「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 草津温泉、湯畑のライトアップと西の河原公園の緑の美しさ

<<   作成日時 : 2016/11/06 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 243 / トラックバック 0 / コメント 45

日本三名泉の一つ、群馬県の草津温泉湯畑(ゆばたけ)は夜に、益々魅力的になります。ライトアップされた湯畑を、こうやって見下ろすと絵になっているなと感じました
画像

湯畑とそれを取り囲む建物の灯りが、趣ある温泉街の夜景の雰囲気を盛り上げています

眺めている場所は、湯畑に隣接するホテル一井(いちい)の客室。今宵の宿泊先です。
画像
その部屋を、今度は外から見上げて撮影してみました。こちらは普通のビルという感じ

それでは、ライトアップされた湯畑をより近くで見ていきましょう。
画像
やはり、昼間の様子とは一味違いますね。

なにしろ、湯煙がよく分かります
画像

涌き出すお湯の色も、ちょっと幻想的。
画像

湯滝もこの通りです。
画像
画像

実は、草津温泉の湯畑では、11月後半から3月末まで、LEDを使ったよりカラフルで派手なイルミネーションを施したライトアップが行われますが、このようなシンプルなライトアップでも十分魅力的だと思いました

「徳川八代将軍御汲上之湯」
の石碑の上部にも、可愛い電灯が付いているのですね。
画像

更に、湯畑の周囲もライトアップされています

光泉寺(こうせんじ)へ向かう石段や、白旗(しらはた)の源泉も、味のある風景です。
画像

湯もみショーが行われる熱乃湯(ねつのゆ)の中では、落語がやっていました。
画像

湯畑に近い老舗の温泉旅館もライトアップされ素敵な佇まい。

これは、草津温泉を代表する旅館の奈良屋(ならや)
画像
上品な和の趣がたっぷり

登録有形文化財の宿、山本館
画像
大正時代からの建築だそうです。

こんなふうに、夕食を済ました後に、湯畑周辺をそぞろ歩きするのも楽しいものでした。

次の日の朝、ホテルから出て、もう少し足を伸ばして草津温泉界隈を散歩しました
画像

なかなか味のある和風のお店があって、それぞれ立ち寄ってみたくなります。
画像

しばらく歩いた先にあるのが、西の河原公園(さいのかわらこうえん)です。
画像

ゴツゴツとした溶岩が転がる河原沿いの庭園風の公園です。

一見、爽やかな小川が流れ端正な池があるように思えますが、それらはすべて温泉。
画像

つまり、暖かい温泉の湯が流れたり、湧き上がってたまっているのです。

指を付けると、いい感じの暖かさ。

その中には、鮮やかなエメラルドグリーンの温泉池もあります。
画像
画像
太陽の光が当たり、ちょっとあやしい美しさ

硫黄の香りが漂い、やはり不思議な光景だなと感じます。

そのうちの一つには、鬼の茶釜碑(おにのちゃがまひ)が立っています。
画像
かつては、茶釜が沸騰し音を立てるように、湯が沸き出していたのだとか。

更に、翡翠色の湯も広がっています。
画像

一見、砂のようにも思えるかもしれませんが、これも温泉湯なのです。
画像

遊歩道の左手には、2体の胸像があります。
画像

左がベルツ博士、右がスクリバ博士。ともに明治政府に招聘されたドイツ人医学者です。

この2人の胸像は、東大の本郷キャンパスにもあります。日本の近代医学の功労者であり、その一方で、度々草津温泉に訪れてその泉質を研究していたのだとか。

明治初期の外国人にとっても、草津は非常に興味深い場所だったのでしょう。

その先を更に歩くと、足湯があります。
画像
公園での足湯は実に気持ちのいいものです。

すぐ近くには、温泉の滝が流れていました。
画像
またまた、これが温泉というのが不思議な感覚です。

その奥に、有名な西の河原露天風呂があります
画像

圧倒的な広さで定評のある露天風呂ですが、、、。

私は、宿泊したホテルで既に朝風呂に入っていたので、この露天風呂には入りませんでした



最後に、ここ西の河原公園を散策した後に訪ねた場所をご紹介します。

それは西の河原公園の入り口付近にそびえる大きくて近代的な建築。
画像
片岡鶴太郎美術館です。

あの俳優の片岡鶴太郎さんの絵画や書の作品を展示しています。

現役の俳優でありながら本業の俳優以外でも才能を発揮し、常設の大型美術館を持ち、それが今や草津温泉の観光名所に一つになっているというのは本当に凄いことだなと感心します。
画像
中は、もちろん写真撮影はできませんが、素朴で暖かい画風を堪能した次第です。

入場券の半券が、作品の絵ハガキになっているのが新鮮だと思いました。
画像





Kusatsu Hot Spring & Saino-kawara Park, Gunma, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 243
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(45件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

湯畑のライトアップもいいですね。
綺麗ですね。
なんかワクワクしますね。
草津温泉、一度は行って見たいなぁ。
エメラルド色の温泉もあるんですね。
綺麗ですね。
トトパパ
2016/11/06 14:15
草津は交通の便が意外と不便だったように記憶しています。車で行きましたが、途中にも有名どころの温泉地がありましたね。
なのに観光客はすごいんですね。
くさつ よいとこ〜が効果を上げているんでしょうか
当時は美術館はなかったので残念です。
コマダム
2016/11/06 15:37
こんにちは。
ライトアップされた湯畑や周囲の建物やお寺の明かりがとても素敵ですね。昔からの長い伝統の歴史ある温泉街という感じが強くしました。私の街にある温泉街とはえらい違いです…。山本館の建物も素敵ですね。木造3階建てなのでしょうか?。
片岡鶴太郎の美術館があるのですねぇ、知りませんでした。一度やっぱり行って見たい温泉ですね。
HT
2016/11/06 16:03
こんにちは!
ライトアップされた湯畑や建物など良い雰囲気ですね。ここが11月後半からはもっとカラフルなライトアップが行われるとは一度見てみたいものです。
西の川原公園の景色こちらも魅力的ですね。すべてに温泉が流れているのですね。温泉池の色がそれぞれに綺麗です。足湯も気持ち良さそうで良いですね。
片岡鶴太郎さんの美術館があるんですね。こちらも見る価値がありますね。
eko
2016/11/06 16:42
夜の温泉街をそぞろ歩くのは楽しいでしょう。
湯畑もライトアップされるのですね。
夜に見る湯煙、一味違ったものを感じます。
片岡鶴太郎美術館があるのですか。
それは倍楽しめたことでしょう。
はるる
2016/11/06 19:04
草津温泉に行きたくなりました。
ライトアップも素晴らしいですねe---
鶴太郎さんの美術館、立派ですね。
入場券の半券が、作品の絵ハガキ?
なんてすばらしい!
清里の薮内正幸美術館も鳥の絵でした。
いまだに部屋に飾っています。いいアイデアです。
夫君に相談しなくっちゃーですね☆
nobara
2016/11/06 19:19
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

湯畑のライトアップも堪能しました。やはりここへ来たら、昼も夜も訪れて両方の良さを楽しむべきだなと思いました。温泉に浸かって浴衣で歩くのもいいですね。
エメラルドグリーンの温泉、これが天然の産物だと思うと自然の神秘を感じざるを得ませんね
ミクミティ
2016/11/06 21:31
コマダムさん、早速のコメント有難うございます。

そうですよね、交通の便は今一つだと思います。万座や伊香保もありますよね。それでも草津温泉の人気は高いと思います
やはりこの湯畑の風景はここだけでしか味わないですからね。もちろん、泉質も唄や踊りも美術館も魅力の一つでしょう
ミクミティ
2016/11/06 21:37
HTさん、早速のコメント有難うございます。

ライトアップされ昼間とはまあ違った温泉街の風情を感じました。湯畑の湯も昼とは違った色合いを感じました。浴衣姿で歩く雰囲気も良かったです。
片岡鶴太郎美術館は近代的な大きな建物でびっくりしました
ミクミティ
2016/11/06 21:41
ekoさん、いつもコメント有難うございます。

湯畑のライトアップは昼間と違う味わいがあって楽しめました。またまた上から見る夜景も魅力的に感じました。
華やかなライトアップも伝統ある温泉地を盛り上げる工夫なのでしょうね。
西の河原公園もまさに温泉公園。不思議な魅力を味わえます。その近くに片岡鶴太郎美術館があるんですよね〜。
ミクミティ
2016/11/06 21:45
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

ライトアップされた湯畑とその周辺の温泉街を散策するのはやはり楽しいものですね。昼間と一味違った風情を感じます。古い建築は特に魅力的ですね。
片岡鶴太郎美術館、今や草津の立派な観光名所になっているのが凄いなと思いました
ミクミティ
2016/11/06 21:48
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

以前行かれたそうですか、草津温泉も年々進化しているようですよ。これから始まるライトアップも華やかだそうです。こういう新しい取り組みがこの温泉の魅力を高めることに繋がっているのでしょう
片岡鶴太郎美術館、老舗の草津ホテルの隣です。意外な発見があると思いますよ。
ミクミティ
2016/11/06 21:53
湯畑のライトアップ、とても幻想的ですね。湯もみショーの後の落語もとても面白くて大笑いしました。でも実は西の河原公園行ったことがないのですよ。足湯もできていいですね。片岡鶴太郎美術館もあるのですか。立派な建物ですね。鶴太郎さんの絵画や書は味わいありますね。
かるきち
2016/11/06 22:15
こんばんは!
片岡鶴太郎さんの美術館があるんですね〜!
私は行ったことがありませんけど、ダイナミックな絵がかけられているのかしら…などと勝手に想像しています〜☆
紅葉の頃、ゆっくり草津温泉に浸かりたいです〜☆
komichi
2016/11/06 23:13
こんばんは!
片岡鶴太郎さんの美術館があるんですね〜!
私は行ったことがありませんけど、ダイナミックな絵がかけられているのかしら…などと勝手に想像しています〜☆
紅葉の頃、ゆっくり草津温泉に浸かりたいです〜☆
komichi
2016/11/06 23:14
こんにちは

日本一の温泉場
火山国日本の宝ですね
無門
2016/11/06 23:23
こんばんはです。
草津温泉には、いちど行ってみたく前から興味がありましたので、とても参考になりました。
ますます行ってみたくなりました。

2016/11/06 23:36
夜の湯けむりの写真、うまく撮れていますね。あたりの情景の中に湯煙、いい感じです。私は撮ったことがなく、このように撮れる自信がありません。
茜雲
2016/11/07 09:39
湯滝が光っていますね。
湯畑のライトアップ、夜の冷気と湯けむりが、温泉気分を盛り上げています。
これを調べると、
「草津温泉 湯畑イルミネーション終了のお知らせ」が出てきました。
『2008年より冬期間限定で開催しておりました「湯畑イルミネーション」ですが、今シーズン以降は実施しないこととなりました。
8年間もの長きにわたり、たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
2016年9月28日 湯畑イルミネーション実行委員会』とありました。
イルミがあると、集客イベントになると思いますが残念です。

光泉寺や石段のライトアップはお参りする方への配慮でしょうけど、風景としても優れていますね。

エメラルドグリーンの温泉池も神秘的です。
これを足湯にと思いましたが、
その下に、立派な足湯がありました^^)


片岡鶴太郎美術館は草津ホテルの隣接施設として1998年12月に開館したそうで、まだ新しいですね。
片岡鶴太郎さんは、
石川県加賀市に片岡鶴太郎工藝館、佐賀県伊万里市に片岡鶴太郎工藝館、福島に片岡鶴太郎美術庭園があり、凄いです。
タレント画家として、商売が成り立っています。
有名人のサイン入り色紙程度にしか評価されていませんが、良いと思う人が居れば商売ができるので、その点を鶴太郎さんもよくご存じだと思います。
ピカソは14歳で驚くほど写実的な絵を描き、その応用でキュビズムを完成させました。
鶴太郎さんの場合、デッサン力が無いのが問題です。
基礎が無いのに大きなビルを建てようとしているので、倒れそうです^^;
絵に興味を持つのは良い事なので、今後に期待したいです。
美術部にいた者としての感想でした。
アルクノ
2016/11/07 09:52
こんにちは。
夜の湯畑、ライトの光が湯気で曇り昼間とは違う幻想的な光景を見せていますね。そして西の河原公園の湯池!、いたる所に湧き出た温泉が池を作り温泉の滝まであるとは湯量の豊富さに驚いてしまいました、やはり日本を代表する温泉と言われる所以かと思います。片岡鶴太郎さんは身近な俳優と表いたのですが、偉大な芸術家でもあるんですね、俳優としても芸術家としても一流、改めて見直しました。
毎日日曜人
2016/11/07 13:20
夜の街の温泉情緒がいいですね。
中心に湯畑があると、お湯だけでなく、
ライトアップなどの色々なアイディアも
自然に湧き出て来るみたいです。
それにしても、公園に流すほどの
豊富な湯量には驚きました。
明治時代、横浜の俗謡に、
「ヘボンさんでも草津の湯でも
恋の病は治りゃせぬ」と謡われたように、
外国人の名医の診察と同じくらい、
治療効果があると信じられてたんですね。
yasuhiko
2016/11/07 13:29
こんにちは!
湯畑のライトアップ、素敵ですね。
老舗旅館の歴史ある建物も光を浴びて、雰囲気たっぷりといった風情になっていますね。
温泉街は和の建築物の方が合っているように思うのですがどうでしょうか。
「草津良いとこ、一度はお出で〜♪」と誘われますが、関東にいながらまだ一度も行っていません。
鶴太郎さんの絵は温かみがあって好きですね。
わが家には花や魚の絵が描かれた和皿があります。
うふふ
2016/11/07 14:12
こんばんは。
さすが日本三大名泉、草津温泉ですね。
ライトアップされた湯畑、醍醐味ありますね。
名旅館も軒を連ねて。。
温泉街も楽しそうです。
足湯も規模が大きいように思えます。
こちら岐阜には、やはり日本三大名泉の一つ「下呂温泉」がありますが、お湯質はそれは良いのですが、草津温泉のような見どころはありません。
片岡鶴太郎さんの美術館まであるのですね。
驚きました!☆
ハーモニー
2016/11/07 20:26
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、湯もみショー後の落語にも行かれたことがありますか。私はその存在も知りませんでした
ただ夜の湯畑の様子をじっくり眺めたかったのです。シンプルなライトアップでも雰囲気があって十分満足でした
西の河原公園はもちろん、片岡鶴太郎美術館も今や草津の名所の一つなのですね〜。
ミクミティ
2016/11/07 21:45
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

私も今回草津温泉に来るまであまり片岡鶴太郎美術館について意識はしていませんでした。ただ、あまりに立派な建物で、西の河原公園にも近いので立ち寄りました
小さい作品から大きなものまでバラエティがありました。大胆かつ繊細な画風だと思いました
ミクミティ
2016/11/07 21:48
無門さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、草津温泉は日本有数の温泉地。日本の宝だと思います。そんな様子や思いを2回に渡りブログにアップできてよかったと思っています
ミクミティ
2016/11/07 21:51
竹さん、コメント本当に有難うございます。

参考になったと言っていただけると、私も嬉しいです。記事にした甲斐がありました。私も楽しむことができました。まだまだ魅力があると思っています。是非、いつか訪れてみて下さい
ミクミティ
2016/11/07 21:53
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

湯煙の写真をお褒め頂きとてもうれしいです。とは言え、特別な設定をしたわけではなく、ほぼ自動で撮っていたと思います。
シンプルな夜景ですが、やはり味があるなと思いました。さすが、草津温泉ですね
ミクミティ
2016/11/07 21:56
アルクノさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、ご指摘有難うございます。湯畑イルミネーションは今年の3月で終了し、この冬はやらないのですね。理由は知りませんが、色々な議論があったでしょうね。
個人的には、現状のシンプルのライトアップでも十分魅力的で、なおかつ趣がある感じがします
とは言え、イルミネーションも観たかったような気もして、、。
一方、西の河原公園にあるエメラルドグリーンの温泉池もなかなか美しく神秘的でもありました。それが温泉というのが実に不思議な感覚でした。足湯で少しのんびりできました。
また、片岡鶴太郎美術館は草津ホテルの隣接施設、深い関係があるのでしょう。私はあまり考えず、入館しましたが、確かに数々のバラエティある作品に触れ、そのエネルギーと才能を感じました。現役の俳優でありながら、ここまで描けるというのは凄いことだと思います
その絵が好きかどうかは、やはり個人の趣味ですよね。デッサン力というより、感性で描いている絵や書なのだなと思いました。
ミクミティ
2016/11/07 22:07
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

今回、湯畑の昼間と夜の風景を堪能することができました。やはり、草津温泉ならでは楽しみですね。
西の河原公園もなかなか見応えがありました。一見、普通の公園にようにも思えますが、その色合いや香り、それがすべて温泉と繋がっているのが見事だと感じました
片岡鶴太郎美術館も入ってびっくり。これだけの作品を残していて、更に俳優も芸術家としてもまだまだ現役というのは凄いなと思いました。
ミクミティ
2016/11/07 22:12
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、明治時代にそんな唄があったのですか。全く知りませんでした。確かに江戸時代から明泉、明治に入ってからも日本を代表する温泉で、医学的にもその効用が知れ渡っていたのですね。
西の河原公園の風景も、ちょっと現実離れしていて凄いなと思いました。これも自然のなせる技。さすが草津だなと感じました。
ミクミティ
2016/11/07 22:16
こんばんは。
私のブログで「草津温泉」を検索しました。
ないのです。
ということはブログ開設前に訪れていたのかと月日が過行く速さを感じてしまいました。
夜も湯畑に行ったかどうか定かでありません。
ライトアップに湯気が浮き上がり風情がありますねぇ。
温泉饅頭ほおばりながらそぞろ歩きしたいところです。
tami
2016/11/07 23:05
うふふさん、いつもコメント有難うございます。

ライトアップされた湯畑の夜景はなかなか味がありました。ここを見下ろすことができて気持ち良かったです。周囲の老舗旅館のライトアップにも温泉街の風情を感じました。やはり和風がいいですね。
草津温泉は、その質はもちろん、色々と見どころが多いなと思いました。今や片岡鶴太郎美術館もその一つです。
ミクミティ
2016/11/08 21:39
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、湯畑は草津温泉の醍醐味の一つ。昼も夜もその風景をじっくり堪能したくなります。周囲の老舗旅館を見て回るのもいいですね。
片岡鶴太郎美術館も今や草津温泉の見所に一つのようです。一方で、下呂温泉もいつか行ってみたいです。
ミクミティ
2016/11/08 21:47
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、草津温泉に行かれたのはかなり前なのですね。もうブログは生活の一部になっておられることでしょう
ライトアップされた温泉の湯気、寒くなると益々目立つようになると思います。日本的な風情を感じますよね〜
温泉饅頭もたくさん売っていました。
ミクミティ
2016/11/08 21:59
夜の風景も昼間とは違って、雰囲気が違っていいですね。
片岡都留太郎さんの美術館があるのですね〜
知りませんでした(^_^)
ゆう
2016/11/09 09:00
「草津よいとこ 一度はおいで」、日本を代表するですから、懐かしく思いました(以前、友人と…)やはり、ここ一井で泊まりましたあの頃はライトアップはされていませんでしたが、名物湯もみは見ましたよ。これからは、冷えるので温泉がいいですね。暮れに行きたいです
ミックン
2016/11/09 13:34
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、昼間と夜は湯畑の雰囲気も違って見えました。やはり湯煙が温泉らしさを感じさせます
片岡鶴太郎美術館も、今では草津の観光名所の一つなのです
ミクミティ
2016/11/09 21:24
ミックンさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、やはりホテル一井でしたか。湯畑に近くて大きなホテルですからね
湯畑のライトアップはよかったです。湯煙が浮かび上がり、湯の色もちょっと幻想的でした
ミクミティ
2016/11/09 21:32
こんにちは。
草津温泉の夜景は中々雰囲気がありますね!
九州霧島の方で川が温泉になっていましたが、西の湯河原公園には驚きました!
足湯も一般のより広くて気持ち良さそうです。
鶴太郎さんの絵は何度か観たことありますが、草津に美術館があるとは、確か四国出身と思いましたが?
みっちゃん
2016/11/11 14:14
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、湯畑を中心とした温泉街の夜景は風情があると思いました。湯煙が立つ湯畑のまわりを散策するのは昼も夜も楽しいものです。
西の河原公園は後から思い出してみても、実に不思議な体験だったと思います。普通のようで普通ではありません
片岡鶴太郎美術館、立派な美術館で感心しました。
ミクミティ
2016/11/12 21:00
草津温泉のライトアップ…今様のはなやかなLEDで彩られているよりも、シンプルな形でされてることに好感を持ちました。
するとなると大仰になりがちですもんネ。
シンプルなのでいっそう湯煙が幻想的に見えたんじゃないでしょうか。
片岡鶴太郎氏の美術館があるとのこと。
デッサン力があるかとなると さほどでもないと思うんですが、コレを描きたい…ッと云う気持ちの方が大切なのだと思ってます。
ただ過大評価されすぎただけのこと。
おーちゃん
2016/11/13 00:32
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、シンプルなライトアップで浮き立つ湯煙の風景が味があって素敵でした。やはり和の風情がありますね。和風旅館やお寺の夜景もよく似合います
片岡鶴太郎美術館の規模と造りの立派さにまず驚きました。作品についても見応えがあると思いました。
ミクミティ
2016/11/13 11:10
こんにちは。

草津温泉は、主人と長男が2人で行ったことがありますので、ビデオで見たのと同じ景色があって懐かしいです〜。
長男が中学生の頃だったと思います〜。
ライトアップされて綺麗ですね〜。

片岡鶴太郎美術館はとっても興味あります〜。
素敵です〜!
(*^o^*)
cafe
2016/11/14 16:40
cafeさん、コメント本当に有難うございます。

そうですか、懐かしさがありますか。お陰様で、草津温泉の湯畑の景色を昼も夜も楽しむことができました。確かに思い出に残る印象的な風景だと思います
もちろん、温泉自体も
片岡鶴太郎美術館が草津の名所に一つというのも面白いなと思いました。
ミクミティ
2016/11/14 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
草津温泉、湯畑のライトアップと西の河原公園の緑の美しさ 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる