「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑が美しい足利学校へご入学!?

<<   作成日時 : 2016/05/15 19:07   >>

ナイス ブログ気持玉 283 / トラックバック 3 / コメント 48

先日、栃木県足利市あしかがフラワーパークを訪れましたが、足利の見所は他にもあります。

いや歴史的に見ると、「足利」といえばこちらを思い浮かべる方が多いはず。是非行こうと思っていました。
画像

そこは、まるでお城のお濠のような造りになっていて高い緑の堤に囲まれていました。

そのお濠の向こうに茅葺屋根の大きな建物が並びます。結構、迫力のある景色です。
画像

こちらこそ、日本最古の学校と言われる足利学校です。

もちろん、今は現役の学校ではなく国指定の史跡になっています。

中に入ろうと歩いていくと、立派な門が見えてきます。
画像

但し、こちらは裏門。当時の学生の通用門だったそうです。

やはり、お寺とはちょっと雰囲気が違いますね。

もうしばらく歩いて、こちらが正門の入徳門(にゅうとくもん)
画像

門の周辺には、「日本遺産認定一周年」と書いた表示が幾つもありました。
画像

この史跡足利学校は、昨年平成27年(2015年)から制度が始まった「日本遺産」の初年度の認定文化財の一つなのですね

まだまだ、日本遺産という言葉の知名度は低いと思いますが、これから徐々に認知されていくのでしょう。

そして、ようやく学校へ入っていきます。

左手に迎えてくれるのが、孔子立像
画像

かつて足利学校では儒学が学問の中心だったそうです。まだまだ新しい石造ですね。

次に見えるのが、足利学校のシンボルとも言える学校門。寛文8年(1668年)の創建です。
画像

この「學校」という扁額(へんがく)に重みがあります。
画像

日本の歴史において数々の教育機関がありましたが、「学校」という言葉が使われたのはここ足利学校が日本最古だったとか

だからこそ、日本の学校の歴史はここから始まったとも言えるのでしょう。

そもそも、足利学校の創建は、奈良時代という説、平安時代初期という説、鎌倉時代初期という説など色々あるそうです。

ただ、歴史の記録に明確に登場するのが、室町時代とされています。その後、長い江戸時代を経て、明治5年(1872年)まで続いたのですから、日本で最も長い歴史を持つ教育機関と言えるのではないでしょうか。

次いで、学校門をくぐって左手にあるのが、旧遺蹟図書館。初夏の紅葉に彩られていました。
画像

ここに廃校となった足利学校の貴重な書物が継承され保存されています。建物自体も、大正4年(1915年)の建設で足利市の重要文化財に指定されています。

そして、正面奥の格式を感じさせる建物が、孔子廟(こうしびょう)です。
画像

中には木造の孔子の座像があり、儒教の祖である孔子を祀っています。やはり、寛文8年(1668年)の造営とのこと。

江戸時代にも、足利学校が手厚く保護されていたことが分かります。

そんな孔子廟の一角にあったのが、黒蠟梅(くろろうばい)の花。
画像
ちょっと珍しくて不思議な雰囲気だったので、思わず撮影しました。

さて、いよいよ足利学校の中心的な施設へ向かいます。
画像

茅葺屋根の堂々たる建物は、方丈(ほうじょう)庫裏(くり)

方丈は、学生が講義を受け学習する場所であり学校の行事が行われた場所。庫裏は、学校の台所や食堂があったところだそうです。

学校というとそれ程大きくないイメージを持ってしまいますが、室町時代には生徒が3000人もいたそうです。今でいう大学のような機関だったのですね

あのフランシスコ・ザビエルが、「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介しているのですから、当時の規模と名声が凄いものであったということは容易に想像できます

その方丈の手前に、字降松(かなふりまつ)という松がありました。
画像

なんと、この松の枝に、読めない字や意味不明の言葉を紙に書いて結んでおくと、翌日にはフリガナや注釈が添えられるという伝説的な指導も行われていたとか。

なかなか粋な指導法だなと思ったりしました。

また、学生が勉強していた様子も再現されていて、ここが学校だったということを実感させてくれます。
画像

それにしても、学校の建物の周囲に広がる庭園の見事なこと。
画像

こちらは、南庭園。勉強する環境に、こういう風景も大事だったのでしょうか。
画像

方丈の裏にある北庭園でも、実に趣ある景観が保たれていました。
画像

よくここまで綺麗に整備されているなと感心しました。その裏には関係者の大きな尽力があったはず。

なんと十年かけて建築や庭園の復原や整備が行われて、平成2年(1990年)に江戸時代中期の頃の様子を再現し、ここまで充実した史跡となったのです

庭園の一角にはこんな石碑が。上杉憲実公顕彰碑
画像

室町時代中期、関東管領(かんとうかんれい)職にあった上杉憲実(うえすぎ のりざね)は、戦乱が絶えない関東地方を何とか治めようとしながらも、学問の振興にも力を尽くしたのです。

永享11年(1439年)、憲実は、自らの書籍を足利学校へ寄進し、鎌倉の円覚寺の僧を招き庠主(しょうしゅ)と呼ばれる校長になってもらうことで、学校を再興したそうです。その後、大学校として発展していくのです。

まさに、足利学校の中興の祖であり、学校にとって最も重要な人物だったのですね。

こちらが、その庠主の書斎であり、接客や個人教授の場として使われた書院(しょいん)
画像

足利学校で最も格式のある部屋であったことでしょう。

復原された現代では、ここへ天皇皇后両陛下と国賓のベルギー国王夫妻も訪れています(平成8年)

歴代の庠主は江戸時代に入っても、徳川将軍家と近い存在であり、一年の将軍の運勢を占って献上する存在であったとか。それだけ、足利学校の易学が天下で高い評価を得ていたのでしょう

方丈の中には、歴代の徳川将軍の位牌が安置され、ずっと礼拝されてきたことことからも、足利学校の徳川幕府との強い関係がしのばれます。
画像

以前より足利学校については知っていましたが、ここまで大規模で全国に知られた大学校であり、更に江戸時代になっても幕府に手厚く保護された教育機関であったことを、今回あらためて感じた次第です。
画像


最後に、現代の史跡足利学校では、かつて学校であったことを彷彿とさせる粋な工夫が随所に見られます。

その一つが、こちら。足利学校漢字試験です
画像

試験の用紙が置いてあって、畳の上に座って自分で自由に回答することができます。

私もやりましたが、、、。簡単そうなのですが、全問正解はできず、、

なかなかよくできた問題です。つい気合が入ってしまいました。

更に、足利学校に入る際の入場券がこちら。参観料420円を払うともらえます。
画像

いやいや、入場券ではないですね。足利学校入学証です

これ、ちょっと捨てられないのですが、、、





<足利の観光名所>
あしかがフラワーパークの藤: こちら
足利学校の建築と庭園: こちら
鑁阿寺(足利氏宅跡) : こちら





Ashikaga Gakko(School), Tochigi, Japan
The oldest school in Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 283
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かつての足利氏先祖の館、鑁阿寺(ばんなじ)を訪ねて
先日、栃木県の足利を訪れた時、歴史好きとしてははずせない、もう一つ大事に場所を訪れました。それは足利学校に隣接する、この金剛山(こんごうざん)鑁阿寺(ばんなじ)です。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/05/29 18:36
緑が美しい足利学校へご入学!?
先日、栃木県足利市のあしかがフラワーパークを訪れましたが、足利の見所は他にもあります。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/06/02 21:39
GW前半、あしかがフラワーパークでフジの花の絶景を眺める
ゴールデンウィークを迎えて4月30日、フジの花の絶景を見るために東北自動車道を走りました。目的地は、栃木県足利市にあるあしかがフラワーパーク。今年も「ふじのはな物語 大藤まつり2016」が開催中です。 ...続きを見る
「歴史の旅&外出」の記録
2016/06/02 21:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

足利学校
ご入学おめでとうございます
それにしても
クロロオバイとは
面白いものを見つけましたね
無門
2016/05/15 20:14
足利学校、日本史では習いましたが、こんなにも立派な学校だったのですね。日本文化遺産というのも初めて知りました。文化遺産にふさわしい歴史と建物ですね。
かるきち
2016/05/15 21:24
こんばんは。
足利学校と言う茅葺の建物があるということは以前何かで読んで知っていたという程度でした。ミクミティさんの何時ものわかりやすい説明で、今回その凄さがよくわかりました。建物も素敵ですし、庭園も素晴らしいですね。その昔、こんな所で勉強されていたのですねぇ。室町時代には生徒が3000人と云うのにも驚きです。
素晴らしいですね。ありがとうございました。
HT
2016/05/15 22:40
こんばんは!
足利学校はこんなにも立派な学校だったのですね。建物も立派だし、庭も広くて綺麗です。ここまでに整備された関係者のご苦労がしのばれます。
日本遺産初年度に制定されたのですね。
クロロウバイ初めて見ました。
入場券ではなく入学証とは良いですね。
eko
2016/05/15 22:40
こんばんは。

足利学校ですか。
聞いた事はあります。
ほんとお城みたいですね。
日本最古なんですか。
めっちゃいい感じのところですね。
行ってみたいなぁ〜。
トトパパ
2016/05/15 23:25
足利学校以前訪ねていますが、もっとしっかり記憶しておけばと後悔しました。学校の歴史は足利学校だったこと。室町時代に3000人の生徒が学んでいたことも。
日本遺産の初に制定されたのもうなずけます。
黒ろうばい、偶然にも友人から1週間ほど前に株をわけてもらったところです。赤褐色の花が咲いていました。繁殖力旺盛と聞き隅っこに植えましたが。
みなみ
2016/05/16 09:04
「学校」という言葉は何の不思議もなく
頭の中にあるのですが、改めてこの単語をみると
不思議なものを感じます。

私が中学生ときに先生が
「義務教育とは一度校門に入れば、どんな家の子も平等に
同じ本見て、同じも物を食べて社会からの影響とは関係なく
勉強できる」といったような言葉。
思い出します。

「試験」今でもドキッとする言葉です。
いつまでも学校というものがあって、平等にいろんな事を
見たり聞いたり考えたりする日本であって欲しいですね。
ゆう
2016/05/16 10:24
3000人もの学生が学んだ
というと、本当に今の大学のような
役割を果たしていた事が分りますね。
学び舎らしい雰囲気という点で、
前に訪れた岡山の閑谷学校を思い出しました。
一度はぜひ見学したい場所と思っても、
足利まではけっこう遠くて…。
以前ローカルニュースで、孔子の末裔に
あたる中国の若い女性が、縁あって
足利学校のガイドを始めたと報じてました。
はるかな歴史の時間を飛び越え、
そうした交流がまた新しく生れるのも、
素晴らしい事のように思います。
yasuhiko
2016/05/16 12:00
足利学校は武士のための学校だったとなんとな〜〜く覚えているんですが・・・
そのためか庭園も設けられて学問だけでなく感性も磨いておこうという当時の方針が見えました。
もし、まだ行かれていないのであればぜひ、岡山の閑谷学校にも行って民間学校との違いをかいていただきたいです。
もし、行っておられたらその記事の日を教えてください。
ミクミティさんの記事を是非読んでみたいと思いました。
勝手なことを申し上げてすみません。
コマダム
2016/05/16 15:51
こんばんは。
足利学校、日本遺産初年度に認定された学校なのですね。
儒学が中心であったことにも驚きましたが、3,000人の学生が居たということも、ビックリ!です。
建物も立派ですが、庭園も美しいですね♪

漢字試験まで体験できるのですね。
何だか面白そうです。
有料で入学証書まで頂けるなんて、アイデア満載ですね!
ハーモニー
2016/05/16 19:01
足利学校知りませんでした。
ここも歴史があるのですね。
入学証をいただいてきたのですね。
昔も生徒さん多かったのには驚きました。
漢字試験、漢字って案外難しいものだと思います。
はるる
2016/05/16 20:28
無門さん、早速のコメント有難うございます。

はい、足利学校へ入学しました。日本最古でありかつては日本最大と言われた名門の学校です。入学証明書はちょっと嬉しいですね。
クロロウバイは、見たことがあるようでよく分かっていませんでした。今頃が旬みたいですよ
ミクミティ
2016/05/16 21:18
かるきちさん、早速のコメント有難うございます。

私も足利学校のことは習って知っていましたが、やはり実際に行くとイメージが全く異なりました。更に知らなかったこの学校の偉大さをひしひしと感じました
やはり有名になるだけのことはあります。日本文化遺産となって益々広く知られていくべきだと思いました
ミクミティ
2016/05/16 21:21
HTさん、早速のコメント有難うございます。

私も足利学校のことは知っているつもりでしたが、実際に行ってみると新たな発見ばかり。確かにこんなに偉大な学校だったなんて驚きました
美しい建物や庭園も見どころです。緑が綺麗でよく整備されているなと感心しました。
ミクミティ
2016/05/16 21:21
ekoさん、いつもコメント有難うございます。

私も足利学校もこんなに立派だとは知りませんでした。その規模と名声に驚きました。建築や庭園も綺麗に整備されていて魅力的です。よくぞここまで復原したなと感心するくらい。
なぜ、ここにクロロウバイがあるのかは、正直よく分かりませんでした。
入学証明書にはちょっと微笑ましいやら、恥ずかしいやら
ミクミティ
2016/05/16 21:38
こんばんは。
名前くらいは知っていたかなっていう程度ですね。
あの足利幕府と関係があるのかと思っていたら奈良時代からの可能性があるということで誰が造ったかわかっていないということですね。
教育が必要だとは今では常識ですが先見の明とはこのことと思います。
tami
2016/05/16 21:38
トトパパさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校は名前は知られていますが、かつての実態は意外に知られていないと思います。私もかつての学校の規模や全国的な名声に驚きました
江戸時代になっても幕府や藩に手厚く保護されてその学問が守られていたのですね。
史跡としてよく整備されていていいところですよ
ミクミティ
2016/05/16 21:47
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校へ以前行かれましたか。私もかつての学校の規模と全国的な名声に驚きました。ここへ来て初めて知ることが多かったです。
建物や庭園が綺麗に整備されていてとても魅力的です。日本遺産という名前の重みを感じました
ここになぜクロロウバイがあるのかよく分からないのですが、偶然ですね。今が旬のようですね。
ミクミティ
2016/05/16 22:01
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

学校という単語は改めて考えてみると確かに独得の響きと意味合いを感じますね。もちろん中国から来た単語ですが、これが今の意味で定着したのにも足利学校の名声があったころが寄与していると思います
自学自習がこの学校の基本方針だったとのこと。それも大事なことだなと感じます
ミクミティ
2016/05/16 22:02
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、3000人もの生徒がここで学び全国にその名が轟いていたなんて、凄い学校だなとあらためて思いました
岡山の閑谷学校も有名ですね。こちにもいつか行ってみたいです。また違った魅力を感じると思います。
ここ足利学校に外国からの観光客も多く来るとか。中国から孔子の子孫の方が訪れるって凄いことだなと思います。
ミクミティ
2016/05/16 22:03
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校は確かに武士の為の学校だったかもしれません。戦国の世に、少しでも平和な時代が来ることを願って勉強をする人材を育てたかったのかなと思います。
それから易学にも定評があったそうです
岡山の閑谷学校には行ったことがありません。こちらに行って学校の違う雰囲気を味わってみたいです。いつになるかしら、、
ミクミティ
2016/05/16 22:07
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校は、昨年認定された日本遺産の一つ、まだまだ日本遺産の知名度は低いと思いますが、これから上がっていくでしょうね
それにしても、足利学校のかつての規模や全国的な名声に驚きました。儒学や易学に特に定評があったようです。それが時代なのでしょうね。
漢字試験が受けられるのが微笑ましく、入学証明書に思わずにんまりです
ミクミティ
2016/05/16 22:11
はるるさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校、日本最古で最大であったというのが凄いです。私もここへ訪れて始め知ったことが多かったです。学校という言葉も、足利学校があったからこそ定着したのだろうと思います
まさか、漢字試験があるとは思いませんでした。入学証明書にはちょっと恥ずかしさも感じました。
ミクミティ
2016/05/16 22:21
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

足利学校は名前はよく知られていますが、その実態はそれほど知られていなかもしれませんね。私もここへ来て初めて知ることが多かったです。
これだけの規模と名声があったことには驚きました
足利幕府の後ろ盾があったというよりは、関東管領の上杉家の思いがきっけになったと思います。その後、江戸幕府の手厚い保護があったのですね。
学問を大事にする気風は国の発展に本当に重要なことなのでしょうね
ミクミティ
2016/05/16 22:21
入場券が入学証とはしゃれてますね。
足利学校には以前行ったのですが、ミクミティさんの記事を見ていると、ずいぶんと見のがしたところがあるようです。
また行ってこなくちゃ。
そのときは漢字試験も受けてみたいですね。
家ニスタ
2016/05/16 23:02
こう言う文化財はとっても興味あり、好きです。
絵的に良いですね。
山ちゃん
2016/05/17 13:07
こんにちは!
足利学校の名前だけは知っていましたが、こんなに美しく立派なものだったとは〜!ミクミティさんのお陰で私の貧弱な知識がすこしよくなったような…(笑)。
学校は学問だけでなく、美学も学ぶ場であることが理想だとこの施設を見て、つくづく感じました。
komichi
2016/05/17 14:56
家ニスタさん、いつもコメント有難うございます。

入場料を払って立派な入学証明書をもらった時にはちょっとびっくり。変わっているなと思いました
足利学校へ以前行かれましたか。これだけ綺麗に復元し維持するのは大変だろうなと思います。
今は、日本遺産ですからね。
次回行かれるときは、しっかり漢字試験を受けて下さいね
ミクミティ
2016/05/17 21:28
山ちゃんさん、コメント本当に有難うございます。

学校が文化遺産というのは何となく誇らしく感じますね。ここも最初の日本遺産の一つですから
絵になる建築や庭園は見事です。維持するのも大変だろうな思いました。
ミクミティ
2016/05/17 21:31
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

私も知ってはいましたが、実際に来てその偉大さをあらためて感じました。歴史的な名声やその規模も凄かったのですね。地元の方々が誇りに思うのはよく分かります。
日本遺産としてずっと残していって欲しいです。
美しい建築と庭園も見事でした
ミクミティ
2016/05/17 21:38
おはようございます。
足利学校が立派な姿で残されていたのに驚きました。
江戸時代の武士は100%近くが読み書きが出来たと言われていますが、足利学校で学んだ人たちもたくさんいたのでしょうね。
孔子像と孔子廟はお茶の水の湯島聖堂を思い出しますね。
私も漢字試験を受けてみたくなりました。
うふふ
2016/05/18 06:15
足利学校は知りませんでした。岡山県にある閑谷学校には大昔に訪れたことがあります。詳しいことは知りませんが、学校の原点を思わせるもののように感じました。足利学校、閑谷学校、東と西の学校の原点なんでしょうか。
茜雲
2016/05/18 08:15
この度は足利学校ご入学おめでとうございます。
それにしても立派な学校ですね〜
お庭も素晴らしいです。
山口の松下村塾とは、スケールが違いますね。
塾と大学程の違い?なんでしょうか・・・
時の幕府との結びつきも深かったのですね。
黒花蝋梅、そういえば今頃でしたね。
佐賀の三瀬の蕎麦料理屋で見た事あります。
ふしぎなお花ですよね〜@@
丁寧なレポート、楽しませて戴きました。
nobara
2016/05/18 15:31
足利学校は20年ほど前に訪れているんですが
もううろ覚えになっていました。
改めて少しずつ思い出すことができました。
そのころブログがあったら記録できていたのにと・・・
アルバムを引っ張り出して読ませていただきました。
嬉しかったです。
ろこ
2016/05/18 18:21
こんばんは。
足利学校、聞いたことは有りますがりっぱですね!
岡山の閑谷学校でも勉強会があるそうです。
勉強するにはいい雰囲気でやる気も出そうです。
みっちゃん
2016/05/18 20:27
うふふさん、いつもコメント有難うございます。

史跡足利学校、よく整備されていると思いました。おそらく廃校となってから、それなりに荒れ果てたこともあったかと想像します。それを地元の方々の尽力でここまで復原し、見どころある日本遺産としての現在があるのだと思います
戦国時代から江戸時代まで、特に易学で有名だったとここと。戦を行うにあたり易学はなくてはならないものだったのですね。
湯島聖堂にも孔子廟や孔子像がありますね。学問の基礎として現代の日本人の精神文化にも生きているような気がします。漢字試験はもの凄く久しぶりでした。
ミクミティ
2016/05/18 21:30
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、岡山の閑谷学校も有名ですね。やはり歴史ある立派な学校ですよね。ただ足利学校の方が古いのは間違いなさそうです。
昔からこういう教育機関があったということに、日本人として誇らしさを感じます。日本人の精神文化が育まれた場所と言えるのではないでしょうか。
学校という言葉がいいですね〜
ミクミティ
2016/05/18 21:35
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

まさか、入場券が学校の入学証明書とは。なかなか粋な趣向だと思いました。漢字試験まであるのですから。
本当によく整備されて綺麗な史跡だなと思いました。地元の方々の足利学校への思い入れを感じます。やはり誇りなんだろうと想像します。
規模も大きくてびっくりしました。幕府公認の大きな教育機関だったのですね
クロロウバイは私にとって新鮮でした。今が旬なのですね。さすがnobaraさん、よくご存じで。
ミクミティ
2016/05/18 21:41
ろこさん、いつもコメント有難うございます。

だいぶ前に足利学校へ行かれましたか。20年ほど前ということは、この史跡が復元整備されて間もない頃ですかね。それからも継続的に整備されたのでしょう。
確かにそれだけ前だと記憶が薄くなるのは当然。やはりブログは大事ですね
喜んで頂き、こちらも嬉しいです。
ミクミティ
2016/05/18 21:46
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

岡山の閑谷学校も有名ですよね。どちらも歴史ある立派な学校の史跡だと思います。
こういう史跡があることが日本人として誇らしいです
史跡を楽しんで当時の学生を想像しながら、自分の勉強の活力にしたいです。なかなか大変ですけどね
ミクミティ
2016/05/18 21:49
今年、あいだみつおの詩をレジェンドが歌う
コンサートに行って来ました。
けど、私の見た風景と大分違います。
こんな処があったかな〜〜撮る方の目力ですね!
美しい足利学校見せて戴きました。
ハッピー
2016/05/18 22:15
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

足利に行った時に足利学校へも足を伸ばされましたか。やはり有名な史跡ですからね。日本遺産にふさわしく立派で綺麗に整備された史跡だと思いました
お陰様で天気がよかったので、素敵な庭園や建築をいい雰囲気で楽しめました。緑も綺麗でした
ミクミティ
2016/05/18 22:26
足利学校に入学されたのですね。御朱印みたいで素敵な入学証ですね。漢字の試験もあるとはいいアイディアです。訪れる人も多いことでしょうから、何かイベントをやっているのですね。綺麗に整備された庭が素晴らしいです。いいものを見せていただきました。
ミックン
2016/05/19 00:42
ミックンさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、足利学校へ入りました。確かにちょっと御朱印に似ていますね。普通なら入場券はすぐに捨ててしまうのですが、これは捨てられません。
漢字試験のアイディアも面白いですね。他にも工夫した取り組みがあるようです
綺麗に整備されて緑も素敵で気持ちのいい史跡でした。
ミクミティ
2016/05/19 20:48
足利学校という名前は知っていましたが、これほどの規模だとは知りませんでした。
佳いなァ、入学できて…なんちって。
基礎学問と儒教だけ指導されていたのかは案外疑問のような気もします。
小堀遠州のようななんでも来いの人を指導されていたとか無いのかなァ。
その為の庭園と思ったりもします。
おーちゃん
2016/05/20 22:26
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、私も足利学校の規模は思っていたよりずっと大きかったとしてびっくりしました。まさに現代の大学のような感じだったのですね
足利学校は儒学をはじめ易学で有名で、戦国武将もこの学校の出身者に戦の前の占いを依頼したとか。徳川家康も関ケ原の合戦に、足利学校の第9世庠主を軍師として連れだったそうです。
学校の庭園も立派でした。幕府や大名との繋がりあったからでしょうか。学問の幅も時代とともに変わっていったのだろうと想像します。
ミクミティ
2016/05/20 23:15
ご無沙汰しました。
足利は仕事で訪れた事はあるのですが、何時もトンボ帰りで足利学校には立ち寄った事は有りませんでした。懐かしい足利と初めて見る足利学校、興味深々で拝見させて頂きました。
毎日日曜人
2016/05/22 08:07
毎日日曜人さん、お忙しいところコメント有難うございます。

足利へは何度も行かれましたか。あしかがフラワーパークに人気が高まって、足利学校へ訪れる人も増えていると思います。私もその一人
GWはかなり混んでいたと思います。綺麗に整備されて歴史を感じる素敵な史跡です。かつての姿に思いを馳せて感心していました。
ミクミティ
2016/05/22 11:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
緑が美しい足利学校へご入学!? 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる