「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS かつての足利氏先祖の館、鑁阿寺(ばんなじ)を訪ねて

<<   作成日時 : 2016/05/29 18:36   >>

ナイス ブログ気持玉 239 / トラックバック 3 / コメント 40

先日、栃木県の足利を訪れた時、歴史好きとしてははずせない、もう一つ大事に場所を訪れました。それは足利学校に隣接する、この金剛山(こんごうざん)鑁阿寺(ばんなじ)です。
画像

非常に難しい漢字ですね。ちょっと書くのは不可能か、なんて思ってしまいます。

こんな立派な楼門(ろうもん)を持つお寺こそ、かつて、武家の名門、足利氏の館だったところです
画像

お寺でもありながら、史跡足利氏宅跡として、日本百名城の一つに選ばれています。

ちょっとお城という雰囲気ではありませんが、確かに、鑁阿寺の境内はちょっとした土塁と濠のような水で囲まれています。
画像

平安時代の末期、源氏の棟梁八幡太郎義家(はちまんたろう よしいえ)の4男、源義国(みなもとのよしくに)がここに館を作ったとされます。

更に、その義国の息子、義康(よしやす)こそ、この足利の地を領地とした、足利氏の祖となる人物。足利義康と名乗るようになります。

この8代後の子孫こそ、歴史に足利の名をとどろかす、足利尊氏(たかうじ)その人なのです
画像

鑁阿寺の参道脇に、比較的新しい足利尊氏の銅像が建っています。

室町幕府を開いた初代将軍。やはり、この方の存在は偉大ですよね。

さて早速、境内に入ってみると、弘法大師の弘法大師の銅像があります。
画像
このお寺が、真言宗のお寺であることが分かります。

足利氏の祖である足利義康の子、足利義兼(よしかね)が、鎌倉時代初めに自分の館に持仏堂を建てたのが鑁阿寺の始まりとされているそうです。

足利氏第2代の足利義兼は、源頼朝の挙兵に従って戦い、鎌倉幕府の設立にも貢献した人物なのですね。

この立派な灯篭には、「丸に二つ引」足利氏の家紋が刻まれています。
画像


その裏にある立派な本堂。なんと、国宝に指定されています(平成25年)
画像

最初期の禅宗様式の建築だそうで、一度、落雷で焼失してしまった後に、正安元年(1299年)尊氏の父、足利貞氏(さだうじ)が再建したのだそうです。

ご本尊は、大日如来(だいにちにょらい)。地元では「足利の大日さま」として信仰されています。

やはり、本堂の屋根にも、右から足利二つ引紋菊の御紋五七桐(ごしちきりも)紋が並んでいて、ここが足利将軍家ゆかりの建築だということを示しています。
画像

当然ながら、室町時代は足利将軍家の先祖の寺として、手厚く庇護されたとか。

そして、右手にあるのが鎌倉時代初期の創建時からあった鐘楼(しょうろう)
画像

やはり、足利義兼の建立とされています。明治時代には国宝、現代は重要文化財に指定されています。

次に、本堂に向かって左手には、巨大なイチョウの木があります。
画像

この樹齢650年、周囲約10mの大銀杏(おおいちょう)は天然記念物 足利義兼のお手植えとも言われているとか。
画像

まさに、ここで足利氏の歴史を見つめてきた大樹と言えるでしょう。

それが、現代でも立派に見られれることが素晴らしいと思います

そして、大銀杏の隣にあるのが、多宝塔(たほうとう)
画像

こちらは、江戸時代の再建。5代将軍、徳川綱吉の母桂昌院(けいしょういん)による再建とされています。

この場所に最初に館を造った源義国は、足利氏新田氏の両方の祖の父親。新田氏の支流とされる、徳川将軍家にとっても、鑁阿寺はご先祖様ゆかりのお寺。だから、江戸幕府もこのお寺の寄進したのですね。

多宝塔の中には、足利家の大位牌徳川歴代将軍の御位牌が祀られているそうです。
画像

あまりに鮮やかな新緑に包まれていました。
画像


更に境内の奥に入っていくと、国の重要文化財の一切経堂(きょうどう)があります。
画像

中には、室町幕府歴代の足利将軍15代の座像が並びます。当たり前ですが、鑁阿寺が足利将軍家にとって特別なお寺であったことを感じます。

また、境内の一角には、こんな重厚な真っ赤な御霊屋(おたまや)もあります。
画像

いかにも神聖な雰囲気を醸し出しているこの建築は、もともと足利大権現と称され足利氏の先祖を祀る場所でありましたが、現在の建物は、江戸時代後半、11代将軍の徳川家斉による再建だそうです。

内部は非公開ですが、源氏の祖足利将軍15代の像が祀られているそうです。本殿の裏には、源義国の墓所もあるとか。

やはり、ここは足利氏にとっても徳川氏にとっても、先祖を祀る大事な場所であったことが感じられます。

とはいっても、明治になってからこのお寺の事情はガラッと変わってしまったこともあったと思われます。

こちらは、大酉堂(おおとりどう)
画像

もともとは、足利尊氏を祀るお堂であり霊屋だったそうです。それが、明治以降の足利尊氏を逆賊とみなす皇国史観の台頭で、ここに安置されたいた尊氏の木造も移動し、大酉大権現を祀ることになったそうです。

その他にも、境内は縮小され、ほとんどの塔頭(たっちゅう)寺院の土地も、明治政府に上納することになったそうです。

おそらく、明治から戦前までの間、鑁阿寺には厳しい歴史もあったものと想像します。

画像


最後に、鑁阿寺の境内で味わったものをご紹介します。

それは境内の一角にある大日茶屋(だいにちちゃや)にあります

こんな幟が、いくつか立てられていました。
画像

足利の名物しゅうまいがあるとは、全く知らず

私が買ったのは揚げシュウマイ。2個で160円というお手軽な値段。
画像

ちょっと小腹が空いたときのおやつに最適

お寺でシュウマイを食べるとはいかがなものかと思いつつ、美味しくいただきました。

その他にもポテト入り焼きそばも足利名物だそうです。





<足利の観光名所>
あしかがフラワーパークの藤: こちら
足利学校の建築と庭園: こちら
鑁阿寺(足利氏宅跡) : こちら



Bannaji Temple, Ashikaga historical residence, Tochigi, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 239
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かつての足利氏先祖の館、鑁阿寺(ばんなじ)を訪ねて
先日、栃木県の足利を訪れた時、歴史好きとしてははずせない、もう一つ大事に場所を訪れました。それは足利学校に隣接する、この金剛山(こんごうざん)鑁阿寺(ばんなじ)です。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/06/02 21:38
緑が美しい足利学校へご入学!?
先日、栃木県足利市のあしかがフラワーパークを訪れましたが、足利の見所は他にもあります。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/06/02 21:39
GW前半、あしかがフラワーパークでフジの花の絶景を眺める
ゴールデンウィークを迎えて4月30日、フジの花の絶景を見るために東北自動車道を走りました。目的地は、栃木県足利市にあるあしかがフラワーパーク。今年も「ふじのはな物語 大藤まつり2016」が開催中です。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/06/02 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

鑁阿寺ですか。
ばんなじって読むんですね。
聞いたことはあります。
足利氏宅なんですよね。
百名城なんですか。
それは知りませんでした。
国宝もあるんですね。
めっちゃいい感じのところですね。
行ってみたいです。
トトパパ
2016/05/29 20:08
こんばんは。
素晴らしいお寺さんですねぇ。江戸時代まで手厚くされていたとはいえ本当に立派なものですねぇ。一枚目二枚目の写真、門なのですねぇ。最初は本堂かと思ってしまいました。
沢山の建物も皆素晴らしいものですねぇ。足利の辺りって私まだ一度も行ったことがありません。歴史的なものが沢山ある所なのですねぇ。時間作ってその辺りにドライブにでも行ってみたいものです。
足利はシュウマイが名物なのですか?。たれがかかっていて美味しそうですねぇ。
何時も楽しく歴史を説明してくださってありがとうございます。
HT
2016/05/29 21:51
こんばんは!
鑁阿寺、読めそうも書けそうもない漢字ですね。PCではすぐ変換が出来て良かったです。
足利氏の館だったのですね。それに百名城のひとつでもあるのですね。全然知りませんでしたが国宝にもなる建物もあって歴史的に貴重な寺院なんですね。鎌倉時代からある鐘楼が歴史を物語っていますね。
丁寧に説明して頂いてまた一つ勉強させて頂きました。
揚げシュウマイ美味しそうですね。
eko
2016/05/29 22:20
足利氏のお寺、こんなに立派なのですね。
まったく知識もありませんでした。
立派な門をみれば、その力が見えてきますね。

明治という時代で大きくいろんなものが変わって
しまい、価値観が動いてしまってことは大変だった
でしょうね。
それでも平成25年に国宝に指定された事、さすがですね。
ゆう
2016/05/30 10:14
おはようございます!
栃木県の鑁阿寺、初めて知りました!
なんとも立派な楼門にこのお寺の当時の勢いが感じられます〜☆
弘法大師の像も建てられて、空海ファンの私としては行ってみなければ・・・などと思っています。
時代の波に翻弄されながらも、いまこの威容を保っているのは凄いことですね〜☆
大銀杏の樹は何でも見てきたんでしょうね〜。
komichi
2016/05/30 10:23
鑁阿寺・・ホー一発変換できますね。
足利さんは北条政権下で結構苦労をしたように習った記憶があります。最後は、信長に祭り上げられたりと将軍家といっても、苦労があったんでしょうね。
建物は武士らしく質実剛健の作りのように見えます。
足利は藤を見に行ったくらいで、こんなにいろいろなところがあったことに少し驚きました。
コマダム
2016/05/30 11:41
立派な楼門を潜れば国宝の本堂。
足利、源、そして徳川ゆかりの立派なお寺ですね。
緻密な説明で一層凄い歴史のあるお寺とわかりました。
奥深い歴史をわかりやすくミクミティさんのマジックにはまりました。
本で桂昌院は日本一の玉の輿と聞いたことがありますが、
シンデレラストーリーですね。
みなみ
2016/05/30 13:34
こんにちは

鎌倉なきあとも
源氏の本流を守り
信長秀吉もかなわなかった
征夷大将軍の位を
家康は願望して
この地より源氏姓を買ったそうです
無門
2016/05/30 16:24
こういう歴史あるところへも足をのばされたのですね。
こういう場所のはよく大樹があります。
ここも大きな木、見るからにすばらしいものです。
拝みたくなりますね。
そしてシューマイですね。お寺とシューマイ合うのでしょうか。
はるる
2016/05/30 20:42
栃木県はお隣の県であるのに、日光しか行ったことがなくて^^;こんなにも立派な足利氏由来のお寺があるなんて知りませんでした。見事なお寺ですね。足利氏の歴史を見つめてきた大銀杏の木も見事なものですね。
かるきち
2016/05/30 21:00
トトパパさん、早速のコメント有難うございます。

鑁阿寺って難しい漢字と読み方ですよね。そこが足利氏の館があった場所なのです。足利将軍家にとっても徳川将軍家にとっても大事な場所だったと思います
ここが日本百名城というのがちょっと面白いです。戦国時代にはお城ではなくもう鑁阿寺だったはずですね。
国宝の本堂も立派で、歴史好きにとっては今でも見応えがある寺院です
ミクミティ
2016/05/30 21:28
HTさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね鑁阿寺の楼門も立派です。こちらは室町幕府13代将軍足利義輝の再建だそうです
足利という土地に、足利氏の故郷がこういう形で残っているのは歴史好きにとってたまりません。じっくり見て楽しみました。激動する時代に翻弄されたと思いますが、いまも見応えがあります
シュウマイが足利の名物とは知りませんでした。こちらでおやつ代わりに頂き嬉しかったです。
ミクミティ
2016/05/30 21:33
ekoさん、早速のコメント有難うございます。

そうですよね、読むのも書くのも非常に難しい鑁阿寺。一度覚えると忘れないのかも。このお寺が足利氏のかつての館で、足利氏の故郷でもある歴史的な場所なのです。だからこそ、日本百名城にも選定されたのでしょう。
国宝の本殿をはじめ鎌倉初期・室町時代からの建築が残っているのも素晴らしいです。見応えがありますね。
じっくり散策し後、小腹を満たすのにこのシュウマイは最高でした
ミクミティ
2016/05/30 21:38
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

足利にはやはり足利氏の先祖の地がありました。足利氏宅が鑁阿寺になって、現代でも日本百名城の一つとして知られています。歴史ある建築や文化財が豊富で見ごたえがあります。
やはり、室町幕府から江戸幕府まで先祖のお寺として手厚く保護されていたのを感じました。一方で、明治以降は大変な時代になったことも
国宝の本堂をはじめとして貴重な文化財がずっと残っていって欲しいです。
ミクミティ
2016/05/30 21:43
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

鑁阿寺の楼門は、室町幕府13代将軍足利義輝の再建だそうです。当時幕府の力は弱まっていたでしょうが、それでもお先祖の地は大事だったのでしょう。
弘法大師の像は比較的新しく感じました。それでも、このお寺が激動の時代を乗り越えて今に繋がっているんだなと感じました。
そんな様子を大銀杏はずっと見下ろしてきたかと思うと、この大樹の偉大さを感じざるをえません
ミクミティ
2016/05/30 21:49
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

足利の鑁阿寺。確かにPCで一発変換できますね。それほど知名度が高いわけではないかと思いますが、他にはない漢字と読み方だと思ってしまいます。
そこが足利氏の先祖の土地なのです。確かに室町時代後半には世の中が乱れてここを治めるのも大変だっと思います。安定した江戸時代にも幕府に保護されてことがよかったのだと思います。
現在はお城という雰囲気ではありませんが、日本百名城の一つというのも何とも言えません
ミクミティ
2016/05/30 22:05
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、立派な楼門は室町幕府13代将軍足利義輝の再建とのこと。やはり歴史がありますね。世の中は乱れていたと思いますが、ここは足利将軍家にとって特別な場所だったことがよく分かります。
更に国宝の本堂、それを見下ろす大銀杏も偉大な存在に思えました。江戸幕府にも保護された源氏の象徴的な場所の一つだったと思います。
桂昌院は、もとはお玉さん。玉の輿の語源にもなったと言いますが、実際はどうなのでしょうかね。
ミクミティ
2016/05/30 22:11
無門さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、鎌倉幕府の途中で源氏の本流が途絶えた後は、足利氏こそ源氏の象徴的存在。徳川家もそれにあやかろうとして、この地を大切にしたのだと思います。
徳川家がどうやって源氏を名のったのか。色々な説があって非常に面白いところです
ミクミティ
2016/05/30 22:15
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、足利にある足利氏の故郷。更に日本百名城の一つ。歴史好きには外せない場所だと思います。
お陰様で境内をじっくりと散策して歴史に思いを馳せました。そんな歴史を大銀杏はずっと眺めていたのですから、凄い存在だと思います。
小腹がすいて、実に揚げシュウマイが美味しかったのです
ミクミティ
2016/05/30 22:18
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、足利は群馬県にも比較的近いですね。そんな土地があの足利氏の故郷で、先祖のお寺があるわけです。歴史好きにはちょっと外せません
お陰様で歴史に触れ楽しむことができました。そんな歴史をずっと眺めてきた大銀杏に偉大さを感じました
ミクミティ
2016/05/30 22:22
「鑁阿寺」はふり仮名が無いと
読めないです。足利氏の館跡なんですね。
府中・大國魂神社の参道のケヤキ並木は、
源頼義・義家親子が寄進した
苗木から始まると言われているので、
その義家の子孫の館跡に残る大銀杏とは、
親戚筋みたいなものかなんて
考えながら、お話伺ってました。
もっとも、最初期のものと推定される
ケヤキは大分前に枯れてしまいましたが…。
yasuhiko
2016/05/30 22:40
こんばんは。
初めて出会うお寺です。名前も出るたびに何だっけという感じです。
足利氏が源氏の系統で更には徳川ともつながりがあったとは。
血族をたどると没落したとか滅亡したとか言いきれませんね。
足利市は足利氏とゆかりはあるのか疑問でしたがはっきりルーツだとよくわかりました。
tami
2016/05/31 19:05
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

鑁阿寺は読み方も書くのも難しいですよね。パソコンだと簡単に変換できるのがまた凄いですが。ここが足利氏の祖戦の地。現代でもその面影を知ることができます。
国宝の本堂をはじめ貴重な文化財が残っているのが嬉しいことです。
全国に伝説的な大樹はありますが、鑁阿寺の大銀杏も偉大だなと感じました。日本人がそういう自然の木を崇拝して大事にしてきたからこそ残る伝承なのだと思います。素晴らしいことです。
ミクミティ
2016/05/31 21:05
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

鑁阿寺のという名前はそれ程知名度はないかもしれません。かつての足利氏の館であり、氏寺でもあって、更に日本百名城の一つでもある。歴史好きにとってはやはり足を運びたくなる場所です。
徳川家と源氏との繋がりは微妙な気がしますが、だからこそ徳川将軍家は足利の地を大事にしたのだと思います。
足利家のルーツを少しでも辿れて嬉しかったです
ミクミティ
2016/05/31 21:10
おはようございます。
鑁阿寺、初めて知りました。
日本百名城の一つなんですね。
それに、歴史に疎い私は、足利尊氏くらいしか知りません。(涙)
丸に二つ引が足利氏の家紋なんですね。
鐘楼も歴史があるのですね。鎌倉時代のものですか?
本堂も国宝、貴重な建物なんですね〜。
揚げ焼売も美味しそう♪

今日も素敵な記事を拝見しました!ありがとうございます。
ハーモニー
2016/06/01 11:25
こんにちは。
徳川家15代は知っていても足利将軍15代の歴史は知りませんでした。
立派な本堂、多宝塔、鐘楼など繁栄ぶりが窺えます、
樹齢650年の大銀杏は見事ですね!
焼売といえば横浜ですがポテト入り焼きそば、美味しそうです。
みっちゃん
2016/06/01 15:06
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、鑁阿寺はそれ程知名度は高くないですよね。それでも足利氏先祖の地。江戸幕府にとっても大事な場所だったのですね。歴史好きには非常に興味深いところです。
今でも文化財や大銀杏が残っていて、お陰様で歴史に思いを馳せることができました。
そんな歴史散策の後、揚げシュウマイは丁度いいおやつでした
ミクミティ
2016/06/01 20:47
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そういう意味では、足利15代も徳川15代ももとを辿るとこの足利の地に行きつくということなのですね。だからこそ江戸幕府も大事に庇護したのだと思います。
今でも貴重な文化財や大銀杏が残っていて、かつての繁栄に思いを馳せました。
シュウマイはいいおやつでした。しっかりとお昼を食べていたので、ポテト入り焼きそばまでは食べられませんでした
ミクミティ
2016/06/01 20:51
鑁阿寺と云うのは知りませんでした。
室町幕府足利15代続くと云うことは、どのような訓示を伝えてきたのでしょうか。
ものすごく深いモノが伝わってきたんじゃないかと思うのです。
元々この地でいろんな勉学に励んだ故に続いたとも思ってみたり。
そんな事を考えさせられる歴史を持ったお寺なんだと感じました。
おーちゃん
2016/06/01 21:59
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

鑁阿寺はそれほど知名度は高くないですよね。私も足利氏宅跡という史跡で知っていましたが、お寺の名前は正直難しくてなかなか覚えづらかったです。
とはいえ一度行くと、歴史が色濃く残るお寺ですから、非常に印象にも残ります。室町幕府にも江戸幕府にも手厚く庇護されたというのが、源氏の名門にとって大切な場所だったことを物語ります。
すぐ近くの足利学校を支援したのも、この鑁阿寺があったからとも思えます。ここで人材が育ったことも大きかったでしょうね。
ミクミティ
2016/06/01 22:12
鑁阿寺の本堂、荘厳な感じがします。
屋根に、足利二つ引紋、菊の御紋、五七桐紋と、これも珍しいです。
足利家と徳川歴代将軍との繋がりがあるのなら、国宝は当然だと思います。
足利シュウマイ、どんな味なんでしょうか?
確かに、お寺でシュウマイは聞いた事が無いです
アルクノ
2016/06/01 22:17
国宝に指定されている立派な本堂、さぞ内部も立派なんでしょうね。我が檀家の報光寺の内部を拝見したばかりですので想像しています。
茜雲
2016/06/02 08:09
御無沙汰しています、弘法大師様は、日本全国いたるところを行脚していて、あちこちに足跡を残していますね、昔は足で歩いて行脚する、すごいなあと思います、新緑の緑、大イチョウと多宝塔、美しい風景ですね、すこし春の紅色の実を付けたモミジも美しですね。日本の春に乾杯です!
fujisan
2016/06/02 08:27
足利氏先祖の館、鑁阿寺(ばんなじ)ですか?
鎌倉幕府・江戸幕府と手厚い加護が有った歴史あるお寺なのですね!
そして明治になって、鑁阿寺には厳しい歴史もあったという事ですね!
樹齢650年の立派な大銀杏はその歴史を見守って立っていたのですね!
お寺でシュウマイ?と思いますが、今風!さぞ美味しかったことでしょうね!!
足利市、見たいものがたくさんありま〜す!!
みっきい
2016/06/02 16:40
アルクノさん、コメント本当に有難うございます。

鑁阿寺の本堂、国宝の重みがありました。足利氏にとってまさに故郷のようなお寺。江戸幕府もその意地に尽力したわけですね。
足利名物のシュウマイ。美味しかったです。タレに特徴があるような気がしました。一気に食べてしまったので、、。お寺の境内で食べるのはちょっと不思議な気がしました。
ミクミティ
2016/06/02 21:14
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

鑁阿寺の本堂、正直お参りはしましたが、あまり中を見ませんでした。もちろん荘厳な雰囲気は漂っていました。
写真で見せて頂いた報光寺の内部も重厚な様子でしたね。
やはり日本の精神文化の伝統を感じます
ミクミティ
2016/06/02 21:18
fujisanさん、久しぶりのコメント有難うございます。

そうですね、日本全国に弘法大使の足跡がありますね。この鑁阿寺は鎌倉時代初期の創建。足利氏の氏寺なのです
その歴史を感じる建築や大銀杏が残っているのが嬉しいです。
晴天の下、そんな建築を新緑が綺麗に包み込んでいる様子がとても心地よかったです
ミクミティ
2016/06/02 21:22
みっきいさん、いつもコメント有難うございます。

足利氏の氏寺の鑁阿寺。読み方も漢字も非常に難しいですよね。ここを訪れると、室町幕府にとっても江戸幕府にとっても大事な祖先を祀る場所だったのだと分かります。
それを見つめてきた大銀杏の偉大さも感じました
そんな歴史散策の後、小腹だ空いたときに足利のシュウマイは最高でした。お手軽サイズなのが良かったです。
ミクミティ
2016/06/02 21:28
古刹の風情が歴史を物語りますねe---
明治以降の足利尊氏を逆賊とみなす風潮にも耐えよくぞ、ここまで保存されていましたね〜その事にも驚きです@@
 国宝級が揃っていますね。どっかの国と違って、日本はそういう文化を護る国でよかったなと思います。
鑁阿寺、読み方を教わっていても暫くすると忘れてしまいます。とりつく島がないような?
揚げ焼売ですか? お寺で戴く異国の食べ物・・・
びっくり@@してしまいました。
そちらは餃子や焼売がやはり有名?!
ミクミティさんのレポートはほんとにすばらしくて、納得しながら見させていただきました。<(_ _)>
nobara
2016/06/03 12:01
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

足利氏の故郷の鑁阿寺、やはり歴史好きには外せない場所。室町幕府も江戸幕府も手厚く庇護したのですね。そんな歴史に思いを馳せることができるお寺です。
国宝の本堂や大銀杏に、お寺の偉大な歴史を感じます。
そういう場所で、揚げシュウマイ ちょっと不思議な感じですよね。
記事を褒めて頂き嬉しいです。
ミクミティ
2016/06/03 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
かつての足利氏先祖の館、鑁阿寺(ばんなじ)を訪ねて 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる