「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS シンガポールの夜景を楽しんで(マーライン公園やホテルの散歩)

<<   作成日時 : 2016/06/05 15:17   >>

ナイス ブログ気持玉 268 / トラックバック 1 / コメント 46

夜空の下、ライトアップされた白い巨体が激しく水を吐く光景。とても綺麗で気持ちよく感じます。
画像

シンガポールのシンボル、マーライオンの夜の風景です。

日本のコマーシャルにも取り上げられたこの風景、日本でも結構有名になってきています。先日、訪れる機会がありました。

マーラインが水を吐きだす先にそびえるのが、マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)
画像

日本のマスコミにもしばしば取り上げられるので、こちらもかなりお馴染みになっています。今や、日本の若者にも人気のホテル・リゾート。

55階建ての高層ビル3本の屋上が、まるで新幹線のような形状の屋根で繋がっており、その屋上は展望台やバーや巨大プールになっています

2010年オープンのマリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)。うっとりと湾越しに眺めていると、ちょうど遊覧船が通りました。
画像

どうしても、動いている船はボケてしまいますね。船から眺めるのも気持ちいいでしょう。

初めて見た時、あまりのインパクトに驚愕したことを覚えています。 (マリーナ・ベイ・サンズの展望台や中は、こちらをどうぞ。)

私がいるのは、マーライオンの脇の展望桟橋。振り返ると摩天楼を背景としたマーラインが黙々と水を吐き出しています。
画像


結構、ロマンチックで絵になっていると思います。
画像

かつては、「世界三大がっかり」の一つと言われましたが、今はすっかり周辺の環境が整備され、シンガポールノ代表する観光スポットです。特に夜景は見事だと思います。

そもそも、マーライオン(Merlion)は、海を意味するMerと、ライオン(Lion)を組み合わせた名前。

交易国として海のイメージと、国名のシンガ(サンスクリット語で「ライオン」の意味)を合わせた国のシンボル。1972年の完成なのですね。

そのすぐ後ろにあるのが、ミニマーライオン。
画像

可愛くて微笑ましいです。

近くの橋もお洒落にライトアップ。
画像

仕事を終え、このマーライオン公園周辺からブラブラと夜景を観賞しながら歩くのは実に楽しいです。

こちらが、マーライオンのすぐ近くにあるフラトン・ホテル(The Fullerton Hotel Singapore)
画像

イギリスの植民地時代の初代総督であるロバート・フラトンの名前を残す、1928年(昭和3年)完成の歴史ある建築。1996年までは、中央郵便局として使われていたというのがユニークです。
画像

今では、綺麗にライトアップされた高級ホテルです。

その脇を流れるシンガポール川沿いを歩いていくのが、またお洒落でいいものです。
画像

遊覧船も行き交います。

ライトアップされた摩天楼をバックに、レストランや飲み屋街が賑わっていてとても楽しい雰囲気です。
画像

夜景やクルーズ船を見ながら、食事をするのも楽しいものです。
画像

私もこの一角で食事をしましたよ。

実は、この川の対岸が、現代のシンガポールの始まりとも言われるエリア。
画像

1819年に、イギリスの東インド会社の書記官、トーマス・ラッフルズがこの地へ上陸し、商館を建て都市化を始めたことから、シンガポールは交易都市として発展することになったそうです。

シンガポールは昨年(2015年)に建国50周年を迎え、アジアの経済国として益々の発展を遂げています。

しばらく、川沿いを歩き橋を渡ったところにあるのが、シンガポールの国会議事堂。
画像

いかにも南国の雰囲気が漂う白亜の建築。やはりライトアップされています。
画像

実質的に一党独裁政治が行われ、「明るい北朝鮮」と言われる政治の中枢がここなのですね。

他にも、ライトアップされた独創的な建築が。
画像

エスプラネード−シアター・オン・ザ・ベイ、劇場です。

そうこうして、自分が宿泊しているホテルに戻ります。スイスホテル ザ スタンフォード(Swissotel The Stamford)。
画像

そこも、カラフルな色が変わっていくライトアップがなされていました。

本当に未来都市といった趣を感じます。

その部屋の窓からも、マリーナ・ベイ・サンズやエスプラネード−シアター・オン・ザ・ベイが見えます。
画像

右手にはシンガポールの金融街の摩天楼。
画像

ちなみに、夕方の風景はこんな感じでした。
画像

観光に来たわけではありませんが、限られた時間ながら夜景を堪能し観光気分を味わえました。
画像



最後に、もう一つ、シンガポールの有名なホテルをご紹介します。

それは、やはりライトアップされた歴史的なラッフルズ・ホテル(Raffles Hotel)。1887年(明治21年)の開業です。
画像

先ほど出てきたイギリス東インド会社のトーマス・ラッフルズにちなんで命名。

コロニアル風、つまり英国植民地時代の雰囲気を残す建築です

内部も格式がありますね。
画像

目指すはこのホテルの中にある有名なバー。Long Barです。
画像

天井にはウチワのようなファンが付いていて、空気を循環させていました。これも、このバーの特徴です。

そこで飲んだのがこちら。有名なカクテル、シンガポール・スリングです
画像

このラッフルズ・ホテルのロング・バーが発祥と言われています。1915年、ロング・バーのバーテンダー、ニャン・トン・ブーンによって生み出されたのだとか。

一緒に落花生を食べるのが定番です。

こうして、本家本元、本場のシンガポール・スリングを頂きました。

ただ、それにしても甘かったです

オリジナルの味と格式ある雰囲気を味わえたのはよかったですが、正直、味は日本で飲んだ方が美味しいかなと思ってしまいました





Merlion, Marina Bay Sands, Raffles Hotel, in Singapore

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 268
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今が旬、シンガポールで本場のドリアンを食べました
シンガポールの夜、会食をして現地人の同僚と向かったのがこの屋台でした。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/08/13 15:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

梅雨に入りましたね〜。
いよいよ雨の季節ですね。

シンガポールに行かれたんですか!
いいですね〜。
フラトン・ホテルいいですね。
ライトアップ、綺麗ですね。
一度は泊まってみたいです。
マリーナ・ベイ・サンズもいいですね。
上に上がられたんですか。
トトパパ
2016/06/05 18:32
こんばんは。
シンガポールにお仕事で行ってこられたのですねえ、お疲れ様でした。
でも、こんな綺麗な素敵な街を見てこられたのですから、いいですよね。素晴らしいホテルが沢山あって、年代を感じさせますね。街の中が至る所でライトアップされているのですね。昼間の写真…別の街みたいですね。やっぱり夜の方が断然綺麗ですよね。
素敵な写真と説明をありがとうございました。
HT
2016/06/05 21:48
こんばんは!
シンガポールはまだ行ったことがありませんけど、最近の画像で未来都市のようになっているのは知っていましたが、こうしてミクミティさんの解説でしっかりイメージできました〜♪
私はかつての植民地時代に建てられたホテルなどに憧憬を感じます〜☆
お仕事疲れを夕方からの散歩でしばし観光客で気分転換もステキです〜☆
komichi
2016/06/05 21:53
こんばんは!
シンガポールへ出張でしたか。お疲れ様でした。
マーライオンは「世界三大がっかり」とか言われていましたね。
シンガポール川沿いの夜景を楽しみながらの散策良いですね。
フラトン・ホテル、ライトアップされた橋、川を行く遊覧船、摩天楼、国会議事堂、独創的な建築の劇場、マリナー・ベイ・サウンズと綺麗な夜景が楽しめますね。
昼間の写真とは別世界ですね。仕事とはいえ、観光気分で未来都市のような夜景が楽しめて良かったですね。
居ながらにしてシンガポールの綺麗な夜景を楽しませて頂きました。
eko
2016/06/05 22:47
シンガポールと言えばマーライオン、私は出かけたことがありませんが、インプットされています。しかし、1枚目の写真、これにははじめてお目にかかります。正面や斜めからはよく見かけますが、このアングルから撮った写真は初めてです。
背後に見えるのがマリーナ・ベイ・サンズですか。その隣は何ですか。それらを背景に入れたマーライオン、素敵ですね。
茜雲
2016/06/06 08:18
シンガポールの夜、海辺のテラスで、ライトアップされた風景を見ながら、美味しいカクテルでも飲んだら、最高の気分ですね、夜景が美しい!!
fujisan
2016/06/06 09:07
シンガポールの夜景・・綺麗ですね。
さすがですね。
マーライオンの噴水は昔からの定番風景。
最近はあの三つの建物の屋根・・プール。
迫力ありますが・・・

ふと、こんな事してしまって大丈夫だろうか?

ニュースでドバイでのどんどん高くなる高層建物を見ても
ふと、同じような事を考えてしまいます。

ちょっと歳になってしまったのかもしれません。
ゆう
2016/06/06 09:30
20年以上も前に、シンガポール、香港をクリスマス頃に行きました。
当然このマリーナ。ベイ・サンズはありませんでした。
CMで見た時、実在の物とは思えなかったです。
治安がしっかりしているということだったのでやっぱり夜も歩きまわりましたが、こんなにライトアップはなかった様な気がしました。
ライトアップ好きとしてはまた行ってみたいです。
今回はとてもきらきらな写真が多いですね
コマダム
2016/06/06 13:18
良いですねぇ
私も10数年前に出かけてラッフルズ・ホテルで食事をしました。その時に頂いたグラス、今も愛用しています。セントサ島へ渡るのにはケーブルカーでした。叉、マーライオンは修理中だったため水を吐いては居らず、ホテルも街中から少し離れたシャングリ・ラに泊まり不慣れな買い物にタクシーなどを使った事等を懐かしく思い出しています。あの頃とは、まったく違った街の様子にもう1度元気な内に行きたいなぁと溜息ついて拝見しています。  
花咲か爺
2016/06/06 16:30
シンガポール出張、お疲れ様です。
ここも夜景のきれいな所ですね。
ナポリ、香港、函館、長崎などと
同じように、海辺の街では、
暗い海面に七色に輝く光の渦が現れて、
鮮烈な印象を残すようです。
マーライオンが、シンガポールの国名に
関係するとは知りませんでした。
yasuhiko
2016/06/06 17:33
こんにちは

シンガポールの夜を
堪能しましたね
以前ジャカルタから
日帰りで行ったきりで
夜を楽しまれなかった
無門
2016/06/06 18:45
こんばんは。
夜景にに映し出されるマーライオン、とても素敵に捉えられていますね。
一枚目、後ろからっていうのがいい感じです♪
シンガポール、建国50年ですか。
ますます発展著しい国ですね。
その繁栄が劇場やホテル、建造物などに如実に現れているように思えます。

お仕事とはいえ、素敵な時を過ごされましたね。
羨ましいです〜!♪
ハーモニー
2016/06/06 20:07
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

はい、先日数年ぶりに仕事で行ってきました。相変わらず魅力的な夜景だなと実感しました
フラトン・ホテルをはじめシンガポールは素晴らしいホテルがありますね。やっぱり圧巻のマリーナ・ベイ・サンズに泊まってみたいです。前回は展望台まで昇りましたが、今回は外から眺めただけでした
ミクミティ
2016/06/06 21:15
HTさん、早速のコメント有難うございます。

はい、先日数年ぶりに仕事で行ってきました。基本的に昼間は仕事なので夜だけ少しだけ時間を使って散策しました。
相変わらず魅力的な夜景だなと思いました。今回は前回より歩きまわりました。お陰様でホテルの部屋から見る風景にも癒されました
昼と夜の対比も面白いなと思いました
ミクミティ
2016/06/06 21:20
komichiさん、早速のコメント有難うございます。

数年ぶりにシンガポールへ訪れました。夜だけですが、その素敵な雰囲気に浸れて良かったです。まさに未来都市の様相に以前は非常にびっくりしたものです。
シンガポールには、その建国よりも長い歴史を持つホテルが幾つもあるのが不思議な感覚になります
歴史的なホテルに泊まるのも印象的な体験ですよね。
ミクミティ
2016/06/06 21:26
ekoさん、いつもコメント有難うございます。

先日数年ぶりにシンガポールへ行ってきました。今やマーライオン周辺は素敵な観光スポット。特に夜は魅力的な夜景が広がります。そこから歩いて散策するのは楽しいものです。
ライトアップされた建築も多くて、しばらく歩いても全く飽きません。写真を撮りたくなるところばかりです
夜だけですが、観光気分を味わえてよかったです。
ミクミティ
2016/06/06 21:31
シンガポールにご出張でしたか。お仕事とはいえ、こんなに美しい夜景を見ることができて羨ましいです^^マーライオンも本当に立派になりましたね。シンガポールも経済発展も目覚ましくて勢いのある国ですね。ラッフルズ・ホテル、こうした歴史のあるホテルも美しいですね。若いころ泊まってみたいと思っていたホテルです。
かるきち
2016/06/06 21:35
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

マーライオンは有名ですよね。今でも人気の観光スポットで、魅力的な夜景を楽しめます。マリーナ・ベイ・サンズをバックに斜め後ろから見るマーライオンも今や定番の構図になりつつあると思います。よくできいているなと感じます。
その左手前にあるのがアート・サイエンス・ミュージアムだと思います。
ミクミティ
2016/06/06 21:38
fujisanさん、コメント本当に有難うございます。

そうですね、マーライオンの近くには湾に面したテラスがあってカクテルを飲むこともできますね。私はただ散策して撮影するばかり。最後に、有名ホテルのバーで記念にカクテルを頂きました
ミクミティ
2016/06/06 21:41
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

シンガポールの夜景、マーライオンに加えてマリーナ・ベイ・サンズがオープンし、益々魅力的になりました。お洒落で素敵だなと思います
シンガポールは地震や台風などの災害がないと言われていますからね。ある意味安全なのだと思います。
ミクミティ
2016/06/06 21:45
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、シンガポールはここ数年観光振興で湾岸が整備され本当に魅力的になったと思います。特に、マリーナ・ベイ・サンズの登場はインパクトがありました。何度見てもその威容に引き込まれます。今や日本人の若者にも人気なのが分かります。
いつもの一眼レフではなくコンデジでの撮影でした。一応仕事なので、、。
ミクミティ
2016/06/06 21:49
花咲か爺さん、コメント本当に有難うございます。

ラッフルズホテルでの食事にシャングリ・ラ・ホテルでの宿泊。いいですね〜。素適な思い出でしょう。
ここ数年、シンガポールの開発は進み湾岸の景色は大きく変わりました。その未来都市的な夜景はやはり見ごたえがあります
機会がありましたら是非、久しぶりに訪れてその変化を堪能してみて下さい。
ミクミティ
2016/06/06 21:53
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

シンガポールの夜景はここ数年で急速に立派になったと思います。やはりマリーナ・ベイ・サンズ登場のインパクトは大きいです。本当に未来的なビルで何度見ても引き込まれます。
確かにそれぞれが海沿いに並んでいるので夜景が映えますね。
シンガポールの地は古くからライオンの伝説があったようですね
ミクミティ
2016/06/06 21:58
無門さん、いつもコメント有難うございます。

そうですか、私は仕事で行くと時間が無くて夜しか町を散策できません。そういう意味では夜景の魅力的な都市はいいですね〜
お陰様でつかの間の観光気分を味わえました
ミクミティ
2016/06/06 22:00
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、マーライオンを後ろから撮影するのが今や定番の夜景になりつつあるくらい、シンガポールの夜景は進化したような気がします。やはり、マリーナ・ベイ・サンズの存在は大きいです。
確かにシンガポールの発展を象徴しているかのような建築ですね。
お陰様でつかの間の観光気分を味わえました
ミクミティ
2016/06/06 22:04
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、マーライオン周辺はここ数年で整備されて本当に魅力的になったと思います。やはりマリーナ・ベイ・サンズの存在が大きいです。
シンガポールの発展の象徴的な感じがしますね。
ラッフルズホテルの宿泊も素敵でしょうね。凄く高そうですが。私はマリーナ・ベイ・サンズに泊まりたいと思ってはいるのですが、、。
ミクミティ
2016/06/06 22:12
こんばんは。
お仕事で行かれてこんなに素晴らしい夜景などご覧になっていいですね!
テレビ番組で見たマーライオンとイメージが違う様に見えて後ろ姿が可愛いと思ったら顔はユニークで水を吹く姿が迫力あり、ミニマーライオンは本当に微笑ましいです。
宿泊されたホテルからの夜景は未来都市のように見えます。
みっちゃん
2016/06/06 22:27
こんばんは。
シンガポールは観光に相当力を入れているように見えますね。
夜景が素晴らしい。
仕事が終わりカメラ片手に散策なんてさぞ気持ちいいことでしょう。
マリーナ・ベイ・サンズのような建物は地震国の日本では無理じゃないですかね。
tami
2016/06/06 23:01
シンガポールに出張されていたのですね。
お仕事ですよね。なのにしっかりリポートされてミクミティさんのバイタリティーは素晴らしいです。
建国50年ですか。20年前と10年前に行っていますが夜景が綺麗ですね。観光なので夜は全く覚えていません。
カジノも派手でしょうね。
今ワイキキに居ますが明日帰国します。
みなみ
2016/06/07 16:09
有名な風景ですね。
お仕事とはいえ、すてきなところを見られたことはよかったですね。
夜景はやはりいいですね。
特に水への映り込みは見とれるほどすてきです。
カクテルおいしかったでしょう。
雰囲気がお酒をおいしくすると思います。
はるる
2016/06/07 20:16
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

お陰様でつかの間の観光気分を味わえました。シンガポールの夜景はやはり見事で、マーライオン自体もその周辺もここ数年で整備されたと感じます
ホテルから未来的な風景を眺めることができたのも嬉しかったです。確かに日本では見ることはできないような気がしますね。
ミクミティ
2016/06/07 22:19
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、シンガポールは観光に力を入れていると思います。マーライオン周辺は綺麗に整備されて人気の観光地になっています。ご覧の通り夜景は本当に見事です。
シンガポールは地震とか台風の被害が基本的にないそうです。日本ではマリーナ・ベイ・サンズは無理だと私も思います
ミクミティ
2016/06/07 22:23
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

仕事ですが、お陰様で夜は少し自分の時間が持てました。カメラを持って散策するのは、もう生活の一部のようになっていますね。今回はコンデジですが。
昼は仕事なので、夜景しか見ていないという感じです。昼間の観光もいいでしょうね。今回はカジノはのぞいていません。
ハワイのレポートを楽しみにしています。
ミクミティ
2016/06/07 22:28
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

お陰様でつかの間の観光気分を味わえました。昼は仕事なので夜景だけですが、シンガポールの醍醐味を感じます
湾や川沿いのあちこちがライトアップされているので、水面にも綺麗に映えますね
シンガポールスリングは、ちょっと甘すぎて。それでも雰囲気は楽しむことができました。
ミクミティ
2016/06/07 22:33
初めまして
シンガポールの夜景もキレイですが、写真のアングルや撮り方が非常に素晴らしいですね!
自分は一度だけシンガポールに行った事がありますが、マーライオンがイベントでホテルになっていて、このようなマーラーライオンは見る事ができませんでした(T_T)
ゆけむり
2016/06/08 01:01
ゆけむりさん、初めてのコメント有難うございます。

写真を褒めて頂き嬉しいです。お陰様でシンガポールの夜景を堪能できました
私は何度かシンガポールへ行っていますが、確かにマーライン自体がホテルになっていたことがありました。覚えています。
やはり観光に力を入れているなと感じますね。
ミクミティ
2016/06/08 22:14
以前ミクミティさんの処で見せてもらったマリーナ・ベイ・サンズは衝撃的でした。
今回改めて見てもそのデザインの衝撃は変わりません。
ライトアップも昔ながらの白熱灯色とネオン光だけでなく青色の光が多くなってきたのが より美しさを感じるのかもしれません。
ミニマーライオン、そのミニチュアをおみやげ用にたくさん作られてたりなんかして。
おーちゃん
2016/06/09 07:36
こんにちは。
素晴らしい夜景ですね、近未来を思わせる様なライトアップ、今のシンガポールの勢いを象徴しているかの様な光景ですね。新しいホテルも有り、また歴史を感じさせる様な重厚な佇まいのホテルも有り、それば不思議に調和しているのもその国の歴史故かと思います。仕事で行かれたにも関わらずこの様な光景を見せて頂き感謝に堪えません。
毎日日曜人
2016/06/09 13:13
シンガポールへはお仕事での出張だったのですね。
お仕事だけれども、夜は観光気分が味わえましたね!
建国50年、素晴らしい夜景が見られるのですね!
マーライオンの背後の向こうの高層ホテルは忘れられない光景です。11年のブログを改めて見せていただきました!
シンガポールの有名なホテルのご紹介、1887年(明治21年)の開業というラッフルズ・ホテルは、英国植民地時代の雰囲気を残す歴史的な建築物で、今も健在なのですね!
ますます進化していきそうなシンガポールだと感じました。
みっきい
2016/06/10 20:52
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、マリーナ・ベイ・サンズはもう6年ほど経っていますが、その威容は相変わらず。特にライトアップされた姿はインパクトがありますね
地震の多い日本ではこういう建築は無理だろうなと思います。
確かに青色の光が多くなったような。鋭いですね。
実は、お土産用のマーライオン、私も持っています。
ミクミティ
2016/06/10 22:35
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、シンガポールの夜景を見ているとこの国の発展と勢いを感じます。もちろん、マリーナ・ベイ・サンズは現代の象徴的な建築。日本では見られない未来都市を感じさせます。
一方で、建国前のイギリス植民地時代からの建築やホテルが存在しているのもこの都市の魅力です。それぞれが素敵にライトアップされて輝かしい存在に思えます
お陰様でつかの間の観光気分を味わえました。
ミクミティ
2016/06/10 22:40
みっきいさん、いつもコメント有難うございます。

シンガポールの夜景を見るとこの国の発展と勢いを感じます。本当にマリーナ・ベイ・サンズはまさに未来都市を感じさせてくれます。地震の多い日本では無理かと思います。
一方で、建国前の植民地時代の建築も残っていて、それが高級ホテルとして活用されているのも非常に素晴らしいことだと思います。それぞれライトアップされとても魅力的です。
仕事後の色々と散策できて良かったです。
ミクミティ
2016/06/10 22:45
シンガポールってこんな事になってるんですね@@
もっとも私が訪れたのは45年も前の事です。
マーライオンは変ってないようですが・・・
近未来のすごい光景にびっくりしています。
街も凄く綺麗だったのを覚えていますが。
そしてその時に求めたキーホルダー、
ず〜と使っていたのですが、つい最近、そのホルダー毎。自宅の鍵を失くしてしまいました。出てきません((+_+)) だから思い出す縁もなくなってしまったような・・・
また訪れなさい!という事でしょうかネ〜(笑)
こういうお仕事はいいですね。羨ましいです。
夜景がとても綺麗に撮れています。
うっとりして見させて戴きました。
機会があったらまた行きたーーーいです。
nobara
2016/06/11 15:54
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

ここ数年シンガポールの発展は目を見張るものがあります。特にベイエリアが整備されて観光スポットとしても非常に充実しています。特に、夜景は見事だと思います。
その中心にはマーラインがありますね。昔とは場所も変わったようです。45年前というとまだ建国して間もない頃だったのですね
かなり変わって発展していますから機会があればまた行かれるといいと思いますよ。
ミクミティ
2016/06/11 16:31
シンガポールはお仕事でしたか?
私も22年前になりますが仕事で・・・・・
友人と旅行したのが20年前
懐かしいです。
高島屋のシンガポール点は今も健在かしら?
旅行で宿泊したのがラッフルズ・ホテルでした。
シンガポール・スリングいただきましたよ。
本当に懐かしくて・・・友人4人組で楽しい旅でした。
ベイエリアが整備されて観光スポットになっていることは聞いていました。
変わったんですね。
もう行く機会はないのが残念です。
フライト時間がかかりすぎてこの年ではきついです(笑)
ろこ
2016/06/11 23:40
ろこさん、コメント本当に有難うございます。

シンガポールも発展と同時に変化も激しそうです。特にここ数年のベイエリアの変化は大きいと思います。その中で、シンガポール高島屋はまだ営業しているようですよ。
ラッフルズホテルに宿泊でしたか。それはいい思い出になったでしょうね。やはり本場のシンガポールスリングを飲もうと思いますよね
シンガポールへのフライト、行きは7時間くらいかかりますからね
ミクミティ
2016/06/12 11:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シンガポールの夜景を楽しんで(マーライン公園やホテルの散歩) 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる