「歴史の旅&外出」の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松で大河ドラマの予習を!!

<<   作成日時 : 2012/11/22 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 126 / トラックバック 2 / コメント 52

ここは福島県、会津若松の駅前。

せつない白虎隊(びゃっこたい)の銅像が駅前を飾っています。
画像


こちら会津若松へは、東北新幹線の郡山駅から磐越西線(ばんえつさいせん)を使ってやって来ました。

今回乗ったのは快速「あいづライナー」
画像

郡山から会津若松までは1時間ほど。

会津若松駅で、やたら汽笛のうるさい列車が停まっていました。

良く見るとこれは電車ではありません
画像

この磐越西線の、会津若松−新潟間を臨時列車としてSLが走っているのですね

「SLばんえつ物語」。全く知らなかったので、ラッキーな気がしました。

やっぱり、いきなり現れると重厚な存在感にぐっと惹かれます。
画像

正面の丸いパネルには、キャラクターの「オコジロウ」君の絵が。ちょっとこれはどうかと思いますが、最近の子供の人気を得る為には仕方がありませんかね。


そして、もう少し昔からある会津のキャラクターはこちら。 「赤べこ」です。
画像

駅前に大きな「赤べこ」が飾られています。

1611年の慶長大地震の復興の際、絵馬から飛び出して寺社の再建のため木材を運んで民を助けたという伝説の赤毛の牛。赤は魔よけの色であり福牛として愛されているそうです。

江戸時代初期から、会津のシンボルとして、現代に伝わっているのが偉大だと感じます。


それから、駅の構内で目に留まったのが、この大きな凧でした。
画像

上杉景勝(かげかつ)を現わしたものです。

そう言えば、上杉景勝は、慶長3年(1698年)から関ヶ原の合戦までの約3年間、ここ会津の領主でもあった訳です。

越後会津米沢と本拠を移しながら戦国の世を生き抜いた景勝が、2009年の大河ドラマ「天地人」で描かれていました。


えっ、「大河ドラマ」

実は、ここ会津若松に来た理由は、駅前に立つこの看板に書かれています。
画像


そうなんです。来年(平成25年)NHK大河ドラマは、「八重の桜」。その主人公、新島八重(にいじま やえ)の故郷がここ会津若松

正直、歴史上あまり知られてない方ですよね。

それでも、調べてみると、様々なエピソードのある凄い女性だったんだなあと、感じ入りました

会津出身の山本八重は、幕末の戊辰戦争で官軍に対して勇敢に戦い、「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれ。明治に入って、京都へ移り、同志社大学を設立した新島襄(にいじま じょう)と結婚。女性の教育と地位の向上に尽くし、「ハンサム・ウーマン」と呼ばれ。明治後半、日本赤十字社の正会員となり、日清・日露戦争時には篤志(とくし)看護婦として従軍。「日本のナイチンゲール」として、勲章を授かる。

画像


いろんなカタカナのニックネームがあるんですね ちょっと宣伝ぽい感じはしますが、立派な方だったのは間違いない。

その新島八重役は、女優の綾瀬はるかさん。時代劇は、ドラマ「JIN-仁」ですっかりお手のもの。

でも、新島八重は幕末から、明治、大正、昭和と駆け抜けた人生だったわけで、、。

彼女が、86歳まで生きた主人公をどう演じるかが見ものです。

画像


ちなみに、新島八重の夫となる新島襄(にいじま じょう)役には、オダギリ・ジョー NHKさん、ダジャレで選んじゃったの、と少し笑ってしまったのは私だけでしょうか。



ところで、会津若松は今、来年の大河ドラマを控えて、宣伝の幟や看板が多数あり、盛り上がっている様子でした。

市役所にも、「八重の桜」の大きな看板が飾ってありました。
画像


何よりも、福島第一原発風評被害で、観光客や修学旅行客が激減してしまった会津若松に人が戻ってくるきっかけになればと思います。

私のような歴史と大河ドラマ好きが、沢山来ますように

私が訪れた3日間は、新幹線もホテルの満室状態 なんとなく、嬉しい気分でした。


既に、鶴ヶ城近くにある新島八重生誕の地の碑や看板はきれいに整備されています。
画像
画像


なぜか駐車場の名札もこんなふうに
画像


ということで、今回は、来年の大河ドラマの予習を兼ねて、会津若松を旅します。

しばらくは、会津若松シリーズをよろしくお願い致します。



第1話: 会津若松で大河ドラマの予習を!!
第2話: 晩秋の会津武家屋敷へ
第3話: 山の中の「松平家墓所」
第4話: 鶴ヶ城 Day & Night
第5話: 飯盛山から見えたもの (白虎隊)
第6話: 猪苗代湖畔の英雄 (野口英世記念館)
第7話: 会津磐梯山麓に眠る名君 (土津神社)
第8話: 会津若松の通りを散策(野口英世青春通り、七日町通り)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 126
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー サングラス
会津若松で大河ドラマの予習を!! 「歴史の旅&外出」の記録/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー サングラス
2013/07/05 23:21
VISVIM 通販
会津若松で大河ドラマの予習を!! 「歴史の旅&外出」の記録/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(52件)

内 容 ニックネーム/日時
来年の大河ドラマの宣伝当地ではこんなにやっているんですね。
きっとお客さんどっとですね。
この方初めて聞きますが、どんな方かすごく良くわかりましたよ。ありがとう。
山ちゃん
2012/11/23 07:00
おはようございます。
最近はあまりテレビを観なくなってしまって、大河ドラマもご無沙汰です。
以前は毎週夢中で観ていましたのに…。
今日のお話を伺って興味津々です。
会津若松シリーズを楽しみにしています〜☆
うふふ
2012/11/23 07:12
最近東北新幹線に乗った時、新島八重のこと
をPR誌で読んで知りました。大山(山川)捨松
と同郷で同じく会津藩のために戦ったことを
知り、会津の女性は強くて考え方が当時とし
ては進歩的だったように感じています。
大河ドラマはまったく見ないのでよくわかり
ませんが、会津は大変な盛り上がり様ですね。
korochan
2012/11/23 09:31
お早うございます。
会津城・白虎隊。毎年一回は遊びに行っています。
なれど今度の大河ドラマも篤姫の時の様に盛り上がってくれれば嬉しい。今の平清盛役の松山ケンイチも一生懸命に凄い演技をしているも以前の新平家物語より盛り上がらないとの話もある。今度の原発の悪い風評にどれだけ県民を苦しめたかそれを考えるといかんせんとも腹が立ちます。
まったくっ!
いやいや何時もながらの楽しい物語に元気がでますよ。
続きをお待ちいたします。
有り難う。
baisa
2012/11/23 09:35
大河ドラマ見なくなりました!
夫がドラマ嫌いということもあります。
新島襄はまだ覚えていますが、新島八重さんは初耳です。
この時代に八重さんのような才女と結婚した新島襄は
先見の明があったようですね。
ハッピー
2012/11/23 10:10
会津の方は紅葉はいかがでしょうか?
もう終わってしまったのでしょうか?
私も駅前のアカベコがとても印象的だった会津旅行を思い出します。
大河ドラマが楽しみです。
私もハッピーさんと同じ、新島襄は知っていますが新島八重さんは知りませんでした。
momiji
2012/11/23 10:20
新島襄は覚えていますが新島八重という名前を初めて知りました。テレビすっかり見なくなりましたが7時のニュースと大河ドラマだけ見ています。今年の清盛は視聴率が悪いようですが来年の大河は大勢の人が見てくれるといいですね。
SLの前に取り付けられたキャラクターのパネル、絶対ない方がいいですね。どうして最近なんでもかんでもゆるキャラなのでしょう。
ポン太
2012/11/23 10:27
お久しぶりです。

福島は歴史の町でもあり、温泉の宝庫でもあり、関東地方からは出かけやすいので何度か訪れたことがあります。

今まで大河ドラマを見たことがないのですが・・・今年は新島八重さんで盛り上がっているのですね。

京都出身なので、新島襄走っていますが奥様の事は知りませんでした。この時代に、女性の生きるべき道筋を開いてくれた一人でもあるのですね。

mugen
2012/11/23 11:13
こんにちは。

会津に行かれたのですか。
会津若松は毎年数回通過します。通過だけなんです。
その先の南会津や奥会津にいくために。
次の大河がそういう人とは初めて知りました。
確かに観光の起爆剤になってほしいものです。
tami
2012/11/23 12:08
今日は〜
我が家にあるJR東日本の今月のカレンダーは
磐越西線を走る列車の風景ですね。
紅葉の時期の磐越西線うらやましいですね・・
季節だけでなく大河ドラマのロマンを追う・・
着想感が実に素晴らしいです・・
黄昏龍
2012/11/23 12:48
山ちゃんさん、早速のコメント有難うございます。

今、会津若松の街にはあちこちに「八重の桜」の幟や看板が出ています。大河ドラマの機運を盛り上げようと頑張っておられるのだと思います
それでも、風評被害で観光客が激減。まだまだ完全には戻っていないようです。大河ドラマの効果で地域活性化が図れるといいと思います
新島八重は、それ程知られていないですが、逆にその新鮮味でもって大河ドラマ自体の人気も復活するといいのですが、、。
ミクミティ
2012/11/23 14:07
うふふさん、早速のコメント有難うございます。

私は大河ドラマはずっと見ているのですが、視聴率がガタ落ちと聞くと残念です。
来年の主人公、新島八重もあまり知られてないくてやや不安もありますが、脚本があのNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の山本むつみさん 女性を描くドラマで、人気復活なるか、注目です
ミクミティ
2012/11/23 14:12
korochanさん、早速のコメント有難うございます。

戊辰戦争で悲劇を味わった会津ですが、そこから這い上がって活躍をされた方が多かったのも凄いなと思います。この新島八重もその一人。
原発の風評被害で観光客が激減の会津に、今回の大河ドラマ効果で活気を取り戻して欲しいと思います。
少なくとも私が宿泊した時は、ホテルも満室で何となく安心してしまいました
ミクミティ
2012/11/23 14:16
こんにちは。
大河ドラマの先取りいいですね!!
実は主人は生まれも育ちも東京の大学に入るまでは会津若松市です。
義父は四国ですが義母が会津の人でした。
そんなことで私も何度か会津地方は訪れて居ます。
数年前に行く予定にしていましたが主人が身体の不調でそれきりにになっています。
以前行った折は白虎隊の銅像も大きなアカベコもSLもなかったです。
SLで磐越西線を走ってみたいですね。
新島襄の出身地の群馬のブロ友さんのブログで「八重の桜」情報で知っていましたが、会津若松シリーズを楽しみに拝見させて頂きます。
みっちゃん
2012/11/23 14:20
baisaさん、いつもコメント有難うございます。

会津の町の方に聞くと風評被害は凄まじく、観光客は激減したそうです。今年に入ってだいぶ戻ってきているようですが、まだ完全復帰とはいかないようです。この大河ドラマの効果で、是非活気を取り戻して欲しいです
ついでに、大河ドラマ自体の人気も取り戻して欲しいものですね〜。NHKさん
ミクミティ
2012/11/23 14:22
ハッピーさん、いつもコメント有難うございます。

私も今まで新島八重のことは知りませんでした。ただ凄い女性であったことは確かです。新島襄よりもずっと長生きされて活躍したのですね
綾瀬はるかと山本むつみ(脚本家)の力で、会津と大河ドラマを盛り立てて欲しいものです
ミクミティ
2012/11/23 14:26
momijiさん、久しぶりのコメント有難うございます。

今回はあまり山の方へ行かなかったのであまり紅葉は見ていないのです。少しだけでした。
アカベコは、駅前だけでなくあちこちの置かれていて印象的でした
でも今の会津はやっぱり「八重の桜」の幟が一杯 是非大河ドラマ効果で、会津もドラマそのものも盛り上がって欲しいものです。
ミクミティ
2012/11/23 14:30
会津若松の旅でSLが登場、びっくりしました。SLといえば、昨日明治村を走るSLを撮ってきたばかりです。紅葉はどでしたか。
大河ドラマの予習、その予習で私も予習させていただきます。
茜雲
2012/11/23 14:30
ポン太さん、いつもコメント有難うございます。

私も大河ドラマはずっと見ています。「平清盛」も楽しんでいますが、確かに一般受けはしない感じ
来年の「八重の桜」の新島八重はあまり知られていないので、また人気低落かとちょっと心配。でも、あの『ゲゲゲの女房』の山本むつみさんの脚本で何とか盛り上げて欲しいものです。
SLのキャラクターは、時代の反映ですかね
ミクミティ
2012/11/23 14:36
mugenさん、久しぶりのコメント有難うございます。

今回訪れてあらためて福島の魅力を感じました。確かに風光明美で見どころ満載ですね。
ただ、原発の風評被害は本当に可哀想です。来年の大河ドラマの効果でできるだけ盛り上がって観光客がぐっと戻ってくることを願います
皇室以外の女性で初めて勲章をもらった女性、新島八重の生涯、来年ドラマで学ばせてもらいたいと思います
ミクミティ
2012/11/23 14:40
tamiさん、いつもコメント有難うございます。

会津若松は通過するだけですか。確かに郊外や山々があまりに魅力的ですからね。私は今回、やはり歴史の旅として友人と訪れました
決め手は大河ドラマ。私のようにドラマがきっかけで会津若松に訪れる人が増えることを願っています
ミクミティ
2012/11/23 14:44
黄昏龍さん、コメント本当に有難うございます。

磐越西線の景色確かによかったです。紅葉と磐梯山、なかなか見応えがあります。ただ、電車の中からの撮影は障害物が多くていま一つでした
それでも、電車での旅、大河ドラマを追う旅、歴史を散策する旅、今回も十分楽しめて良かったです
ミクミティ
2012/11/23 14:47
みっちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

会津若松に縁があるのですね。私は子供の頃、行って以来。大河ドラマの話が無ければ来なかったかも。
磐越西線を走るSLは、会津若松〜新潟方面。今回、私は見るだけでしたが、いつか乗って旅したいです
来年の大河ドラマで、会津やドラマそのものが盛り上っていくといいですね。新島八重も一躍有名な歴史上の人物になるかも
ミクミティ
2012/11/23 14:51
茜雲さん、いつもコメント有難うございます。

福島の山々の紅葉は美しかったです。ただ私自身は歴史の散策で町ばかり。山の方へは行かなかったのです。
全く知らなかった主人公、新島八重。今回、それなりに予習しましたよ。これからも少しずつブログに書いていきたいと思います
大河ドラマで会津もドラマ自体も人気が復活して欲しいものです
ミクミティ
2012/11/23 14:56
こんばんは。
遅くなってしまって申し訳ございません。
会津若松にはもう随分昔に行ったきりになっています。楽しみにしておりますのでよろしくお願いいたします。
SLに会えたのですか、幸運ですよね。走っているSLは10年以上前に見たきりです。私が子供のころはあの匂い、トンネルに入ると煙まで来てしまって、そしてあの音、もう一度見てみたいものです。
あかべこ大きいですねぇ。私の家にもあります。なんだろう不思議と懐かしい気分になってしまいました。
HT
2012/11/23 17:46
こんばんは。
白虎隊の会津へ行かれたのですか、SLと遭遇したのはラッキーでしたね、大河ドラマが原発事故は勿論ですが、風評被害で苦しむ福島の人達の助けになれば幸いかと思います。会津若松シリーズ、次回も楽しみにしております。
毎日日曜人
2012/11/23 19:55
HTさん、いつもコメント有難うございます。

遅れてなんて問題ないですよ。私なんて休日ブロガー。1週間ぶりなんていつものことです。私こそいつも遅いです。
SLは確かに久しぶり。この磐越西線ではSLが定着しているようです。見れてよかったです
あかべこも、可愛らしいですよね。まさか江戸初期から伝わる伝統あるキャラクター(物産)とは知りませんでした。まさに地元で愛されている会津のシンボルですね
ミクミティ
2012/11/23 20:15
毎日日曜人さん、いつもコメント有難うございます。

会津の町は大河ドラマの幟や看板でいっぱいです。これを機会に風評被害を乗り越え、町の観光が盛り上がるといいなと思います
見どころたっぷり、歴史も満載の会津を記事にしていきたいと思います
ミクミティ
2012/11/23 20:18
SLの写真を見るだけで子供の頃耳にした
シュッシュポッポと汽笛の響く音が
蘇ってきます!そろそろ冠雪も見られる
東北の秋ですが、懐の深い自然を楽しまれて
こられたのでしょうね
海遊
2012/11/23 20:53
SLにも会えたなんてラッキーですね。来年の大河ドラマ、新島八重さんなんですよね。以前、歴史再現のドラマでこの新島八重さんを紹介したのですが、その時は森三中の大島さんでした。大島さんの方が綾瀬さんよりイメージ通りですがそれでは大河にならないんでしょうね^^新島襄は群馬の偉人なんで、どう描かれるのかもちょっと興味があります。
かるきち
2012/11/23 21:18
あの駅前の大きな赤べこ 首がふわふわするのでしょうか?

会津若松レポ 楽しみにしてますよ〜
柿ろん
2012/11/23 21:51
会津若松に行かれたんですか。
福島が、今度の大河で少しでも
活気づいてくれると嬉しいですね。
一昔前の言葉を借りれば、
郷土の誇りとも言うべき女性。
地元の人々が夢を持てるように、
NHKも考えたんでしょう。
SLに出合えてよかったですね。
yasuhiko
2012/11/23 22:16
今晩は。
来年度の大河ドラマ新島八重産だったんですね。
会津若松懐かしいです。
「赤べこ」・・こんな綺麗で立派ではなかったですが、
迎えてくれたこと覚えています。
10年一昔と言いますが、歴史的な建造物などは変わることはないですが、随分町の風景は変っていると想います。
拝見させてもらって旅をさせていただきます。
やろい
2012/11/23 22:25
海遊さん、いつもコメント有難うございます。

SLは、磐越西線では臨時列車として定着しているようです。偶然見つけたのラッキーでした。今となっては、大人も子供も喜ぶ乗り物ですね。
「懐の深い自然」ですか、う〜ん、実は街中の「懐の深い歴史」は見てきましたが、あまり山の方へは行かなかったので、、。それでも、充実した旅でした
ミクミティ
2012/11/23 23:44
かるきちさん、いつもコメント有難うございます。

SLとは偶然の出会い、ラッキーでした
新島八重をご存知でしたか。来年彼女が有名な歴史上の人物になるかどうかは、NHKと綾瀬はるかと山本むつみにかかっているかも。
そして、新島襄は結構脇役のような感じで描かれそうな予感が、、。新島八重は長生きしましたから
ミクミティ
2012/11/23 23:48
柿ロンさん、コメント本当に有難うございます。

おっと、大事なことをチェックし忘れました。赤べこの首が動くかどうか う〜ん、どうでしょう動いて欲しいですよね。
町のあちこちで見かけた小さい赤べこの首は動きましたよ
ミクミティ
2012/11/23 23:52
yasuhikoさん、いつもコメント有難うございます。

そうなんです、私みたいな人が大河ドラマをきっかけに会津や福島へ沢山でかけるといいなと思います。
あらためて福島は豊かな自然に恵まれ歴史的にも見どころの多い魅力的な所だと感じました
そして、大河ドラマ自体も盛り上がって人気が復活するといいのですが。SLみたいに
ミクミティ
2012/11/23 23:55
やろいさん、いつもコメント有難うございます。

確かに町は変わりますよね。ただ、赤べこは江戸の初期から伝わる街のシンボル。駅で迎えてくれると和みます
来年の大河ドラマで会津若松の町もまた何か大きな変化があるのではないでしょうか。そういう変化が町の新たな魅力になって観光客が来るといいですよね
ミクミティ
2012/11/23 23:59
新島襄氏の夫人だったと云うことは京都とも縁の深い方になるんですネ。
新島襄氏と奥方の物語をどのように展開していくのか、なんか楽しみになってきました。
会津の方はどのような塩梅でしたか?
やはりまだ震災の影響は有るのでしょうか。
このような形でまた人々が集まってくるような街になりますようにと思ってます。
おーちゃん
2012/11/24 01:57
こんにちは

戦国の昔
いやそれ以前から
気骨ある人たちを
輩出してきた処
力強く復興してくれるでしょう
楽しみですね
無門
2012/11/24 12:41
おーちゃんさん、いつもコメント有難うございます。

実は「八重の桜」の舞台はやはり京都が多いみたいです。最初は会津から始まりますが、八重は兄の山本覚馬を頼って京都へ移りそこで新島襄に出会うのです。
会津若松は、震災というより原発の風評被害で打撃を被ったとのことです。普通に観光している分には全くそういったものは感じません。今回の大河ドラマで盛り上がって更に活気づくといいと思います
ドラマも盛り上がってくれないと
ミクミティ
2012/11/24 23:51
無門さん、いつもコメント有難うございます。

会津は歴史の伝統のある街。確かに気骨のある人達を多く排出していますね。新島八重もその一人です
大河ドラマとともに、街の観光も盛り上がるといいと思います。やはり、沢山の人が東北へ行くことはイイことなんだろうと信じてます
ミクミティ
2012/11/24 23:54
新島八重さんは会津若松出身だったのですね。知りませんでした。新島襄と八重さん達、同志社縁の方のお墓が京都の若王子と言う所にあり、お参りした事があります。
大河ドラマで福島に活気が戻るといいですね。
大河ドラマが楽しみです。
みずがめ
2012/11/25 20:14
みずがめさん、久しぶりのコメント有難うございます。

私は最近になって新島八重を知りました。そして彼女の故郷へ行きたくなって。これも大河ドラマ効果ですよね
福島が盛り上がって、更にもう一つの大河ドラマの舞台、京都も盛り上がるはずじゃないかと。大河ドラマに人気も戻って欲しいんですけど
ミクミティ
2012/11/25 22:21
ミクミティさん、こんばんは。
大河ドラマは一年もの間毎週見ると言うのがいつも続かないのですが(笑)、綾瀬はるかちゃんが好きなので、「八重の桜」はとても楽しみにしてます。歴史にうといで、こちらで予習させて頂けるのはとてもありがたいです!
さすがに地元は盛り上がっているんですね〜。
AOI
2012/11/25 22:27
会津大好きなんです(^_^)
楽しみにしてます。何度も通った会津。いろいろ拝見させてくださいね。
あかべこさん、大好きなんです(^_^)
たかじい
2012/11/25 23:20
AOIさん、いつもコメント有難うございます。

大河ドラマ「八重の桜」は、はじめは会津若松が舞台ですが、途中からは京都へ舞台が移ります
おそらく、AOIさんの近くが物語で登場するかも。そんな感じで、ドラマとその実際の舞台が盛り上がるといいですよね
ミクミティ
2012/11/27 20:54
たかじいさん、いつもコメント有難うございます。

会津にお詳しいのですね。私が子供時代以来。ほとんど初めてでした。私なりに紹介させて頂きます。旬の話題を提供できればいいんですけど。
あちこちに色んなサイズの赤べこがありましたね
ミクミティ
2012/11/27 20:58
会津若松には小学校の修学旅行で行きましたよ。
そして東京からは写真にあるようなSLでした。窓を開けて顔をだすと、石炭の燃えかすの様な物が顔に当たって痛かったのを思い出します。
歳がばれますね!
Tapir
2012/11/27 22:53
Tapirさん、いつもコメント有難うございます。

実は会津の方に伺いましたが、最も減ったのは修学旅行客だそうです。やはり親御さん達が避けようとするのだそうです。これは痛いですよね。
えっ、東京から会津までSLで行かれたのですか
それはかなり昔ですね。
すいません、私にはなんとなくしか想像できません。
でも、とっても素敵な思いでですね
ミクミティ
2012/11/28 23:10
ミクミティさん、ご訪問遅れまして
八重の桜、こんなにもう盛り上がっているんですね
それにしても見所がいっぱい
こうして、会津観光大使で紹介していただき嬉しいです。
清兵衛
2012/12/05 00:49
清兵衛さん、いつもコメント有難うございます。

会津若松のいたる所に、「八重の桜」の立札や幟が立っていました。来年には大河ドラマ関連のイベントも盛りだくさん。いいことだと思います。
そんな様子を少しでのレポートしたいと思っています。
「会津観光大使」なんて言って頂けると恥ずかしいですが、嬉しいです
ミクミティ
2012/12/06 20:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
会津若松で大河ドラマの予習を!! 「歴史の旅&外出」の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる