花もまばらだったので、仕方がないですよね

昨年なら既に見頃だったと思いますが。こればかりは予約時点では読めませんでした

千本桜の見頃という意味では早かったのですが、吉水神社へは訪れました。

ここは、後醍醐天皇が延元元年(1336年)、吉野へ移ってからまず最初に皇居とした場所。世界遺産「南朝皇居」の立派な石碑があります。
画像

もとは、吉水院(よしみずいん)という吉野山修験宗(しゅげんしゅう)の僧坊でしたが、明治時代の新仏分離によって、後醍醐天皇と楠木正成(くすのきまさしげ)が合祀され吉水神社となっています。

ここから風情ある庭園と書院に入れます。
画像

庭園の奥の北側にあるのが、北闕門(ほっけつもん)
画像

ここから後醍醐天皇が京都へ向かって祈られたと伝わります。また天皇亡き後は忠臣たちがここで号泣したのだとか。

更に、ここにはこんな碑もあります。「豊太閤 秀吉花見の本陣」
画像

後醍醐天皇の無念の地であるこの吉水院は、その約260年後の文禄3年(1594年)、天下人の豊臣秀吉が大勢の大名や家臣達を連れて花見を行った本陣でもあったのですね。

やはりここが吉野山でも高貴な場所であったことが分かります。

ここへ徳川家康前田利家らの大大名もお供し、総勢5000名の規模であったとか。その壮大な大花見に思いを馳せます。

ただ、人数だけなら現代の方が圧倒的に多いと言えますが

境内の一角に、秀吉が自ら基本設計を行ったと伝わる桃山様式の庭園も再現されていました。
画像
吉水院庭園です。

その対面には、こんな何気ない岩が置いてありました。
画像
弁慶の力釘(べんけいのちからくぎ)と言われるもので、よく見ると岩に釘が打ち込まれいます。

これは、あの弁慶が力試しに日本の釘を親指で岩に押し込んだものだとか。吉水院にかくまわれていた源義経(よしつね)静香御前(しずかごぜん)への追手を、弁慶が怪力を見せることで追い払ったとのこと。

後醍醐天皇が移られる約150年前のことですね。

後の秀吉もこの岩を触ったと伝わっています。私も触りましたよ

本当にここは歴史的な逸話でいっぱいの場所ですね。

ところで、吉水神社の書院は見応えがある展示館になっていて、歴史的な部屋を再現しています。

ここが義経・静香御前潜居(せんきょ)の間
画像

その奥にあるのが、後醍醐天皇の玉座(ぎょくざ)
画像
この部屋に秀吉は5日間滞在し、豪勢な歌や茶や能の宴会を催したとのこと。

秀吉が、後醍醐天皇を想って寄贈しこの部屋を修繕したそうです。

その他、数々の展示物で吉野山や吉水院の激動の歴史を感じさせてくれました。
画像



最後に、壮大なお花見と偉大な歴史の見学の後、帰りがけに購入したものをご紹介します。

いろいろな名産がありますが、奈良の特産品の一つでもある柿。

吊るし柿を買いました。
画像
小さめの吊るし柿ですが、この時期にひも付きの状態で買えたのが嬉しかったです。柿は大好きなので

更に、花見の名所では定番のサクラソフト。
画像
これは、最近どこでもあるような気がしますが、吉野でもありました。

実は寒かったのですが、思わず買ってしまいました


Kinpusen-ji temple, Yoshino-yama, Nara, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 211
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(44件)

内 容 ニックネーム/日時
吉野山の金峯山寺ですか。
大昔、行った記憶があります。
開基は役小角でしたね。
小さな天満宮の紅梅が見事に咲いていて、良かったですね。
枝垂れも見事ですが、周辺は枝垂れ桜が有名なんですか。
中千本は、通常中旬まで咲いていますよね。
中千本まで上れるのでしたら、中旬にすれば良かったですが、日程的な都合もありますからね。

豊臣秀吉はあちこちで花見をしていて、
慶長三年(1598)三月十五日、醍醐寺において花見を行った事が史実に残っています。
有馬の桜も愛でたそうです。
徳川家康さんが、前田利家らの大大名もお供して、総勢5000名の規模での花見ですか。
凄いです!
アルクノ
2017/04/16 22:02
こんばんは。
歴史の舞台が今は桜に埋もれているのかと思えば秀吉の時代にもすでに名所だったのですね。
紀伊半島って特別な場所なんでしょうか。
山形も庄内では見ごろになってきました。
tami
2017/04/16 22:59
こんばんは。

金峯山寺はいいですね。
桜、結構咲いてたんですね。
良かったですね!
枝垂桜も綺麗じゃないですか。
吊るし柿ですか〜。
食べたことないなぁ。。。
トトパパ
2017/04/16 23:24
こんばんは!
金峯山寺の桜結構咲いていて綺麗ですね。蔵王堂前の4本桜はまだ早かったようですね。
天満宮の紅梅も見られて良かったですね。天満宮はやはり梅ですね。
多宝塔のしだれ桜とツバキも綺麗ですね。
天下人の秀吉公の花見は総勢5000名とは凄いですね。
紅葉の時に行きましたが、見て周った場所に桜の咲く光景はやはり良いですね。いつか桜の季節に訪ねて見たいです。人出が凄いのがちょっと考えてしまいますが…。
今年は桜が遅くて満開とは行かなくてもいい景色を楽しまれたのではありませんか。
吊るし柿美味しそうですね。大好物です(笑)
eko
2017/04/16 23:40
いろんな史実があって、たくさんの思いがつまった
場所のようですね。自然はそれとは関係なくなく
毎年、同じように花を咲かせてくれますね。
こうしてゆっくり見学が出来る今の時代に感謝です。
ゆう
2017/04/17 09:45
おはようございます。
吉野にこのような神社仏閣があったとは、全く記憶にありませんでした。
何処かの境内で椿を眺めたことは覚えているのですが、当時はあまり興味が無かったのかもしれません(若かったので(笑))
金峯山寺というおてら南朝妙法院と桜、素敵な構図ですね。
多宝塔の枝垂れ桜、椿も綺麗に咲いて♪
弁慶の力釘、弁慶が力試しに釘を親指で岩に押し込んだものですか。面白いですね〜。
友人が4月4日にツアーで吉野へ行ったそうですが、それこそ何も咲いてなくてガッカリしてました(笑)
往復8時間も掛けて何しに行ったか分からない!と嘆いていました。
お土産にいただいたわらび餅、美味しかったですよ♪
今年の桜は特に遅かったようですね。先日淡墨桜を観て来ましたが、観光バスは一台も無かったです。旅行社は早くにツアーを計画していたのでしょう。
何て美味しそうな吊るし柿!☆
私も大好きです〜。
ハーモニー
2017/04/17 10:07
こんにちは

一度は都がおかれた場所
この辺りから
櫻が日本の心になったのでしょうね
無門
2017/04/17 10:19
小学校の5年生の林間学校が吉野山でした。
もちろんそんな歴史の勉強ではなく夏の校外学習でした。
桜のころに連れてきてもらえればもっと勉強の意欲も増したんじゃ…
枝垂れ桜は大好きで優しく揺れるかわいい桜ですよね。
ちなみに6年の林間学校は高野山でした。
コマダム
2017/04/17 11:39
古くからの桜の名所だったのですね
お写真の桜を愛でながら
歴史も勉強させて頂きました
多宝塔のしだれ桜と椿綺麗ですね
ひも付きの状態の干し柿
珍しく美味しそうです
ジュン
2017/04/17 15:03
こんにちは。
吉野で覚えているのは桜の花が見事だったこと位で歴史上の人物も訪れて居た事知りませんでした。
吊るし柿が綺麗な色で美味しそうですね!
今朝の朝日新聞に上千本の桜がびっしりと咲いているのが掲載されていました。
みっちゃん
2017/04/17 15:43
有名な場所ですね。
開花もまばら、でも想像できます。
これだけでも、いい風景です。
いろいろな歴史もあって、花もあり桜もあって、すばらしいところです。
皆さんがお出かけになる気持ちはわかります。
柿も買ってしまいます。ソフトも食べたくなります。
はるる
2017/04/17 20:27
アルクノさん、早速のコメント有難うございます。

やはり吉野山の金峯山寺へ行かれたことがありますか。私はずっと憧れていました。桜の名所であり歴史的な場所。見応えがあるところだなとあらためて思いました。
周辺のしだれ桜やソメイヨシノはよく咲いていました。ただ千本桜は早かった。つい、昨年を目安に予定を入れてしまったのです。今年と昨年の開花の時期はだいぶ違ったと思います。難しいです
秀吉が花見に来たときは満開だったのでしょうかね。おそらくそうでしょう。その素晴らしさから醍醐寺の花見もやろうということになったのではないでしょうか。全くの想像ですが、、
ミクミティ
2017/04/17 21:17
tamiさん、早速のコメント有難うございます。

紀伊半島の山地は神聖な場所が多かったと思います。だからこそ、この吉野も世界遺産にも登録されていますね。そのずっと前から吉野は花見の名所だったのでしょうね。
そんな歴史を感じましたよ。
山形の桜のレポートも楽しみです
ミクミティ
2017/04/17 21:20
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

吉野の金峯山寺周辺のしだれ桜やソメイヨシノはよく咲いていたと思います。ただ、千本桜がまだ早かったのです。今年の開花は去年よりだいぶ遅かったのですね〜。
この時期に吊るし柿が食べられたのが嬉しかったです。柿は奈良の特産の一つですからね。
ミクミティ
2017/04/17 21:24
吉水神社の歴史の古さを詳しく知ることが出来ました。
あの秀吉が豪勢にお花見をしたところですか。京都の醍醐寺だと思っていました。「真田丸」で秀吉役の小日向文世さんが楽しそうに演技していたシーンを思い出しました。
今は吉野山が桜一色になっているんでしょうね。
吊るし柿も趣がありますね。
みなみ
2017/04/17 21:33
ekoさん、いつもコメント有難うございます。

金峯山寺の周辺ではしだれ桜やソメイヨシノがよく咲いていました。それはよかったのですが、本命の千本桜がまだ早かったのです。今年は特に開花が遅くて。訪れるタイミングは難しいなと思いました
秀吉が5000名のお供を連れて花見をしたときの咲き方はどんな具合だったのでしょう。想像してしまいます。
見頃より早くてもこの人ですから、満開時は凄まじい人混みだと思います。皆さん気持ちは同じですよね。私もまたトライしたいなと思っています。
吊るし柿もとてもよかったですよ。柿の葉寿司の後にちょっとつまみました。
ミクミティ
2017/04/17 21:37
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、吉野は様々な歴史の舞台になった由緒ある神聖な場所。そこで花見が楽しめるなんて素晴らしいと思います。吉野の古木はそんな歴史を眺めてきたのかもしれませんね。
ここにいると桜も偉大だなと感じたりします
ミクミティ
2017/04/17 21:41
おぉ 柿 おいしそうです

私は 4月7日にバスツアーに行きました
申し込むとき 本当は「高遠」に行きたかったのですが
桜が開花していない とのことで中止
吉野千本桜のコースか 大井川鉄道か の二つしかないので 大井川鉄道のコースに行ってきました
で 雨でしかもやっぱり静岡も3分咲きぐらい
地元の人も こんな遅い開花は22年ぶりだって
でも 楽しんできました
岐阜に帰ったら 吉野へ行ったバスもちょうど帰ってきた(岐阜からは日帰りできます)
行ってきた人に 聞いたら
ぜんぜん咲いてなくて 桜の枝見してきた って
言ってた
桜や紅葉は みごろを予想して計画するのはむずかしいところがありますね
かきろん
2017/04/17 21:43
千本桜はちょっと早かったようですが、しだれ桜の美しいこと!いろいろなピンク色がとても素敵ですね。豊臣秀吉が大勢の家臣を連れて見た花見。豪華絢爛だったでしょうね。^^
かるきち
2017/04/17 21:46
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

吉野は歴史的な文化財や神社仏閣が沢山。古き時代から神聖な場所だったのだなと感じます。歴史的なエピソードも沢山あります。世界遺産に登録されているのももっともと思ったり。
そんな場所で素敵なお花見をできるのは幸せなことだと思います。
ただ今年はちょっと開花が遅かった。お友達も私と同じ思いをしたようですね。4/4だと更に咲いていなかったでしょう。嘆く気持ちはよく分かります。
いつかまた来たいと思いました。
来年は薄墨桜を見たいなと思いますが、またタイミングが難しそうですね。そちらでも柿が売ってそうな気がします。
ミクミティ
2017/04/17 21:47
無門さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、この山の上に都が置かれていたと思うと感慨があります。そんな時代を想像してしまいます。後醍醐天皇の時代はこの吉野も特に激動だったでしょうね
その後、日本を代表する桜の名所になっていくのですね
ミクミティ
2017/04/17 21:52
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

吉野山に高野山なんて、今でいう世界遺産で林間学校なんてなんて贅沢なことでしょう。記憶は薄いかもしれませんが、思い出には残っているでしょうね。
桜の時期はあまり人が多くて大変でしょう。ヤマザクラはあまり咲いていませんでしたが、しだれ桜は咲いていました
ミクミティ
2017/04/17 21:56
ジュンさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、秀吉の頃からの桜の名所だったというのが凄い歴史だと思います。今回行けて嬉しかったです
ただちょっと早かった。それは仕方ないですね。
それでも、お寺周辺のしだれ桜とソメイヨシノがよく咲いていたのが良かったです
私は柿が好きなので、つい吊るし柿を買ってしまいました。奈良の特産でもありますからね。
ミクミティ
2017/04/17 21:59
千本桜には早くても、枝垂れ桜など、
寺社の建物と一緒になってきれいですね。
紅葉の吉野を訪ねたのは大昔の事なので、
記憶ははっきりしないんですが、
蔵王堂から吉水神社にかけての道が、
とても素敵で、見惚れてしまった事を
思い出しました。歴史を偲びながらの
桜狩りもいいものですね。
yasuhiko
2017/04/17 22:10
おはようございます。
吉野の千本桜はまだ満開ではなくて残念でしたね。
美しい桜越しに見る古刹の様子が本当に素晴らしいです。
歴史で習ったたくさんの人物の名前が出てきて驚きました。
護良親王ゆかりの地でしたね。
中学生の時、鎌倉へ行って護良親王が幽閉されていた所を見ました。
木の格子のはまった洞窟を覗いて、ここに住んでいたのかと恐ろしかったのを思い出しました。
長い年月、歴史を見続けていた桜は今の日本をどう見ているでしょうね。
うふふ
2017/04/18 06:49
やはり 悠久の歴史を感じます。
他と違うのが体感しそうです。
桜もず〜と日本の変遷を見ていたのでしょうね。
後醍醐天皇の無念さとか思いとか、感じますね。
それに干し柿@@ だぁいすき
自分でも作りますが、コレは美味しそうです。
本場感が伝わってきます。欲しい〜〜🎶
ご当地アイスは季節に関係なくgetしたいですね。
ミクミティさんの歴史のお話と
それのギャップに少しうれしくなりました
nobara
2017/04/18 08:44
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですよね、ほとんどの人が桜をメインに見るために来ていたはず。とはいえ歴史的な重みを感じながら見る桜は一味も二味も違うなと思いました
歴史の面影を堪能しながら散策するのが本当に楽しかったです。もちろん、特産物の買い物も
ところで、私も朝日新聞に掲載された写真を見ました。
ため息がでますね〜。
ミクミティ
2017/04/18 21:24
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、千本桜の開花はまばらでしたがその全容を想像することはできました。満開だったらどんな素晴らしいことでしょう。朝日新聞にちょうど掲載されていてため息がでました
ただ、歴史的な寺社や文化財に溢れ、地元の物産を買い物するのも楽しみでした。サクラソフトは、あちこちで売っていますね
ミクミティ
2017/04/18 21:29
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

吉野の吉水神社は本当に歴史的な逸話で溢れています。古くから特別な場所だったことが分かります。秀吉は醍醐の花見の4年前、ここ吉野山で花見を行ったのですね
そんな歴史を感じさせてくれました。
今頃、私が見た千本桜は満開か少し散り始めたところですかね
吊るし柿が買えるとは思ってなかったので嬉しかったです。
ミクミティ
2017/04/18 21:37
かきろんさん、コメント本当に有難うございます。

そうです、吊るし柿が結構売っていてすぐに買ってしまいました。柿は大好きですから。奈良も岐阜とともに柿は特産ですね。
それにしても、今年の桜の開花のタイミングは意外でしたね。特に昨年とは大違い。私は昨年、高遠の桜が散りかけていたので、今年は早めに行こうと思ってしまいました
私が吉野山へ行ったのは4/8、ご覧の通り結構咲いていましたが、千本桜がまだまだでした。まあ、これが本命ですからね。
枝見は残念ですよね〜。来年こそは思いますよね。
ミクミティ
2017/04/18 21:45
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、千本桜以外は結構咲いていました。とはいっても、吉野山は千本桜のヤマザクラがメインですからね
一方で歴史的な神社仏閣は素晴らしいです。
秀吉の壮大な花見、豪華で凄かったでしょうね
ミクミティ
2017/04/18 21:49
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

やはり蔵王堂から吉水神社の通りはいい雰囲気ですね。歴史的な面影も素晴らしい景観も買い物のお店も、全て魅力的でした
千本桜には早かったのですが、歴史的な寺社仏閣を覆う桜の景色はとても素敵でした。ただ、やっぱり満開の千本桜を見たかったというのは正直な気持ちです。
ミクミティ
2017/04/18 21:54
うふふさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、千本桜には早かったのです。ちょうど今頃満開だと思うのですが。身頃に時期の訪れるのは難しいです
それでも、ソメイヨシノやしだれ桜は吉野の古刹を彩っていて非常に魅力的でした。もちろん貴重な歴史的な文化財や建築物も見応えがありました。歴史上の人物が次々に登場しますしね。吉野は、そんな歴史を桜とともに歩んできたのだと思います
護良親王が幽閉されていたのは鎌倉宮ですね。私も訪れたことがあります。この吉野を逃れて鎌倉まで行ったのですね。
ミクミティ
2017/04/18 22:03
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、吉野山には古来からの歴史が凝縮しているようでした。一時、都が置かれたところですからね
その歴史の変遷も桜とともにあったような気がします。そんなことを感じさせてくれました。
その他にも、お土産や地元の特産品の数々、買い物も楽しみでした。サクラソフトは  もうお決まりのようで。
ミクミティ
2017/04/18 22:07
吉野山の桜も早咲きあり、遅咲きあり、下から上へと長く楽しめた今年の桜でしたね。
金峯山寺と吉水神社、歴史ある名刹なのですね。
桜だけではない花々が見られて、さすが吉野山!と思います。「一目千本」ここからは中千本の桜が一望できる場所なのですね。
吉水神社の秀吉も触ったという「弁慶の力釘のある岩」、
ミクミティーさんも触って来られた!と言うのが印象的でした。秀吉さんは桜の花見がお好きだったようですね。醍醐の花見は知ってますが、吉野山へ5000人ですか!?
現代では、個々にそれぞれではありますが、もっと多くの花見客が押し寄せているんでしょうね。
高野山には、秀吉お手植えの桜の木が有りました。
『柿食えば…』のように奈良は柿のイメージがあり、実際に柿の名産地であり、柿の葉寿司や今回の吊るし柿も美味しそうですね。
吉野のお花見、素晴らしい歴史とともにご紹介くださりありがとうございました。

本当にここは歴史的な逸話でいっぱいの場所ですね

みっきい
2017/04/19 20:54
みっきいさん、いつもコメント有難うございます。

吉野山は桜の名所でありながら神聖で由緒ある歴史でいっぱいの場所。素晴らしいところだと思いました。
桜も様々な種類がありますし高低差もあるので、確かに長い期間楽しめるのですね。千本桜には早かったですが、神社仏閣を覆うしだれ桜やソメイヨシノの風景を堪能できました。
そんな中、吉水神社は本当に歴史的なエピソードでいっぱい。私もワクワクしてその展示室や庭園を見学しました。
現代の花見の人混みも凄いですが、秀吉の時代の5000人の花見一行も豪華だったでしょうね
高野山に秀吉のお手植えの桜の木がありましたか。それは見逃したかもしれません。
柿は奈良の特産品ですね。私は大好きで、柿の葉寿司と吊るし柿と両方買ってしまいました。こういう人も多いのかなと思いました。
ミクミティ
2017/04/19 21:29
中千本、というのですか。見渡す限りの桜の景観、想像にととめておきましょう。でも、逃がした魚は大きいとか、残念な思いは残りますね。枝垂れ桜は見事、これで帳消しですね。
茜雲
2017/04/20 08:44
吉野には桜の季節には訪れたことがないのですが、あまりにも美しい光景に圧倒されそうです。こちらはヤマザクラですね。ソメイヨシノは明治の中頃から全国に植えられた比較的歴史の浅い品種ですが、本来日本人が愛でていたのはヤマザクラであり、吉野山の桜は1300年前から愛でられていたのは、本当に驚きです。
ここを舞台に様々な歴史的出来事が起こったのも偶然ではないのでしょうね。
降魔成道
2017/04/20 21:19
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

そうなんですよね、吉野に来ましたが肝心の千本桜があまり咲いていなくて。私もじっと見て想像しました。やはり花見のタイミングは難しいなと思いました。
ただ、しだれ桜やソメイヨシノが寺社仏閣の境内に咲いている景観は楽しめました
ミクミティ
2017/04/20 21:31
降魔成道さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、ヤマザクラこそ日本古来の桜。吉野山の花見は歴史的であり本物であるなと思います
かつての修行僧や参拝者が桜を植えていった歴史もあったと思います。そんな桜はこの場所を舞台にした様々な歴史を見てきたのでしょうね
ミクミティ
2017/04/20 21:38
こんばんは!
吉野の中千本あたりの風景は絶景ですね〜♪
とくに金峯山寺とさくらは絵になって、私ももう一度このあたりを散策したいなぁ〜と、ミクミティさんの記事を読んでいます〜☆
毎年、吉野のさくら情報メールが届き、この季節になると日々変化する予報を毎日眺めています〜(笑)。
komichi
2017/04/20 22:19
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、中千本を見渡す吉水神社への参道は吉野山の花見のハイライトとも言えると思います。「一目千本」とはよく言ったものですね。とはいえ、私が見た時はヤマザクラはほとんと咲いていませんでした
私も今度こそ満開の景観を見たいなと思いました。
毎年、吉野の桜情報メールが届くのですか。吉野が身近に感じますね
ミクミティ
2017/04/21 23:33
街なかの桜でさえ今年は遅かったから、吉野の桜が遅いのはしょうがないことだったのかもしれません。
それでもコレだけの桜を見、また後醍醐天皇のことを偲びながら歩く吉野の山は春先の空気と相まって感慨深かったんじゃないでしょうか。
静御前の間に掛かるお着物、どんな感じなのか見てみいです。
おーちゃん
2017/04/23 16:07
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

今年の桜の開花は各地で遅れましたよね。吉野山も例外ではなく、桜の旅の難しさを実感しました。やはり遠くから行く場合、かなり前に予約しているので
ただ、ソメイヨシノやしだれ桜は見れましたし、後醍醐天皇の足跡の一部に触れることができました。風光明美で歴史的な素晴らしい所だなと思いました。憧れていたので感慨がありましたね。
義経・静香御前潜居の間の着物、時代の風格を感じました。もっとよく眺めておけばよかったかなとも思います。
ミクミティ
2017/04/25 21:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吉野の花見、千本桜だけでない桜と歴史の風景(その2) 金峯山寺と吉水神社 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる