「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 浮世絵にも描かれた歴史ある堀切菖蒲園でハナショウブを楽しむ

<<   作成日時 : 2016/06/12 19:11   >>

ナイス ブログ気持玉 266 / トラックバック 0 / コメント 50

6月の梅雨の晴れ間の週末、どこかへお花を見に行かなくてはと思って出かけたのが、東京都葛飾区堀切(ほりきり)菖蒲園(しょうぶえん)
画像

平成28年(2016年)6月11日(土)、まさに見頃の花菖蒲を見てきました。

葛飾(かつしか)菖蒲まつりは、6月1日〜20日まで。

堀切菖蒲園は、なんと入園無料 私は近くの綾瀬川沿いにある駐車場代500円だけ払って訪れました。
画像

それ程広大な敷地ではありませんが、約200種・6000株の花菖蒲が所狭しと咲き乱れていました。
画像

堀切菖蒲園と言えば、全国に数ある菖蒲園の中でも歴史的に知られている菖蒲の名所

歌川広重名所江戸百景にも『堀切の花菖蒲』として描かれているのがとても印象的です。
画像


江戸時代には数々の浮世絵にも描かれ、既にその存在が広く知られていたそうです。

私も、名所江戸百景のような構図で撮ってみたいと思いましたが、なかなか難しいです。
画像

現代では、川沿いのすぐ脇に首都高速道路が走り、その高架がどうしても構図の中に入ってしまいます。仕方がないですね。

それでも、歴史ある堀切の花菖蒲を、少しでも日本的な風情を感じるような構図で撮影しようとあれこれトライしてみました。
画像

そもそも、堀切(ほりきり)とは過去に城塞があったことが所以とされる古い地名。

この地に最初に花菖蒲が植えられたのは室町時代、堀切村の地頭が奥州郡山の安積沼(あさかぬま)から種子を取り寄せて自分の邸宅で育てたのが始まりとか。

その後、江戸時代後期の享和・文化年間(19世紀初め)に堀切村の百姓、小高伊左衛門(こだかいざえもん)が全国各地から花菖蒲の逸品を集め、自分の庭で繁殖させたそうです。

それが、小高園(こだかえん)という菖蒲園として開園し、ハナショウブの名所として江戸庶民にも知られるようになったとか。
画像

明治に入ってその近隣に、堀切園・武蔵園・吉野園・観花園といった数々の菖蒲園が開かれ、戦前には全国的に知られるハナショウブの名所へとなっていったのです。
画像

ただ、戦後の東京の宅地化の流れの中で、ほとんどの菖蒲園は閉鎖され、唯一残った堀切園が葛飾区管理の堀切菖蒲園として今に残っているとのことです。

つまり、今の堀切菖蒲園そのものが江戸時代から継承されたものではないようです。

とはいえ、歴史に名を残すハナショウブの名所として、古来の趣を再現しようと試みられているようです。
画像

このように松の木が菖蒲園に植えられて、松とハナショウブの風景に風情があるなと思いました。
画像
画像


そして、園内の一角の小高いところにあづま屋があります。
画像

既に、多くの人が集まっています。

そこに登って菖蒲園を見下ろした風景も実に気持ちのいいものでした。
画像

特に、色とりどりの種類の違うハナショウブが入り混じって咲き乱れている光景にうっとりします。
画像

ここ堀切菖蒲園には、やはり江戸系のハナショウブが多いです。
画像

園内には、女流俳人の中村汀女(ていじょ)が昭和59年(1984年)に訪れた時の句碑もあります。
画像
 『花菖蒲 かがやく雨の 走るなり』という句が刻まれています。

それからこの季節、やはりアジサイの季節とも言えます。

堀切菖蒲園にもアジサイが所々に咲いていて、ハナショウブとのコラボを見ることができます。
画像
画像

まさにこれぞ6月という雰囲気を感じます。
画像


更に、今回マクロレンズを取り出して少し撮影してみました。
画像

特に、「しぼり」のあるハナショウブの花びらをクローズアップして見てみると、色が混じりが芸術的で独特の魅力を感じました。
画像
画像


ハナショウブの特徴である、花びらの中央にある黄色もアップで見ると実に不思議な紋様にも思えます。
画像
画像


マクロレンズを使いながら菖蒲田を眺めていると、シオカラトンボがハナショウブの蕾で休んでいました。
画像

癒される瞬間でした。
画像


最後に、歴史ある堀切菖蒲園の入口で見つけたまさに現代的なものをご紹介します。

それは、レストハウスにもなっている静観亭に掛かっていた横断幕です。
画像

リオデジャネイロ五輪出場、競泳女子平泳ぎ競技、渡部香生子(わたなべ かなこ)選手」と書かれています。

彼女は、ここ葛飾区堀切の出身なんですね。

この夏(2016年)、堀切から新しい歴史が生まれるでしょうか。活躍を期待したと思います

画像




Horikiri-Shobu-En Park, Katsushika-Ku, Tokyo, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 266
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(50件)

内 容 ニックネーム/日時
土曜日でしたかね〜?
TVでレポートしていました。
引いた画像にはビル群も見えて・・
スカイツリーと花菖蒲のコラボの場所も人気ですって!
みなみさんがハワイの美術館所蔵の『堀切の花菖蒲』を見せて下さいました。まさに同じ版画?と思います。
アップのお写真も見事ぉ〜ですね。
確か?小高さんのお屋敷も現代の当主さんも登場なさっていました。お屋敷には今は花菖蒲はないそうですが・・その昔のご尽力の賜物でしょうね。花菖蒲図鑑の素晴らしいのが保存してありました。
それに?無料ですって@@太っ腹ですね。
豊かな花菖蒲に魅入ってしまいました☆
nobara
2016/06/12 19:58
こんばんは。
私の街にはこうした菖蒲園はありません。彼方此方で菖蒲は咲いていますが種類も似たようなものばかりです。この堀切菖蒲園は凄い歴史なのですねぇ。写真拝見しても凄い数の菖蒲ですねぇ。あづま屋にも人がいっぱいですね。マクロレンズで撮られた写真も良いですねぇ。私も今日久し振りにマクロレンズ使いましたが手が震えてしまってピンボケだらけでした。流石ですねぇ。
素敵な歴史の解説、何時もありがとうございます。
HT
2016/06/12 21:19
こんばんは!
歴史のある堀切菖蒲園のハナショウブ綺麗ですね。
あずま屋や石灯籠、松の木やアジサイとハナショウブがマッチして絵になりますね。
私も地元のハナショウブ見てきましたが田んぼの中にあるので背景に風情がありません。
マクロレンズで撮られた写真も花の別の表情を見たようで面白く感じました。
堀切の歴史も紹介して頂き、勉強になります。有難うございました。
eko
2016/06/12 22:19
こんばんは。

堀切菖蒲園ですか。
菖蒲祭りもやってるんですね。
葛飾は菖蒲で有名なんですかね。
めっちゃいっぱい、綺麗に咲いてますね。
うちの会社の近くの大阪では有名な菖蒲園もいま、絶賛開催中です。
私は行ったことないですが。。。
トトパパ
2016/06/12 23:00
こんばんは
 堀切菖蒲園には前日の6月10日に出かけましたが、手入れの行き届いた花菖蒲が見事でしたね。
 事前の下調べもなく入園して、花菖蒲を楽しんだだけでしたので、広重の名所江戸百景に描かれているとは知りませんでした。
 この菖蒲園の詳しい沿革までも紹介していただき参考になりました。
mori-sanpo
2016/06/12 23:07
江戸の昔から、庶民に愛された
花の名所の一つですね。
その起源が室町にまで遡るとは
知りませんでした。花菖蒲だけでなく、
紫陽花も楽しめるのは嬉しい気がします。
手前の紫陽花にピントを合わせて、
背景の花菖蒲が霞んで見える風景は、
趣深いものがありますね。
yasuhiko
2016/06/13 15:38
ここへ伺うと歴史が学べてありがたいです。
それにしてもすばらしい菖蒲の花々、さすがですね。
広重の画にもですか。有名ですからね。
いい写真、楽しませていただきました。
はるる
2016/06/13 19:08
たくさんのご近所さんが見に行かれているんでしょうね。
京成電車にその駅名も付けられていたので、当時住んでいた国府台からも近いので一度行ったことがありました。
下町の中でちんまりと、でも人がたくさんいたことを思い出しました。
雨の時期に、楽しむ花ですね。
まだ今年はどこにも見に行っていません。早くしないといけないです。
コマダム
2016/06/13 20:40
堀切菖蒲園、ここも有名ですね。たくさんの花菖蒲が見られて素晴らしいですね。いつもこの季節に、ここも行ってみたいと思いながら近場の小岩菖蒲園で済ませてしまいます^^;
かるきち
2016/06/13 21:43
こんばんは!
堀切菖蒲園、歴史ある場所の花菖蒲紫陽花の青紫とともにこの梅雨に映える花たちですね〜🎶
今年はあわただしく、なかなかお花見に出かけられずにいますので、こうしてミクミティさんの細やかな説明と美しい写真に心落ち着きます〜☆
komichi
2016/06/13 21:54
nobaraさん、早速のコメント有難うございます。

土曜日にテレビでここをレポートしていましたか。それは見逃して残念です。是非見たかったです。
スカイツリーと花菖蒲を一緒に見るスポットはここから徒歩5分ほど。まさに現代の花の名所かもしれません
広重の浮世絵がハワイでも見られるとは知りませんでした。堀切の花菖蒲もありましたね
いや〜、小高さんのお屋敷も見たかったです。子孫の方が地元にいらっしゃるって凄いことだなと思います。
ミクミティ
2016/06/13 22:14
HTさん、早速のコメント有難うございます。

今、全国各地でハナショウブが咲いていますね。それぞれ味わいがあって種類も豊富、まさしくこの季節を象徴する日本の花だなと思います
その証拠が浮世絵のような気がして、是非こちらには来てみたかったのです。だいぶ周辺は宅地化され、高速道路も走っていますが、花を観賞する気持ちに今も昔も変わりません。
マクロレンズは私もたまにしか使わないので、未だに上手く使いこなしていない気がするんですよ
ミクミティ
2016/06/13 22:18
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

今の時期、日本各地で花菖蒲が咲いていると思います。この時期を象徴する素敵な花ですよね。それが江戸時代からそうだったのいう場所が堀切菖蒲園です。周囲の風景はだいぶ変わってしまいましたが、ハナショウブを愛する気持ちは今も昔も変わらないと思います。どこなく風情を感じる工夫がされているなと感じました。
マクロレンズはたまにしか使いません。未だに上手く使いこなせないと思っている次第です
ミクミティ
2016/06/13 22:23
トトパパさん、いつもコメント有難うございます。

この時期、全国各地で花菖蒲が咲いているでしょうね。菖蒲園の数も多いと思います。その中で、堀切菖蒲園には長い歴史が。そんな面影を感じながら写真を撮影しました。
花菖蒲の美しさを楽しむ心は今も昔も変わらないでしょうね。是非お近くの菖蒲園へも行かれてみては。
ミクミティ
2016/06/13 22:26
mori-sanpoさん、コメント本当に有難うございます。

ちょっと偶然ですね、一日違いの訪問でした。私は基本的に土日しか活動できないので。
私は広重の浮世絵から、堀切菖蒲園には是非いつか訪れてたいと思っていて、ようやく実現できました
周囲の景色はだいぶ変わったと思いますが、この地で花菖蒲を堪能できてうれしかったです。
ミクミティ
2016/06/13 22:29
おはようございます。
歴史のある堀切菖蒲園は見どころがありますね。
たくさんの花菖蒲に圧倒されました。
広重の浮世絵は当時をしのぶ貴重な資料ですね。
今の風景と比べて楽しくなりました。
そう、そう、上野公園の清水観音堂の前にも広重の絵が飾ってあり、江戸時代の不忍池の風景を見せていましたよ。
素敵な計らいですね。
うふふ
2016/06/14 06:35
都会で素晴らしい花菖蒲園が
無料良いですね。
駐車場も助かったですね。
絵とそっくりだったですよ。
そして石道路とマッチしてますね。
山ちゃん
2016/06/14 07:22
「名所江戸百景のような構図で撮ってみたい」
「少しでも日本的な風情を感じるような構図で撮影しよう」
そう思って工夫して撮るところに上達の秘訣があるのでしょうね。見習わなければ…。
7枚目、灯篭を前景に背後に花菖蒲、花菖蒲は小さいですが、存在感ありますね。
茜雲
2016/06/14 08:29
菖蒲の花、いい時期ですね。
歌川広重の浮世絵と写真の構図、ナイスですよ。
この花の遠くに水と草と松の並木があったのかと
空想にひたれますね〜。
楽しい比較写真ですね。)^o^(
ゆう
2016/06/14 09:26
こんにちは

現代版浮世絵は
カメラの腕でカバーして
時を超えた美しさを表現ですね
無門
2016/06/14 14:52
まぁ〜驚きました。
ホノルル美術館で歌川広重展が開かれていて、まさにこの「堀切り花菖蒲」の浮世絵の本物を見てきました。
広重が愛した現場へミクミティさんも行かれたのですね。
江戸時代から続く歴史ある菖蒲園なのですね。
花菖蒲も心なしか品格があって豪華さをアピールしていますね。広重の江戸百景の展覧会は凄かったです。ハワイで見られたことにも鳥肌が立ちました。
みなみ
2016/06/14 16:57
こんばんは。
浮世絵だってその時の風景を大胆に切り取ったに違いないので
ミクミティさんも逆に高速道路を積極的に入れたら良かったのに。
花菖蒲は華やかで人々も賑やかですね。
どこに住んでいても花は高揚させ癒してもくれます。
梅雨の晴れ間の風景という感じがします。
葛飾だから標高が低く菖蒲栽培に適していたのかのでしょうかね。
tami
2016/06/14 18:48
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、全国に数ある菖蒲園の中でも歴史的に有名なところ。多くの浮世絵に描かれたというのが、堀切菖蒲園の人気の証拠でしょう。あこがれもあったと思います。
周囲の景色は変わってしまいましたが、ハナショウブを愛する心は今も昔も変わらないと思います。
アジサイは本当に脇役。花菖蒲の美しさを控えめに演出しているようでした
ミクミティ
2016/06/14 22:12
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

全国に菖蒲園は数多くありますが、浮世絵に描かれ歴史的に有名なのはそれほどないと思います。そんな堀切菖蒲園へ是非行ってみたかったのです。
広重の作品をイメージしながら、眺めたり撮影したり。楽しかったです
ミクミティ
2016/06/14 22:17
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、国府台に住んでいらっしゃいましたか。堀切は確かに下町という佇まい。そんな住宅街の一角に菖蒲園はありますね。広くはないですが、よく整備されているなと思いました。週末なので賑わっていましたよ。
広重の名所江戸百景に描かれていたと思うと、やはり歴史ロマンを感じます
私も忙しくて、ようやくお花を見に出かけれたという感じです。
ミクミティ
2016/06/14 22:22
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

かるきちさんのところからはそれ程遠くはないですよね。私ははるばる出かけたという感じです。ただ近くに別件がありまして、、。
歴史ある菖蒲園と思うと、特別な魅力を感じて是非訪れたかったのです
ミクミティ
2016/06/14 22:25
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

私も仕事やプライベートで慌ただしくて、ようやくお花を見に出かけることができたという感じでした。どうせ見るなら歴史あるお花を。そんな思いで堀切菖蒲園へ訪れました。
お陰様で天気に恵まれ、都会の一角ですが素適な花菖蒲と紫陽花を観賞することができました
ミクミティ
2016/06/14 22:28
うふふさん、いつもコメント有難うございます。

歴史ある堀切菖蒲園、江戸時代からの花菖蒲の名所を訪れることができて嬉しかったです。なんとなく江戸時代の人と心を通じているような気になります。浮世絵の構図を想像するのも実に楽しいものです。
広重の描いた風景を今眺めて見ると、あまりの変化にため息が出たりします。でも、当時の面影を少しでも発見できると嬉しいですね。
ミクミティ
2016/06/15 20:36
山ちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

やはりここは東京都二十三区の一角、下町の雰囲気がいっぱいの住宅地です。周囲は、マンションや高速道路も。広重が描いたころとはあまりに風景が変わっています。
それでも歴史的な花菖蒲の名所で、花を楽しむ心は今も昔も変わらないと実感します。
高速道路の先にはスカイツリーもあるんです
ミクミティ
2016/06/15 20:41
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

いえいえ、私はまだまだ修行が足りません。正直せっかちだと思います。落ち着いて写真撮影を追及するというよりは、いかに色々と紹介しようかなんて考えてしまったり。
今回は、少しでも歴史的な菖蒲園の味わいを表現したいなと思った次第です
ミクミティ
2016/06/15 20:45
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

花菖蒲はまさにこの時期を代表する花ですよね。歴史的な名所で鑑賞できてうれしかったです。昔の人と思いが重なるような気がして
比較写真はちょっと強引でした。というか、明らかに無理のような気がして。それでも褒めて頂き嬉しいです
ミクミティ
2016/06/15 20:50
無門さん、いつもコメント有難うございます。

現代版浮世絵なんて言われると恥ずかしいです。当時を様子に思いを馳せて写真を撮りましたが、実際周囲の風景はあまりに変わってしまいましたよね。
広重の画の風景は別世界のようにも思えます。それでも堀切の花菖蒲は今も健在というのが嬉しいことです。
ミクミティ
2016/06/15 20:55
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

本物を江戸名所百景をご覧になったばかりですね。しかもハワイでというのが、本当に不思議な気がします
「堀切の花菖蒲」が以前からずっと気になっていて、今回訪れることができて私も嬉しかったのです。何となく江戸時代の人達と気持ちを共有できたような気がしました。
ミクミティ
2016/06/15 21:05
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、特に広重の浮世絵は風景を大胆に切り取った構図が多いですね。私はとてもとても。ちょっと真似するのが精一杯という感じです。
都会の住宅地に囲まれた菖蒲園ですが、ここで見るのは特別な感慨があります。なんとなく江戸時代の人達と思いを共有しているような気がして
この辺りは川も近く標高も低くく湿地帯だったそうです。ハナショウブには格好の場所だったそうです。
ミクミティ
2016/06/15 21:11
日本的風情で花菖蒲を撮る。
近頃はどこもかしこも情緒も何もない橋が多くなってきたので難しくなってきてますが、さすがミクミティさん それらも逆手にとって素晴らしい写真です。
浮世絵と比べると色が鮮やかとは思うのですが、江戸は水の関係からどォしても鮮やかな色が出なかったと聞きます。
おそらく絵師たちは鮮やかな色彩で表現したかったんじゃないか。
そんな風に思ったのでした。
はァ〜マクロレンズ…欲しくなる。
おーちゃん
2016/06/15 21:46
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

浮世絵にも描かれた花菖蒲の名所、現代の様子はあまりに変わってしまっています。それでも、花の魅力を楽しむ心は今も昔も変わらないと思います。江戸の人達と思いを共有したような気がします。
この辺りは高度も低く湿地帯だったので、当時から花菖蒲の栽培に適していたそうです。種類は現代ほど多くはなかったでしょうけど、写真の無い時代の浮世絵は人々の心を躍らせたでしょうね
マクロレンズ、長く使えるので一本持っておくとずっと楽しめる気がしますよ。
ミクミティ
2016/06/15 22:04
こんにちは。
浮世絵にも描かれている「堀切の花菖蒲」沢山の色とりどりの花が咲く風景は実に見事なものですね。その菖蒲園が実は江戸時代から継承されたものでは無い事を初めて知りました、それでも200種6000株の花が有るとは驚きです。紫陽花と花菖蒲のショットも味わい深い感じがしますね。堀切菖蒲園、行って見たくなりました。
毎日日曜人
2016/06/16 14:21
梅雨の晴れ間に、今が見ごろの花ショウブを見に行かれたのですね!
歌川広重の名所江戸百景にも『堀切の花菖蒲』として浮世絵に描かれているとは…、江戸時代からずっと有名な花ショウブの名所だったのですね!都会の中で堀切菖蒲園はよくぞ残ってくれましたね。
首都高やビルも背景になる菖蒲園、東屋で花を観賞する人々の人気の多いのも、花ショウブがよりきれいに咲く原因かもしれません。松の枝と花ショウブだったり、アジサイと一緒の花ショウブもお写真が見事です。
更にマクロレンズで撮られた花模様が、不思議な世界を見せてくれました。ステキです!!
「祝 掘切出身リオ水泳選手渡部選手!」の活躍を応援したいですね!横断幕が花を添えてくれましたね。
みっきい
2016/06/16 17:12
こんばんは。
花菖蒲の季節ですね〜♪
首都圏はビルや住宅が立ち並び、素敵な菖蒲園も閉鎖されてしまうのですね。
残念です。
こちらは梅雨らしい日が続き、紫陽花も元気です。
ミクミティさんの素敵な花菖蒲を拝見したら、私も行って見たくなりました!
今週、晴れたら近場の公園に花散策して来ます。
ハーモニー
2016/06/16 19:56
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

堀切の花菖蒲、お陰様でやっと見ることができました。以前より、名所江戸百景に描かれた花菖蒲の名所を見てみたいと思っていました。
現在の堀切菖蒲園はどうも明治以降に開園になったようですね。それも、こちらを直に訪れて分かりました。
それでも、当時の様子を思い浮かべながら花菖蒲を堪能できて嬉しかったです
ミクミティ
2016/06/16 22:04
みっきいさん、いつもコメント有難うございます。

やはり、ハナショウブはこの時期を代表する花ですね、梅雨の晴れ間に美しい花々を見ることができてよかったです。堀切菖蒲園は、以前から名所江戸百景の画を見て憧れていたので、今回ようやく訪れることができて嬉しかったです。
浮世絵の場所とは若干違うようですが、当時の様子を思い浮かべながら花を観賞するのは格別ですね。もちろん、周囲の様子はすっかりと変わってしまっていますが
写真をお褒め頂き光栄です。歴史的な名所で、少しでもそんな雰囲気が出せればなと思っていました。マクロレンズの撮影も楽しいものです。
リオ五輪で、渡部選手を応援したいと思います
ミクミティ
2016/06/16 22:15
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、私も梅雨の晴れ間に花菖蒲を鑑賞できてうれしかったです。やはり、歴史的な名所に訪れる気分は格別です。以前から行ってみたかったので。
周囲には高速道路や住宅やマンションが。それでも、地元の方々が愛されている菖蒲園だなと感じました。なにしろ入場無料なのも凄いですね。
ミクミティ
2016/06/16 22:18
江戸時代からの歴史ある堀切菖蒲園なんですね。
200種・6000株の花菖蒲が無料で眺められるんですか。
太っ腹ですね。
この歌川広重の名所江戸百景、見覚えがあります。
本当は室町時代からのものとか、ますます歴史を感じますね。
形は変わっても継承されている事が分かります。
カラフルに色んな種類が混じっているのも、豪華な感じがします。
アジサイとハナショウブとのコラボ、なかなか見られないいい写真です。
花弁の中に黄色の走っているクローズアップも、見た事が無い凄い絵です。
アルクノ
2016/06/17 12:22
雨の中、濡れて益々艶っぽく咲く花菖蒲。江戸時代から好まれて、品種改良などで、種類はかなりの数になるようですね。今年は花菖蒲を見に出かける事無く時期が終りそうなので、こちらで楽しませて頂きます。
花咲か爺
2016/06/17 16:04
毎日レポート拝見させていただいております。
堀切菖蒲園・・数日前に東京に移動しまして、紫陽花か菖蒲の見られて近場で。。とネットで探していましたら、ここが見つかりました。
今日は天気予報が晴れなので、歩きか自転車で行こうかなと思っているうちに。。。。良い天気が暑すぎるという良くない天気になりまして・・予定却下となりました。
ミクミティさんの記事は一週間前ですから、とっても綺麗♪♪
今日はこの暑さがプラスしてクタクタの菖蒲だったかもしれませんね。
ここで美しい堀切の花菖蒲を拝見して行った気分に浸りたいと思います♪
駿河の杏
2016/06/17 19:43
アルクノさん、コメント本当に有難うございます。

そうですね、浮世絵にも描かれた花菖蒲名所を訪れて、満開の花菖蒲を楽しむってやはり素敵な体験でした。広重の名所江戸百景の画をイメージしながら園内を散策しました
全く同じ場所ではなのですが、同じような構図の写真を撮ってみたかったのです。なんとなく歴史を追体験しているようで楽しかったです
周囲の風景はがらっと変わってしまいましたが、花を愛する気持ちは今も昔も変わらないと思います。写真を褒めて頂き嬉しいです。
ミクミティ
2016/06/17 21:46
花咲か爺さん、コメント本当に有難うございます。

紫陽花とともに花菖蒲は6月を象徴する花ですよね。私はちょうど週末の梅雨の晴れ間に見てきました。雨に濡れた姿も美しいですよね
花菖蒲って本当に種類が豊富だなと思います。とても覚えられませんが、多くの色合いにただただうっとりしました
ミクミティ
2016/06/17 21:50
駿河の杏さん、コメント本当に有難うございます。

お陰様でちょうどいい時期に堀切菖蒲園へ行けたかもしれません。それ程熱くなく、ハナショウブもまさに見頃という感じでした
今日から夏を感じる暑さになりましたね。季節はどんどん移り変わります。早いですね〜。
私のブログへ訪問頂き有難うございます。これからもよろしくお願い致します。
ミクミティ
2016/06/17 21:56
こんばんは。
こんなに沢山の花菖蒲が咲いているのを見たことがなく、カラフルでとても綺麗です!
マクロレンズは持ってないのでいいなあと思いながら拝見しています。
早やシオカラトンボが飛んでいるとは夏みたいですね。
みっちゃん
2016/06/22 21:02
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

堀切菖蒲園は、今では住宅地や高速道路の囲まれていますが、どことなく歴史を感じる素敵な菖蒲園だと思いました。もちろん、広重の画を頭でイメージしているので余計そう感じるのかと思います。
たまにしか使いませんが、マクロレンズはちょっと現実離れした写真が撮れるので面白いですよ。
シオカラトンボを見て、私も夏を感じました。実際、暑い日でした
ミクミティ
2016/06/23 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浮世絵にも描かれた歴史ある堀切菖蒲園でハナショウブを楽しむ 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる