「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 目黒川の花筏(はないかだ)を探して

<<   作成日時 : 2016/04/17 18:24   >>

ナイス ブログ気持玉 250 / トラックバック 0 / コメント 54

ここは、東京都目黒区にある東急東横線の中目黒(なかめぐろ)駅を降りてすぐのところ。目黒川(めぐろがわ)の桜並木です。

最近では、東京の花見スポットして絶大な人気を誇っています
画像

私も、これまで何度か訪れて、その様子をブログに取り上げています。(満開の様子は、こちら と こちら をどうぞ。)

先週末の4月9日(土)、もう既に桜の満開から1週間ほど経って、ソメイヨシノはすっかり葉桜という様相でした

それでも週末ということもあり、残りわずかとなった桜を見るために、大勢の人が目黒川沿いを散策していました。
画像

桜を見るというよりは、ここでお花見の雰囲気を堪能して、近くのお店で飲食する人が多いのかと思います
画像

ただ、私の目当ては少し違っていました

都会の比較的川幅の狭い目黒川に落ちた桜の花びらがどうなっているのか。その様子を確かめたくて来たのです。

どうも、中目黒駅より上流(北西)方面には、花びらはありません。

一方で、駅より下流方面には、川の両側に1mほど花びらの帯ができていました。
画像
画像

どうでしょう、これは花筏(はないかだ)と呼べるでしょうか
画像

正直、あまり大したことはないなと思っていました。

そこで、もう少し目黒川の下流へ歩いていきました。駒沢通りを渡り、更に下流へ。

すると、川幅が少し広くなり、川の水位も一段低くなっている地点が現れます。ここへかなりの量の桜の花びらが流れ込んでいたのです。
画像

この辺りは、中目黒一丁目。幾つかの岩が置かれています。
画像

遠くに見える青い橋は、田楽橋(でんがくばし)といいます。

実は、もうしばらくすると、この辺りが凄いことになるのです

それはさておき、堤防から見下ろすと、こんな風景が見えました。
画像

川辺の敷地にもピンクの花びらが積もっていて、本当に綺麗でした

ここを通る人は、皆写真を撮っていきます。

更に、下流へと進み、田楽橋から一つ先のなかめ公園橋を臨みます。
画像


おお、橋の下の方から大量の花びらが流れてきます
画像

つまり、下流から上流へ川の流れが逆流し、それに乗って花びらが移動してきたのです。

だから、橋の下は、もう真っ白になってしまいました。
画像

「これぞ花筏(はないかだ)」と言えるのではないでしょうか。
画像
画像

周りの人達も、歓声を上げています。
画像

このなかめ公園橋から中里橋(なかざとばし)の付近は、凄い量の花びらが滞留していました。

そして、その花筏が上流に流れ、先ほどの田楽橋付近へも到達しました。
画像

私も、今度はまた上流へ戻ります。

すると、なんと先ほどの岩場が、みるみるうちに白い花びらに覆われていきます。
画像

なかなか、迫力のある光景です
画像


川辺の石ころも花びらに包まれてしまいました。
画像

こうしているうちに、この辺りの川も真っ白になり、まるで川に置かれた岩が枯山水の石庭のような雰囲気になってしまって
画像
凄い風景に、圧倒されました

都会で、これだけの花筏を見ることができたことが感激でもありました
画像
これは、花筵(はなむしろ)、いや花の川というくらいの規模かなとも思いました。


最後に、この目黒川の桜が散った後の様子に、驚いたのは人間だけではなかったかもしれません。

いつもここを散歩しているサギにとって、この桜の階段は、どう見えたでしょうか
画像


更に、カモは突然訪れた花筏の中を、ゆうゆうと泳いでいるように思えました
画像

それでも、彼らもやっぱりちょっといつもと違うなと思ってますよね。
画像



熊本の大地震の被災者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
こんな、能天気な記事を書いてしましたが、地震が早く収まり、被災者の方々のご無事をお祈りするばかりです。
私も何かできることをしたいなと思っています。





Megoro River, Meguro-Ku, Tokyo, Japan

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 250
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(54件)

内 容 ニックネーム/日時
目黒川(めぐろがわ)の桜並木の花筏ですか!?
桜の花がたくさん咲いていた証拠ですね。
花びらが逆流することもあるのですか?
風に吹かれて散る桜の花びらも風流ですが、こんな花いかだもなかなか見られないステキな桜の姿ですね。

熊本地震には心が痛みます。
日本の宿命とは言え、早く収束することを祈るばかりです。熊本、阿蘇、大分から、今夕福岡、長崎の地名も出ていまして、あな恐ろしき事!
九州の皆様、どうぞ命大切!どうぞ声かけあって元気でいてくださいね。
九州の皆さん、どうぞ
みっきい
2016/04/17 20:26
すごい花びらで敷き詰められていますね。
ピンクのお庭のようになっています。
見事なものですね。
これだけのものを見る機会はありません。
驚きと素晴らしさを感じています。
桜は散った後も感動を与えてくれるんですね。
はるる
2016/04/17 20:30
こんばんは。
凄いですねぇ〜。私の所はお城の堀がこんな感じにはなりますが、でもここまではなりません。桜の木の本数がそれだけ多いのでしょうね。吃驚してしまいました。
東京の桜も終わりましたでしょうね。今は八重桜でしょうか。私の所も街の中はほぼ終わり、少し標高の高い所へと移って行っています。これからは白馬方面の桜になりますが、タイミングが合ったら行ってみたいなと思っています。
HT
2016/04/17 22:07
こんばんは!
凄い花びらで川が埋め尽くされてほんとにピンクの石庭のようになっていますね。これほどの景色はなかなか見られません。
ところで下流から上流に水が流れることもあるというのは海が近くてその満ち引きが関係しているのでしょうか。
桜は咲いても良し、散っても良しですね。
熊本の大地震被害が広がってまだまだ収束が見えません。ほんとに心配なことです。早く治まって復興が一日も早く進むことを願っています。
eko
2016/04/17 22:11
目黒川桜が盛りのときはものすごく混雑していますが、散ってしまうと人も少なくなりますね。花びらがこんなに川にあるのを見るのは初めてです。すごいですね!花筏、私は1,2枚の花びらがひらひら浮いているイメージでしたが、これはすごいですね。花びらの川の中をカモが泳いでいく、いいシーンですね。
かるきち
2016/04/17 22:46
すごい景色を目にされましたね。
花筏というんですか、僕にはまったくの初耳でした。
正直、散ったあとの花びらには、これまでまったく注意を向けてきませんでした。
これからは、散ったあとの花びらも注目して見ていきたいと思います。
家ニスタ
2016/04/17 22:48
こんばんは!
目黒川のさくら、今年は花付きもよく多いので、さすがに花びらも筏のようになっていますね〜♪
以前、千鳥ヶ淵の桜の花びらが水辺に広がって美しかったのを想いだしました〜☆
それにしても見事ですね〜!
komichi
2016/04/17 23:26
おはようございます

大都会は近代的な美を連想していましたが 自然が織りなす四季の美しい風景が楽しめるのは以外でございます。桜の舞い散るようすも美しく淡い絨毯のように広がる花びらには魅せられていますが 花筏には中々タイミングよく会う事がないので 此れほどの花筏の姿を眺めさせて頂けましたのは初めてでございます。

桜は綺麗に咲いて美しく散り更に花びらで筏の風景をつくり出す自然界の素晴らしさには感動致しますね 川で遊ぶ鳥達もこの時期をきっと待ち侘びたことでしょ 贅沢なお遊びをしているように思えてきました(*^-^)ニコ 
やっと
2016/04/18 05:15
大橋方面に繋がる目黒川ですよね。
45年ほど前この近くに住んでいました。
こんな美しい風景は見ていません〜〜〜

立派になったのですね。
花筏、見に行きたい!
住んでいたところも公園になった由。
来年、歩けるでしょうか?

見せて頂き有り難うございました。
ハッピー
2016/04/18 07:58
花筏、目の前にすると圧倒され、テンションが上がりますね。写真に撮ってやろう、添景を何か入れて、これが難しいですね。岩場の石を枯山水の石に見立てたり、カモを入れたり…、いろいろと工夫されて素晴らしいですね。
茜雲
2016/04/18 08:06
おはようございます。
昨日の強風は凄かったですね。
花筏のある風景いいですねぇ〜
絵になる風景の捉え方
とても参考になりました。
ソメイヨシノ・しだれ桜もほぼ終わり・・・
本日はこれからつつじと八重桜を
追いに出かけます。
黄昏龍
2016/04/18 08:11
目黒川は桜のころニュースになっているほど有名ですね。ライトアップなど、近隣の住民との協力もあって観光客も増えたようです。
川を覆い尽くす花びらは圧巻ですね。
子供のように追いかけて行かれたんですね
明日、桜を見に出かけますが今年はもう、散っていそうです・・・この強風ですし
コマダム
2016/04/18 09:12
散り際の桜というのは、
満開時に少しも劣らない風情が
あるものですね。満開時に比べると、
花見客が少し減るのも、
写真を撮るのに有難い気がします。
目黒川の「花筏」には驚きました。
これ、「花筏」というより、
豪華客船エリザベス号のようですね。
yasuhiko
2016/04/18 12:13
こんにちは。

目黒川の桜、めっちゃ綺麗ですね。
ピンクの絨毯ですね。
本当綺麗です。
一度、大昔に目黒川の桜を見たことがあります。
その時は川に花びらはまだ落ちてませんでした。
トトパパ
2016/04/18 14:13
目黒川が真っ白になるほどの風景に圧倒されました。
「これぞ花筏」に思わず私も歓声を上げたくなりました。これだけの花びらを用意できることは相当満開だったのですね。目黒の桜、演出が凄いですね。
愛知県の五条川の花筏も見ごたえあります。
みなみ
2016/04/18 15:39
花びらで染められた川・・・
おおおぉぉぉぉ・・・
いや〜素晴らしいですね。
思いもつかない景色にびっくりです。
目から鱗というか、こんな情景が満開の桜のあとに見られるなんて・・・写真でここまで綺麗なのですから、本物ははるかに綺麗なのでしょうね〜〜〜
いや〜〜〜すばらしい〜〜〜
ゆう
2016/04/18 15:52
さすが! ミクミティさん。
目の付け所が違いますね。
これは川だからこそのマジックですね〜
賞味期限?のあるなか、
よくぞとらえて下さいました。
す・ば・ら・し・ぃ〜〜です。ワンダホー
如何に川を覆う桜のたくさんの事かが判ります。
これは絶対生で見たいですゥ~
鴨さんにもインタビューしたいです。
びっくりしてるカモね(*^-゚)⌒☆
nobara
2016/04/18 17:22
こんばんは♪
ミクミティさん、すてきな花筏を見られて良かったですね。
私は雨の中散策だったので、中目黒駅近辺だけしか行かず、花筏は見られず。
去年の船からの花筏を追加しちゃいました。
散ってもきれいな目黒の桜でした。
やっぱり、晴れの日に見る桜はいいな。
笑みりん
2016/04/18 18:53
こんにちは

川を遡る花筏
絶景ですね
流れる花びらを
追っかけるのも
面白いね
無門
2016/04/18 20:27
みっきいさん、早速のコメント有難うございます。

目黒川の桜並木は約2−3キロは続きます。桜の数としてはかなりのものです。それが細い川沿いに並ぶので、花びらの量も凄いのだと思います。
私が訪れた時、明らかに潮の流れで川が逆流していました。すると、上流と下流から流れた花びらが合わさって凄い量になるのだと思います。
なかなか大規模な花筏が見れて嬉しかったです
それにしても、熊本の自身の被害や被災者のことを思うと切ないですね。本当にお気の毒です。地震の終息と、できるだけ早い復興を祈るばかりです。
ミクミティ
2016/04/18 21:10
はるるさん、早速のコメント有難うございます。

はい、凄い量の花びらでした。桜の数が多いのは分かっていましたし、川に落ちる花びらの量が膨大なのも想像していました
それでも、実際の広大な花筏の風景を見るとやはり感激でした。上手いタイミングで見れました。桜は偉大ですね
ミクミティ
2016/04/18 21:13
HTさん、早速のコメント有難うございます。

そうですね、一面の花筏に感激でした。目黒川の桜の数はかなり多いですし、川幅もそれ程広いわけではありません。花びらは、やはり少し下流に滞留しているのですね。
ちょうどいいタイミングで見られたのが嬉しかったです。桜は散ってからも楽しめるのが素晴らしいです
これからは、関東を離れてもう少し桜を見たい気分です。
ミクミティ
2016/04/18 21:17
ekoさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、私も川の岩場が桜の花びらに包まれる様子は想像していませんでした。しばらくして、まるで石庭のような風景に大感激でした
確かに初めて見る光景でした。川が逆流しているのは、海からの潮の流れだと思います。上流と下流の花びらが集まったのだと思います
熊本の地震は早く終息してほしいですね。被災者の方々が一にも早く心穏やかになることを祈ってやみません。
ミクミティ
2016/04/18 21:21
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、満開を過ぎて目黒川も花見客もそれ程多くは無かったです。駅に近くを離れると喧騒感もなく、のんびりと見ることができました
狙いは花筏。やっぱり目黒川には絶好のスポットがあることが分かりました
花筏の中を進むカモの様子が、実に微笑ましかったのです。
ミクミティ
2016/04/18 21:25
家ニスタさん、いつもコメント有難うございます。

正直、狙い通りだったのです。満開後しばらくして、いつかじっくりと花筏の風景を見たいと思っていて、どこがいいか考えていました
花のボリュームと川幅の狭さ、すぐに目黒川が思いつきました。花びらの美しさも芸術的ですよね。
ミクミティ
2016/04/18 21:32
komichiさん、いつもコメント有難うございます。

今年は目黒川にあえて満開後に訪問。花筏の風景を狙っていました。やはり川幅がそれ程広くはないですからね。
お城のお濠の花筏もいいですよね。ちょうどいいタイミングで見に行くのがなかなか難しいですが。
ミクミティ
2016/04/18 21:34
やっとさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、都会の中でのお花見。最近では一般的になってきたような気がします。その典型がこの目黒川の桜並木です。満開時はもの凄い人気です。
満開から約一週間後、週末に訪れてました。狙い通り花筏の風景が見られて嬉しかったです。やはり、実際に見るピンクの絨毯は迫力もありますし、美しいです。
ただ、川で遊ぶ鳥たちにとっては花筏はどう感じるのでしょう。ちょっと泳ぎづらいのではと想像してしまいました。
ミクミティ
2016/04/18 21:39
こんばんは。
狙った以上の花筏だったのではないですか。
停滞する堀でなく川ですからね。
お見事です。
私も花筏を考えているのですがこの地震でその気になかなかなれずにいます。
tami
2016/04/18 21:40
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、中目黒駅から大橋方面へ流れていますね。今回私が歩いたのは別方向。下流に沿って歩きました。もちろん狙いは花筏。下流にあると思っていました。
この辺りはお洒落なお店や住宅がいっぱい。いいところですね。こんなところに住みたくなります。
満開後に歩く方がいいかもしれませんよ。
ミクミティ
2016/04/18 21:43
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、いざ目の前に花筏が登場するとどう撮ろうかと迷いますね。添景は非常に大事です。花筏だけだとただの薄いピンクになってしまうので。
茜雲さんに褒めて頂き、とても嬉しいです
ミクミティ
2016/04/18 21:47
黄昏龍さん、いつもコメント有難うございます。

昨日の風は凄かったです。ちょっと怖いくらいでしたね。正直、その前に桜の花筏を見ることができてよかったです。
都会の川で、こういう風景がやっぱりあるのですね。何とか写真で上手く表現したいなと思いました。
つつじに八重桜、いいですね〜。
ミクミティ
2016/04/18 21:51
コマダムさん、いつもコメント有難うございます。

目黒川の桜並木、今では東京を代表する花見スポットですね。特に若者にとって人気かもしれません。駅からすぐの便利なところです。
ここで花筏を見に来る人はあまりいないかもしれません。下流に向かって歩いて、ちょうどいいタイミングで見ることができました
まだまだ、北の方へ行くと素敵なお花見が味わえるのではありませんか。
ミクミティ
2016/04/18 21:54
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、桜は散り際の花吹雪、更には散った花びらにも独特の美しさがあります。それが沢山集まるとこんなふうな光景になるのです。
正直、狙っていましたが、ちょうどうまく見られて嬉しかったです。
確かに、いかだというのにはそぐわない、ゴージャスな花びらでした
ミクミティ
2016/04/18 21:58
トトパパさん、いつもコメント有難うございます。

今回、目黒川にあえて満開をとうに過ぎてから訪れたのです。そして、下流へと歩いていきました。狙っていた花筏に出会えてうれしかったです
実際に見るとやはり、その迫力と美しさに圧倒されます
ミクミティ
2016/04/18 22:01
みなみさん、いつもコメント有難うございます。

目黒川は2−3キロにおよぶ桜並木でその数はかなりのものです。更に川幅もそれ程広くはなく。あとはタイミングと場所でした。
下流の方へ歩き、上手く素敵な花筏の風景に出会えました。実際にこれだけの光景を見れて嬉しかったです
昨年、清洲城から五条川を見下ろしました。桜の名所として有名ですよね。そちらでも、花を眺めてみたいです。
ミクミティ
2016/04/18 22:09
ゆうさん、いつもコメント有難うございます。

はい、まさに花だらけ。花びらで染まった「花の川」でした。これだけの花筏の風景に出会えて本当に感激でした。よろこんで頂けると私も嬉しいです
散った後も人々を喜ばしてくれる桜って、本当に偉大な存在だと思います
ミクミティ
2016/04/18 22:12
nobaraさん、いつもコメント有難うございます。

沢山喜んで頂き、私も嬉しいです。あえて満開後の目黒川を訪れ、下流への向かいました。ちょうど潮の流れで花びらが滞留していて、素晴らしい花筏の風景に遭遇しました。
狙っていましたが、感激でした。
あとはどう撮るか。カモさんに登場して頂き、花筏を楽しく演出してもらいました。
ミクミティ
2016/04/18 22:16
笑みりんさん、コメント本当に有難うございます。

今年も目黒川に何万人が集まったのでしょうか。我々もその仲間ですね。満開は過ぎていましたが天気のいい週末に訪れました。
狙いは上ではなく下。川ばかり眺めていて、しばらく歩いて花筏に出会えた時は感激でした。それがどんどん広がってくるのです。
私もいつか船にも乗ってみたいなと思います。
ミクミティ
2016/04/18 22:21
無門さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、都会で見る花の芸術。上手く見ることができて嬉しかったです。更に、花筏は結構動くのですね。
まさか下流から上流へ逆流するとは思ってもみませんでした。これも自然の神秘です
ミクミティ
2016/04/18 22:23
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、狙っていたい以上だったと思います。川の岩場に上手く花筏が逆流してくれたのです。
川も常に上流から下流に流れるのではなく、潮の流れで逆流しうまく花びらが滞留したのだと思います
ミクミティ
2016/04/18 22:26
こんばんは。
葉桜も中々いいものですね!
こんなに桜の花びらが浮いているのは見たことないです。
薄いピンクの絹着物地みたいに見えたりして綺麗です!
ビップ階段のようで下りてみたいですね!
みっちゃん
2016/04/19 22:01
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、桜は散り始めや散った後の花びらまで楽しめます。本当に偉大な花だと思います
ここ目黒川は川幅が広くないので、花筏が見れるかと思い、葉桜の時期に訪れました。確かに、花筏の肌合いはなめらかそうに思えますね
VIPの桜階段、なかなか間近に見ることはありませんよね。
ミクミティ
2016/04/19 22:12
すごい凄い・・・
花筏のシャッターチャンスうらやましいです。
最近はそういう機会に恵まれなくて。
桜の花は散る姿も流れる姿も積もる姿も美しいですね。
ろこ
2016/04/19 23:49
花吹雪く川の風情に、ただただ圧倒されます。
ここぞとカメラを向けられた、その胸の高まりまで聞こえてきそうです。
じつに、感動的な一枚、一枚!!

 >一片のまた加はりし花筏 上野章子
 >花筏水に遅れて曲りけり ながくさ清江
minoc
2016/04/20 12:56
こんにちは。
これは凄い!、実に見事ですね〜!、花筏というより桜の花弁の絨毯と言った感じです。そしてこの絨毯をかき分けるように進む一羽の鴨、まるで大氷原を行く砕氷船の様です。散っても尚、それ以上の美しさを見せてくれる桜、日本人で良かったなぁ〜!と思わせてくれた記事でした。
毎日日曜人
2016/04/20 13:35
こんばんは。
ミクミティさん、今回は花筏探訪でしたか。
こんなに見事な花筏を拝見するのは、初めてです!♪
お写真を眺めてても凄いな!と思うのですが、実際にその光景をご覧になった皆さんの歓声が聞こえて来そうです。
素敵なひと時を過ごされましたね。

熊本地震災害、被害に遭われた方々は気が休まらない日々を過ごされていますね。
一日も早く収束することを願うばかりです。
ハーモニー
2016/04/20 19:09
ろこさん、コメント本当に有難うございます。

今回は満開から一週間ほど経って目黒川へ出かけました。もう葉桜でしたが、狙いは花筏。どこまで見られるか分からなかったのですが、このタイミングで出かけて良かったです
やはり、川は流れています。潮の流れで逆流も。花筏も流れるのですね。お陰様でいいシャッターチャンスでした
ミクミティ
2016/04/20 21:41
minocさん、コメント本当に有難うございます。

この時の目黒川、すっかり葉桜になっていましたが、花吹雪も見事でした。その花吹雪が川に落ち、花筏になるわけですよね。
狙ってはいましたが、やはり迫力ある美しさ。これだけのものが見れて嬉しかったです
詩は詠めませんが、詩的な気分にはなりましたね。
ミクミティ
2016/04/20 21:49
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、これだけの花筏、まるで「花の河」をみることができて感激でした。このタイミング訪れた甲斐がありました。自分でも撮ったことがない写真でした。
桜は、つぼみも開花も散り際も、更に散った後も楽しめて、偉大な存在だなと思います
ミクミティ
2016/04/20 21:54
ハーモニーさん、いつもコメント有難うございます。

そうですね、私もここまでの風景が見られるとは思っていませんでした。狙ってはいましたがラッキーでした
やはり迫力のある美しさ。花筏は動いているのですよ。
熊本の地震のニュースには心が痛みます。早く収まって復興へ向かえるようになって欲しいですよね。
ミクミティ
2016/04/20 21:57
咲く桜も散る桜も両方楽しめる様に先人は川沿いに桜を沢山植えたのかもしれませんね。花筏、散った後なおこうして楽しませてくれる桜、本当に日本人は桜の花愛していますね。
花咲か爺
2016/04/23 16:00
花咲か爺さん、コメント本当に有難うございます。

川沿いに植えられている桜って多いですよね。やはり水の近くに咲く桜は絵になると思います
散った花びらが流れるのも考えていたのでしょうかね。
私もこれだけの花筏を見るのははじめて。また一つ日本の美しさを発見した思いでした。
ミクミティ
2016/04/23 20:45
コレだけの花筏をなかなか見ることがないので それぞれを開いて見せてもらいました。
ゆっくり流れる花びらが 流れが速くなるところで動く様が見えるようです。
カモが花筏に作る轍、サギの躊躇いながら歩く姿も 趣きありです。
考えてみたら外国人に "花筏"ッて言葉のセンス、解ってもらえるのかなァ。
おーちゃん
2016/04/25 21:56
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

私も狙ってはいましたが、これだけの花筏が見られるとは思っていませんでした。川が逆流して、花びらが集結する様子はかなり迫力がありました
これにはカモやサギも驚いていないかなと勝手に思っていました。微笑ましくてシャッターを押しました
花筏という言葉は、日本人にとってもちょっと不思議な語感ですよね。
ミクミティ
2016/04/26 21:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
目黒川の花筏(はないかだ)を探して 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる